« プリンセスダイアナ | トップページ | サクランボの実を守れ »

2009年5月25日 (月)

ジャガイモ袋栽培の経過

流行りの袋栽培を試してみているジャガイモの今の様子だ。

1_2

(このジャガイモの袋栽培の前の記事はこちら ⇒ 5月17日

3_3

こちらはサッシー。濃い緑の葉を勢い良く伸ばし始めた。

2_2

そしてこちらはジャガキッズパープル。サッシーと比べると葉色は薄いし、弱々しい。

息子は、『どっちが美味しい品種かもう分かっちゃった♪ 絶対こっちだよ。』と、一瞬にしてサッシーを選ばれる始末だ。

見た目はイモの味とは関係ないと思うが、何でも比較してみることは大事なことだ。確かに息子の言う通り、今のところサッシーの方が断然優勢だ。

比較論で言ったら、そもそも袋栽培と地植えとを比べる必要がある。

もちろんやっていますとも!

Photo_3

今のところ、地植えの方が断然優勢なのだ。でも、理由は良く分からない。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

|

« プリンセスダイアナ | トップページ | サクランボの実を守れ »

ジャガイモの袋栽培」カテゴリの記事

パパの日記2009」カテゴリの記事

コメント

MIRORIさん、おはようございます。
お気持ちは良く分かりますが、土や周りの植物に移ってしまうと大変なことになりますから、早めのご決断をお勧めいたします。

投稿: パパです。 | 2009年5月29日 (金) 07:50

お返事ありがとうございます。
ふえ~ん。やはりそうですか。
もう少し様子をみて 病気みたいだったら引っこ抜きますね。
幸い、これ一株だけなので。
昨日別の株のジャガイモをみたら、大きいのが地中に埋まっていてうれしくなりました。

投稿: MIDORI | 2009年5月28日 (木) 10:42

MIDORIさん、おはようございます。
結論から申し上げますと、残念ながら根っこからすべて掘り上げて、生ゴミとして捨てられるのが一番良いと思います。何の病気かは良く分かりませんが、ウイルス病の可能性もあります。このまま育てているとウイルスや病原菌を増やすことにもなりますので、この先病気に悩まされる危険性が増えてしまうからです。
一般論で申しますと、生食用のジャガイモはタネイモとして使わないほうが安心です。タネイモは病気が出ないように注意して作られているのに対し、生食用のジャガイモはそこまで気にされていません。運が悪いとMIDORIさんみたいなことになってしまいます。

投稿: パパです。 | 2009年5月28日 (木) 07:57

こんにちは。
野菜栽培と花壇の融合を実践されている先輩なので、このブログ度々拝見させていただいてます。

ところで 私もジャガイモを育てているのですが、病気にかかってしまって。。
去年はこんなことなかったのですが、はやりスーパーで買ったジャガイモだからでしょうか。

対策法、なにかご存知だったら教えていただきたいです。

投稿: MIDORI | 2009年5月26日 (火) 16:35

hanaさん、おはようございます。
やはり何でも直接比べて自分の目で確かめてみないと心配ですから。この場合、最後の勝負は味と面白みですけどね。

投稿: パパです。 | 2009年5月26日 (火) 07:42

パパさん、おはようございます。
じゃがいもの袋栽培と地植えと両方をやっておられるのですか~!!
お忙しい方ほどマメで、さすがです。
これは益々、比較が楽しみですねぇ♪

投稿: hana | 2009年5月25日 (月) 10:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プリンセスダイアナ | トップページ | サクランボの実を守れ »