« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

フェイジョア開花&交配

下の方だけだけど、我が家の緑のカーテンはゴーヤの緑がだいぶ目立ってきた。蔓の伸びも勢いを増す一方で、順調、順調♪

1_4

写真中央、家の壁にくっつけて植えてある木はフェイジョアだ。

この辺りはマイナス10℃ぐらいにまで下がる日があるため、南向きの壁にぴったりと寄せて植えて防寒対策にしている。この程度の対策で冬を越してくれるんだから、フェイジョアはかなりの耐寒性があると考えて良いだろう。


ただ別の問題がある。美味しい果実にありつけたことはまだ一度もないのだ。

このフェイジョア、今年はなぜだか花着きがやたら良い。

2_3

今年駄目だったら抜いて別の植物を植えてやろうと考えている僕の気持ちを察しているのかのようだ。

3_2

もしそうなら今年は期待できるかも・・・

さっそく『トライアンフ』と『マンモス』の間で交配を実施。

今年こそ~!


そうそう、フェイジョアの花びらは甘くて美味しいんだった。ぜひお試しあれ~。


ついでにブルーベリーもご紹介。


1_5

こちらは毎年僕ら一家の期待を裏切らないお利口さん。ついでに鳥の期待も裏切らないため、息子の命令でネットで鳥避け対策を完璧に施している。

品種は、『ネオスパルタン』、『ブルーレイ』、『サンシャインブルー』の3種類。すべてハイブッシュ系だ。

2_4

早くも色づき始め、既に息子とかみさんは試食したそう。

いつも通り美味しいとの報告があった。

常に期待に応え続けるブルーベリーはとってもえらい奴。

僕も見習わなくっちゃ。


花・ガーデニングの
人気blogランキングに参加しています

Br_banner_frog1 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年6月29日 (水)

2階から見下ろした緑のカーテン

ゴーヤの蔓も結構伸びてきたしってことで、緑のカーテンを2階から見下ろして見たくなったのだ。そしたら眼下の景色はこんな風。

Photo_2

僕の想像とは大違い。

上から見たら、カーテンどころか、まだまだ網が張ってあるようにしか見えないじゃん。

ずいぶんと気が早かったな。

左の方の黄色はヘメロカリス。そろそろ蕾が無くなってきたので、慌ててご紹介。

Photo_3

品種名は、『ステラ・デ・オロ』。

黄金の星って意味で良いはず・・・

普通の品種と違って、葉も短いし背も高くなり過ぎず小柄なのが気に入っている。日本の庭に馴染み易いしね。


ヘメロカリスは、日本原産のニッコウキスゲとかヤブカンゾウとかノカンゾウとかユウスゲとかが海外に持ち出されて育種されてきた品種群。ユリの品種もそうだけど、海外で才能を磨いてきたいわば帰国子女なのだ。

だからこそ、もっと日本のあちこちで活躍の場所を広げてもらいたいな。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Br_banner_frog1 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年6月28日 (火)

元気なラベンダー

1

ラベンダーが咲き始めた。

我が家のラベンダーはいつも元気。植えて6年目になったのに、株が枯れ込んだりすることはまったくない。品種名がついていたかどうかすら記憶にないけど、こういう優秀な品種は人を幸せな気分にしてくれるもんだ。


2

2_2


興味あるものが多すぎてじっとしていられず、顔の正面から写真を撮るのが難しいタロウ。

注目は、タロウのお尻の向こうでいつの間にか咲いていた変わった花。

1_2

ほうほう、変わった花に見えた理由は、そういうことか。

なぜだか仏炎苞が2枚になってしまったカラー。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Br_banner_frog1 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年6月27日 (月)

咲いた咲いた、良い匂い♪

ゴーヤとパッションフルーツで作る我が家の緑のカーテン、ゴーヤの活躍のお陰で下の方はだいぶ緑になってきた。そして、ついに待ちに待った日がやってきたのだ。

1_3


2_2

パッションフルーツ開花!

う~ん、いつ見てもカッコイイ花。トケイソウの方がカッコイイけど、こっちは美味しい実がなるんだから、総合点でパッションフルーツの勝ち!

