« 剪定必勝! | トップページ | ツクシノイバラ vs 伽羅奢 »

2009年6月 6日 (土)

ツクシノイバラの生垣

九州に自生している野生バラ、ツクシノイバラが満開になった。

2_6

ツクシノイバラは照葉でものすごく丈夫なので、放っておいても毎年たくさん花をさせてくれる。欠点は、トゲがきつ過ぎることぐらい。

僕はキンメツゲに絡ませているので、支柱もフェンスも必要なし。コンセプトは、花咲くキンメツゲなのだ♪ 

(話は変わるが、僕が発見したキンメツゲの秘密情報はこちら ⇒ 2007年5月19日、ヒューケラの次の記事)

ツクシノイバラも、花が終わったら『剪定必勝!』がポイント。それこそツクシノイバラに、そこまではいけませんてーって文句言われるぐらいまで切るのがちょうど良い。

Photo

さすがに園芸品種ほど花びらは強くなく、雨が降るとすぐにしみができてしまう。でも、咲き始めはそれを補って余りあるほどの可愛さだ。

こちらは東側の道路から庭を眺めたところ。

1_5

Photo_3

息子も僕に似て剪定好き。

初めて使わせてもらった大きなハサミで、一所懸命コニファーを刈り込んでくれたのだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

|

« 剪定必勝! | トップページ | ツクシノイバラ vs 伽羅奢 »

キッズガーデニング」カテゴリの記事

バラ」カテゴリの記事

パパの日記2009」カテゴリの記事

コメント

パパさん、おはようございます。
ツクシノイバラは普通のノイバラよりは大分花が大きそうですねぇ~綺麗です~家のノイバラも咲いています。
はるくん、剪定!!~うちにも来て~♪

投稿: hana | 2009年6月 6日 (土) 10:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 剪定必勝! | トップページ | ツクシノイバラ vs 伽羅奢 »