« 庭は秘密基地 | トップページ | チマサンチュと言ったら・・・ »

2012年5月15日 (火)

コスレタス登場!

ミニチューリップの花が終わってしまった手抜きッチンガーデンの様子だ。

彩りが減り、少々物足りないのは否めない。やはり野菜ばかりが目立つようになってしまうと見た目が少々寂しくなる。

3

そんな時にはちょっと目線を変えてみればよいのだ。

トキワマンサクの銅葉が背景にあると野菜の緑を引き立ててくれるし、この時期は濃い桃色の花まで咲いてくれるから。

2_2

それから白い新芽が最高に綺麗なハクロニシキは、さらに芸達者。

 

花でなく葉でここまで魅せてくれるし、いつどんな風に枝を剪定しようが、必ずこの新芽を楽しませてくれるのだから。

ハクロニシキはヤナギ科だというのも、何だか余計に親しみを感じさせてくれる。


剪定に強く、葉で魅せてくれる花木は、手のかからない庭にはもってこいだ。

Photo_3

最後の力を振り絞って咲いているビオラの後ろは、コスレタス。

ようやく結球し始めた。

コスレタスは炒め物にも使えるほど、しっかりとした歯ごたえのある葉をしている。

日本のスーパーではあまりお目にかかれないコスレタスだが、シーザーサラダに一番向いているレタスなのだ。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

|

« 庭は秘密基地 | トップページ | チマサンチュと言ったら・・・ »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庭は秘密基地 | トップページ | チマサンチュと言ったら・・・ »