何とも言えずさわやかな香りを辺りに漂わせてくれるところも嬉しい。

その香りを堪能した後で、早速受粉。


3

今は真っ只中。受粉したくても雨が降っていたり、せっかく受粉してもすぐ雨に濡れたり、思うように交配できないことが多い。

でも、トケイソウの仲間は少しぐらいの霧雨だったら大丈夫。花粉を出す葯が真下を向いているから。それだけじゃない。普通は花の正面を向いているめしべの先端の柱頭だって、真下を向いているのだ。

この形に僕は、少しぐらいの雨だったら意地でも受粉を成功させてみせるという強い意志を感じてしまうんだな。


パッションフルーツの和名は、クダモノトケイソウ。念のため。


花・ガーデニングの
人気blogランキングに参加しています

Br_banner_frog1 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年6月26日 (日)

いつの間にかゴーヤに雌花が

1_2

ゴーヤの蔓の伸びがハンパなくなってきた。毎朝、力強さ分けてもらっている気がする。

蔓に気をとられていたら、いつの間にかこんなことまでやってくれていた。

2

雌花が咲いてる!

このボツボツ間違いない。

まだ咲くのは先だと思っていたから、まったく隙を突かれた感じ。

嬉しい誤算というか、期待以上の振る舞いというか、一気に気分がパッピーになった。

Photo

ネット越しの庭にも変化が。

花が終わったツクシノイバラをばっさり剪定。

春の草花を抜いて、堆肥を入れて耕して、夏に向けて色々植えて。

うーん、この先が楽しみ~


花・ガーデニングの
人気blogランキングに参加しています

Br_banner_frog1 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年6月25日 (土)

トマトとのベストカップル誕生?


この角度からの写真は初めてのはず。

1

手前の支柱にはミニトマトを2品種絡ませてある。この場所にトマトを植えるのは今年初めてだ。

なぜなら今まで植えてきた場所のあたりはネコブセンチュウが出始めてしまったから。

2


我が家では毎年ミニトマトを育てているけど、今年は『アイコ』と『イエローアイコ』にしてみた。

1

『アイコ』は既にびっちり実を着けてくれている。評判通り、実着きがとってもよい品種だ。少し摘果しないといけないんじゃないかっていうぐらい。

でも、わかっててもなかなか摘めないんだよね、これが。

2_2

ん?

タロウとアイコか・・・


なかなかお似合いの名前じゃないか・・・


禁断のカップルになっちゃうけど。


花・ガーデニングの
人気blogランキングに参加しています

Br_banner_frog1 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年6月24日 (金)

シカクマメとギボウシ

アイアンフェンスに絡ませようと、ポットで育てているシカクマメのその後の様子だ。

3

よっぽど暑さが好きな植物なんだな。まだまだ伸びに勢いがない。

4

それでもようやく蔓が増えてきた。一昨日から暑い日が続いているし、今週末はいよいよ地面に定植するぞっと。

家の東側の細い通路は、今こんな感じ。

ギボウシたちが一斉に花茎を伸ばし、早いものは花を咲かせてくれた。

1_2


梅雨空でも良い雰囲気に見えるのは、芸達者なギボウシ達のお陰。日陰だって狭いスペースだって、彼らがいれば素敵な空間になってしまうから。

2_3

左側手前は野菜ゾーン。

手前から、アキタフキ、ワサビ、ミョウガ、スープセロリ、シソ、トウガラシが植わっているのだ。


花・ガーデニングの
人気blogランキングに参加しています

Br_banner_frog1 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2011年6月23日 (木)

一足早く夏本番モード

道路から緑のカーテンの張ってある窓を見ると、こんな風。

Photo

本当は、シンボルツリーのアオダモにも、緑のカーテンを兼ねさせるつもりだったのだ。でもご覧の通り、それには少々役不足。

見た目は涼しげで気に入っているんだけどね。


手前の一重のバラは、これまで何度か紹介した『マジカルミラクルローズ』だ。


ところで、すかいらーくグループでは今年、350店舗にゴーヤを植えて緑のカーテンを作り始めたらしい。素敵な試みだと思うけど、
この報告書の内容を見る限り、なんだかちょっと心配になるなぁ。


さて、いよいよ暑さ本番。

とはいっても、緑のカーテンが効果を発揮するのはまだまだ先。


だからタロウは一足早くこんな対策を。

1_3

じゃ~ん、初めてのサマーカットぉ。

これも一種のスーパークールビズですな。


ふわっふわっ、もっこもこ
の手触りの良い毛皮は、秋までお預け。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Br_banner_frog1 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年6月22日 (水)

