カテゴリー「パパの日記2008」の229件の記事

2009年1月 5日 (月)

植え納め

新年最初の記事だというのに、去年の話題から始めるのが僕らしい。(年頭の所感はあらためて・・・)

12月24日、クリスマスイブ。僕は振替休日だった。結局その日が僕の植え納めとなった。

2

駐車場のコンクリートを剥がして花壇にした場所に、ようやく買い貯めた球根を植えることができた。(でも、まだまだ植えられずに残っている球根あり・・・) 球根だけでは寂しいので、パンジーとビオラも植えた。

僕はキンパンジーなのだが、この冬は宗旨替えをやむなくされてしまった。なぜって、こうして人目につく花壇を新たに作ってしまったからだ。さすがに冬中玄関先に花が無いのは寂しいし。

元キンパンジーのせめてのもの意地を見せるために、黒のパンジーをメインに植えて自己主張してみた。

1

3

奥の黄色は3年目になるアネモネ咲きユーリオプスデージー『ティアラミキ』。この頃までは元気に花を咲かせていたが、さすがに今では寒さで黄色い頭を垂らしたままになってしまった。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2008年12月31日 (水)

4年目突入&今年のMVP

2005年12月25日。僕ら家族3人が、建売りのこの家に越してきた日だ。その時から僕の庭づくりは始まった。そう、いつの間にかこの庭づくりも4年目に入ってしまっていたのだ。当時、幼稚園の年長だった息子も今は3年生。早いものだ。

ブログの方はといえば、5ヶ月後の2006年5月29日からスタート。だから僕のブログは、庭の成長と庭に植えた植物の成長をほぼ最初から記録していることになる。これは密かな自慢だ。

もう1つの自慢は、息子を実験台にして、子供が植物に対してどんな風に興味を示すかも記録してきたってこと。さらに子供の関心が成長するにつれてどんな風に変化してきたかまで記録していることだ。キッズガーデニングって言葉も徐々に一般的になってきている感じだし、いつかこの記録が何かの役に立つ予感がしている。

一方で僕は中間管理職。年齢的にも立場的にも毎年仕事は忙しくなる一方だ。必然的に庭いじりの時間は少なくなってしまう。でも、その分どうやって時間をかけずに庭を綺麗に見せるかってことに頭を使うようになるんだから、それもまた面白いものだ。難しいゲームやパズルに挑戦するみたいな気にもなる。

そう、同時に息子の扱い方まで難しくなっているしね。

1つ良いことがあるのは、1年間続いた土曜日の研修が終わったってこと。その分来年は、今年よりは多く庭に時間をかけられるんじゃないかな。それこそやってみたいことはたくさんあるんだし。

楽しみ、楽しみ。

色んな意味で来年は良い年にするぞ♪

最後に、うちの庭の今年のMVP(most valuable plant)を大発表!

MVPはこの植物。

1

(この植物の記事はこちら ⇒ 7月8日

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (8)

2008年12月29日 (月)

クリスマスが終わって・・・

モミノキのクリスマス飾りを片付けるのは息子の仕事。

Photo

息子が3歳になり、クリスマスとかサンタクロースを意識するようになった時に買ったものだ。だから僕ら3人はこのモミノキとは、この家よりも長く付き合っていることになる。

(このモミノキのお話はこちら ⇒ 1月7日

手前のプランターは八重咲きのフリージア。既に明け方にマイナス6℃になった日も何度かあるので、玄関ポーチに避難させているのだ。

Photo_2

このプランターは大晦日の日に、かみさんの実家にお年始として持って行く予定。

せっかくここまで準備したのに、何だか僕は車に積むのを忘れてしまいそうな嫌な気がするな・・・。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2008年12月26日 (金)

さて、どこに飾ろうか・・・

サルナシの蔓で息子に龍を作ってもらったのは良いけれど、問題はこれをどこに飾るかだ。

ちょっと悩んだけど、みんなの目に留まってうまく置けるような場所は1ヶ所しかない。

それはここ。玄関脇のクレマチス用のアイアンフェンス。

1

龍の玉は、クリスマスツリーの飾りを流用。いや、龍用か?

