カテゴリー「一年草」の91件の記事

2012年6月23日 (土)

カボチャの寄せ植え

カボチャの鉢植え大作戦のその後の様子だ。

じつは、単にカボチャを鉢植えにするだけじゃ面白くないので、僕は何かをカボチャと寄せ植えにしてみたくなったのだ。

2_3

そこで僕が選んだのは、ルコウソウ。

1_3

ルコウソウならカボチャの蔓より先にオベリスクに絡まっていってくれるし、葉も細い切れ葉だから、カボチャの生育を邪魔することもないはず。

3

だから作戦名は、『カボチャの鉢植え大作戦』から、『カボチャの寄せ植え大作戦』に変更決定!

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2012年5月22日 (火)

ヘリオフィラの青い花

ここにきてようやくエンダイブが大きくなった。

なんだか嬉しい・・・

それはきっと失望が喜びに変わったから。

同じレタスの仲間のチマサンチュやサニーレタスがとっくに収穫適期を迎えていたのに、エンダイブはなかなか大きくならないから、僕はそんなもんなのかと期待するのを止めてしまっていたのだ。

だって、レッドチコリよりも初期生育が遅かったんだから。

Photo_4

チリチリの葉のエンダイブの奥の青い花はヘリオフィラ

1_6

オオイヌノフグリやクワガタソウを大きくしたような綺麗な花。

僕は弱いんだよな、こういう雰囲気に。

2_6

赤く太い茎が印象的なスイスチャードも、いよいよ存在感を発揮し始めた。

その奥の2つの蕾は、アリウム・ギガンチウム。

今後のスイスチャードとアリウム・ギガンチウムとの目立ちがり屋対決には、とても目が離せそうもない。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2011年11月21日 (月)

秋の終わり色

Photo_3

コムラサキシキブの実と色づいたローズヒップが良い感じ。

ここまでローズヒップが色づくと、もう冬の入り口だ。

このバラは、伽羅奢(ガラシャ)


Photo_4

この辺りは夜はもうかなり冷え込んでいるんだけど、まだまだコリウスは頑張ってくれている。

Photo_2

こちらは採り忘れたジャンボトウガラシの福耳

「予想以上に綺麗な色になってしまってビックリ。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2011年10月24日 (月)

ラン、ラン、ランタナ♪

真夏からずっと玄関前を夏色に彩ってくれたランタナが、今も元気に花を咲かせ続けている。

2

これだけ冷え込んで来たというのに、まったく寒さを気にせずまだまだ元気いっぱい。

でもさすがにこれだけ寒くなると、いまだにTシャツ1枚で外を歩いてるみたいで、ちょっと違和感あるような・・・

1

そうは言ってみたものの、季節感も人目もまったく気にせず、自分の好きな道を突き進んでいる姿に、ホントのところは勇気づけられている僕なのだ。


だから今週の元気ワードは、「ラン、ラン、ランタナ♪」で決まりっ!

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2011年9月15日 (木)

ダイヤモンドフロストは超素敵

1

真夏を乗り越えたダイヤモンドフロストが、ますます良い感じになってきた。

いつも元気で笑顔、疲れたそぶりなんて一切見せない。

その人がいるだけで、周囲の雰囲気が明るくなる。

そんな超素敵な人みたいな品種が、このダイヤモンドフロストなのだ。


ダイヤモンドフロスト、一度植えてみたら誰もが絶対に満足できるはず。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2011年9月 9日 (金)

サンパチェンス・ホワイト

2

朝晩が涼しくなり、サンパチェンスが元気になってきた。

僕から見て、真夏と比べてということなんだけど、真夏は真夏できちんと育ちしっかり花も咲かせるんだから、サンパチェンスはなかなかたいした品種だ。

毎年必ず1株は植えてみたくなるもんね。


まだまだこれからもっと大株になって、花もたくさん咲かせてくれるはず。

1

この写真は、シシトウの奥にサンパチェンスが咲いている、お気に入りの構図。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2011年9月 2日 (金)

会社に行く元気のもと

玄関アプローチに植えたコリウスの存在感がたまらない。

4_2

色、形、大きさ、どこからみてもカッコイイじゃないか。


コリウスの奥、ピンクの優しそうな花は、
ハナツリフネソウ


5

朝、出がけにこのコリウスの葉の色を見ると、僕は会社に行く元気が出るのだ~

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (5)

2011年8月19日 (金)

コリウスの裏技、ウソ? ホント? 

曇りの日はコリウスの裏技を使うチャンスだ。

もし雨が降るようなら、それこそ絶好のチャンス。

やらなきゃ損。

たぶん今頃だと、徒長してしまったコリウスがあるはず。

3

その枝先をピンチして、下葉を落として地面に挿すだけ。

こんな風に地面に直接挿しても大丈夫。

2

今みたいに暑い時期なら、丸1日あれば発根してくる。

1_2

もともとあった株はピンチできるし、花壇のすき間は埋められるし、一石二鳥。

 

コリウスだけに、これウソなんてことは絶対にない。


ホントのことだ。



締め切りに追われて真面目な原稿を書き続けている反動が、こんなところに出てきてしまった。


これ、ホント。<(_ _)>

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年8月16日 (火)

ハナツリフネソウとコリウス

こぼれダネで毎年花を咲かせてくれるハナツリフネソウが、今年も見ごろになってきた。

こんな可愛い花が雑草のように勝手に咲いてくれるんだから、ますます好きになってしまう。

2_5

ハナツリフネソウは、日本に自生するツリフネソウやキツリフネの近縁種。インパチェンス属の立派な一員だ。

(詳しい説明は過去記事から ⇒ 2007年9月27日

今年は庭のどんなところから芽を出してくれたかというと、一番大きく育っている株は玄関アプローチのこんなところから。


夏らしい派手なコリウスの奥だ。

1_2

ちょっと残念なのは、今年はあんまり芽をだしてくれていないってこと。

明らかに去年よりも株が減っている。

去年あんまりタネが着かなかったせいなんだろうか?


3_5


こちらはやっと初花を咲かせてくれた株。


でもまだ僕が気づいていないだけで、きっとどこかで芽を出してくれているはず。

こちらはもっと増えてもらっても、まったく構わないんだから。


ハナツリフネソウ、これは苗を見かけたら即買いのお勧め植物だ♪

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (5)

2011年8月14日 (日)

真夏はやっぱりニチニチソウ

僕は鉢植え栽培が苦手。

だって毎日の水やりが大変だから。

特に真夏は1日1回じゃ間に合わなくなるし、ちょっと油断すると植物を枯らすことになっちゃうからたまったもんじゃない。

楽しみでやっていることがストレスになっちゃったら、何のためにやっているのか分からなくなっちゃうしね。

そうは言っても、玄関先ぐらいはいつも花を飾っておきたいのも事実。

そんな時の強い味方がニチニチソウだ。

Photo

素焼きのポットは見た目は良いけど、プラスチックの鉢より乾き易いのが困りもの。だから僕は、夏は基本的にはプラスチックの鉢を使うようにしている。

それでもニチニチソウなら素焼きの鉢でも大丈夫なのだ。

たとえしおれても水をあげれば必ず復活。

頼もしいったらありゃしない。


それからニチニチソウは花がらが目立たず、いつも咲きたての花だけを見せてくれるところもポイントが高いのだ。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