緑のカーテンをちょっと拡大

我が家に設置した緑のカーテンの面積は1m×1.8m。

窓を全面覆ってしまうと部屋が暗くなるのが心配だったし、それ以上にリビングから庭が見えなくなるのが嫌で、今年はひとまずこのサイズにしたというわけ。

でも実際に張ってみると、ちょっと狭いかなぁという感じだったので、僕はこんな作戦を実行に移すことにした。

1

左側に1本ひもを張って、そこにもパッションフルーツの蔓を伸ばす大作戦♪

2本目の蔓も勢い良く伸び始めたところだし、きっと良い感じになるはず。

Photo_2

最初の蕾は、今この大きさ。

ちょっと離れて出来栄えを再確認。

うん、上出来、上出来。

12

右手の白い花は、ミツバシモツケ。

Photo_3

ここ数年で、何でだか急にとっても好きになってしまった花なのだ。

Br_banner_frog1 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (8)

2011年6月21日 (火)

続・真裏から見た緑のカーテン

昨日とはちょっと角度を変えて庭をみたところ。

2

こっちならパッションフルーツの様子もばっちり見える。


手前のプランターは、ベビーリーフ用のガーデンレタス。

かなり良い感じで芽がでてきた。

1_2

品種は、サカタのタネのガーデンレタスミックス。

そういえば、サカタのタネのオンラインショップサイトが最近リニューアルされていた。

緑のカーテン特集のページもしっかりある。親切な説明でお勧め。


さてさてところが、もうひとつのプランターは大変なことに。

2_2

Photo_2

いくらなんでもこれでは播き過ぎっぽいな。

でも間引くのは面倒だし・・・


まあいっか。

気にしない、気にしない。


もしまともなベビーリーフが収穫できなかったら、カイワレタスって呼ぶことにしよっと。



絵袋のタネ代分ぐらいは、しっかり元が取れるのは間違いないしね。


花・ガーデニングの
人気blogランキングに参加しています

Br_banner_frog1 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2011年6月20日 (月)

真裏から見た緑のカーテン

リビングから緑のカーテン越しに見た庭は、今こんな風。

1

ゴーヤはまだまだ存在感がないので、緑のカーテンじゃなくって、透明のカーテン状態なんだけど。

左の薄ピンクは、ツクシノイバラ。右のローズピンクは、『マジカルミラクルローズ』

Img_0476

マジカルミラクルローズは園芸品種だけあって、一花寿命は長いし、花弁だって多少の雨にあたってもシミができたりすることはない。


さすがだ。


花・ガーデニングの
人気blogランキングに参加しています

Br_banner_frog1 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2011年6月19日 (日)

ピンチの時の作戦は

1_2

パッションフルーツの蔓とゴーヤの蔓のランデブーは、いよいよ秒読み間近。

でも、2番目に伸びた蔓の勢いが強すぎるし、最初の蔓だってまだまだ勢いが弱まったわけじゃない。このままではこの2本の蔓だけがどんどん伸びていき、色むらのある緑のカーテンになってしまうじゃないか。

 

蔓を真横に這わせて頂芽優勢を弱める作戦の効果は、どうやらいま一歩だったようだ。

 

楽勝だと思っていた緑のカーテン大作戦が、いきなりピンチ。

2_3

こうなったら次の作戦に移るしかない。

 

作戦名は、ソフトピンチ。

 

目には目をならぬ、ピンチにはソフトピンチをだ。

3

いや、芽にはピンチを、ピンチにはソフトピンチを、の方が良いかな。

4

そんなわけで、ランデブーはしばらくお預け。

Img_0490

生垣のキンメツゲに絡ませているクレマチスが咲き出した。庭のクレマチスで一番のお気に入り、ビチセラ系の『アルバ・ラグジュリアンス』。


とても丈夫だし、ツルを切り戻せば3回は咲いてくれるし、それから何と言っても白に緑が入る色合いが絶妙だと思うんだよな。


花・ガーデニングの
人気blogランキングに参加しています

Br_banner_frog1 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2011年6月18日 (土)