5

アイアンフェンスに登り龍。

2

横顔もなかなか格好良いと思う。

3

息子とふたりで達成感に浸っていたら、かみさんが一言。

『目をつけたほうがいいんじゃない?』

画竜点睛を欠くっていうやつか?

じゃあ、入れましょう。

4

何を目にするか迷ったけど、翌日、おはじきの目を入れて、サルナシ龍の完成♪

Photo

『が~っ!』

我が家の新年飾りはこの龍だ。

龍は招福と邪気除けのシンボル。これで来年はとっても良い1年になるに間違いないっ!

根元から切られてしまったサルナシも、これなら満足かな。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (5)

2008年12月25日 (木)

サルナシが○○○に大変身

サルナシの蔓でトナカイ作りを始めた息子。

9

『はるくん、どう? トナカイ、うまくいってる?』

『う~ん・・・。トナカイはやめて~、○○○にしてるんだ。』

『えっ! どうして?』

『角の形がさ~、トナカイっぽくなくて、○○○みたいになっちゃったから。』

『○○○かぁ。お正月用にいいね。じゃあ、顔だけパパが手伝って上げるよ。』

10

仕上げに手に玉を持たせて、完成♪

12

なかなかの出来栄えに息子も大満足。

13

正面から見ると、こんな感じ。

早速、記念撮影。

11

新年の縁起物、サルナシ龍の出来上がり~。

体長2メートル、さて、どこに飾ろうか・・・。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2008年12月24日 (水)

サルナシの蔓の使い方

庭のサルナシの蔓は去年はこれに変身したのだ ⇒ 2007年12月9日

今年はもう既に12月21日。今さらクリスマスリース作りでもない。何を作るかは息子に任せることにした。ちなみに僕の方はこの蔓を何に使うかは既に決めてあったのだ。

『はるくんは、なに作ろっかなぁ・・・。』

『枝の形を見て考えるといいよ。』

『・・・・・。う~ん、悩むなあ。・・・・・。ここんところが角っぽいから、そうだっ、トナカイにしよ♪ もうすぐクリスマスだし。』

『トナカイかぁ。いいんじゃない。ソリまで作っちゃえば?』

『そりは無理でしょ。』

『おっ! シャレかい?』

『えっ? どうして?』

『なんだ、パパの聞き間違いか。』

7

8

『はるくん、パパの分の蔓が足りないんだけど、これも使ってもいい?』

『もうダメ~。ぼくのも足りなくなりそうなんだから。』

『結構大きいのを作るつもりなんだね~。』

『そーだよ♪』

僕がサルナシの蔓を何に使おうと考えていたかといえば、お気に入りの鉢が見つからず、ちょっと気に入らなかったプラ鉢の飾りだったのだ。右の緑の鉢がそう。

Photo

植えてあるのは八重咲きのフリージア。さすがにそろそろ霜がきつくなってきたので、昨晩から玄関ポーチの屋根の下に移動したのだ。人目につく場所だし、蔓を巻きつけて格好良くするつもりだったのだ。でも、予定の1/3しか使えず、ちょっと中途半端かも・・・。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2008年12月23日 (火)

いざ、勝負っ!part2

息子と庭の植物の対決、今年の第2回戦はサルナシとの勝負だ。

(第1回戦の様子はこちら ⇒ 7月24日

『はるくん、サルナシの根元は切ったから思いっきり引っ張って蔓を取ってよ。』

『いいよっ。引っ張ればいいんでしょ。そーれっ。』

2

『・・・・・。あれっ?』

3 

『ちゃんと持ててなかったからね。今度はここを持って。ぬお~っ。』

1

『・・・・・。』

『はるくん、どうしたの? サルナシに負けたってこと?』

『違うよぉ! サンダルが滑ったんだいっ!』

4

『はだしなら勝てるから。』

5

『ほらっ! やったぁ~。』

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年12月22日 (月)

苦渋の決断

僕はキンメツゲに何種類もの蔓ものを絡ませている。個人的にはオリジナルの丸秘テクニックだと思っているんだけどね。だって未だかつて、雑誌や園芸書でこの技(?)が紹介されているのを見たことがないから。

1

ここのキンメツゲに絡ませているのは、大実サルナシ。もうじき植えて丸3年になる。

2

しかし、僕は今回このサルナシを根元から切るという苦渋の決断を下したのだ。

理由は3つ。

①息子が自称キウイアレルギー(?)だから。 サルナシはキウイのご先祖様なので、同じように駄目なのだ。

②実が美味しくないから。 甘みは十分なのだが、なぜかエグミがあるのだ。今年は味を良くしよう色々試みたが、無駄に終わった。

③キンメツゲの左側に植えていた謎のバラの正体が分かったから。 珍しいツクシノイバラだと、何とこのブログで教えてくれた人がいたのだ。ありがたや~。じつはもしこのバラが園芸品種だったら、僕はサルナシではなくってバラの方を切るつもりだったのに、珍しい野生種だと知って急遽計画を変更してしまったってわけ。もちろんかみさんも僕も野生バラが好きだというのも大きな理由。

3

で、おとなしく大実サルナシに身を引いてもらったお陰で、こうしてツクシノイバラをキンメツゲに誘引できた。

4

これで来春はツクシノイバラの花をたくさん拝めるようになるはずだ。

もちろんこれまで家族を楽しませてくれたサルナシなんだから、そのまんま捨てたりはしない。ちゃんと僕なりの礼を尽くすために、蔓の有効利用を考えたのだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年12月20日 (土)

驚いたなぁ~、もぉ~

相変わらず色々と忙しくってインフルエンザの予防接種にもなかなかいけなかったのだが、今朝ようやく打ちにいけた。予防接種していないと、都会への出張もおっかなびっくり。やれやれ、これで多少は強気で電車に乗れるようになった。

Photo

白っぽく枯れた葉は、アスパラガス。つい最近までは、優しい雰囲気の黄葉を楽しませてくれていたのに、一気に枯れあがってしまった。でも来年は今年以上に収量が上がるはず。楽しみだ~。

さすがにこの葉は見苦しいので、撤去。

そうしたら凄いものを見つけてしまった。

びっくりしたなぁ~、もぉ~。

急に飛び跳ねて驚かせないでくれよ。

2

アスパラガスの葉の中から出てきたのは、トノサマバッタ。

1

今日は12月20日だぞ。それにこの辺はもう毎朝マイナス3℃ぐらいになってるんだから。トノサマバッタってこんなに寒さに強かったんだ。意外や意外。もうみんな死に絶えてるとばかり思っていたから。

庭に誘っても出てこなかった息子にこの発見を伝えたら、慌てて飛び出してきた。

現金な奴。

3

そしてこんなことまで言いやがった。

『パパは僕を庭に呼び出したいからバッタを見つけたんでしょ。』

できるかい。そんなことっ!

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (5)

2008年12月19日 (金)

ひょっとして・・・

後から植えた八重のフリージアの芽がへにゃっとしてしまった。

2

これもウイルスのせいか?

3

でも、家の窓際に置いたプランターのフリージアは元気、元気。

待てよ・・・。

新しい葉が元気なくなったのは、ひょっとしてウイルスのせいではなくって、凍害か・・・?

1

思い立ったら何でも即実行! 

最初に植えた鉢も、後から植えた鉢も、あっという間に玄関ポーチに緊急避難終了だ。

霜が直接あたらないここならもうしばらく辛抱してくれるだろう。毎晩、家に取り込むのは1月下旬からの予定なんだから。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