カテゴリー「緑のカーテン」の56件の記事

2013年7月 8日 (月)

やっぱりゴーヤでしょ!

今年の緑のカーテンも始動!

去年のミニキュウリ はウドンコ病で下葉がどんどん見苦しくなってしまい、緑のカーテンとしては失格。

機能性から考えれば、メインはやっぱりゴーヤでしょ。

1_3

さて、肝心の生育具合だが、今回とまったく同じように育てた2011年のゴーヤよりも、生育は2週間近く遅れている感じだ。

今年の梅雨は妙に涼しい日が多かったせいか???

2_2

そうは言っても、ゴーヤ単体では物足りない。

今年のパートナーはミニトマトだ。

3_2

品種は、ものすごい長さの房が垂れ下がるはずのシャンデリアトマトにした。

本当にシャンデリアのように果実がなるのか、今から楽しみなのだ。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年7月 5日 (木)

ミニキュウリの緑のカーテンの欠点

緑のカーテンの今の様子だ。

Photo_2

今年はミニキュウリの緑のカーテンにしてみたんだけど、これはちょっと失敗だったかも。

キュウリはそのまま生でかじりつけるし、生で食べられるという点ではゴーヤよりありがたい存在だ。

でも嫌なのは、下葉がどんどん枯れ上がってきて見苦しくなること。あ~あ、この先が思いやられる。

見た目は迷うことなくゴーヤに軍配があがるな。

3_5

こちらは、見苦しくないサマーカットのタロウ。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年6月26日 (火)

緑のカーテンのミニキュウリ

我が家の緑のカーテンは、その後も順調に生育中。

7_2

ミニキュウリとパッションフルーツとブドウの3種混合カーテンなんだけど、ブドウの伸びに勢いがないのが気がかりだ。


8_2

ミニキュウリ3号と4号は、写真を撮ってすぐに収穫。

金山寺味噌と一緒に、息子と僕の胃袋の中へ。


緑のカーテンの後では、花が終わった後で家の中から庭に出したシンビジウムとデンドロビウムも、元気に育ってくれている。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年6月16日 (土)

キュウリのグリーンカーテン越しの庭

緑のカーテンにしているミニキュウリの伸びが勢いを増してきた。

先行していたブドウやとパッションフルーツの蔓を、もう追い越さんばかり。

4

リビングからグリーンカーテン越しに庭を眺めると、今はこんな感じ。

6

本葉一節目から咲いてきた雌花は、摘まずに初収穫を楽しむつもり。

5_2

苗をプランターに植えてわずか1ヶ月、まさかこんなに早く収穫できるものだとは夢にも思わなかった。

もう明日にも実食できそうだ♪

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年6月 9日 (土)

ミニキュウリの緑のカーテン

緑のカーテン用のミニキュウリは、その後も順調に育っている。

1

右端の一番生育の早い株は、すでにネットに蔓を絡ませ始めた。

2

蔓の伸び具合にばかり気を取られていたら、株もとの方に早くも黄色い花が。


3

当然、雄花だとばかり思っていたなら、何といきなり雌花が!

それも2花続けて一気に!!

いやぁ、まさか本葉一節目から雌花が咲くとは思いもしなかった。

 

こういう予想外の展開は、初めて育てる植物ならではの面白さ。

 

教科書では、株を弱らせないように低節位の雌花は実を摘むように書いてあるけど、何でも自分で試してたい僕は、このまま実をならせてみることにした。

 

他の2株は摘むことにして、本当に差が出るかどうかを比較してみるんだ。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年6月 4日 (月)

キュウリのグリーンカーテン+α

プランターに苗を植えつけて2週間目のミニキュウリ

今にも蔓を伸ばし始めそうな勢いだ。

去年育てたゴーヤと比べると、初期成育はキュウリの方が早いな。

6

この調子だとあっという間にグリーンカーテンの出来上がりということになりそうだ。

去年はグリーンカーテンの文字はあまり見られず、緑のカーテンが優勢だったのに、今年は五分五分といった感じ。

最終的にどっちの言葉が定着するのかも気になるところ。

5

手前の鉢に植えているのはミニカボチャのプッチーニ。

主茎は既にピンチしてあって、側枝が伸び始めたところ。

こちらはオベリスクに絡めるつもり。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年5月26日 (土)