横から見た緑のカーテン

緑のカーテンを横からというか、やや斜め後ろから見た写真。

Photo_3

ゴーヤより一足遅れで大鉢に植えた手前のパッションフルーツも、いよいよ蔓の伸ばし方が力強くなってきた。ゴーヤとパッションフルーツのランデブーももうすぐ。

キンメツゲに絡ませているツクシノイバラが盛りを過ぎてしまったのは、ちょっと残念。もう少し一花寿命が長ければなあ。

野生のバラだから、多くを望んではいけないってことはわかっているんだけど・・・

ツクシノイバラの後を引き継ぐかように、ラベンダーはこれからが花盛り。

Img_0493

手前の白い花は、西洋フウロソウとも言われるゲラニウム。

品種名は忘れてしまった。


花・ガーデニングの
人気blogランキングに参加しています

Br_banner_frog1 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2011年6月17日 (金)

手強いラズベリー

ゴーヤを植えた鉢はエアコンの室外機のすぐそばに置いてある。

そして室外機カバーの上に置いてある鉢は、バラとラズベリー。

どちらももう花は終わってしまった。

1_3

ラズベリーは鉢植えにして2年目だというのに、残念ながら今年もあんまり実は採れなさそう。どうも鉢植えだと難しいみたいだ。意外に手強い。

だから今年は収穫が終わったら地植えにしようかどうしようかと悩み中。もっとも、それ以前にこのラズベリーを植える場所を用意できるかが大問題なんだけど。

2_4

膨らみ始めたラズベリーの実。

品種は、トゲなしの『グレンアンプル』。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Br_banner_frog1 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2011年6月16日 (木)

緑のカーテンに雄花の蕾

ゴーヤの分枝を良くするために、無理やり蔓を横へ横へと誘引しするのが、出勤前の僕の日課。

最初に横に這わしていた主茎を、2番目の蔓がついに抜き去ってしまった。

それにしてもよくも、夜の間に巻きついてほしくないところにばかりしがみついてくれるもんだ。

2_2

ネットの一番下に這わしている段階で、もう各節には蕾ができている。

Photo_2

一番大きい蕾は、これぐらい。

花が咲かなくってもこれが雄花で実はならないってことは、まるっとお見通しだ。そしてたぶん、いま確認できる蕾もぜんぶ雄花だってことも。

口ではちょっと説明し難いんだけど、ガクのすぐ下の部分を見ればすぐに分かる。

つるっとしていて茎と変わらないようであれば、雄花。少し太くなっていてボツボツが確認できれば、雌花。

見分けるのは、か~んたん♪


Photo

緑のカーテンの正面はいま、こんな風。

右手の緑は、シシトウ。

赤い葉は、イレシネ。

鉢植えの黄色とオレンジの花は、ナスタチウム。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Br_banner_frog1 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2011年6月15日 (水)

どうしてシカクマメ?

ゴーヤと一緒に緑のカーテンを作ろうと思っていたシカクマメは、今こんな状態。

1

2ポットしか買わなかったのに、なぜか家では6株に増えている。どうして3倍に増えたのかというと、僕がいつもの作戦を使ったから。

野菜苗は普通1ポットにタネを複数粒播いている場合が多い。だからなるべくたくさん芽が出ているポットを探して買って、すぐに1本ずつに分けて植えるんだ。そうすれば、だいたい問題なく全部育つ。

バジルなんか5倍にできたりするしね。ルッコラも同じぐらい。

野菜だけじゃなくって、マリーゴールドだって3~4倍にできる。こういう楽しみ方もいいんじゃない。

さてさてシカクマメの話に戻ると、もともと熱帯原産の植物だから本格的な暑さが来ないと生育が進まないんだろう。でも、ここまで遅いとは予想外だな。

シカクマメは漢字で書くと四角豆。沖縄ではごく普通に食べられている。

初めて名前を聞いた時は、豆が四角いのかって驚いたけど、四角いのは莢の断面。それでも真四角じゃなくって、四隅を力いっぱい引っ張って伸ばしたような形。

もう一方で、どうして僕がシカクマメに目を着けたかっていえば、食べてよし、姿を見てよし、花を見てよしの3つを兼ね備えているから。

緑のカーテンに向く植物で、この3つをクリアしているものって案外すくない。パッションフルーツとアピオスぐらいでしょう。ゴーヤは花がいまいちだし、フウセンカズラは食べられないしね。

2

じつは気がかりなことがひとつある。


シカクマメはもともと日の長さが短くならないと花芽分化しない短日植物。そうなると秋になるまで花は咲かないし、もちろん収穫なんか期待できないことになる。でも、最近は夏の日が長い時期にも花がさけるように改良された品種も流通しているそう。


果たしてこの苗はどっちのタイプだ?


