« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月31日 (日)

簡単、綺麗♪ ミニトマトのオベリスク

ミニトマト『アイコ』と『イエローアイコ』のオベリスクも完成が近づいた。

4_2

うん、イメージ通り♪

こういう形だったら、畑の雰囲気はまったくしないし。

5

それでもこうして畑並みにたくさん収穫できるし、言うことなし。

果実の色の違う品種を組み合わせて植えれば、見た目も綺麗になるしね。

お手軽に見た目と収量を両立できて、満足、満足♪

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年7月30日 (土)

パッションフルーツの実

室外機の上のパッションフルーツはもう大きくなる気配はないけど、少しずつ重くなっているような気がする。

Photo_2

緑のカーテンのゴーヤは、今頃こんな下の方でも実がなった。分枝が良い品種で、下の方からも新しい蔓が伸びてくるからだろう。

まさかこんな下の方になるなって思ってもみなかったから、この存在に気づいたのはつい最近のこと。

 


ゴーヤと一緒に緑のカーテンを作っている、もう1株のパッションフルーツの方の実は、こんな感じ。

Photo

しゃがんで見てみると、

う~ん、良い眺めだ♪

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年7月29日 (金)

ブラックベリーの意外な性質

去年苗を植えたばかりのブラックベリーは、いまこんな様子。

4

これまでにアピオススナップエンドウ プリンスメロンパッションフルーツ、それからインゲン 、毎年のように違った植物に場所を提供してきたこのアイアンフェンスも、ようやく家主を固定できることになりそうだ。

植えた品種は特別なものではなく、品種名のないごく普通のトゲ無しブラックベリー。

ブラックベリーなんか、それこそ何も気にしなくてもたくさん実がなる簡単な果樹だとばかり思っていたのに、今回僕は失敗してしまったのだ。

なんと少ししか実をならすことができず、少々自己嫌悪に陥ってしまった。息子の「ブルーベリーの方がたくさんなるねー」の声が耳に痛いこと。

3

確かに蕾はたくさんついていたのだ。その蕾が咲かずに茶色くしおれてしまったのが原因。ざっと見て、6割の蕾が咲けず終いになってしまった。

Photo

思い当たる理由はただ一つ。

水不足が原因としか考えられない。

なぜならレイズドベッドのこの部分は、とっても乾きやすいからだ。毎日の手間を省くために、僕はよっぽど乾燥に弱い植物にしか水をあげない。

どうもこれがいけなかったみたい。

かつてブルーベリーでも味わった失敗だ。

台風 号が去った後は、拍子抜けするほど涼しい日が多い。そのせいかどうか分からないけど、今頃また花を咲かせてくれるようだ。

2

僕が水をあげなくても雨が降りすぎなぐらい降ってくれているし、ここで蕾が全部咲いてくれれば、僕の失敗の原因が証明されることになるわけだ。

1年待たずに結果が出るからラッキー♪

さあ、楽しく観察、観察♪

何事も、経験、経験♪

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年7月28日 (木)

芸達者なモナルダ・プンクタータ

モナルダ・プンクタータはなかなかの芸達者。

思わず、こやつやりおるわいって言いたくなってしまうほど。

だって、これがこうなって

1

こうなって・・・

2

こうなって・・・

まっ白な花のような葉から蕾が出てきて・・・

3_2

地味派手な花を咲かせたと思ったら、1階上でまた同じことを繰り返す。

4

花のアップはこんな風。

5

う~ん、迫力満点♪

お世辞にもさわやかとは言えないけど、夏だからこそどこか惹かれてしまう花だと思う。

6

で、モナルダ・プンクタータが庭のどんなところに植わっているかといえば、この通り。

7

この写真の右側、白い花に見えるところがそうなのだ。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年7月27日 (水)

いよいよころたんにネットが!

家庭で栽培できるミニネットメロン『ころたん』のその後の様子をご報告。


楽しみにしていたその日は、突然やってきたのだ。

8

ネットメロンがネットメロンと呼ばれるゆえんのネットが出現。

やった♪

プリンスメロンじゃ、絶対にこの感動は味わえない。

皮がひび割れてできたかさぶたの模様をなぜか人間様がありがたかっていることを知ったら、ネットメロンはどう思うんだろう? なあ~んて、ついついまた妄想の世界に浸ってしまった。

3

地植えのころたんと比較すると、鉢植えのころたんは少し元気がなくなってきた。液肥はあげているのに、差がつくばかり。どうも鉢の土量が足りない雰囲気。

これでもし3つも実をならしていたらマズイ情況になるところだった。

あぶない、あぶない。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (5)

2011年7月26日 (火)

ミニパイナップル畑のある庭

庭の一角にパイナップル畑が出現♪

1_2 

どうしてこんなにも良く似てしまったんだろう。

2_2

パイナップルリリーの花は。

本物のパイナップルとは科だって違うというのに。


このパイナップルリリーを庭のどんなところに植えてあるのかといったら、ここ。

3_3

もっと離れてみると、こんな感じ。

4_3

真夏の庭がだんだん良い雰囲気になってきた♪

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2011年7月25日 (月)

定植後50日目のゴーヤの緑のカーテン

6月初旬に定植したゴーヤ は、約50日でここまで育った。

2

36cmポットに植えたばかりの時の写真と比べてみれば、一目瞭然。

Img_0432

かみさんの薄緑のカーテンにだってだいぶ追いついてきたぜ。

3

そうだっ。

この際だから、緑のカーテンが窓の上まで覆う日を予想してしまおう。

完成日は、8月10日とみた!

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (8)

2011年7月24日 (日)

メロン花壇にはジャンボピーナッツ

ミニネットメロンの『ころたん』をセンターに配した花壇には、じつはこんな苗も植えていたのだ。

7_2

1

このようにピーナッツを2株。

それも黒皮のジャンボピーナッツと赤皮のジャンボピーナッツを1株ずつ。

2_2

ちょうど花が咲き始めたところだけど、花の大きさは普通の品種と変わらないみたい。


庭でピーナッツを育てるのは4年ぶり。今回も楽しい展開が待っていそうで楽しみ~♪

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (7)

2011年7月23日 (土)

鉢植えのミニネットメロン『ころたん』

道路から覗き込んだ庭のいまの様子はこんな風。

中央のペチュニアの辺りにご注目。

2

じゃ~ん。

鉢植えのネットメロン『ころたん』がこんなに良い感じに♪

5

最初に2つなった実も一気に大きくなり、メロンらしくなってきた。

6

やや小ぶりに見えていたもう一個もこんなに立派に。

7

すべて順調順調と言いたいところなんだけど、気がかりがひとつある。

 

この2個がなった後では、雌花はまったく咲いてこないのだ。僕は鉢植えで3つ上手にならしたいって思ってるのに、このままじゃ目標が達成できないじゃないか。

 


でも、もしころたん自身がこんなことを考えてそうしていたらスゴイこと。

 

この鉢じゃ2つならすのが精一杯って。

 

身の程を知るかぁ・・・

 

なかなかできた人物、いやメロンだな、ころたんは。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

 

| | コメント (4)

2011年7月22日 (金)

ころたんの雌花と雄花

地植えにした方のころたんは、いまこんな感じ。オベリスクに絡ませているのは鉢植えと同じなんだけど、葉の大きさが一回り大きく、蔓の勢いも良い。さすがにいくらでも根を張れる地植えは有利だ。

5

このころたんは今年発売されたばかり。それも限定販売という形だから、いま栽培している人はそれほど多くないはず。せいぜい数千人ってところみたい。

でも庭やベランダでネットメロンを作れるなんて面白いし、来年はかなりの量の苗が出回りそうな気がする。

だから少々気が早いけど、来年ころたんを作る人のために、雄花と雌花の比較写真をご紹介♪

2 4

左が雌花で、右が雄花。雌花の方が一回り以上大きいからすぐ分かる。

横から見ればさらに一目瞭然。

3_5 5_2

ガクの下に楕円形の毛深い子房(メロンの赤ちゃん)がある方が雌花だ。


ちょっと離れたところから見るとこんな感じ。

6

こうしてオベリスクに絡ませれば、花壇に植えていてもぜんぜん違和感なし。

ネットメロン花壇の出来上がり♪

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年7月21日 (木)

チグリジアとカラー

カラーとナスタチウムとニューギニアインパチェンスの寄せ植え。白のニューギニアインパは、サンパチェンス・ホワイト。さすがにこの暑さで、ナスタチウムは弱ってきてしまった。

これが現在、我が家で唯一の寄せ植えなのだ。

3_4

その横のチグリジアはシシトウ花壇から伸びているもの。

2_2

花のアップが超カッコイイ。

中心部の模様が特徴的だから、タイガーリリーとかトラフユリとかとも呼ばれている。

4_2

鉢植えのカラー。

背筋がピンとしていて、こちらもカッコイイ。

チグリジアもカラーも春植え球根。秋植え球根と違って、これまで僕はあまり植えてこなかったけど、使ってみるとなかなか良いもんだ。

植えず嫌いは良くないなと、ちょっと反省。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年7月20日 (水)

アイコ姉妹&ころたん

ミニトマトのアイコ姉妹(レッド&イエロー)は順調そのもの。

2

どんだけ実がなるんだっていうぐらい、どっちも抜群の結実性だ。

3

大量収穫はこれから。

楽しみ、楽しみ♪


いつの間にか実がなっていたミニネットメロンのころたんは、いまこんな状態。


3_2

あっという間に大きくなってしまって、ちょっとビックリ。

もう一つの実の方はこんな感じ。

4

ちょっとこっちの方が小ぶり。花が咲いたのが遅かったのかも。

いや~、これから立派なネットメロンになっていく姿を見守るのが楽しみ~♪

台風で実が落ちたら大変なので、昨晩からこの鉢は玄関に避難させているのだ。こういう時に鉢植えは便利だな。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年7月19日 (火)

ブルーベリーランチ♪

庭のハイブッシュ系ブルーベリーが一気に採れ始めた。

2_2

3品種(ネオスパルタン、ブルーレイ、サンシャインブルー)のうち、今年もサンシャインブルーの収量が一番多い。

サンシャインブルーは1株で実がなる自家和合性の品種。それに背が高くなり過ぎないのも長所で、家庭向けの優秀な品種だと自信を持ってお勧めできる。

逆に一番弱そうなのがブルーレイ。株がなかなか大きくならずに収量も少ない。なぜかサッカー(株元の地面から伸びてくる枝)の出も悪いのだ。味は一番良いだけに残念。


で、昨日の収穫はこれだけ。

4_3

生で食べる分以上に採れたので、昼ご飯は絶品ブルーベリーソースのホットケーキに決定♪ 

3_3

バニラアイスとの相性もばっちし♪

おかわりしたのは当たり前。

Photo_2

まだまだこれからの実もたくさんあるし、これからもうしばらく僕ら一家の目と舌を楽しませてくれそうだ♪

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年7月18日 (月)

シカクマメ&祝なでしこジャパン優勝!

1

地植えにしたシカクマメはこの暑さで一気に蔓を伸ばした。

2

もうアイアンフェンスじゃ足りないぐらい。

目下一番の気がかりは、我が家のシカクマメが早く花が咲いてくれる品種か、日が短くなるまで花が咲かない昔ながらの品種なのかってこと。

花が咲かなければ実はならないわけで、当然僕は日が長い今から花を咲かせてくれる品種であることを願っているのだ。


それでもって少し伸び始めたわき芽を観察。

これは葉っぱっぽいし、どう見ても花芽じゃない。

4


おっ、こっちはひょっとして花芽なんじゃない!?

形がさっきのと違うし、どことなく蕾っぽい。

3

やった♪ 

早く花を見たい、早く食べたい。楽しみ~♪



祝 なでしこジャパン優勝!!!

ということで、記念に6月初旬の庭の写真をご紹介♪

Img_0450_2

レイズドベッドに咲いている4色の花は、ダイアンサス・バルバータス。

英名はスウィートウイリアムだけど、和名は美女なでしこ。

今朝紹介するのに世界で一番ふさわしい花。

強くて綺麗なのも、なでしこジャパンの選手達と一緒。

じつは美女ナデシコには、他に2つ別の和名がある。


まずはヒゲナデシコ。

ヒゲ状の細長いガクが目立つからなんだけど、今日はこの和名は忘れよう。


もうひとつはアメリカナデシコ。

この和名も今日は忘れちゃえ。


誰が何と言おうとも、今日の花は美女ナデシコで決まりなんだから♪

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (8)

2011年7月17日 (日)

プリンセスダイアナの長所

これは、テキセンシス系のクレマチス『プリンセスダイアナ』の6月初旬の様子。

Img_0401

プリンセスダイアナは丈夫だし、花も派手な色で目立つし、満足度が高い品種。敢えて欠点を探せば、ちょっと大きく育ちすぎて狭い場所には向かないってことぐらい。

1

訳あって薄緑のカーテンに片側を覆われてしまったけど、こうして今も元気に花を咲かせ続けてくれている。

2

そういえば、プリンセスダイアナにはもうひとつ長所があった。

クレマチスは種類によって蔓のピンチの仕方が違ったりするのが面倒。

でも、プリンセスダイアナは花がらを摘んでいるだけで次々と花が咲いてきてくれるから、何も悩む必要がないのだ。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年7月16日 (土)

えっ、いつの間に?

ミニネットメロン『ころたん』の生育は順調、順調。

でも、咲いてくる花は雄花ばっかり。

1_4

子蔓でもすぐに雌花が着く品種だと聞いていたのに、そんな気配はまったくない。雄花ばかりが咲いて無駄に散っていく。

こっちは雌花を見つけ次第受粉する気マンマンで待ち構えているっていうのに。

なんだ、やっぱり孫蔓を伸ばしたほう良かったんじゃないかって僕が疑い始めたら、鉢植えの方のころたんがこんなことになっていたのだ。

1_5

 

2

それも2個もっ!

(育ての)親の目を盗んでいつの間にっ!

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年7月15日 (金)

気難しいパッションフルーツ

ゴーヤだけの緑のカーテンじゃ当たり前すぎるってことで、僕はパッションフルーツも一緒に絡ませている。

そりゃあもちろん、パッションフルーツの方が断然美味しいし、花はカッコ良いし、香りも素敵だから。ゴーヤよりも何倍もありがたみがあるもんね。


で、そのパッションフルーツだけど、順調に生育していたし、花も期待以上に咲いてくれた。

1_4

2_5

だから今年は家族で何回も、あの極うま特製アイスを食べられるはずだったのだ。

ところがだ。僕の予想外の展開が待っていたのだ。

僕があれだけ気合を込めて一花一花受粉させたのに、ちっとも実がなってくれなかったのだ。

4_2

受粉して数日後にぽろぽろ無常にも落ちていく花がら達・・・

3_2

後半になってやっとなり始めてくれたけど、その数たった2個。かなりショッキングな事態になってしまった。

だって息子にもかみさんもあの めちゃ旨果実を楽しみにしているし、今年は楽勝だって僕は豪語してきてしまったから。


まあ、大きな態度に出れたのは、じつはもう1株育てていたってこともあったんだけど。

その株の今の様子はこちら。

5

本命の育ちが良かったので、小さな鉢に植えっぱなしにしていたこの株、咲いた花はたった4つ。それでも一足早く実を3つもならせてくれていたのだ。


結局今年は2株あわせて5個。


3人家族に5個。

うまく分けられない・・・

たぶん失敗した責任を僕が取って1個で我慢するという展開が一番良いんだろうな・・・



緑のカーテンに絡ませている株の方が何倍も恵まれた条件だと思うのに、どうして???

過保護だったのかな?

土の量も多いし、肥料もたくさん与えたし。

それとも蔓をまっすぐ上に伸ばしたのがいけなかったのか・・・

パッションフルーツは奥が深いなぁ。


えーい、もうこうなったら来年は、パッションフルーツだけの緑のカーテンに挑戦するっきゃない!

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年7月14日 (木)

緑のカーテン収穫開始♪

緑のカーテン用のネットを張ったのは1ヶ月半前。ゴーヤとパッションフルーツの活躍のお陰で、だいぶそれらしくなってきた。

1_3

ちょうど1ヶ月前の様子がこちら。

Img_0483

1ヶ月でほぼ半分が織りあがった。ゴーヤの仕事の早さは大したものだと思う。この暑さでますます生育が早まっているから、今月末には全面織りあげてくれそうな勢いだ。

一番最初になった果実はこの大きさに。

3_2

初収穫で3本採れた♪


収穫担当大臣である息子の初収穫記念作品を2点ご紹介。

4_5

5_2


最後は僕のオリジナル、桜海老入りゴーヤチャンプルーに大変身させて、家族3人の胃袋の中へ。

Photo_4

最初の写真の右の方の赤い実は、ラズベリー。

こちらも収穫開始♪

これまた、プレーンヨーグルトと一緒に家族の胃袋に入りましたとさ。

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (8)

2011年7月13日 (水)

ミニネットメロンころたん登場!

日曜日にはタロウのケージを芝生の上で水洗い。夏のケージの掃除は芝生の水やりにもなるし、ギラギラのおひさまで日光消毒もできるから、一石二鳥なのだ。

あっ、そうだ。ちょこちょこっと付いてしまったうんちは肥料になるから、一石三鳥かも。

Photo_5

さてさて、ケージの右手奥、ペチュニアとラベンダーの間に置いてある鉢にご注目。

これまで芝生の上を転々としていた鉢が、ようやく予定の位置に配置されたのだ。だってラベンダーの花が綺麗に咲いている時には、それをさえぎる場所には何も置きたくなかったから。

オベリスクに蔓を絡ませるのはカッコいいんだけど、後ろの植物の姿を隠してしまうのが少々難点なのだ。

1_2

この鉢植えの正体は、今年デビューしたばかり新品種、ミニメロンの『ころたん』。

それもただのメロンじゃあない。正真正銘のネットメロンだというから驚き。

なんと一般家庭で育てられる上に、鉢植えで確実に美味しい実をならせられるときたもんだ。

こりゃー真っ先に育てみるっきゃないってことで、僕はその筋の友人に頼み込んでメデタク『ころたん』の苗を手に入れることができたというわけ。


せっかくの機会だから、地植えでも同じようにオベリスクに絡ませて比較してみることにしている。

3

4

鉢植えでは2~4個の実をならせられるそうなんだけど、我が家ではいくつならそうか。

ネットができてくる様子をしっかり観察できるのも楽しみ。

本当に美味しいんだろうか。

オベリスクでカッコよく実をならせたら自慢できるぞ。


とか、いろいろ僕の妄想をかきたててくれる『ころたん』なのだ。


花・ガーデニングの
人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年7月12日 (火)

植物好きの密かな楽しみ

今年はネジバナがいっぱい咲いた。来年はもっとたくさん咲くに違いない。

1

いやいや、目標に着実に近づいているっていうのは嬉しいものだ。

だって僕は庭の芝生一面にネジバナを咲かせるつもりでいるんだから。

その証拠に2年前の記事にこんなことを書いている。


ネジバナを増やすために注意していることといえば、芝刈りする時にネジバナの葉を刈らないようにするだけ。
もちろんこれは花が咲き終わった後にも続けている。間違ってもオオバコみたいになってしまった花穂を切り取ったりはしない。

理由はもちろん、ネジバナ自身にタネをたくさん播いてもらうためだ。

とにかくこんなにかわいい野生ランが勝手に増えていくっていうのが嬉しいのだ。それもタダで。


数が増えているだけじゃなくって、色幅が広がっていることも楽しみのひとつ。

2

これはまだ薄ピンクだけど、来年あたりは純白の花が拝めそうな予感がする。

後ろのシシトウ花壇の赤は、イレシネ。右の方の大きめの白い花は・・・

2_2

Photo_2

ストケシアの白花だ。

3

シシトウはじゃんじゃん採れ始めていて、既に毎日食べないといけないぐらい。

息子は辛いのがあるってあんまり食べてくれないし。どうも4株も植える必要はなかったみたいだな。


花・ガーデニングの
人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2011年7月11日 (月)

錯覚&誘惑の小道

次の写真は、玄関から朝の庭を眺めたところだ。

7歩目でもう芝生に立っていられるような狭く短いアプローチだけど、僕は結構気に入っている空間なのだ。

1_5

それはこの場所を少しでも広く長く見せるために、目の錯覚を利用した簡単な作戦を実行してうまくいったからだ。名付けて、茶室の入り口作戦♪

カエデとアイアンフェンスを両側に据えて入り口を狭くして、他の場所よりも植物を多めに植えることで、狙った通りちょっと奥を覗いてみたいという雰囲気にできた。頭上にカエデの枝を伸ばして、ちょっとかがまなければならないようにしたのもポイント。

この効果は抜群♪

僕自身がこうして毎朝引っかかってるんだから。

2_2

足元の白い花は、セダム。

3_2

普段はあまり目を惹かない存在なのに、花が咲くとさすがに目立つ。

こんな風に庭への1歩目から誘惑されて立ち止まっていてたら、庭を一回りできずに、すぐに出勤の時間になってしまう。

4_2

今の時期に3歩目で出会うのが、ヤマアジサイの『城ヶ崎』。

Photo_2

これまた魅力的で、僕はまたまたしゃがみこむことになってしまうというわけ。

Photo

 

この小道の誘惑に負けるのは僕だけじゃない。

散歩が足りない時のタロウだって同じこと。玄関で立ち止まらずに、一気にこの小道に駆け込むタロウにとっても、ここが魅力的な場所になってるに違いないんだから。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年7月10日 (日)

部屋から眺めたレイズドベッド

部屋の中から座って外を見てみた緑のカーテンの今の様子だ。

1_4

前回の写真と比較すれば、かなり育ったことが良く分かる。

立ち上がって見るとこんな風。

2

梅雨明けまでにほぼ全面に広がればって期待していたんだけど、梅雨明けが10日も早くなって企画倒れに。それでもこれからの暑さでゴーヤも一気に蔓を伸ばしてくれるだろうし、もうすこしの辛抱。


そして向こうに見えるレイズドベッドはこんな感じ。

3

ヘメロカリスは終わってしまったし、ラベンダーも終わりかけだ。

 

レイズドベッドの先端で白く見えるのは、ユーフォルビアのダイヤモンドフロスト。

 

とっても丈夫で暑さにも強いのに、見た目も名前も涼しげでお気に入りの品種になっている。

4

正面からタロウの写真を撮るのはなかなか大変。

 

じっとしてないし、カメラを見るとすぐに飛びかかってくるしで、今日も顔は撮れず終いになってしまった。

 

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年7月 9日 (土)

緑のカーテンにライバル登場

良い感じで育っている我が家の緑のカーテンなのだが、突如ライバルが出現してしまった。

その名も薄緑のカーテン。写真中央、隣の掃き出し窓にだ。

3

4_2

かみさんが買ってきた日よけ・・・


あ~あ、そんなに短時間で窓を被われちゃ、こっちの立場
がないじゃないか。

あんな薄緑のカーテンなんかにゃ負けちゃいられない。今に見てろよ。

1_5

手前の鳥よけネットの中はブルーベリー。

2_4

今年もブルーベリーの収穫が始まった。

この5年間で、ブルーベリーも息子もずいぶん大きく育ったな。

4年前、2007年の写真がこれ。

4_57

(この時の記事はこちらから)


どっちも生育も順調、順調♪


花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年7月 8日 (金)

もっと見た目よく、もっと美味しく

楽して楽しく』、『安くて簡単』が、僕のお手軽ガーデニングの2大基本テーマなんだけど、畑っぽく見えずにたくさん収穫』もこだわりのひとつなのだ。

つまり、『どれだけ庭らしさを維持しながら食用の植物を増やせるか』ってことに、僕は毎年挑戦してみているというわけ。

Photo

今年は何となくうまくいっている感じ。


まずは右手のトマト花壇。

見た目を良くするために、ミニトマトはオベリスクに絡ませるのが僕のいつもの作戦なんだけど、今年は新発明のお手軽オベリスクを試してみた。

1_2

ほらっ、何千円もする高価なオベリスクなんて買う必要なし。300円台の安いアーチ型の支柱を2本交差させるだけで、お手軽オベリスクの完成だ♪

アイコもイエローアイコもそろそろ収穫間近。

下の方の節からびっちりなってるので、大量に採れそう♪


お次は左手のシシトウ花壇。

1_3 

欲張って4株も植えてしまったけど、畑っぽく見えない。

その上、もう既に1日おきに10個ずつぐらい採れるようになっているのだ♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年7月 7日 (木)

さわやか綺麗なアサギリソウ

暑い日が続くと、涼しげでさわやかな植物の魅力に気づくもの

1_6

アサギリソウはその代表格。

朝霧草という文字なんか、避暑地にいるような気分にさせてくれるし最高だ♪

3_2

銀白色で切れ込みが多く、それでいて柔らかなそうな葉の質感がたまらない。実際に触ってみると、その心地よさにしばらくぼーっとなで続けてしまうほどだ。

この感触、間違いなくラムズイヤーよりも気持ち良い。

2_5

何が気に入ったのか分からないが、タロウはアサギリソウが大好き。僕の目を盗んでは口に入れたがる。

まあたぶん食べたってどうってことないとは思うけど。

だってアサギリソウは草餅に使うヨモギと同じ属だから。

そういえば庭にはもう1種類アサギリソウが植えてある。

 

僕は本物の金(カネではなくゴールドの方)には全く興味がないんだけど、黄金アサギリソウの名前で流通している品種は買ってみた。

4

葉が黄色がかっているのが特徴。性質はアサギリソウよりもやや弱い。

こちらも優しげな雰囲気で十分魅力的ではあるんだけど、僕はやっぱり銀白色のアサギリソウの方が好きだな。


みなさんは、金がお好き? それとも銀がお好き?

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2011年7月 6日 (水)

超お手軽ベビーリーフ収穫♪

いよいよガーデンレタスミックスのベビーリーフの収穫だ。

1

収穫担当大臣は息子。

2 3

そう来るとは思わなかったぜ。

外に出てくるかと思ったら、部屋の中から収穫かよ。

息子なりに頭を使っているし、外に出ないで済ませる超お手軽な方法だし、まあいっか。

4_2

ハサミで簡単、大量収穫♪

5

のこり半分は次回のお楽しみに。

6

タネを播いてから3週間ちょっと。こんな短期間でこれだけ楽して楽しめれば、上出来上出来♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年7月 5日 (火)

ゴーヤの雄花と雌花の見分け方

ゴーヤとパッションフルーツの緑のカーテンも、ここまで緑の面積を広げてきた。パッションフルーツは数日おきに花を咲かせてくれるし、ゴーヤもどんどん雌花を増やし始めてくれている。

1


今日はゴーヤの雌花と雄花の見分け方を。


2_2 1_3

左が雌花で、右が雄花だ。

花の真ん中が緑色なのがめしべの柱頭で、黄色なのがおしべの花粉。


横から見れば一目瞭然。

まずは雌花。

1_4

そしてこちらは雄花。

2_3

見分け方は、か~んたん♪


花・ガーデニングの
人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (9)

2011年7月 4日 (月)

シカクマメ定植

15cmポットに仮植していたシカクマメが蔓を伸ばし始めたため、いよいよ定植することにした。

こちらはゴーヤやパッションフルーツのように鉢植えにするのではなく、地植えにしてアイアンフェンスに絡ませる計画だ。

6

このアイアンフェンスにはインテグリフォリア系のクレマチスを絡ませていたんだけど、去年突然死してしまったのだ。そう、その空席を今年はシカクマメに託してみることにしたというわけ。

5

植えたシカクマメは5株。

フェンスの周りの葉はペパーミントだ。

4

フェンスのところから緑のカーテンの方を眺めるとこんな感じ。

レタスのベビーリーフ収穫はもうすぐだな♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年7月 3日 (日)

ガーデンレタスのベビーリーフ

タネを播いてから2週間ちょっと経ったガーデンレタスミックスの様子だ。

芽が出始めた頃の記事はこちら

3_3

タネを播き過ぎてしまったんじゃないかと心配したけど、そんなことなかったみない。播き過ぎた分だけ生育も早いし、ベビーリーフ用と割り切ったら、多めにタネを播くのは大正解みたい。

収穫はもうすぐ♪

Photo


庭全体は夏に向けて少しずつ手を入れている。今年は真夏の8月に庭を綺麗にしてみようと色々挑戦中なのだ。

もちろん今まで自分で育てたことのない植物も結構植えてみたし、楽しみ~♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2011年7月 2日 (土)

感動のヤエヤマノイバラ♪

緑のカーテンのゴーヤは順調に育って、もう下から1/4ぐらいは葉で覆われるようになった。


白い一重のバラは、ヤエヤマノイバラ。八重山の名の通り、沖縄地方に自生している野生バラだ。

2_5

このヤエヤマノイバラは、クレマチスの『アルバラグジュリアンス』と一緒に、キンメツゲにからませてある。

白い花同士のコラボは、暑い時期には特に良い雰囲気になるからね。

1_6

じつは今年はこのヤエヤマノイバラに感動させてもらったことがあるのだ。

それも思わず胸にグッとくるような。

3

今年我が家のヤエヤマノイバラが咲いたのは6月23日。

この日はなんと、沖縄慰霊の日だったのだ!

植物ってときどき想像もつかないやり方で僕のことを喜ばせてくれるんだよな♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年7月 1日 (金)

超お手軽シェードガーデン♪

まったく直射日光が当たらない日陰の場所を、植物でどうやって雰囲気の良い空間にするか。

これってよくある悩みだと思うけど、そんなことやってみれば結構簡単じゃんってことを実感してもらえる写真を一気にご紹介。

何も植わっていない日陰の通路が、お手軽シェードガーデンに変わっていく様子なのだ。

でもその前に、まずは2年前のこちらの記事に目を通していただいてから。

西側通路のビフォーアフター(2009年10月14日)

それでは1年8ヶ月後、いまの姿をずらずら~っと。

まずは西側の通路を南から北に見たところ。

1

手前のシダはコゴミ。 

その奥は、アジュガにフウチソウ。赤い葉は植えたばかりのヒポエステス。

2 

葉色の違う3種類のヒューケラ達に、シルバーリーフのブルンネラ『ジャックフロスト』。

3

4 

ヒューケラは葉で魅せるだけでなく、かわいらしい小花もたくさん咲かせる芸達者。

一番手前のオーナメンタルグラスは、青みがかった葉が特徴のフェスツカ・グラウカだ。

Photo

細葉でとっても触り心地が良いのもポイント。

6 

ヒューケラの奥で白い花を咲かせているのは、八重咲きのドクダミ。

7 

Photo_2 

花だけ見れば、ドクダミとは思えない高貴な雰囲気。こんな花を放ったらかしてたくさん拝めるんだから植えなきゃ損!

突き当たった場所から(北から南に)振り返って見るとこんな感じ。

8

手前右手の葉は、ヒメシャガ。左手の切れ葉はマオニア・コンフューサ。

マオニア・コンフューサはヒイラギナンテンの仲間だが、こっちの方が断然カッコ良い。もちろん秋には黄色い花も楽しめる。

9_2 

9

そして南側の突き当たりはこんな感じ。

10 

コゴミ、ナルコユリ、ギボウシ、コシアブラ、ドウダンツツジ、フッキソウで、和の雰囲気に。この部分は朝日がチラッと当たるのだ。

もう一度以前の写真と比べてみたくなった方はこちらへ。

西側通路のビフォーアフター(2009年10月14日)

ついでなので、今回はさらに今年の5月初旬の写真も一挙にご紹介。こちらは1年半後の姿だ。

11 

普段は目立たない脇役として場所ふさぎに使っているアジュガも、この時期だけは主役の働きを認めざるを得なくなる。

12 

この青。この花着きの良さを見よ!

13 

青い花を咲かせる代表格のラベンダーだって真っ青じゃないか。

再び突き当たりで振り返って、北から南を見たところ。

14 

手前の白い花はヒメシャガ。この場所だけはかろうじて西日が当たるところ。

15 

青い花ということでは、ブルンネラも黙っちゃいない。『ジャックフロスト』は、葉でも花でも魅せる優等生。

16 

17 

3種類のヒューケラはこの時期こんな色。時期によって葉の色が変化するところも、ヒューケラの魅力だ。

20

18 

19 

南の突き当たりに植えてあるコシアブラ。

22

今年もまだ収穫するのがかわいそうで、新芽の天麩羅は来年までお預けになった。

21

コゴミがグッと握り締めた拳を空に突き上げる様には、いつもパワーをもらえるんだよな。


植えっぱなしでここまで楽しませてくれる超お手軽シェードガーデン、こんなに楽なんだったら、もっと早くからやっとけばよかった。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »