« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

スープセロリはいかが?

中国で改良されたスープセロリ。中国名は芹菜だ。

2

午前中しか日が当たらない場所でも問題なく、ぐんぐん育つところは偉い。

我が家では、カレーにハッシュドビーフにポトフにと大活躍させているのだが、食べる方が追いつかない。香りが普通のセロリよりも強いので、生でたくさん食べるにはちょっとツライからだ。(ハムを巻いて食べればイケる。)

1

欲張って4株も植えたのは、ちょっと失敗だった。

3

ありゃっ、セロリの花の上にもオンブバッタが!

余ってるから、いくらでも食べていいぞ。

でも、さすがにセロリの葉を食べている気配はない。セロリにしてみれば、虫に食べられないようにとあのセロリ独特の香りと味にしたんだろうに、人間様がその味を好むとは思いもしなかったんだろうな。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2009年7月30日 (木)

モロヘイヤを食べる奴

今年はモロヘイヤを2株植えてみた。なぜなら息子がモロヘイヤ好きになったから。それにモロヘイヤは、丈夫で病虫害の心配もないし、放任栽培好きの僕にも合っている。

Photo_7

ところが若葉のあちこちに穴が。裏返して見ても、何もいない。どうやらイモムシ、ケムシの仕業ではないようだ。

いったい犯人は・・・。と腕組みした僕の前に、ピョンと容疑者出現。

Photo_8

オンブバッタだ。こいつが犯人に違いない。

思い出したぞ! そういえば、一昨年この場所でドラマがあったんだった。その時の子孫だな。

(その記事はこちら ⇒ 2007年10月21日

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2009年7月29日 (水)

実に変化ありっ!

一気に実を大きく膨らませた後は、見かけ上何の変化もなかったパッションフルーツに、最近ようやく変化が表れた。

Photo_4

(このパッションフルーツの前の記事はこちら ⇒ 7月8日

それは皮の色。うっすら茶色っぽくなってきている。ちょっと掌で実を持ち上げてみると重くなっている! 実に変化あり!

こちらはスモモの紫峰。

Photo_3

実に変化が大きい。もうほぼ果実全体が色づいた。そろそろ食べ頃に違いない。

『実に』と書いて、『じつに』と読ませることが多いが、果実の実と同じだとは普段意識しない。だからこそこういう時は、なんだか実に嬉しいのだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2009年7月28日 (火)

待ち人来たらず・・・

3寸ニンジンの葉が茂る茂る。

3_3

ベビーキャロットとは違って葉が大きい。根の短い3寸ニンジンだから、何となく僕は葉も短い気になっていたんだが、そんなことはなかった。この調子なら地下の根もきっと順調に育っているだろう。

(この3寸ニンジンの前の記事はこちら ⇒ 7月14日

残念だったのは、必ず卵を産みに来てくれると信じていたキアゲハが今年は来なかったこと。

なんだか拍子抜け。

せっかくこんなに美味しそうな葉が茂ったのに。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2009年7月27日 (月)

いいね~いいね~♪

ペットボトル栽培のイネが急に勢い良く育ち始めた。

Photo_6

それだけじゃない。葉の色も一気に青々と。

いいね~、いいね~♪

(このペットボトル栽培の前の記事はこちら ⇒ 7月17日

その理由は、ちょうど1週間前に追肥したから。それもちゃんと水稲栽培用の肥料をあげたのだ。この調子でいけば、あとは水さえ切らさなければ豊作間違いなしだろう♪

そうそう、肥料はいつもお世話になっている方から頂いた。このイネの苗を分けてくれた人だ。その人もこのペットボトル栽培を面白がってくれていて、色々応援してくれるのだ。

期待に応えるためにも、とにかく毎朝の水やりは欠かせない。ペットボトルの水は1日しかもたないからだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (1)

2009年7月26日 (日)

ジャガイモも奥が深い・・・

なぜか一度生育が止まってしまった袋栽培のジャガイモの今の様子だ。

Photo_2

(この袋栽培のジャガイモの前の記事はこちら ⇒ 7月9日)

Photo_9

一見元気に咲いているように見える花だが、じつは一回り小さい。やはりまだどこかこの栽培環境に不満があるようだ。

『日あたりさえ良ければジャガイモはどんなところでも育つ。』

こんな一般常識を覆すことが、まさか目の前で起きるとは思わなかった。 ジャガイモ栽培も奥が深いな・・・。

でも、単に楽しみで育てているんだから、これはこれで面白いし、楽しめば良いのだ♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2009年7月25日 (土)