もちろん後者であって欲しいんだけど。

Img_0491

庭の片隅では、病気に目茶目茶強いバラ『マジカルミラクルローズ』が満開。

右手のふさふさした葉は、ブロンズフェンネル。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Br_banner_frog1 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2011年6月14日 (火)

ゴーヤのパートナーはこの植物

いくら緑のカーテンは初挑戦とはいっても、これでも植物のプロだし、ゴーヤだけじゃ芸がなさすぎる。

ってなこともあって、僕はもう1種類の植物を組み合わせることでオリジナリティーを出すつもりでいた。

その植物の名は、シカクマメ。沖縄野菜のあれだ。

ところが涼しい日が続いたためか、一向に大きくならなかったのだ。しびれを切らした僕は、アイアンフェンスに絡ませるつもりでいたパッションフルーツを代わりに緑のカーテン要員として起用することにした。

Img_0483

左側の鉢がパッションフルーツ。

Img_0496

蕾もしっかり着いている。

一方で仕事を奪われたシカクマメには、アイアンフェンスを担当させることにした。

Img_0488

横から見たところ。

ゴーヤを植えた大きな36cmポットをシルバープリペットで隠したところが、僕のこだわり。

でもパッションフルーツの方は隠しようがなくって、ちょっと恥ずかしい。

Photo

タロウは良い子。パッションフルーツの鉢を見ないように、ちゃんと背を向けてくれるんだから。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Br_banner_frog1 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2011年6月13日 (月)

緑のカーテンはお手軽に♪

緑のカーテンは、窓の外用のカーテン。カーテンを名乗る以上、機能性と美観を両立させなくっちゃ本物とはいえない。

去年の夏だって、ネット全体にうまく蔓を伸ばすことができずに、スケスケの『一部緑のカーテン』や、上の方だけが茂って下葉がなくなってしまった『緑の暖簾』を良く見かけたもん。

失敗の原因は、たぶん次の4つ。

①肥料不足

②灌水不足

③分枝不足

④植えた時期が遅かった

自分で緑のカーテンを作ってみたこともないのに、偉そうなことは言ってちゃいけないから、ぶっつけ本番で成功させる。これが僕の目標。それもお手軽にだ。

これまでのところ、肥料よし、灌水よし。梅雨に入ってからの寒さで、苗の動きは遅かったけど、すべて順調なはずだ。

肝心の分枝の促し方は、こうして蔓をネットの一番下に横に這わせることでいくらでもわき芽がふいてくるはず。

Img_0484_2

プランターで発芽したばかりの苗は、ガーデンレタスミックス。ベビーリーフ用だ。

Img_0485_2

タネは残しても播く場所がないしってことで、全部播いたら、さすがに多すぎたみたい。

Img_0487

さてさて、はたして『一部緑のカーテン』でも『緑の暖簾』でもなく、機能性と美観を兼ね備えた『緑のカーテン』にできるのか。

ま、仕事じゃないし、ゲームだと思って楽しむんだ♪

緑のカーテンの右側はいま、こんな風。

Img_0418_2 

日本原産の野生バラ、ツクシノイバラが満開♪

手前の花はビジョナデシコ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Br_banner_frog1 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2011年6月10日 (金)

緑のカーテン? グリーンカーテン?

「猛暑対策の切り札は緑のカーテン」 とか、

「美味しく節電、緑のカーテン」 とか、

「広がる緑のカーテン」 とかの見出しが雑誌を賑わしてくれるのは、ほんと嬉しいもんだ。

「お買い得、緑のカーテンセット」という見出しがチラシに載るのも嬉しかったりする。

これだけ家庭での園芸に注目が集まるのは、ガーデニングブーム以来。10数年ぶりのことだ。各新聞が何度も取り上げるぐらいだから、あの時のガーデニングブーム以上だろう。

野菜苗ブームもそろそろ終わりそうってところで、緑のカーテンブームに繋がったわけだから、業界的には徹底的に利用するべき。きっかけ自体はとんでもないことだけど、それはそれとして、これを機会に園芸好きを1人でも多く増やせるように。

そのためには何と言っても、初めて緑のカーテンに挑戦する人にも、達成感、満足感を持ってもらえることが重要。そんなわけで、僕も微力ながらこうして情報発信することに決めたのだ。

Img_0410

『グリーンカーテン』という呼び方もあるけど、『緑のカーテン』に統一して欲しいっていうのが僕の意見。だって、絶対に名称は統一した方が良いに決まっているから。

『グリーンカーテン』と呼び慣れてしまった人達には申し訳ないけど、『緑のカーテン』でいきませんか? 日本人らしく漢字を使って。

やっぱりというか、当然というか、群馬県みどり市ではこんな取り組みをしているのでご紹介。後出しだろうが何だろうが、本家本元と名乗れる強みは活かさなくっちゃね。

◇みどり市 緑のカーテン事業

『緑のカーテン』ゴーヤ配布に殺到 群馬 (産経新聞)

おっと、みどり市のみどりは漢字でなくってひらがな。惜しいなー。

それならいっそのこと、『みどりのカーテン』で差別化してみては。

もちろんこれは冗談。

みなさん、『緑のカーテン』で、環境問題でも緑の革命を起こしましょうよ! 

日本発で世界に広がるように!

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Br_banner_frog1 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2011年6月 6日 (月)

初めての緑のカーテン始めました♪

電力不足ということもあって、今年はいよいよ緑のカーテンが大流行しそうだ。

これまでは何となく乗り気になれなかったけど、今年はやらなきゃプロの名が廃る。そんな意気込みで密かに始めていた、我が家の緑のカーテンプロジェクト。

最初のターゲットは、ゴーヤ。5/28の日経新聞プラス1にも出ていたけど、ゴーヤがプロが勧める初心者向けのナンバー1だったから。

ちなみに2位以下は、アサガオ、ヘチマ、フウセンカズラ、キュウリ、ツルインゲン、パッションフルーツ、ヒョウタン、ツルムラサキ、ブドウ。


でも、ブドウが入っていてアピオスが入っていないのは僕的には不満。

アピオスはお勧めですぞ! 

葉は涼しげでよく枝分かれするし、なかなか素敵な花をたくさん咲かせてくれるし、イモは食べられるしね。

10位に入れなかった理由を、選定にあたったプロ達に問い正したいぐらい。

ひょっとして先生達はまだ、アピオスのことをよく知らなかったりして・・・


ゴーヤの話に戻ると、この辺りではゴールデンウィークに苗が出回り始める。もちろん僕は真っ先にゲット。今年はお店の人も驚くぐらいの人気で、すぐに品切れになってしまうそう。どうやらゴーヤブーム、緑のカーテンブームは本物のようだ。

大きく育つ苗はすぐに定植せずに、いったん15cmポットに仮植えするの僕の作戦。ミニトマトでは毎年うまくいってるしね。しっかりとした根を張らせて締まった苗にしてから植えたいっていうこともあるけど、実際にはまだ植える場所の算段がついていない場合が多いのだ。

5号鉢に植えて約1ヶ月。さすがにそろそろ定植しなければまずい感じになったので、日曜日についにネットを設置。

Img_0432

う~ん、イメージ通り♪

Img_0486

ネットは2回のベランダの手すりからひもを伸ばして固定。このネットは、ダイソーで買った麻ひもネット。105円也。

Img_0433

でも、肝心のゴーヤがイメージ通りに育ってくれるかどうかは、これからが勝負。緑のカーテンは初めてだろうが、簡単に一発目からうまく仕立ててみせようじゃないか。

ほんとは地植えが楽に決まってるんだけど、プランターで育てる人の方がずっと多いから、僕も地植えはしないことにした。そのためにも、まずは下の方から蔓をたくさん出させないとだ。

それからゴーヤだけじゃ芸がないので、ネットの左側からシカクマメを伸ばす予定。

家の東側の通路もついでにご紹介。

Img_0422_2

アキタフキの巨大な葉で、自転車置き場を隠す作戦なのだ。


1105211

1歳の誕生日を過ぎても、まったく落ち着く気配なくやんちゃ盛りのタロウ。

どうもアリが気になってる様子。


花・ガーデニングの
人気blogランキングに参加しています

Br_banner_frog1 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »