カテゴリー「海外レポート2009」の19件の記事

2009年12月26日 (土)

スパニッシュランチ♪

パパの海外レポート

ランチの記事を忘れていた。

スペインで3日も働こうものなら、もうくたくた。朝食が食べられないぐらいの疲労度になる。

もっともこれは僕の身体のことではなくって、胃のこと。今回はたった1日だけだから、食べ過ぎを心配する必要もない。だから1回だけのランチがとても楽しみだったのだ。

Photo

まずはお決まりのパンとピーナッツ。僕はアグアミネラルシンガス(ミネラルウォーター)を頼んだけど、他の人達はだいたいノンアルコールビール。

Photo_2

続いてサラダ。これで3人分だ。オリーブオイルとワインビネガーの入れ物がとってもおしゃれ。

Photo_2

たっぷりのサラダとスープを頂いた後は、海鮮パエリア。これは1人前だ。

Photo_3

そして締めのデザートはこれ。

もちろん僕一人分というわけではなく、4人分。

それにしてもこの盛り付けは凄い。

でも、僕は甘いもの好きだから大歓迎♪

(前回のスパニッシュランチの記事はこちら ⇒ 2月17日

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2009年12月24日 (木)

スキポール空港

パパの海外レポート

スペインは2泊、実働丸1日という強行軍。あっという間に帰国の日を迎えた。

スペインと日本の間は直行便が無いために、来た経路をそのまま戻ってオランダ経由で日本に向った。乗り換えをしたスキポール空港は、クリスマス一色。そして、大勢の人がカメラを向けていたのがこれ。

Photo_5

日本で見るクリスマスツリーとどこか趣が異なる。

中央にサンタさんがドカッと腰掛けているせいかな?

念のためにモミノキが本物かどうかを確かめてみた。

結果は偽物。何だかちょっと損したような気にもなったけど、自然保護の観点では正しいことなのかも。

うん。きっとそうだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2009年12月21日 (月)

クリスマスイルミネーション

パパの海外レポート

オランダを後にした僕は、スペインにやってきた。場所は、おそらく日本人観光客が来ることはないであろう地方都市。

仕事が終わってホテルまで送ってもらう際、この街のクリスマスイルミネーションを見に行こうと誘われた。もちろん断る理由は無い。

これがメインストリート。

1

せっかくなので、車を降りてちょこっと散歩してみることにした。

細い路地裏までこんな風に。

3

まだクリスマスには早いのに、人の多さに驚いた。子供たちも大勢。

スペイン人は夜型の生活だ。レストランのオープンは夜8時からだし、お店が賑わうのは9時を回ってから。寝不足に弱い僕にはとても着いていけない生活リズムだ。

Photo_6

最後は、広場に面した古い教会。

やっぱり、こういう歴史的建造物のライトアップが一番良いね。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2009年12月19日 (土)

手作りモヤシ

パパの海外レポート

夏依頼の海外出張。今回はオランダとスペインだ。

この時期、オランダは暗い。日本よりもずっと緯度が高いから、日没は早く日の出は遅くなるから当たり前だ。これに加えて雨季だということもある。

こんなんじゃ、とてもウキウキ気分にはなれやしない。

さて、僕が泊まったのはデルフト焼きで有名なデルフトのとある小さなホテル。築300年を超えた古いホテルだ。初めて泊まったけどなかなか快適で気に入った。

朝食でも、こんなところにオーナーのこだわりと気遣いが感じられたから。


Photo_4

写真はモヤシのなり損ない。
それも色々なマメのミックス。

こっちではこの形のモヤシが普通なのかと思ったら、そうではなく、
このホテルのオーナーの主義で自家製なんだと。

きっと宿泊客の体調を気にしてくれてのことだろう。だって、モヤシにしてもカイワレにしても、スプラウトは、発芽直後の一時期だけに多く含まれる機能成分を摂取できる優れものなんだから。

正直あんまり美味しいとは思えなかったんだけど、身体のために2日間毎朝ちゃんといただきました。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2009年8月 6日 (木)

Araucaria araucana

チリでの最終日。仕事は無し。

サンチアゴ空港に行って、日本に帰るだけだ。

朝寝坊が許されたお陰で、バルパライソの夜景と同じ構図の写真を撮ることができた。

Photo_2

さて、空港に向かう途中で寄ったのはワイナリー。

Photo

コンチャ・イ・トロだ。

じつは僕のお気に入りのワイン、カッシェロ・デル・ディアブロを作っているワイナリー。もちろん日本のスーパーでも買うことができる。値段は1400円前後。

(コンチャ・イ・トロやチリの説明動画はこちら

Photo_4

ワイナリー内に何本も植えられていた独特な樹形の木。

チリ松だ。学名は、アローカリア・アロウカナ。

さてと、この辺で今回の海外レポートは終わろうかな・・・。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2009年8月 5日 (水)

Tulip

チリは真冬。ということは、日が短いってこと。つまり、どうしても僕は暗いうちにホテルを出て、暗くなってからホテルに着くことになってしまうのだ。ということは、大好きな街中の植物ウォッチングができないってこと!

しかたがないので、ホテルから見えるバルパライソの夜景をパチリ。

2

植物の写真が撮りたいなって考えていたら、目の前にチューリップが!

Photo

今晩はこれで良しとしよう♪

こういう気分の時はこんなことでも妙に嬉しかったりするのだ。

さてさて、この晩のディナーの前菜はこちら。

1

チリ名物、生ウニ~ッ♪  スペイン語で、エリソと言う。

これで1人前♪

ウニは定期的に禁猟期があるため、僕は毎回この生ウニにありつけているわけではない。勝率は6割ってところだ。だからこそ、このありがたみが増すっていうもの。

それでは、チリ流、ウニの美味しい食べ方は、これだ。 1、2、3。

2_2

まずは、パセリとタマネギのみじん切りをパラパラとかけて。

お次は、半切りにしたレモンを手で思いっきりギューッと絞る。

最初の頃は何だか違和感を覚えた味付けだったけど、僕も今ではこの食べ方がすっかり気に入ってしまった。もちろんビールはさっさと飲み干して、もちろんウニのお供は白ワインではチリ一美味しいと評判のカサブランカバレーのシャルドネだ♪ 

う~ん、幸せ♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2009年8月 4日 (火)

チリのつもりが・・・

僕が向かった国はチリ。日本との時差は13時間、季節は冬真っ只中。正直、かなり身体には堪える出張だ。暑さに慣れた身体で冬の外仕事は辛い。ましてチリは目下新型インフルエンザ蔓延中なんだし・・・。

空港には朝到着。ところがマスクをしている人は誰一人いなかったのだ。こんなところでもラテン系のおおらかさをまざまざと見せ付けられた気がした。

その後はいつもの通り一日中外で立ち仕事。でも、さすがに3時過ぎには強烈な睡魔に襲われて意識朦朧。立っているのがやっとで、頭が全く働かない状態に。そのせいで初日に予定した仕事は全部終えられなかった。

さらに追い撃ちをかけるように、今回のホテルではネットに接続できないことが判明。僕がシカゴで立てた、チリのホテルで記事を書く作戦は見事な空回りに終わってしまったのだ。こうなると知っていたら、アメリカでもっと記事を書き貯めといたのに。

チリのつもりが仇となる。

こんな格言があったような・・・

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (1)

2009年8月 3日 (月)

Hotel's garden

僕がいつも泊まるのはこの町一番の老舗ホテル。メインストリートでこの町の発展を見続けきたホテルだ。ということは、結婚式のメッカでもあるってこと。

だからもちろん屋外にも結婚式を演出する舞台ができているのだ。

5

2

奥にはボートが。

4

新郎新婦はこれに乗ってご到着ってわけか。

もちろん由緒正しい老舗ホテルだけに、こういう庭もある。

1

3_2

最後の写真は、庭の奥からホテルを見たところ。

このホテルにはたったの2泊したのみ。アメリカにもたったの2泊ということ。今晩はもう次の国に向かわなければならないのだ。つまり今晩は機中泊。

やれやれ・・・。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2009年8月 2日 (日)

Field of dreams

集中豪雨に竜巻と、今年の夏は日本でも異常気象を肌で感じるが、ここシカゴもそうなのだ。こんな冷夏は珍しいという。

僕も10年以上続けて毎年のようにここに来て外仕事をしているが、こんなに快適な日は初めて。いつもは日本より強い紫外線と、昼間は日本と変わらない暑さ湿度に閉口しているからだ。

これは仕事場から眺めた景色。

1_3

3

地平線の先まで広がるトウモロコシ畑。というよりトウモロコシ地帯と言ったほうが適切。日本人の感覚では、畑という表現じゃとてもこの広さは伝わらない。この中に野球場の1つや2つ作ろうが、全く気にならない広さだ。

Field of dreamsか・・・。

いくつになっても夢を持ち、夢を叶えるエネルギーも持ち続けるぞっ!

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (1)

2009年8月 1日 (土)

Thank you!

じつは数日前からアメリカに来ている。毎年この時期恒例の出張で、シカゴの郊外へだ。初日の朝、まずはメールチェック。そしてお決まりの朝の散歩。

1

ホテルの前のいつもおじさん。

(このおじさんの前の写真はこちら ⇒ 2007年7月25日

メインストリートにかかる橋の上は、こんな風に花で飾られている。

2

これもいつもの光景。オーナメンタルグラスは今や、どこででも当たり前に見られるようになった。

おやっ、いつもと違うものを発見!

3

花壇に刺さっている青い看板。

なんとかガーデン倶楽部が1978年からこの場所に花を植えています、とある。

去年までは見かけなかったから、おそらくボランティア開始30周年を記念して作った看板なんだろう。30年目にして初めて自己主張するところがカッコいいじゃん。

Thank you! これまでの活動に!

最後の写真はこちら。

4

何か面白い写真を撮りたいなって思っていたら、ちょうど通りかかってくれた花屋さんの車。

Thank you!

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)