« ミニキュウリの緑のカーテン | トップページ | 初めてのコチョウラン栽培 »

2012年6月10日 (日)

レッドビートもよい♪

2_2

最近の植物達の生長の早さには驚いてしまう。

赤い茎のスイスチャードなんか、あっという間に1mを越える高さになってしまった。

スイスチャードを追いかけるかのように、銅葉のレッドビートももう少しで1mに届きそう。

1_2

トウ立ちしてきたスイスチャードもよいけど、トウ立ちしてきたレッドビートもよい。

おっ♪

「レッドビートもよい」、を早口で言うと、「レットイットビー」に聞こえることを発見!

 


それでも目が行ってしまうのは、やっぱりアリウム・ギガンチウム。


4

3_2

これでもまだ1輪目が開花したばかり。

お楽しみはこれからだ♪

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

|

« ミニキュウリの緑のカーテン | トップページ | 初めてのコチョウラン栽培 »

球根」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

コメント

夢2さん、おはようございます。

スイスチャードは株もしっかり残りますので、見た目重視であればトウ立ちした茎を切り戻してしまうのがお勧めです。存在感たっぷりのカラーリーフとして、長期間楽しめます。

ただこの場合、タネ採りはできなくなってしまいますが、分けつはしますので、ある程度なら株分けで増やすこととはできますよ。

投稿: パパです。 | 2012年6月11日 (月) 08:51

こんにちは。久しぶりのコメントです。
実は我が家も今年はスイスチャードを植えていて今まさにパパです庭のようにしています。このままにして種を採ろうと思っていますが、その後はどうしたら良いのでしょう?
お花を切ったら姿は悪くてもまた葉が出てきてカラーリーフのようになってくれないでしょうか?これから夏に向けての管理の仕方を教えて頂けませんか?

投稿: 夢2 | 2012年6月10日 (日) 17:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミニキュウリの緑のカーテン | トップページ | 初めてのコチョウラン栽培 »