« クレマチス・マクロペタラの魅力 | トップページ | 再び大人になったシャクナゲ »

2010年5月12日 (水)

ナルコユリに学んだこと

今朝元気をくれた庭の植物は、ナルコユリ。

プラプラぶら下がって咲く一斉に白い花。

感じが良いのは、きっと一列に整列しているから。でも、良く見ると一節に3花だったり2花だったり1花だったりする。すべて1節に2花という訳ではない。この絶妙なアンバランスさが良い雰囲気を出していたんだ!

会社だってそう。外から見た時はピシッとして一致団結しているように見えたほうが良いに決まってる。でも、内部では色々あって必ずしも一枚岩でないのが普通。堂々と自己主張できる社員の存在が会社の糧になんだし。

内面と外面をうまく使い分ければ良いだけってだってこと。中途半端は魅力なし。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

|

« クレマチス・マクロペタラの魅力 | トップページ | 再び大人になったシャクナゲ »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クレマチス・マクロペタラの魅力 | トップページ | 再び大人になったシャクナゲ »