カテゴリー「昆虫」の34件の記事

2011年8月 3日 (水)

ぼくらはみんな生きている♪

新興住宅街の普通サイズの庭だけど、植物以外にも僕の目を楽しませてくれるもの達がいる。

それは小動物たち。

さすがに会社勤めの身だと、鳥の観察や写真撮影は難しいけど、行動範囲が狭く、動きの遅い虫たちを眺めるのも良いもんだ。

まずは、ブラックベリーの葉にいた2匹の仲良しカメムシ、の若虫(幼虫)。

Photo_2

カメムシとはいっても、まだ羽のない若虫(幼虫)。

兄弟で遊んでいるのかって思ってみたり、成虫になる前のカップルなのかなって想像してみたり。

お次は、どうもうちの庭で繁殖しているらしいトカゲ。

2

玄関先でのんびりしているなど、行動はかなり大胆。

1

3

庭にはご馳走(ダンゴムシ?)がたくさんいるからね。

 


最後は食いしん坊のコガネムシ。

Photo

ミニトマトのアイコにもぐりこまんばかり。

足のじたばたがカワイイじゃん。

植物もいいけど、たまには動物もね♪

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2009年10月12日 (月)

ピラカンサの実を食べる奴

僕はピラカンサを垂直に伸ばして仕立てている。

1

こうすれば場所を取らないし、目障りな電柱の目隠しにもなるからだ。

(電柱消しの記事はこちら ⇒ 2007年7月24日

たわわに実ったピラカンサの実を眺めていたら、バッタを発見。

2

クダマキモドキだ!

クダマキとはクツワムシのこと。だからこいつはクツワムシモドキだってことになる。

あ~あ~、せっかく色付いた実を食い散らかしやがって。まあ、バラの蕾を食べられるよりはずっとマシだ。でも、こいつがピラカンサの実も好きだったとは知らなかった。

3

それにしてもお前は目つきが悪いな。目が座っちゃってるよ。まるで酒癖の悪い酔っ払い・・・。

あっ、そうかっ!

それでクダマキね。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2009年10月 4日 (日)

ハキリバチ

気がついたらアルテシモの葉がこんなことになっていた。

1

ハキリバチの仕業だ。姿を確認していないんだけど、だぶんバラハキリバチ。3秒ぐらいでこのように丸く葉を切り取って、どこか運んでいくのだ。目的は、溜め込んだバラの葉に卵を産みつけるため。

2

あ~あ、こんなにしちゃって。去年よりハキリバチの数が増えているみたいだ。

そりゃーそうだよな。年々バラ自体が増えていっているんだから。

でも、このアルテシモの哀れな姿を見ても、まったく腹が立たない。

僕はチュウレンジハバチは目の敵にしているけど、ハキリバチには寛容なのだ。だってあの早業(凄技)を見せてもらったら文句言えないもん。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2009年9月 8日 (火)

超能力!?

ペットボトル栽培のイネの穂も色づいてきた。

Photo

何回か水を枯らしてしまったことがあるけど、思いのほかまったく問題なく順調に育った。

(このイネのペットボトル栽培の前の記事はこちら ⇒ 8月29日

やっぱり、イネは日本の環境に一番適応している作物なんだなって実感。

そんな感慨に浸っていたら、僕の目の前に何かの気配が。

Photo_2

イナゴだっ!

なんで~っ!?

そんなに近くに田んぼがあるわけじゃないのに。わざわざ庭のたった4株のイネをめがけて飛んできたってわけ???

さすがは稲子と書かれることもあるだけある。

すごい超能力だ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2009年9月 2日 (水)

こんな作戦もあったのか!

夜、窓にアマガエルが張り付いてるのは良く見かける。もちろん部屋の明かりに惹かれてくる虫を待ち構えるためだ。カエル達が考えてそうしているのかは分からないけど、僕は妙に感心してしまう。

だって人間がアマガエルに利用されているように思えるから。

さて、昨日の朝、新聞を取りに玄関ポーチに出た僕の足元で、何かが動いた気がしたのだ。

アマガエルだ。

えっ! こんなところに?

まさか!?

Photo_3

サラセニアの捕虫葉の匂いに寄って来る虫を横取りしようってこと?

サラセニアを利用する作戦かぁ。

あったまいいアマガエルだ。

間違って自分が飛び込むなよ。

じつはサラセニアの作戦かもしれないんだから。

(このサラセニアの前の記事はこちら ⇒ 8月12日

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2009年7月30日 (木)

モロヘイヤを食べる奴

今年はモロヘイヤを2株植えてみた。なぜなら息子がモロヘイヤ好きになったから。それにモロヘイヤは、丈夫で病虫害の心配もないし、放任栽培好きの僕にも合っている。

Photo_7

ところが若葉のあちこちに穴が。裏返して見ても、何もいない。どうやらイモムシ、ケムシの仕業ではないようだ。

いったい犯人は・・・。と腕組みした僕の前に、ピョンと容疑者出現。

Photo_8

オンブバッタだ。こいつが犯人に違いない。

思い出したぞ! そういえば、一昨年この場所でドラマがあったんだった。その時の子孫だな。

(その記事はこちら ⇒ 2007年10月21日

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2009年7月25日 (土)

庭にタペストリー

関東地方は例年よりも1週間以上早く梅雨明けしたはずなのに、最近は梅雨空続きだ。息子は、まだ夏休みが来た気分になれないと不満顔。

僕も出勤前に庭を眺める楽しさが半減するので、雨の朝は好きじゃない。

でも、今朝は雨の日ならではの綺麗なものを拝めたので満足。

Photo

クモが作ったタペストリー。庭をバックに良い感じ。

これでしばらくは雨の朝も楽しめるぞ♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2009年6月17日 (水)

感動の再会♪

丸3年ぶりの再会だ。息子と毎朝のように今か今かと待ち焦がれて2週間。とうとう再会の日が訪れた。

2

それは生まれたてのカマキリの子供たち。

ゴールデンウィーク中に、僕は3年ぶりに庭でカマキリの卵を見つけたのだ。3年前に、一緒にカマキリの子供たちが生まれてくるのを観察した息子は大興奮。5月末から、毎朝卵をチェックしてきたのだ。

ところが、3年前は5月28日に生まれてきたのに、今年は6月も半ばを過ぎてようやく生まれたのだ。時間は前回よりも早い、明け方頃だった模様。卵の穴からシラスが次々ピチピチと飛び出してきて、塊になってぷらーんとぶら下がるシーンは見ることができなかった。

(カマキリの誕生シーンの記事はこちら ⇒ 2006年5月29日。なんと僕のブログの第1回目の記事だったのだ。)

僕は、これだけ生まれる時期が遅れた理由は、今年は雨が極端に少なかったせいだと考えている。だって、雨が少なかったせいで草の伸びは例年よりもずっと遅かったし、そうするとバッタの餌が少なかったってことになる。つまり、カマキリの餌が増えるまで孵化しないような何かうまい仕組みができてるんじゃないかと思うのだ。

3

生まれたばかりでも一丁前に僕ら親子を睨みつけやがった。さすがは殺し屋。

Photo

こちらは5年ぶりの再会のラズベリー。品種はグレンアンプルで、今年買ったもの。

トゲ無し品種というところが選定の理由だ。この家に越す前は、社宅のベランダで何年か育てていたのだが、トゲがあるのと、枝が伸びすぎるのと、ウドンコ病が出易かったので、結局捨ててしまっていたのだ。その時の苗には品種名はついていなかった。

早速味見した息子も、『おいしい♪』とお墨付きをくれた。来年の大漁収穫が楽しみ~。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2009年6月13日 (土)

ホタルブクロの光!

先週、息子と2人でホタルを見に行った。場所は栃木県は大柿にある逆川

近くには、里山の自然をそのままに、『百花の香りと風・蝶や野鳥とともに、園主が育種した花たちを見ることができる』大柿花山もある。

さて、ホタルを見に行けると張り切っていた息子が、車に乗り込む前に持ってきたものがあった。

それはこれ。

Photo

庭のタケシマホタルブクロだ。

息子曰く、『中にホタルを入れて、本物のホタルブクロを作ってみたいから。』

と、植物好きの父親を有頂天にさせてくれるようなことを言ってくれた。

『おーっ、いいね~♪ そりゃ~、面白そうだ♪』

ホタルブクロの名前のいわれを知っている人は多いが、実際に試したことのある人はきっとわずかだろう。この僕だってやったことがないんだから。

肝心の結果はこちら。

(動画の画像は上の写真と同じ向き。ホタルを入れた後、逃げ出さないように花の口を息子が指で押さえているのだ。)

動画では伝わり難いけど、本物を見た感動はなかなかのもの。それは息子と僕だけじゃない。ホタルを見に来た人達にもだ。だから、息子の周りはちょっとした人だかりになってしまった。もちろん息子は有頂天。

しまいには、『本物のホタルブクロだよ~!』と宣伝し始める始末。

うん、幸せな夜だった。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (7)

2009年4月21日 (火)

オダマキにクモマツマキチョウが!?

庭のオダマキの花に妙な蝶がとまっているのを発見! 

Photo_3

見慣れぬ蝶だ!

モンシロチョウのわけはないし、スジグロチョウにしては模様が変だし。なんだこりゃ!?

ネットで調べるとクモマツマキチョウの♀っぽい。

クモマツマキチョウは高山蝶の女王とも言われ、蝶好きなら一度は見たいという蝶なんだそうな。(綺麗なのは♂) 富山県と長野県では県の特別天然記念物に指定されているとも。

まさか、そんな珍しい蝶が我が家にやってくるわけないし・・・。う~ん。謎だ・・・。

僕の仮説はこう。

『モンシロチョウがハクロニシキの葉に擬態した。』

だってほらっ、ソックリでしょ。

Photo_2

オダマキのすぐ後ろには、こうしてハクロニシキが植えてあるし。

1_2

大きい小さいは別にして、これは新発見だと思う。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (5)