庭にタペストリー

関東地方は例年よりも1週間以上早く梅雨明けしたはずなのに、最近は梅雨空続きだ。息子は、まだ夏休みが来た気分になれないと不満顔。

僕も出勤前に庭を眺める楽しさが半減するので、雨の朝は好きじゃない。

でも、今朝は雨の日ならではの綺麗なものを拝めたので満足。

Photo

クモが作ったタペストリー。庭をバックに良い感じ。

これでしばらくは雨の朝も楽しめるぞ♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2009年7月24日 (金)

ミニトマトのオベリスク

ミニトマトのオベリスクが良い感じになってきた。

Photo_2

去年はピッコラルージュを絡ませたんだけど、今年はトスカーナバイオレットとシシリアンルージュの2本を絡ませてみているのだ。

理由は2つ。1つはもちろん収量を増やしたいから。そしてもう1つは、違った色のトマトをならせるのが面白そうだったから。

(このミニトマトのオベリスクの前の記事はこちら ⇒ 7月5日

まるでブドウのような実、というキャッチフレーズに惹かれて買ったトスカーナバイオレットも色づき始めた。はたしてどの程度の紫色なのか興味津々。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2009年7月23日 (木)

東側通路

家の東側通路はこんな感じ。

1_2

幅1.5m。日当りも十分とは言えないが、植える植物を選べば十分に楽しめる。僕にとっては貴重な空間。

左手の細い菜園コーナーには、秋田フキ、ミョウガ、ワサビ、アシタバ、オカノリ、スープセロリ、オカヒジキ、ジャガイモ、タマネギ、ミニトマト。

そしてイエローリーフのギボウシのすぐ奥には、ニンジン、パッションフルーツ、チャイブが植わっているのだ。

もちろんほんの少量ずつなんだけど・・・。

2_2

緑ばかりじゃ寂しいので、ミニトマトの足元にはインパチェンスも。

とはいっても、じつは去年のこぼれダネなのだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2009年7月22日 (水)

2階から眺めてみると

久々、2階からの眺め。

1

ペットボトル栽培のイネや袋栽培のジャガイモは、こんなところに置かれているのだ。

2

角度を変えて撮った写真がこちら。

芝生を潰せば、まだまだ植物を植えるスペースはあるということだ。

それには息子の許可が必要なんだけど・・・。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2009年7月21日 (火)

早まったぁ!

Photo

息子がジャガイモを堀りたがったので、東側の通路に地植えしたものを1株掘ってもらった。

ところがイモはまだまだ小さかったのだ。

息子も何だか不満顔。

しまったぁ~。早まったぁ~。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2009年7月20日 (月)

こーんな庭も良いもんだ♪

庭にトウモロコシを植えたい。

でも、実際には結構勇気がいることだ。だって、背が高いあの独特な姿のお陰で、庭の雰囲気が一気に畑になってしまうから。

そんな時には背の低いポップコーンがお薦め。

2

ポップコーンなら、目に付く場所に植えてもほとんど違和感はない。

(このポップコーンの前の記事はこちら ⇒ 7月10日

1

雌花が咲いた。落ちてくる花粉を捉えようと伸ばした雌しべは、まるでイソギンチャクの触手のよう。

2

朝陽を浴びてキラキラと輝くポップコーンの雌しべ。

トウモロコシのある、コーンな庭も良いもんだ♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (3)

2009年7月19日 (日)

愛の花を植えよう♪

10日ほど前の写真。玄関脇のアガパンサスだ。

Photo

アガパンサスは、南アフリカ原産。僕は4回南アフリカに行ったことがあるので、南アフリカの植物は気になる存在だ。

アガパンサスの名前の意味を知っていれば、きっと誰もが家に植えたくなるはず。

それは『愛の花』。アガペがギリシャ語で愛、アンサスが花だから。アガペアンサス ⇒ アガパンサス。

ちなみに『神の花』も有名だ。神はギリシャ語でディオス。花は同じでアンサス。

ディオアンサス ⇒ ディアンサス ⇒ ダイアンサス。

そう、神の花は、カーネーションやナデシコのことなのだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2009年7月18日 (土)

思い結実♪

約1ヶ月間に渡って楽しませてくれたブルーベリーもそろそろお終い。

Photo_2

今年は我が家で持て余すぐらい採れたので、近所におすそ分けもできた。もちろん大好評。ハイブッシュ系の採りたてフレッシュブルーベリーなんだから、スーパーに並んでいるものとはひと味違う。

Photo

スモモの紫峰は日に日に頬を染め、既に相当酔いが回っているかようだ。期待したほどの大きさにはなりそうもないが、育てて3年目にして初めての収穫だけに素直に嬉しい。

嬉しいといったら、ついにこのブログを始めた時のもう1つの目標に手が届いたのだ♪

でも、まだ結実したっていう段階。まさか生理落下することはないと思うけど、完熟して誰にでも喜んでもらえる美味しい実になるかは、まさにこれからが正念場。半年間は超忙しくなってしまう。ブログも今までのペースではとても続けられない。

でも、このブログに遊びに来てくれる人達をビックリさせる楽しみができたって思えば、きっと乗り切れるだろう。

乞うご期待!

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (5)

2009年7月17日 (金)

肥料切れか・・・

ペットボトル栽培のイネの葉が黄色くなってきてしまった。

3

理由はたぶん肥料切れ。さすがに1.5ℓのペットボトルだと朝に水をあげるだけじゃ、夜まで水が張っていることはないので、ひょっとしたら乾湿のストレスにも原因はあるかもしれない。

(このイネのペットボトル栽培の前の記事はこちら ⇒ 7月4日

1_2

でも、やはり一番の原因は肥料切れだろう。7月下旬は追肥のタイミングだし、今週末には頂いた水稲用の化成肥料を与えるつもり。

写真の真ん中はポップコーン。ようやく雌花が咲き出した。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2009年7月16日 (木)

雨の城ヶ崎

困った・・・。

梅雨が明けてしまった・・・。

僕はだいたい3日ぐらい前の写真を毎朝記事にしているからなのだ。梅雨の最中の記事を今頃になってというのが、ちょっと恥ずかしい。

1_2

このアジサイの名前は『城ヶ崎』。山アジサイの名花だ。

僕も気に入っている花なのだが、問題がひとつある。それは花がうまく咲いてくれないこと。今年もたった一枝しか花を着けてくれなかった。環境もピンチの時期も問題ないはずなのに・・・。

2_2

だから城ヶ崎の花を見るたびに、僕は嬉しさと悔しさが入り混じった複雑な気分になってしまうのだ。

雨の城ヶ崎 か・・・。

演歌のタイトルになっていそうだなって思って、検索してみた。

そうしたらやはりあったのだ、『雨の城ヶ崎』という歌が!

今朝も冴えてる。絶好調♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2009年7月15日 (水)

ナスタチュームのお味は?

黄色い花はナスタチュームで、後ろ空色はアガパンサス。

2

アガパンサスはそのまた後ろのスカシユリに押されて、年々弱ってきているようだ。どこかに移植してやらねば。

1

ナスタチュームの花は、エディブルフラワーとして有名。でも単に食べられるというだけじゃなくって、ちゃんと味があるのだ。

若い花びらの方がやや甘みがあって辛味が少ない。一方で咲ききった花は辛味が強くなっている。さらにさらに、ガクは花びらよりもずっと辛いのだ。

肝心のお味は、カイワレダイコンにワサビがほんのちょっと利いているような感じ。サラダにもカルパッチョにも肉料理にもいける♪

ぜひお試しあれ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2009年7月14日 (火)

ジャガイモの袋栽培

勢いを取り戻した袋栽培のジャガイモが一気に育った。それでも今頃花が咲き始めているようじゃ、周回遅れは否めない。それもそのはず、この地域で同じ頃に植えたジャガイモはとっくに収穫を終えているんだから。

1_2

(このジャガイモの袋栽培の前の記事はこちら ⇒ 7月1日

生育が止まってしまった時には、俺はジャガイモすらまともに育てられないのかってかなり落ち込んだけど、今はもうそんな気分は吹き飛んでしまっている。あとは収穫を楽しみに待つだけ。もちろん収穫担当は息子だ。

2_3

よしよし、いいぞ♪ 

今まで庭の雰囲気を壊してしまっていた白いビニール袋も、葉が茂ったお陰でようやく違和感がなくなってきた気がする。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2009年7月13日 (月)

やっとこさで夏花壇

庭も十分に手が回らない状況だが、保育園の花壇も僕を待っているのだ。

5月下旬までは、除草だけで何とかごまかした。

4

(この保育園でのボランティアの前の記事はこちら ⇒ 5月1日)

5

その際には、ちょっと見ないうちにこぼれダネのコキアがこんなに大きくなっていた。息子は、今年こそは上手にコキアのトトロを作ってみせると張り切っている。

6

この日の目的は夏用の苗を植える前に土壌改良。ところがいきなり豪雨が。

文字通り、水入りに。

そして翌週、梅雨入り前に何とか土壌改良を終了。6月初旬のことだ。

3

さらにそして翌週には苗を植えて、ひとまず夏花壇の準備は完了。

7月初旬に除草を兼ねて様子を見に行ったら、こんな感じになっていた。

1

梅雨時の雑草の育ちは、抜く方のやる気を失わせるほどの勢い。でもめげている訳にはいかないから、気合で除草を済ませたのだ。

2_2

今年は手のかからないペチュニアを植えた。梅雨時に苗を植えると秋まで放っておけるからだ。今年も去年同様忙しいし、そうそう保育園の花壇の世話をしていられない。僕が頼りにならない以上、頼りになる植物を植えなきゃならないって訳だ。

僕はペチュニアの使い方としては、春先に植えるよりずっと良いと思っている。春に植えたペチュニアは梅雨時期にボロボロになって、それで終わってしまうことが良くあるから。それに春先に植える花は他にいくらでもあるしね。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

一人ぼっちの園芸ボランティアに、ボランティアの輪が広がるクリックを。いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2009年7月12日 (日)

超お買い得のトライアンフェター♪

LOハイブリッドのユリ『トライアンフェター』が咲いた。あたり一面にあの濃厚なユリの香りを撒き散らして。花の配色も派手過ぎずになかなかのもの。

2

(このユリの球根を植えた時の記事はこちら ⇒ 2008年12月9日

花型的には、僕は『カサブランカ』に代表されるオリエンタルハイブリッドよりもLOハイブリッド(オリエンタル系にテッポウユリの血を入れた品種群)の方が好きだ。だって何となく庶民的な雰囲気がするから。

Photo

200円の球根でこの豪華さ。それも1球植えただけだったのに、花茎が2本立ってきてくれた。あの変形していた球根のお陰だ。

絶対超お買い得♪

この秋は、ユリの球根の見切り品は迷わずゲットだ。

ユリこそ手間要らずで、梅雨空のどんよりとした気分を吹き飛ばしてくれる頼もしい花ナンバー1。

それもそのはず。ユリの品種のほとんどすべてが、日本に自生している野生ユリの子孫なんだから。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2009年7月11日 (土)

出た出た芽が出た

エダマメ『ゆめ香』とハツカダイコン『キスミー』、それからオカヒジキ。3種類のタネを同時に播いてみたらこうなった。

(この鉢にタネを播いた時の記事はこちら ⇒ 7月6日

1

最初に芽を出したのはハツカダイコン。続いてエダマメ。オカヒジキはまだ動きが見られない。

この3種類の中で一番楽しみなのは、やっぱりエダマメ。今頃タネ播きするようじゃ遅いって思うかもしれないが、大丈夫。まだまだ今からだってちゃーんと収穫できるはずなのだ。

2

採りたて茹でたてのエダマメに冷たいビール。

最高のコンビネーション♪

もちろん庭で味わうに限るのだ。

発芽したばかりのエダマメを見ていたら、ついつい妄想が膨らんでしまった。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2009年7月10日 (金)

似ててもしょうがないね

植える場所が空かなかったために、ずいぶんと連結ポットで我慢させてしまったポップコーン。地植えにしたら一気に大きくなった。

1_3

(このクルクマの前の記事はこちら ⇒ 7月3日)

僕がポップコーンとクルクマを並べて植えたのには訳がある。

色気のないポップコーンに彩りを加えたかったから。それに葉の雰囲気が良く似ているから、違和感がないと思ったのだ。

そもそもクルクマはショウガ科だし、トウモロコシはイネ科。科の違う植物なのに、葉は似ている。何でだろうと考えていたら、良い答えを思いついてしまった。

誰が何て言おうが、似ててもショウガなイネ~。

花の方はどうかというと・・・。

2_3

こちらはポップコーンの雄花。

Photo_2

そしてこちらがクルクマの花。

さすがに花は全く似てなくても、しょうがないね。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (3)

2009年7月 9日 (木)

3寸ニンジン

パッションフルーツを絡ませているフェンスの前には3寸ニンジンが植えてある。

1_2

間引きも済んで、葉も十分茂り、あとは根の肥大を待つだけだ。

(この3寸ニンジンの前の記事はこちら ⇒ 6月9日

でも僕には今このニンジンについて、三寸ではないけど一寸した迷いがあるのだ。

(ちょっと を漢字で書くと 一寸)

2_2

それはこの場所。

徐々に間引きをしていって、ちょうど良い間隔で1本立ちにしてきたんだけど、ここだけはどうするか迷っている。

どっちを残そうか?

それとも両方残すか・・・。

あぁ、悩ましい。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2009年7月 8日 (水)

パッションフルーツ結実♪

パッションフルーツの実が一気に大きくなった。

2

僕の予想よりもずいぶんと早い。大きさだけはもう一丁前。でも自然落果するまではあと3ヶ月はかかるだろう。

(このパッションフルーツの前の記事はこちら ⇒ 6月27日

果実の方は順調だが、花の方はやはり残念な状況になっている。トケイソウと良く似たあのユニークな形の花が咲かなくなってしまったからだ。日が長くなったのが理由だが、寂しい限り。夏中咲く品種があれば楽しいのになと思う。

でも、まあ良しとしよう。こうして果実を眺めているだけで楽しい気分になれるんだから。

1

う~ん、いつ見ても良い眺めだ♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (8)

2009年7月 7日 (火)

フラウマリコ

フラウマリコ。

ひょんなきっかけで僕の家にやってきてくれた、頂き物のアジサイの品種名だ。

Img_3741

我が家にやってきて早1ヶ月。玄関にさわやかな青の彩り空間をじわりじわりと広げてきてくれた。

装飾花の白い縁取りがなかなか綺麗。このような縁取りがある品種は、フラウシリーズとして何品種も売られている。フラウの後に女性の名前が続くので分かり易い。育種したのはすべて海老原廣さん。アジサイ育種の世界的大家なのだ。

Photo

日本人が育種した名花を手に入れたのは良いけれど、お恥ずかしながらじつは僕はこれまでアジサイの鉢物を世話したことが一度もなかった。

ある植物を初めて育てる時はワクワクする。それと同時にちょっとした緊張感も。この気分が何とも言えず楽しい。だって植物を好きになった頃の気持ちが蘇るからだ。

そうそう、ご存知の通りアジサイは日本の野性植物。

こうして地植えのアジサイが身近にあると、鉢物のアジサイなんかに目もくれなくなってしまいがち。僕もそうだった。

でも、実際に育ててみたら鉢物のアジサイならでは良さが見えてきたのだ。

問題があるとしたらたったひとつだけ。鉢の大きさのわりに植物が大きいから、土がとっても乾き易いのだ。晴れた日には、朝たっぷり水をあげても、夜僕が家に戻った時にはうなだれた姿で待っていることなる。そんな時には家に入る前に水をあげるのが常。正直、気分的にも疲れが増す。

でも、そんな気分は翌朝には必ず吹き飛んでしまうのだ。だって、昨夜のうなだれた様子は微塵も感じさせずに、シャキッとした姿で気持ち良く僕を送り出してくれるから。

よしっ、今日も1日頑張るぞ!

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (7)

2009年7月 6日 (月)

今年も不器用か・・・

息子と2人で気合を入れて交配したスモモの貴陽だが、結局今年もただのひとつもならずに終わってしまった。またしてもお前は不器用だという烙印を押された気分。こうして3年間振られ続けると、いくら一途な僕でもそろそろスモモ嫌いになってしまいそうだ。

でも、嬉しいこともあった。貴陽と同じく過去2年間実をならさなかった紫峰の方は、今年初めて立派な実をつけてくれそうなのだ。

Photo

実の数は7個。ようやく色づき始めたところ。

Photo_2

大きな鉢がようやく空いたので、遅ればせながら夏野菜を播種。

播いたのは、エダマメ、オカヒジキ、ハツカダイコンの3種類。

さて、これからどんな育ち方をするのやら。はたして3人ともこの同居を気に入ってくれるだろうか。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2009年7月 5日 (日)

トマトのオベリスク仕立て

去年大成功したミニトマトのオベリスク仕立て。何てったって、蔓がだらしなくならないところが素晴らしい。こう自画自賛しているぐらいだから、もちろん今年もやっている。

(去年の記事はこちら ⇒ 2008年8月1日

2

去年と同じじゃ面白くないので、今年は2品種を絡めてみることに。

1品種はスミレ色の実がなるというトスカーナバイオレット。もう1品種は一昨年育てたシシリアンルージュだ。

1

下のほうのピンクの花はこれ。

Photo

ゲラニウム・マクロリズム。

フウロソウの仲間にしては光沢のある葉を僕は気に入っているが、やっぱり花も良いなぁ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2009年7月 4日 (土)

ペットボトル栽培、いいねー♪

ペットボトルで育てているイネは、まあ順調に生育しているようだ。

Photo_5

(このイネのペットボトル栽培の前の記事はこちら ⇒ 6月21日

でも、梅雨時だからといって油断していると、すぐに水が切れてしまうのが問題。そのせいか下葉がちょっと黄色くなってきてしまった。これは水不足のせいかもしれないし、肥料が切れてきたせいかもしれない。だから薄い液肥を水代わりにやってみて様子をみることにした。

イネに液肥をやるなんて、田んぼじゃありえないこと。何だかちょっと凄いことをしている気分。

ペットボトル栽培、なかなかいいねー♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2009年7月 3日 (金)

クルクマ『ピンクパール』

ラベンダーの花も終わりに近づいた。

Photo_4

タネを着けさせないように2度切り戻して、3回満開を楽しんだエリシマムもさすがに暑さに参ってきた。遅ればせながら夏花壇に模様替え。

じつはエリシマムの後に植える植物は前から決めてあった。

それはポップコーン。1ヶ月前に買っていた4穴の連結ポットの苗が、かなり弱ってきていたってことも、僕の背中を押したのだ。

ポップコーンの良いところは、普通のトウモロコシより背が低いこと。それからもちろん、息子が興味を示しそうだから。ポップコーンだけではさすがに色気が無いので、僕はポップコーンの横に似たような葉の植物を植えることにした。

2

それはクルクマ。品種名は、ピンクパール。

梅雨晴れ日の朝日を浴びて妙に綺麗♪

なるほど。真珠の輝きってわけか。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (1)

2009年7月 2日 (木)

芝生からの贈り物♪

新居で芝生の手入れをし始めて4年目の今年。やっとあの花が咲いてくれたのだ。

1

そう、ネジバナ。

ネジバナごときと言う無かれ。これも僕の実験のひとつだったんだから。僕の仮説はこうだ。

芝生の生産には除草剤が使われている。⇒ それでネジバナは枯れてしまう。 ⇒ でもネジバナのタネは生きていて、除草剤を使わない人との出会いを待っている。 ⇒ タネが発芽してから開花まで3~4年。

ネジバナが咲くのを待って4年。僕の予想通りの結果になった。

かなりの達成感♪

この葉の形を覚えておいて、抜かずに3分間。いや3年間待つだけ。

ネジバナはこんな簡単なことでゲットできるのだ♪

3

どんな芝生にもネジバナのタネは播かれている。

そしてきっとネジバナは生えてくる。

雑草と間違って抜いたりしなければ、必ずあのちっちゃなランの花を咲かせてくる。

ネジバナは決して僕らの期待を裏切らない。

植物とのこういう信頼関係も良いものだなぁ♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2009年7月 1日 (水)

ようやく前進

じつは袋栽培のジャガイモの生育がなぜだか思わしくなかったのだ。思わしくないどころではない。なぜかピタッと生育が止まってしまったのだ。

(俺はジャガイモすらうまく育てられないのか・・・。)

ジャガイモなんて日あたりさえよければ、簡単に育てられるとばかり思っていた僕は、この事態にかなり動揺した。というより、かなり落ち込んだ。

(この袋栽培の前の記事はこちら ⇒ 5月25日)

理由はたぶん土。きっと土に混ぜた堆肥が未熟だったのだろう。

今さら土を取り替えるわけにもいかないので、盛り土をし、定期的に液肥をやったら、ようやく元気を取り戻してくれた。

同時に僕の自信も回復♪

Photo_2

想定よりも1ヶ月は生育が遅れてしまったが、収穫に向けてラストスパートだ。

Photo

ジャガイモの左横の白い花はストケシア。薄紫の花が一般的だが、白花もなかなかいけると思う。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »