« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月31日 (木)

スイスチャード

チェリーセージが咲き始めたりして、うちの庭も夏らしい雰囲気になり始めた。

1_8

人間でもそうだけど、見た目はそれほどではないのに、ずば抜けた存在感のある人はいるものだ。

 

赤い茎のスイスチャードが、まさにそれ。

2_6

ビューンビューンと花茎を伸ばしたあのアリウム・ギガンチウムの存在も薄れてしまうほど。

3_7

イタリアンパセリの奥で輝く赤く太い線。

存在感は言うことないし、苗代も安くって、とっても丈夫で長持ち。それに株だって十分大きくなる。

場所ふさぎには最高の植物だ。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年5月30日 (水)

夏野菜たちのタネまき

小玉スイカの隣にクウシンサイのタネを播いたその日、僕は他の夏野菜たちのタネも播いていた。

まずはこのプランターには、レタスとルッコラの2種類を。

どちらもベビーリーフ用だ。

4

お次は、ミニトマトとバジルを植えたばかりの場所に、レタスとミニハクサイの2種類を。

2_3

3_4

こちらはベビーリーフとしてではなく、結球するまで育てるつもり。


そして最後はここ。


1_5

大きく葉を広げる秋田フキの陰になってしまうこの場所は、日陰でも大丈夫なミツバに任せることにした。

 

形の見えるポット苗を植えるのと違って、タネまきはゼロからの出発。

発芽を待つこのドキドキ感は、タネまきならではのもの。

だからやっぱりタネまきはやめられない。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年5月29日 (火)

小玉スイカとクウシンサイ

2つあるレタス花壇のレタス達だが、まずはチマサンチュを収穫し終え、今はサニーレタスを食べているところ。

3

収穫して空いたスペースは、そのままにしておいちゃもったいない。ここには小玉スイカを植えることにしていたのだ。

そこで僕は、15cmポットに仮植していたピンチ済の小玉スイカを植えることにした。

1_2

この場所は去年はミニトマトを植えたところなので、ナス科の植物の連作を避けてウリ科のスイカを植えることにしたのだ。


2


去年ミニネットメロンのころたんを絡ませたオベリスク をここに立てて、スイカの蔓を絡ませるつもり。


小玉スイカの右には、クウシンサイのタネを直播きしたところ。

ツル無しの細葉種にしたから、見た目も良い感じになるはずなんだ。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年5月28日 (月)

ジャーマンアイリスとブドウ

1_4

ジャーマンアイリスの『ノーブル』が咲いた。

3_3

葉を広げ始めた鉢植えのブドウ『キャンベルアーリー』との2ショット。

今年初めて育てているキャンベルアーリーは、まだ蕾が見えてこない。

う~ん、ご対面が待ち遠しい。

2_2

反対側から見てみると、こんな感じ♪

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年5月26日 (土)

緑のカーテン張り

4_2

今日は緑のカーテン用のネットを張った。

今年は、幅120cm、高さ180cmの奴にした。

1_2

2_2

僕はブドウとパッションフルーツとキュウリの三種混合グリーンカーテンにしようと企んでいるんだけど、どういう風に蔓を伸ばしていくかは成り行きに任すつもり。

キュウリが真っ先に見苦しくなるに違いないから、この点をどうするかなんだよなぁ。

ブドウとパッションフルーツは最後までキレイな葉を保ってくれるから、見た目の点ではまったく心配ないんだけど。


3_2

ベビーリーフ用のレタスとルッコラのタネを播いて、この場所は一段落。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年5月25日 (金)

レタスは吉野家よりも上!

5

早いもので5月も下旬に突入。

それなのにレタス花壇のビオラはまだ何とか見られる状態。

それでも夏に備えて、強制的に衣替えさせなければならない。

ビオラと花の終わったチューリップとリナリアを抜いた後には、2種類の矮性カンナ、ダールベルグデージー、コリウス、宿根サルビアを植えた。

どれもひと夏を安心して任せられる丈夫な植物ばかりだ。

7

交互に手前のサニーレタスとレッドチコリは、なかなかの存在感を示している。


6

どちらもカラーリーフとして花壇に使って、まったく違和感がない。

それどころか、美味しく食べられ、すぐに大きく育ち、苗は安いと、見事に『うまい、安い、早い』の吉野家のキャッチコピー通りなんだから。

加えて、『見てよし』、『虫が来なくてよし』。


チコリにいたっては、『花も咲いてキレイ』と、さらに芸達者だ。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2012年5月24日 (木)

今年はシシリアンルージュ

夏の庭にミニトマトは絶対に外せない。

去年我が家ではアイコとイエローアイコを植えたけど、今年は再びシシリアンルージュを育てることにした。


理由はふたつある。

シシリアンルージュはトマト料理として加熱した時の旨味が最高だから。

シシリアンルージュを使えば、どんなトマト料理もいつもよりも美味しく作れると言い切ってもよいぐらい。

「からみつく旨さ」というキャッチコピーは、本当だ。

もうひとつの理由は、息子が生のトマトを食べられないから。

 

このシシリアンルージュ、僕は2年ぶりにこの場所に植えることにした。

2_3

家の東側の細い通路。

こんなところでもまったく問題なくミニトマトは栽培できる。


3_3

ミニトマトの株元には、バジルを2株植えた。

トマトとバジルを一緒に植えるのは、いまや大定番。

イタリアン料理用×コンパニオンプランツの最強コンビだ。


そうそう、僕はポット苗をそのまますぐに植えずに、こんな風にいちど5号鉢で大きくしてから定植することにしている。

1_3

この方がその後しっかり育つから。

それから、1枚目の本葉の元から芽を伸ばして2本仕立てにするのも、オベリスクに絡ませて育てる時の収量を増やすテクニック。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年5月23日 (水)

ブラックベリーの生け垣

手前の大きな葉は秋田フキ。

そしてその奥のヒイラギモクセイの生け垣に誘引したブラックベリーが、蕾をたくさん着け始めた。

1_4

敷地の外の道路側から見ると、こんな感じ。

2_4

ヒイラギモクセイの上は、今まで何も生み出してこなかったある意味デッドスペース。

その場所でブラックベリーが採れるようになったんだから、自画自賛の上手い手だと思う。

3_4

こんなに蕾がたくさん。

今年は果実を大量に収穫できそうだ♪

4_3

ブラックベリーの株元のラナンキュラス・ゴールドコインはもう満開♪

植えて2年目でこれだけ広がった。

ほぼ雑草的な丈夫さの宿根草なので、手間要らず。逆にはびこり過ぎるのを心配しなきゃならないぐらい。

3_6

顔を近づけてじっと見ていると、元気を分けてもらえた気分になる花だ。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年5月22日 (火)

ヘリオフィラの青い花

ここにきてようやくエンダイブが大きくなった。

なんだか嬉しい・・・

それはきっと失望が喜びに変わったから。

同じレタスの仲間のチマサンチュやサニーレタスがとっくに収穫適期を迎えていたのに、エンダイブはなかなか大きくならないから、僕はそんなもんなのかと期待するのを止めてしまっていたのだ。

だって、レッドチコリよりも初期生育が遅かったんだから。

Photo_4

チリチリの葉のエンダイブの奥の青い花はヘリオフィラ

1_6

オオイヌノフグリやクワガタソウを大きくしたような綺麗な花。

僕は弱いんだよな、こういう雰囲気に。

2_6

赤く太い茎が印象的なスイスチャードも、いよいよ存在感を発揮し始めた。

その奥の2つの蕾は、アリウム・ギガンチウム。

今後のスイスチャードとアリウム・ギガンチウムとの目立ちがり屋対決には、とても目が離せそうもない。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年5月21日 (月)

赤カラシナを花壇の彩りに

生け垣のベニバナマンサクが満開になった。ハクロニシキの新芽も綺麗。

4_4

ビオラもまだ頑張っている。

夏花壇のことを考えると、早くこのビオラを抜いてしまいたいところだ。

2_5

でも、バイカラーのビオラとビートや赤カラシナの葉とコントラストがなかなか綺麗で、抜くのが惜しくなる。

にゅーっと伸びたアリウム・ギガンチウムの蕾も良い感じ。

3_5

赤カラシナの葉を楽しんでいたら、いつの間にかトウ立ちしてしまった。

さすがにもう収穫しないと食べずに終わってしまうので、今日の夕食の一品は赤カラシナのおひたしに決定。

Photo

しゃがんでみればヒメウツギも満開。

立ち上がるとこんな景色が。

1_7

奥には、大きな葉を一気に広げた秋田フキの姿が見える。

5

手抜きッチンガーデンもそろそろ夏バージョンに衣替えしなければ。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年5月20日 (日)

キュウリの緑のカーテン

3

今年の緑のカーテンはゴーヤを卒業して、僕はブドウとパッションフルーツのフルーツカーテンで行くことに決めていた。でも2年生の苗木からのブドウでは、それほど広い面積を覆えない。

そこで、キュウリも使った三種混合ワクチンならぬ、三種混合カーテンに挑戦してみることにしたのだ。

キュウリの品種は、房なりのミニキュウリを選んだ。

1

2

苗は、緑のカーテン用の70cmプランターに3株定植。


4

鉢植えのパッションフルーツ1株、プランター植えのミニキュウリ3株、そして鉢植えのブドウ1株、これでどんな緑のカーテンができあがるか、楽しみ楽しみ♪

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年5月19日 (土)

おまけのシャクナゲ

玄関ポーチ脇に植えてある西洋シャクナゲが満開になった。

1_4

このシャクナゲは、建売りの我が家を買うと決めた時に既に植えてあったもの。

勝手に家にくっついてきた、おまけのような存在なのだ。

2_4

それに僕好みの品種でもなければ、かみさん好みでもない。

 

毎年のように、別のものに植え替えよっか、という会話の対象にもなっているぐらい。

 

それでも結局僕らは行動に移せずじまいというのが、いつものパターン。

株が小さいうちならいざ知らず、ここまで育ってしまうと、もう受け入れてあげるしかないという気持ちが大きくなってくる。


3_4

そんなこんなで、このシャクナゲはこの場所にずっと居続けることになりそうだ。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年5月18日 (金)

鉢植えと緑のカーテン用のブドウ

鉢植えのブドウ、キャンベルアーリーの芽が一気に動き出した。

1_5


2_3

僕はブドウを育てるのは初めてなんだけど、順調な出だしなんじゃないかな。


3_2

でも、待望の花芽はまだ確認できない。

もう少しの辛抱、なんだと思う・・・


もう一方の緑のカーテン用のマスカットベリーAの方は、こんな感じ。

A1

そろそろネットを張らなくっちゃ。

こちらも花芽はまだ見えず。

 

でも芽が動き始めたのはキャンベルアーリーよりも早かったから、花芽を確認できるのもマスカットベリーAの方が早いはず。


楽しみ~♪

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2012年5月17日 (木)

スナップエンドウと金貨なら、どっちを選ぶ?

もしスナップエンドウと金貨のどっちを選ぶかと訊かれたら、どう答えるか?

今の僕にとっては、なかなか難しい問題だ。

3_3

この場所には、スナップエンドウの苗を植えたばかり。

1_3

2_3

ところが周りの植物の方がずっと成長が早くて、スナップエンドウを覆い隠さんばかり。

その植物がこれ。

1_2

ラナンキュラスのゴールドコイン。

直径は2cm弱の花だから、小さな金貨。

花は小さくとも、このゴールドコインは、1年で驚くほど大きく広がる丈夫な宿根草だ。

2_2

これからしばらくは、金貨の山を楽しめそう♪

金貨に目がくらんでしまった僕に、はたして神様はスナップエンドウも与えてくれるだろうか???

こちらはスナップエンドウと同時に植えたツルありインゲン。

Photo

周りを囲もうとしているのは、スペアミント。

 

有名なハーブであるスペアミントも、ゴールドコインに負けず劣らず、1年で驚くほど大きく広がる丈夫な宿根草だ。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年5月16日 (水)

チマサンチュと言ったら・・・

レタス花壇のチューリップが咲いているうちに、レタス達も一気に大きくなった。

1

3_2

サニーレタスもレッドチコリもこの通り順調に育ってくれた。

それなのに同時に植えたロベリアは、植えた早々霜で傷んでしまい、まだ花が咲いてこない。

う~、イメージしていた写真は撮れず終いだ。

残念無念。

2

3種類のレタスのうち、もうひとつのレタス花壇のチマサンチュが真っ先に収穫時期になった。

サニーレタスよりも生育が早かったのは意外だったな。


息子との約束で、今夜は焼肉。

採りたてチマサンチュで包んで食べるんだ♪

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年5月15日 (火)

コスレタス登場!

ミニチューリップの花が終わってしまった手抜きッチンガーデンの様子だ。

彩りが減り、少々物足りないのは否めない。やはり野菜ばかりが目立つようになってしまうと見た目が少々寂しくなる。

3

そんな時にはちょっと目線を変えてみればよいのだ。

トキワマンサクの銅葉が背景にあると野菜の緑を引き立ててくれるし、この時期は濃い桃色の花まで咲いてくれるから。

2_2

それから白い新芽が最高に綺麗なハクロニシキは、さらに芸達者。

 

花でなく葉でここまで魅せてくれるし、いつどんな風に枝を剪定しようが、必ずこの新芽を楽しませてくれるのだから。

ハクロニシキはヤナギ科だというのも、何だか余計に親しみを感じさせてくれる。


剪定に強く、葉で魅せてくれる花木は、手のかからない庭にはもってこいだ。

Photo_3

最後の力を振り絞って咲いているビオラの後ろは、コスレタス。

ようやく結球し始めた。

コスレタスは炒め物にも使えるほど、しっかりとした歯ごたえのある葉をしている。

日本のスーパーではあまりお目にかかれないコスレタスだが、シーザーサラダに一番向いているレタスなのだ。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年5月12日 (土)

庭は秘密基地

庭では食べられる植物を毎年増やしていっているけど、さすがに玄関や駐車場回りはそうはいかない。

それでも他の植物なら枯れてしまうような乾燥する場所に重宝しているクリーピングタイムは、ハーブだったりする。

1_4


2

小さな花をびっちり咲かせる様は、遠くから見ても近くから見ても綺麗。


Photo

門柱と敷石の間のほんの少しの土のところでも育ってくれるミニスイセン。毎年花を咲かせてくれるのはもちろん、少しずつ増えていっているのが偉い。


Photo_2

数年ぶりに苗を植えてみたヒナソウ。株が大きくはならずに、可愛い花をびっちり咲かせてくれるので、狭い場所のワンポイントに最適だ。


1_2

玄関ポーチから庭を眺めるとこんな風。

駐車場がギリギリまで迫っているために、ほんの狭い通路でしかない。

でも、覆い被さってきてくれたカエデの枝のお陰で、ようやく茶室の入り口っぽい雰囲気になった。

毎朝この向こうから自転車で出てくる息子は、きっと秘密基地から飛び立つヒーロー気分で中学に通っているに違いない。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年5月11日 (金)

野菜に花を混ぜて感じよく

家庭菜園といっても、広い庭があれば畑コーナーを作ることができるけど、一般住宅ではそうはいかない。でも、せっかくの庭。できれば感じのよい雰囲気であって欲しい。せっかくの庭のスペースが畑っぽくのなってしまうのは、僕は嫌だ。

一方で、そうは言っても花だけを植えていたら、収穫の喜びを楽しむことができなくなってしまう。

そこでここ数年僕がこだわっているのが、手抜きッチンガーデンなのだ。

1_2

2_2

この青い花はヘリオフィラ。

 

こんな青い花を咲かせるくせに、菜の花やキャベツ、ダイコンと同じアブラナ科だという変わり者だ。

3_2

レタスの仲間のエンダイブもだいぶ大きくなってきた。

 

エンダイブの近くには、イタリアンパセリも。

Photo

イタリアンパセリの手前の黄色い花は、バレンシア。

 こちらは正統派のアブラナ科だ。

1_3

ちょっと変わったホウレンソウを1株植えてみたんだけど、なぜか生育が遅い。

 

ホウレンソウの奥のローズピンクの花は、リナリア。

2_3

花壇に植えるにはあまり人気が無いけど、冬から初夏まで活躍してくれる使い勝手のよい花で、僕は大好きだ。花色も色々あるしね。

 

リナリアはもっと使わなきゃもったいない、お勧めの花のひとつ。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年5月10日 (木)

オカヒジキ発芽♪

暑い日が続いて、鉢植えのオカヒジキがようやく芽を出し始めた。

お寿司のツマに使われる緑色のあれだ。

1

オカヒジキは乾燥に強いので、真夏のキッチンガーデンの貴重な戦力になる。

鉢が置いてあるのは、こんなところ。

3

2

結構よい感じ♪。

さすがにビオラはそろそろ弱ってきた。

Photo

オカヒジキを播いた鉢の横には、イタリアンパセリが植えてある。


手前の黄色い花はバレンシア(黄金ナズナ)。エリシマムの一種だ。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (3)

2012年5月 9日 (水)

5年ぶりのスナップエンドウ

僕は前にスナップエンドウを育ててみた時に、もう2度と庭で育てることはしないと心に決めた。

だって、葉がハモグリバエによって白い筋だらけになってしまったのが見苦しくって。

畑とは違って庭で育てる時には、見た目良く育ってもらわねば。害虫対策に悩まされるような品目は、一度のお付き合いでさようなら、が、僕の基本方針。

でもこのあいだインゲンの苗を買いに行った時に、隣に売られてたスナップエンドウの苗を見て、ふっとツルありインゲンとガチンコ勝負をさせてみたくなってしまったのだ。それでもう一度だけ付き合ってみようという気になったというわけ。

実際のところスナップエンドウを植えるには、もうかなり遅いような気もするけど、ひょっとしたら今植えればハモグリバエにやられることはないかも知れないしね

植えたのは、斑入りのタニウツギが良い感じのこの場所。

2_2

時期はずっと早かったけど、4年前に植えたのとまったく同じ場所だ。


そうそう、その時にはピンクのスイートピーを隣に植えてみたりもしたんだっけ。



1_3


3_3

さてさて、どんな結果になるか楽しみ、楽しみ。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年5月 8日 (火)

インゲンはアイアンフェンスに

このアイアンフェンスには、去年はシカクマメを植えていた。

4_2


3_2

シカクマメはアスパラガスに似た味で美味しいし、花も綺麗。でも、実がなるのが遅すぎ、あんまり収穫できなかったのが不満だった。

早生の品種もあるはずなんだけど、まだ園芸店では見かけない。


ということで、今年はツルありインゲンを植えることにした。

1_2

ツルありインゲンは前に庭に植えた時に、満足度がなかなか高かったのだ。

・収穫早い

・収穫量もなかなか

・害虫や病気の心配なし

・美味しい


信頼しているから、よろしく頼むぜ。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年5月 7日 (月)

2階から見下ろした庭

ゴールデンウィーク前半の庭を2階から撮ってみた。

21

芝生もようやく緑が勝ち始めたといった所。

別の部屋から別の角度で見下ろした写真も。

22

シンボルツリーのアオダモの新芽もまだ葉を広げるまでには至っていない。

黄金シモツケやリシマキア・オーレアの蛍光黄緑が、花よりも目立っている感じだ。

今年は今のところチューリップ菜園と僕が呼んでいるレイズドベッドは、こんな風。

23

同じく2階から見た、まだ庭に手を入れていない頃(2006年)からの変化は、こちら から。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2012年5月 6日 (日)

鉢植えのブドウ

鉢植えの方のブドウの枝は、こんな風にイメージ通りにオベリスクに絡ませることができた。

4_3

3_4

品種は、キャンベルアーリー。

1_4

マスカットベリーAよりもかなり芽の動きが遅い。

2_3

いったいこのオベリスクにブドウを何房ならせられるのか。

ドキドキのブドウ栽培初挑戦。

僕の妄想と息子の期待は膨らむばかりだ。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2012年5月 5日 (土)

間に合ったぁ♪

やったぜ、何とか間に合った。

ミニチューリップと野菜たちの集合写真を何とか撮ることができた。

6

7_2

ミニチューリップは普通のチューリップより花が散るのが早いから、良いタイミングで写真を撮れるかどうか結構心配だったのだ。

コスレタスにビーツ、赤ミズナもしっかり写っている。

これにてチューリップ菜園は完成♪


でも一番目立っているのは、アリウム・ギガンチウム。



9_2

アリウム・ギアンチウムの蕾ってこの程度の大きさだったっけ?

ちょっと小さ過ぎでは??


自分で育てるのは初めてだから、こんなことでさえ心配になる。

息子が生まれた頃のことを思い出すな。

 

親の心配をよそに、彼もあっという間に大きくなったし・・・

 


そうそう、今日は子供の日だった。

12

まあ、こうして何とか赤ミズナと花たちの集合写真が撮れたので、僕は大満足♪

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年5月 4日 (金)

こんな場所でもアスパラガス収穫♪

採りたてアスパラガスはスーパーで買うものとは大違いの美味しさ。

甘みも旨みも断然上。みずみずしさも違う。

これは一度食べてみなけりゃ分からない。


アスパラガスは一度植えたら10年ぐらい収穫し続けられるし、手間要らず、庭にもぜひとも植えてみたい植物だ。でも、大きく育つし、場所を取るのがやっかいだ。

だからこそ植える場所の選定が重要。

庭のあまり目立たない片隅に植えるのが、アスパラガスと長く気分良く付き合う方法だ。


さて、我が家の6年目のアスパラガスも今年初収穫の日を迎えた。例年よりも2週間以上遅い。

6

5

こんな庭の片隅に植えても大丈夫。

4

これだけ太いのが採れるのがその証拠だ。

3

採れたてアスパラの美味さを知っている息子は、中学に入っても率先して収穫担当を務めてくれる。

早いもので、この家に引っ越してきてもう6回目の収穫だってことになる。

3年前ともほとんど変わらぬ姿なのがおかしい。ホワイトアスパラ作りも、庭での楽しい思い出のひとつだ。

7


8


Photo

アスパラガスと並んで息子の大好物であるブルーベリーも、花を咲かせ始めた。

どうやら今年もたくさん収穫できそうだ♪

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2012年5月 3日 (木)

オータムポエムとディアスシア

レタス花壇のチューリップも咲き出した。

14


別の角度から見ると、こんな感じ。

16

リナリアは小さな花を長くたくさん咲かせてくれるので、僕は気に入って毎年どこかに植えることにしている。

リナリアの手前の葉は、パセリ。

奥の鉢のオータムポエムもだいぶ大きくなってきた。

2_2

この調子でいけば、ディアスシアのとのコンビネーションも良い感じになってくれそう。

ただ晩霜に当たって花芽がすべて枯れてしまったマーガレットが、まだまだ咲きそうもないのが残念。


もう一つのレタス花壇は、そろそろ収穫間近。

15

こっちのオータムポエムも大きくなった。

オータムポエムの手前の花は、アマ。

Photo

この儚げな雰囲気が逆に魅力的に見える花なんだよな。


満2歳になったばかりのタロウは、まだまだ遊びたい盛り。

おもちゃ遊びが大好きなのだ。

2

1

元気いっぱいに見えるけど、胃腸に障害を抱えているために、特別療法食しか食べさせてあげられない身体だ。

餌はこれ1種類。おやつも消化の良いボーロだけ。

普通の食事を与え続けたら、死んでしまう儚い命。

こうして元気に育ってくれているのが、ただただ嬉しい。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年5月 2日 (水)

チューリップ菜園

手抜きッチンガーデンのミニチューリップの蕾がようやく色づいてきた。

1_8

2_7

なんとか花と野菜のコラボ写真も撮れそうだ。


まずは、ミニチューリップと赤ミズナの2ショット。

3_6

お次は、ミニチューリップとコスレタス。

4_5

5_3

手間要らずで見て良し食べて良しの手抜きッチンガーデンもほぼイメージ通りになってきている。

この先、どんな風に僕らの目と胃袋を楽しませてくれるか、ますます楽しみになってきた♪

奥の自転車置き場の近くに見える大きな葉は、秋田フキ。僕の春の定番レシピ、巨大フキノトウで作るフキ味噌に欠かせないもの。

 

もちろん秋田フキだって手抜きッチンガーデンの主役のひとりなのだ。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2012年5月 1日 (火)

緑のカーテン用のブドウ

今年の緑のカーテンはブドウでいくことにしている。

ゴーヤはもう卒業。

だってブドウの方がゴーヤよりもずっと面白そうだから。息子も大賛成してくれたしね。

 

僕は前々からブドウを育ててみたかったんだけど、植える場所がないから諦めていた。

 

でも、『ブドウの緑のカーテン』の響きにグッときてしまい、こうして鉢植えで育ててみることにしたというわけだ。鉢植えなら場所もとらないしね。


そのブドウの芽が動き始めたぞ♪

7

品種は、丈夫で育て易いマスカットベリーA。

2年生の苗で掃き出し窓全面を覆うのはとても無理なので、パッションフルーツとのコンビで緑のカーテンを作る作戦だ。

5

ん?

ブドウの写真を撮ろうとしたら、変わったものが置いてあるのを発見。

 

息子の硯だ。

6

よく見ると、シンボルツリーのアオダモには筆が干してあった。


どうしてここに干すんだ?


アオダモもこんな使い方されるとは予想してなかっただろうな。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »