« どうしてシカクマメ? | トップページ | 手強いラズベリー »

2011年6月16日 (木)

緑のカーテンに雄花の蕾

ゴーヤの分枝を良くするために、無理やり蔓を横へ横へと誘引しするのが、出勤前の僕の日課。

最初に横に這わしていた主茎を、2番目の蔓がついに抜き去ってしまった。

それにしてもよくも、夜の間に巻きついてほしくないところにばかりしがみついてくれるもんだ。

2_2

ネットの一番下に這わしている段階で、もう各節には蕾ができている。

Photo_2

一番大きい蕾は、これぐらい。

花が咲かなくってもこれが雄花で実はならないってことは、まるっとお見通しだ。そしてたぶん、いま確認できる蕾もぜんぶ雄花だってことも。

口ではちょっと説明し難いんだけど、ガクのすぐ下の部分を見ればすぐに分かる。

つるっとしていて茎と変わらないようであれば、雄花。少し太くなっていてボツボツが確認できれば、雌花。

見分けるのは、か~んたん♪


Photo

緑のカーテンの正面はいま、こんな風。

右手の緑は、シシトウ。

赤い葉は、イレシネ。

鉢植えの黄色とオレンジの花は、ナスタチウム。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Br_banner_frog1 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

|

« どうしてシカクマメ? | トップページ | 手強いラズベリー »

緑のカーテン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どうしてシカクマメ? | トップページ | 手強いラズベリー »