« レタスとチコリの魅力 | トップページ | レッドビートもよい♪ »

2012年6月 9日 (土)

ミニキュウリの緑のカーテン

緑のカーテン用のミニキュウリは、その後も順調に育っている。

1

右端の一番生育の早い株は、すでにネットに蔓を絡ませ始めた。

2

蔓の伸び具合にばかり気を取られていたら、株もとの方に早くも黄色い花が。


3

当然、雄花だとばかり思っていたなら、何といきなり雌花が!

それも2花続けて一気に!!

いやぁ、まさか本葉一節目から雌花が咲くとは思いもしなかった。

 

こういう予想外の展開は、初めて育てる植物ならではの面白さ。

 

教科書では、株を弱らせないように低節位の雌花は実を摘むように書いてあるけど、何でも自分で試してたい僕は、このまま実をならせてみることにした。

 

他の2株は摘むことにして、本当に差が出るかどうかを比較してみるんだ。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

|

« レタスとチコリの魅力 | トップページ | レッドビートもよい♪ »

緑のカーテン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レタスとチコリの魅力 | トップページ | レッドビートもよい♪ »