« フリュイテと仲間達 | トップページ | 禅ローズ『ウィンド・ソング』 »

2009年5月22日 (金)

大どんでん返しのサラセニア

最近ビックリしたことがあった。同時に僕にとってとっても恥ずかしいこと。それはサラセニアの花についてだ。

5

(このサラセニアの前の記事はこちら ⇒ 5月14日

5つに割れそうに見えた真ん中の丸い部分は、その後全く変化がなかった。そしてガクだと思った部分が散り始めてしまったのだ。

そう、ガクだと思った部分は、やはり花びらだったのだ。

3

じゃあ、真ん中の丸い部分が何かと思って除いてみたら・・・

1

黄色いおしべがたくさん見えた。

これは当たり前。

そして下を向いた真ん中の棒は雌しべに決まっている。雌しべの先端がどうなっているかというと・・・

2

無いっ! というか、あの丸いものと繋がっていたのだ。

ということは・・・。

雌しべじゃん!

えっ! どういうことだっ!?

外側から見た丸いはべたべたしてるわけでもないし、とても受粉できるようには見えない。

じゃあ、内側はどうなってるんだ・・・

上から落ちてくる花粉をしっかり受け止めてるぞ!

そっかーっ、内側で受粉する仕組みだったのかっ!

僕はとてもよくできた推理小説を読んだ時のような気分になった。

葉の方はどうなったかというと、最近になって次々ににゅ~っ伸びてきた。

6 7

小さな葉でも虫を食べる口の形はもうはっきり分かる。

8

もう少し大きくなると、虫を飲み込む喉まではっきり。

10

これは花びらをすべて散らした後の姿。

繰り返し言う。この真ん中の丸いものは、裏表が逆さまになった雌しべ。

9

雌しべが、花粉ばかりか葯まで受け止めている。なんて無駄の無い仕組みなんだろう。

食虫植物って面白い♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

|

« フリュイテと仲間達 | トップページ | 禅ローズ『ウィンド・ソング』 »

パパの日記2009」カテゴリの記事

宿根草」カテゴリの記事

コメント

sueさん、hanaさん、こんにちは。
ほんと、葉だけでなく、花も虫を捕まえる罠のような感じですよね。タネを着けさせると株が弱るそうなので、2本の花茎のうち1本だけを残して観察を続けるつもりです。

投稿: パパです。 | 2009年5月23日 (土) 16:07

パパさん、こんにちは。
ビックリです~こんな仕掛けになっていたのですか?!
横からのアップに思わず見とれてしまいました♪
どんな種が出来るか楽しみ!!
虫を食べる葉っぱも興味あります!!
不思議ですねぇ~“食虫植物”って♪

投稿: hana | 2009年5月22日 (金) 11:15

パパさんおはようございます。
アッ!とオドロキ♪(ё-ё)♪の展開です。
なんと素敵な部屋(空間)になっていますねぇ♪

『食虫植物』~ということは~?
この部屋に虫が誘われて~~~♪
パクッ!なぁ~んて!(笑)
花粉が準備できると花びらの役目が
終わるのでしょうか。
葉っぱの先端の形がこの先どうなるのか
興味津々です。
アップの写真に引き込まれます。

投稿: sue | 2009年5月22日 (金) 08:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フリュイテと仲間達 | トップページ | 禅ローズ『ウィンド・ソング』 »