緑のカーテン張り

4_2

今日は緑のカーテン用のネットを張った。

今年は、幅120cm、高さ180cmの奴にした。

1_2

2_2

僕はブドウとパッションフルーツとキュウリの三種混合グリーンカーテンにしようと企んでいるんだけど、どういう風に蔓を伸ばしていくかは成り行きに任すつもり。

キュウリが真っ先に見苦しくなるに違いないから、この点をどうするかなんだよなぁ。

ブドウとパッションフルーツは最後までキレイな葉を保ってくれるから、見た目の点ではまったく心配ないんだけど。


3_2

ベビーリーフ用のレタスとルッコラのタネを播いて、この場所は一段落。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年5月20日 (日)

キュウリの緑のカーテン

3

今年の緑のカーテンはゴーヤを卒業して、僕はブドウとパッションフルーツのフルーツカーテンで行くことに決めていた。でも2年生の苗木からのブドウでは、それほど広い面積を覆えない。

そこで、キュウリも使った三種混合ワクチンならぬ、三種混合カーテンに挑戦してみることにしたのだ。

キュウリの品種は、房なりのミニキュウリを選んだ。

1

2

苗は、緑のカーテン用の70cmプランターに3株定植。


4

鉢植えのパッションフルーツ1株、プランター植えのミニキュウリ3株、そして鉢植えのブドウ1株、これでどんな緑のカーテンができあがるか、楽しみ楽しみ♪

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年5月 1日 (火)

緑のカーテン用のブドウ

今年の緑のカーテンはブドウでいくことにしている。

ゴーヤはもう卒業。

だってブドウの方がゴーヤよりもずっと面白そうだから。息子も大賛成してくれたしね。

 

僕は前々からブドウを育ててみたかったんだけど、植える場所がないから諦めていた。

 

でも、『ブドウの緑のカーテン』の響きにグッときてしまい、こうして鉢植えで育ててみることにしたというわけだ。鉢植えなら場所もとらないしね。


そのブドウの芽が動き始めたぞ♪

7

品種は、丈夫で育て易いマスカットベリーA。

2年生の苗で掃き出し窓全面を覆うのはとても無理なので、パッションフルーツとのコンビで緑のカーテンを作る作戦だ。

5

ん?

ブドウの写真を撮ろうとしたら、変わったものが置いてあるのを発見。

 

息子の硯だ。

6

よく見ると、シンボルツリーのアオダモには筆が干してあった。


どうしてここに干すんだ?


アオダモもこんな使い方されるとは予想してなかっただろうな。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2012年2月19日 (日)

今年の緑のカーテンはブドウで決まり♪

日に日に強くなってくる春の日差しと動き始めた庭木の芽に誘われたかのように、冬眠中だった僕の園芸魂も目覚め始めた。

今年は何を植えよう・・・

身体は動かさずに、まずは妄想ガーデニングからスタートだ。


よしっ、今年こそあれを育てるぞっ!


早速ネット注文して届いたのがこの2年生のブドウ苗だ。

1

ブドウは前から一度育ててみたかったんだけど、うちの庭では場所を取り過ぎるので泣く泣く我慢してきたのだ。

 

では、どうして今年いきなり2株も買ったかというと、1株は緑のカーテンに仕立ててみようと思って。

ゴーヤは去年大成功したから、もう卒業だ。

2

早速大鉢に植え替えてみた。

品種は、左がマスカットベリーA、右がキャンベルアーリー。

どちらも露地栽培できる丈夫な品種。


緑のカーテンにするのは、マスカットベリーAの方。

3

鉢はシルバープリペットで目隠しできる定位置にセット。

4

横からはもちろんのこと、上からだって鉢はほとんど見えない状態にできるのだ。


キャンベルアーリーの方はオベリスクに絡めるつもりだったんだけど、茎が堅くって思うように巻きつけられない。

5

古い枝が堅くなってしまうのはブドウの特性だし仕方がない。今年からしっかり収穫したいからこそ2年生の苗を買ったわけだし、これは想定の範囲内。

折れないように地道に播きつけていくつもり。

6


オベリスクの下から2段目の輪っかにグルグル播きにしたいんだけど、今日はここまでが限界。

茎を折ってしまったら、何のためにわざわざ2年生の大苗を買った意味がなくなってしまう。焦らず慎重に曲げていなかきゃ。


こちらはまだ置き場所が決まらないので、邪魔にならない隅っこに仮置きだ。

7



剪定した枯れ枝で遊ぶタロウ。

Photo

遊ぶのはよいけど、食べるなよ!

 

お前は胃が弱くて特別療養食(エサ)しか食べちゃいけない身体なんだから。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