« 八重咲きのドクダミ、綺麗 | トップページ | リッピアの雑草魂 »

2010年6月24日 (木)

ヒメタカサゴユリの変化

曇り。今朝元気をくれた庭の植物は、ヒメタカサゴユリ。

35cmぐらいの高さで咲く白百合が満開。どこから見ても野生種そのもの、野趣があってなかなか良い。

ただ、今年は草丈が高くなってしまい、もともとの可愛さが少々失われてしまったような。球根が大きく太ってきたせいだろうか。

と思っていたら、かみさんは、「うなだれて寂しげに咲くあのユリのどこが良いの? わざわざ目立つ場所に植えて」と追い討ちを。

男と女の価値観の違いは大きい・・・

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

|

« 八重咲きのドクダミ、綺麗 | トップページ | リッピアの雑草魂 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八重咲きのドクダミ、綺麗 | トップページ | リッピアの雑草魂 »