カテゴリー「キッズガーデニング」の106件の記事

2012年4月17日 (火)

ギボウシにいたずら書き

ヒアシンスの花のいたずら書きで味をしめた僕は、庭で次の獲物を探すことにした。もちろん油性マジック片手にだ。


そうして、

見~つけた♪

1_5

土からツンツンと新芽を突き出した斑入りのギボウシ。

こいつはいいぞ♪

2_3

う~ん、いまいち・・・

大勢が笑っているイメージだったのに、顔を描いてみたらあんまり面白くない。

どうせだったら合唱団にすればよかったと悔やんでも、油性のマジックは描き直しがきかないし、後の祭り。
 


くっそー、失敗しちゃったなぁ。

もっとよく考えてから描くべきだった。

おっ、良いことを思いついたぞ!


これでどうだっ!?

3

別の向きで描けばこの通り。


どうだい? 

こっちのほうがずっと面白い。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年4月 6日 (金)

幸せのヒアシンス遊び

植えっぱなしで4回目の春を迎えたヒアシンスが咲き始めた。

1

ヒアシンスはユリ科の球根植物。

だから花弁の基本数は、内花被片3枚+外花被片3枚=6枚。内花被片というのはもともと花弁の部分で、外花被片というのはもともとガクになる部分のこと。

そう思って見ると、花にガクがないことが不思議じゃなくなる。

同じユリ科の代表格であるユリやチューリップも、同じようにガクが存在しないで、6枚の花びらだけがあるように見えているのを思い出すだろう。

 

これはユリ科だけではなく、アヤメ科の花も同じこと。

ハナショウブやクロッカスでも、内花被片、外花被片と呼ぶのだ。

 

さて、お堅い話はこれぐらいにして、楽しいネタをご紹介。

22

ピンクのヒアシンスを観察していたら、面白いものを発見!

4_2

花弁が6枚じゃなくって8枚の花が咲いてる!

この8弁の異常花を横から見てみると・・・

2_3

 

閃いたっ!

 

この花で面白いものが作れるぞっ!

 


で、僕が作ったのがこれ。

62_2

う~ん、まだどこか物足りないな・・・

 

そうだっ。

これでどうだっ。

72

枝に巻きついて枯れていたクレマチスの蔓を頭に乗せてみた。

 

カ・ン・ペ・キっ!

 

どうです。

なかなかでしょう。

僕自身、思わず息子とかみさんを呼んで、自慢しちゃったぐらいですから。

 

えっ、どんな反応だったかですって?

 

そりゃー、もちろん面白がってくれましたよ。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2011年7月 6日 (水)

超お手軽ベビーリーフ収穫♪

いよいよガーデンレタスミックスのベビーリーフの収穫だ。

1

収穫担当大臣は息子。

2 3

そう来るとは思わなかったぜ。

外に出てくるかと思ったら、部屋の中から収穫かよ。

息子なりに頭を使っているし、外に出ないで済ませる超お手軽な方法だし、まあいっか。

4_2

ハサミで簡単、大量収穫♪

5

のこり半分は次回のお楽しみに。

6

タネを播いてから3週間ちょっと。こんな短期間でこれだけ楽して楽しめれば、上出来上出来♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2009年10月 7日 (水)

ペットボトルで大収穫♪

いよいよペットボトル栽培のイネの収穫の日が訪れた。

1

(このペットボトル栽培のイネの前の記事はこちら ⇒ 9月24日

この日を待ちに待っていた息子は大喜び。

3

指でしごいて籾を収穫。

2

息子も家で採ったお米を食べるのが楽しみなんだろう。一粒たりとも失くさない慎重さで丁寧に収穫。

4

たったペットボトル4本でこれだけ採れた。イネって凄い。

目標のお茶碗一杯は楽に超えていそうだ。

さてと。問題はこの籾殻をどうやって外すかだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (8)

2009年8月31日 (月)

ハツカダイコンの裏技

ダイズの花の写真を撮った株はこんな状況。

Photo_3

もうしっかりエダマメの姿に。収穫も近そうだ。

(この鉢植えの前の記事はこちら ⇒ 8月7日

ハツカダイコンは8月22日に収穫。播種は7月6日だったから、47日ダイコンになってしまった。かじってみたらちょっと硬く、1週間前に収穫すべきだったかも。

でも、すり下ろして素麺の薬味にしたら、いけるいける♪ 

ハツカダイコンが好きじゃないかみさんも見直す程の良い味になったのだ。

裏技発見! 

ハツカダイコンの大根おろし♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2009年8月26日 (水)

○○の形のニンジン♪

ゴールデンウィークに播種した3寸ニンジンがやっと収穫を迎えた。

1

雨の多い冷夏だったせいか、思ったより収穫まで時間がかかってしまった。

(このニンジンの前の記事はこちら ⇒ 7月28日

収穫担当はもちろん息子。

2

3

見たことのない変な形のニンジンにビックリ。

4

これが3寸ニンジンの全収穫物。3~4回分の料理には十分だろう。

そうそう、こんな面白い形のものもあったのだ。

5

誰のおしりだ?

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2009年6月 6日 (土)

ツクシノイバラの生垣

九州に自生している野生バラ、ツクシノイバラが満開になった。

2_6

ツクシノイバラは照葉でものすごく丈夫なので、放っておいても毎年たくさん花をさせてくれる。欠点は、トゲがきつ過ぎることぐらい。

僕はキンメツゲに絡ませているので、支柱もフェンスも必要なし。コンセプトは、花咲くキンメツゲなのだ♪ 

(話は変わるが、僕が発見したキンメツゲの秘密情報はこちら ⇒ 2007年5月19日、ヒューケラの次の記事)

ツクシノイバラも、花が終わったら『剪定必勝!』がポイント。それこそツクシノイバラに、そこまではいけませんてーって文句言われるぐらいまで切るのがちょうど良い。

Photo

さすがに園芸品種ほど花びらは強くなく、雨が降るとすぐにしみができてしまう。でも、咲き始めはそれを補って余りあるほどの可愛さだ。

こちらは東側の道路から庭を眺めたところ。

1_5

Photo_3

息子も僕に似て剪定好き。

初めて使わせてもらった大きなハサミで、一所懸命コニファーを刈り込んでくれたのだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (1)

2009年5月30日 (土)

秋田フキの使い方

もちろん僕は、秋田フキの葉をただ自転車置き場の扉として使っているだけじゃない。

やはり使い方として1番良いのは、春の味覚の代表格フキノトウを食べること。普通のフキノトウの3倍ぐらいの大きさになる秋田フキのフキノトウは食べ甲斐がある。

(この秋田フキのフキノトウの記事はこちら ⇒ 2月28日)

まだまだ他の使い方もある。

2_3

こうして傘に。

息子が喜んでこの格好で走り回っていたら、近所の子供たちが集まってきた。みんな言うことは同じ。

『わぁっ、トトロの葉っぱだぁ~!』

『どうして持ってるの?』

普段こんなに大きな葉を見る機会なんてないだろうから、相当なインパクトがあった。息子はお気に入りのオモチャを見せる時のように自慢顔。

もちろん僕は、遊んだ葉をそのまま捨てるなんてもったいないことはしない。

1_3

塩茹でしてあく抜きし、皮を剥いて、砂糖と白だしで煮込んで、最後はみりんを絡めるだけ。日本酒やビールの最高の肴のできあがり。もちろんご飯にだってぴったりだ。恐る恐る口に運んだかみさんも大絶賛。

展開しきった葉だって美味しく食べられる。若干繊維質が残るが、歯応えがあると思えば気にならない。

これだけ使える秋田フキ。

飽きないフキって呼んであげなきゃ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2009年5月20日 (水)

かわいい割れ目ちゃん♪

4月上旬、僕が息子に買い与えた多肉植物がある。もちろん息子の部屋においてもらうためだ。そのためには息子の気を惹く何かがなければならない。今回僕が選んだのはこの植物だ。

3_2

プレイオスピロス。品種はたぶん『帝玉』。

夏の暑さには弱い多肉だから、夏は息子の部屋から避難させないと枯れてしまうのが問題。でも、その時はその時。今は息子が関心を持ってくれさえすれば良いのだ。

2

この割れ目ちゃんがこの先どんな姿になるのか、息子は想像もつかないだろう。

ププッ。息子がどんな反応を示すか楽しみだ♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2009年5月12日 (火)

イネのペットボトル栽培!

雑誌でイネのペットボトル栽培の記事を見て、早速僕もやってみることにした。

だって単純に面白そうだから。バケツじゃなくってペットボトルだってところが良いんだな。ジャガイモの袋栽培も同じなんだけど、身近なゴミを再利用できるところが嬉しいのだ♪

それに庭やベランダでイネを育てること自体が素晴らしい。だって現代人が失いつつある農耕民族日本人の誇りを蘇らせるのには、イネを栽培するのが一番だって僕は考えているから。

我が家ではもちろん息子の出番。日本の未来を背負う男になってくれよ。

まずはペットボトルにカッターで穴を開け、そこに土を投入。

1_2

イネの苗はお世話になっている方が分けて下さった。

お次は水を張って・・・。

2_2

棒でちゃんと代掻きもやって、ペットボトル田の出来上がり♪

4

最後はもちろんお田植え。

5

コシヒカリの苗を2本まとめて植えて終了。

6

さて、これからどう育ってくれることやら。

ペットボトル1本だけじゃお米の収量は期待できないので、あと何本かペットボトル田を作る予定。

さあそのためには、まずは冷蔵庫のペットボトルを飲み干さねば。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