« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

植えっぱなしがいいのだ♪

植えて3年目のオダマキが一気に咲いた。

Photo_6

こうして植えっぱなしで放っておかれても、毎年精一杯花を咲かせる律儀さを僕も見習わなくっちゃ。

Photo_7

奥のタイツリソウが朝日を浴びて絶妙に綺麗。

中央の日に透けた花と日が当たった新芽がポイント。

タイツリソウだって、植えっぱなしで毎年花を増やしてくれる律義者だ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2009年4月29日 (水)

咲いた咲いた八重咲きフリージア

フリージア。

誰もが名前を知っている花。そして良い香りの花だということも。

でも、八重咲きの品種もあるってことはあんまり知られていない。

知ってしまった以上、自分で育ててみるしかないでしょう。ってなことで初めてフリージアを育ててみることにしたのだ。

実際に自分で育ててみると可愛いもの。真冬には毎晩帰宅と同時に玄関に取り込み、毎朝出勤時に外に出す。こんな特別待遇を1ヶ月以上も続けた。もちろんこれだけ世話をしたんだから期待は膨らむばかり。無事に冬を越し、蕾が上がってから開花までの楽しい日々。待つのもなかなか良いもんだ。

で、咲いた姿がこれ。現在5分咲きってところだ。

Photo

植えたのは八重咲きの定番3品種。

Photo_2

一番早く咲いた白のベルサイユ。胡椒っぽい香りだったのが意外。

Photo_3

クリーム色のアーケード。

Photo_4

黄色のイボンヌ。

Photo_5

ビオラとの寄せ植えにしたのも正解だったんじゃないかな。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2009年4月28日 (火)

意外に丈夫、マクロペタラ

去年植えたクレマチスのマクロペタラが咲き出した。朝日を浴びた花をちょっと眺めてから出勤するのが、ここ数日の僕のパターン。

1

他の種類より夏越しが難しいと言われている割には、南向きで1日中日が当たる場所に植えても全く問題なく夏を越してくれた。丈夫、丈夫、恐れることはない。僕が気にしたことといえば、真夏は地面を乾燥気味しておくということだけ。

2

まるで、ろう細工か紙細工のような繊細な花。綺麗だ。

この良さに惹かれる人が多いんだろうな。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2009年4月27日 (月)

ワスレナグサは青の星団

昨日は、朝まで降り続いた雨が嘘のように、昼前からうちの庭にも強い日差しが注いだ。

Photo

中央のオレンジ色のエリシマムも、数時間前までは雨に打たれてうなだれていた。

Photo_2

エリシマムの横の水色は、ワスレナグサ。

地植えだと、どうしても周りの他の植物に圧迫されてしまう。やはりワスレナグサは、寄せ植えでこそ真価を発揮する花だと思う。

Photo_3

この優しい色合いがたまらない。大好きな花だけに、ちょっと気合を入れて写真撮影。

撮った写真は、奥のボケた花の配置も狙い通りで満足、満足♪

僕は、青い星団のイメージで撮りたかったのだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2009年4月26日 (日)

簡単!? 芸術家のコーナー作り♪

我が家の敷地の北西の角。西日が一瞬当たるだけの場所だ。

3

植物を育てる環境としては良くないし、僕は今まで何も植えてこなかった。ただ、お隣さんの家と直接接しているわけじゃなく、直接日が当たらなくっても結構明るい。

風水的にも北西の角は大事な方角。綺麗にした方が良いに決まっている。さらに、かみさんからも何か植えてくれないって頼まれていたので、今年はこの場所を少しずつ感じ良くしていこうと考えているところだ。

2

で、まず僕が植えたのはシャガ。半日陰で湿った場所を好む丈夫な宿根草だから、この場所を気に入ってくれるだろう。

Photo_2

ちなみに学名は、Iris japonica。文字通りジャパニーズアイリスという意味だ。

簡単!? 愛の芸術家 シャガある コーナーの出来上がり♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2009年4月25日 (土)

食虫植物がやってきた♪

我が家に食虫植物がやってきたのだ。

息子のおもちゃとして買ったんだが、僕自身も興味がある。だって僕も今までに一度も自分で食虫植物を育てたことがないから。

Photo

届いたのはハエトリソウとサラセニアが一鉢ずつ。伊勢花しょうぶ園の通販で買ったものだ。

サラセニアからは花茎が2本伸びていた。

Photo_4

蕾はシクラメンの実にソックリだ。いったいどんな花が咲くんだろう。

Photo_2

こちらはご存知ハエトリソウ。息子はもう餌をやりたくって大騒ぎ。でも残念ながら今日は雨。餌を捕まえられずに不満顔だ。

哀れな生贄第一号は何になることやら。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2009年4月24日 (金)

ユリ咲きチューリップもいいもんだ♪

僕は普通のチューリップが好きだから、トライアンフ咲き以外の品種を植えたことがない。八重咲きのチューリップなんてもってのほかだ。

でも、昨年秋に初めてユリ咲きチューリップを植えてみたのだ。それも積極的にではなくって、何となくだ。

1

結果は大正解♪

植えて良かったと思う。ユリ咲きといってもチューリップらしさは十分残っているし、逆にどこででも見かけるトライアンフ咲きよりも魅力的な気がしてきたのだ。

2

どことなく似た雰囲気を漂わせるキバナカタクリも負けじとしっかり自己主張。

4

花が閉じてる姿もとってもキュート♪ まるでトップモデルのようだ。

そう言えば、品種名はバレリーナだった。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (1)

2009年4月23日 (木)

一瞬の青、オックスフォードブルー

庭の植物が、一斉に花を咲かせたり新芽を伸ばす今日この頃。毎朝、その変化を確認するのが楽しい出勤前のひとコマだ。

1

芝がまだ青くならないのがちょっと・・・。

早くエアレーションして、肥料と芽土をあげてあげなくっちゃ。

奥のブルーは、ベロニカ『オックスフォードブルー』。超定番の宿根草。

3

青い花好きに僕には欠かせない。大好きな花のひとつだ。銅葉になる冬も楽しめる。

ただ一花の寿命はあまり長くないから、真っ青に地面を覆ってくれる時期も長くはない。最高の状態を撮ろうと待ち構えていたら、その日は大雨。写真を撮る前に盛りを過ぎてしまった。

2

ブルーと引き立てあう色といったらイエロー。右横のイエローリーフは黄金シモツケ『マウンドゴールド』。

Photo

シモツケは日本原産。だから日本ではどんな場所でも大概元気に育ってくれる。株も暴れないし、ピンクの花まで咲かせてくれるときたら、1株植えてみるしかないでしょう。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2009年4月22日 (水)

砂漠の宝石!

1

植えて3年目になるデロスペルマ『砂漠の宝石』が満開になった。

(このデロスペルマの前の記事はこちら ⇒ 2007年11月2日

ここまで広がるのに、思ったよりずいぶん時間がかかったというのが正直なところだ。

2

まあ、仕方がないのかもしれない。だって、ここのレイズドベッドは超乾燥し易いのだ。そんな過酷な条件に耐えて、これだけたくさん花を咲かせてもらえれるんだから満足。

暑さ寒さに強いし、手間要らず。大きくはびこりすぎることもない。マツバギクと同じ赤紫色だけじゃちょっと面白くないけど、色々な色がある。庭に1株あって良い植物だ。

3

じつは『砂漠の宝石』という品種名も、僕は結構気に入っている。

どうせなら単色ではなくって、2色とか3色とかになるように他の色の品種を植えておけば良かったな。その方が宝石っぽい雰囲気になるし。

今度別の色を見つけたら、買って植え足すことにしよう♪。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (5)

2009年4月21日 (火)

オダマキにクモマツマキチョウが!?

庭のオダマキの花に妙な蝶がとまっているのを発見! 

Photo_3

見慣れぬ蝶だ!

モンシロチョウのわけはないし、スジグロチョウにしては模様が変だし。なんだこりゃ!?

ネットで調べるとクモマツマキチョウの♀っぽい。

クモマツマキチョウは高山蝶の女王とも言われ、蝶好きなら一度は見たいという蝶なんだそうな。(綺麗なのは♂) 富山県と長野県では県の特別天然記念物に指定されているとも。

まさか、そんな珍しい蝶が我が家にやってくるわけないし・・・。う~ん。謎だ・・・。

僕の仮説はこう。

『モンシロチョウがハクロニシキの葉に擬態した。』

だってほらっ、ソックリでしょ。

Photo_2

オダマキのすぐ後ろには、こうしてハクロニシキが植えてあるし。

1_2

大きい小さいは別にして、これは新発見だと思う。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (5)

2009年4月20日 (月)

なかなかやるわい♪

1_2

山吹色のエリシマム『シトローナ』の花がここ数日で、どんどん葉の緑を塗り込めていっている。紫のチューリップとの相性も良いんじゃないかな。

地面から芽を出すやいなや、あっという間に釣り竿を垂らして大量に鯛を釣り上げる、タイツリソウの早業には毎年驚かされる。

ハクロニシキの新芽も綺麗だ。

2_3

ワスレナグサのブルーのワンポイントも良い感じ♪

Photo

いつの間にかオダマキも咲き出していた。

一週間前に庭の花を生けたのが楽しかったらしく、この日も息子は自らハサミを持って庭に出てきた。(その時の記事はこちら ⇒ 4月16日

『また、卵の入れ物に花を飾ろう♪ 今日は何にしようかな♪ パパはどれがいいと思う♪』

『何でも好きなの切っていいよ。』

『この前使ったのじゃ面白くないし・・・。』

『花だけじゃなくって葉っぱも使っていいんだよ。』

『へーっ、そうなの。知らなかった。』

で、できた息子の作品がこれ。

Photo

タイツリソウが目についたらしい。鯛が釣れているように垂らして見せているところがポイントなんだそうだ。葉っぱの方は、新芽が綺麗なハクロニシキとラムズイヤーを選んでいた。

なかなかやるわい。

横のアジュガは先週の残り。他の花はしぼんでしまったが、アジュガだけはピンピン。相当水揚げが良い。こんなことでもしなければ絶対に気がつかない発見だ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2009年4月19日 (日)

クロフネツツジ&アオダモ

今年もクロフネツツジが咲いた。僕の好きなツツジだ。

2

落葉性のツツジであることと丈夫であること。これがクロフネツツジの長所。それから展開する前の葉の色も素敵だ。高くて少々気難しいヤシオツツジに手を出せない人には超お薦め。

花だってこんなに上品。

Photo_3

(このクロフネツツジの去年の記事はこちら ⇒ 2008年4月26日

クロフネツツジの奥、玄関の鉢植えの白い花は、八重咲きのフリージア。ようやく咲いてくれた。品種はベルサイユ。黄色のイボンヌは、咲くまであともう少しだ。

Photo_4

クロフネツツジと同時に咲いた花木がある。

シンボルツリーのアオダモだ。木肌が綺麗であること、落葉樹であること、葉が多過ぎないこと、花が咲くこと。アオダモはこれらの条件を満たす優秀な木だから、シンボルツリーの選定に僕は迷うことはなかった。

あっ、そうそう。野球のバットに使われる木としても有名だった。

2階から見るとこんな感じ。

1

で、下から見上げるとこんな感じ。青空をバックに細かな白い花がとってもさわやか。

2_2

我が家にやってきて4回目の春に、初めて咲いてくれたアオダモ。やっぱり嬉しいなぁ。

だって、ようやく家族の一員になってくれた気がするから。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (3)

2009年4月18日 (土)

鉢植えのサクランボ

鉢植えのサクランボ栽培も3年目。そろそろ大量収穫を狙いたいところだ。

今、我が家にある品種は3種類。手前から順に、紅秀峰、佐藤錦、さおりの3品種。その奥はもう花が散ってしまったスモモ達だ。

Photo

3年目ともなれば、開花の順番も分かっている。サクランボは他の品種の花粉を受粉してあげないと結実しない品種が多いので、実をならすには開花を合わせられるのが大前提。ちなみにこの3品種の開花順は、早い方から、紅秀峰⇒さおり⇒佐藤錦。

鉢植えだと花数も少ないし、ちょっとした開花のズレが命取りになってしまう。でも僕は大丈夫。去年うまく行った方法で、今年も3品種をほぼぴったりに開花させられたのだ。

(去年開花を揃えた記事はこちら ⇒ 2008年4月10日

しめしめ、完璧だぁ♪ と思っていたら、最近は雨続き。受粉ができないじゃないか。降ったり止んだりで、せっかくの花粉が流されてしまうし・・・。

だから晴れた朝には、僕はまず元気な花粉を出している花を探して、超早業で受粉することにしているのだ。

Photo_2

これは紅秀峰の花。サクランボの花は、桜色ではなくって純白だ。

最後の写真はモモの白鳳。サクランボより早く満開を迎えていた。

Photo_2

白鳳は1本の木で実がなるので、受粉の手間はかからない。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2009年4月17日 (金)

ホワイトアスパラ作成装置♪

庭にアスパラガスが出てきたのを見て、息子がホワイトアスパラを食べたいと言い出した。

(去年のホワイトアスパラ作成装置の記事はこちら ⇒ 2008年5月23日

去年は1本ずつ作ったけど、今年はもっと手っ取り早く、一気にホワイトアスパラを作ってしまう方法を僕は考えていたのだ。早速息子と試してみた。

Photo_3

使ったのはダイソーで購入した105円のクズかご。真っ黒なので熱がこもりそうなのが気がかりだ。でもこのクズかごは、うちでは使われていなかったんだから、ここで活躍してもらうに限る。

ちなみにこれは、息子が小学校でドラキュラに扮した時の、シルクハットの材料だったのだ。

さてさてホワイトアスパラの話に戻ろう。

2

4日間ほどこのまんまにしておいて・・・。

さあ、できてるかな? 

通学前の息子と確認してみた。

3

お~っと!

1

できてる、できてる。ちょっと伸び過ぎのもあるけど、美味しそうなホワイトアスパラが♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2009年4月16日 (木)

こんな再利用法はいかが

うちの玄関の扉を開けると、その正面はこんな風。ちょっと壁がへっこんでるのは、絵を飾ったり花を飾ったりするためなんだろう。

何だか他人事のような口ぶりなのは、我が家が建売り住宅だから。

僕も絵は好きで家に何枚も飾ってるんだけど、この場所に良いなって絵にはまだお目にかかっていないのだ。だから普段は造花を飾ってごまかしている。

でも、これからの時期は花を庭からたくさん調達できるから生花が飾られるようになるのだ。

ほらっ、こうして。

1

卵型の器は、土産物のプリンが入っていたもの。なかなかの再利用法だと思う。これはかみさんのアイディアだ。背の低い花でも簡単に飾れる。さすがに目の付け所が良い♪

2

左から1番目と4番目がかみさん作で、2番目、3番目、5番目が息子作だ。結構良い勝負なんじゃないだろうか。

僕が一番気に入ったのは真ん中の奴。息子の作品だ。アジュガのもとに小さなビオラを1輪ちょこんと挿したところが、息子らしい。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2009年4月15日 (水)

3年目のチューリップ

うちの庭もようやく咲いている花が増えてきた。

Photo

手前の白い花はソラマメの花で、奥のオレンジはエリシマム。

そして黄色は、なんと食用のミズナの花なのだ。

Photo

今年になってから植えたので、思ったより葉が茂らずに花が目立つようになった。一方で、株は大きくならなかったので収穫はゼロ。完全に観賞用のミズナとなってしまった。

2_2

年々明らかに小振りになってきているミニチューリップ。僕は気に入ったチューリップの球根は、毎年掘り上げて秋にまた植えることにしている。この赤のミニチューリップは3年目になるもの。

かなり可愛い奴だ。小さくなってしまった分だけ、より魅力的になった気すらする。

狭い庭には普通サイズのチューリップより、こういうミニチューリップの方がずっと良く似合うなあ♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2009年4月14日 (火)

サクラタチツボスミレ

サクラタチツボスミレが咲いた。

3

去年売れ残りの見切り苗を買って植えたので、我が家で花を拝むのは今年が初めて。

(この前のこのサクラタチツボスミレの記事はこちら ⇒ 1月28日)

スミレはパンジーやビオラと同じビオラ属だが、趣きは結構違う。ベタな表現だけど、東洋人、それも浴衣の日本女性って感じかな。

だからスミレが咲いている空間は、あっという間に日本の野山の風景に一変するのだ。

ほらっ、この通り。

1

近くにクリスマスローズが咲いていようが関係なし。圧倒的な存在感。

2

狭い庭に深みや奥行きを出す植物として、やはり僕は山野草を取り入れるのが一番だと思う。もちろん気難しい植物も多いけど、園芸品種以上に栽培が楽な植物もたくさんあるんだから。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (7)

2009年4月13日 (月)

青い花好きにはヘリオフィラ

北関東でも北の方だと、なかなか春爛漫とはいかない。うちの庭はまだまだ早春といった感じだ。

Photo

青い花はヘリオフィラ。数年前から良く見かけるようになってきた南アフリカ原産の一年草。

Photo_3

この綺麗な青い花がアブラナ科だとは、ちょっと信じられない。

基本的に丈夫なのだが、暑くなるとすぐに弱ってしまうのが欠点。(凍っても駄目) 今週はずっと暑い日が続いたからちょっと心配だ。青い花好きの僕としては、もう少し長く楽しませてもらいたいところなんだけど・・・。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2009年4月12日 (日)

銀葉ステルニーの花

ようやくシルバーリーフが綺麗なクリスマスローズ、ステルニーの花が咲いた。

(この銀葉ステルニーの前の記事はこちら ⇒ 3月4日

3

ステルニーは、クリスマスローズの野生種アルグティフォリウスとリヴィダスの種間雑種。

2

花の色はどっちの野生種に似るかで個体間差が大きい。

1

我が家のはどちらかというと、リヴィダスに近いのかな。

結局、花茎は後から2本出てきてくれたので、今年は3本立ってくれたことになる。本には日陰に植えろと書いてあるけど、半日陰でも問題なく育ってくれている。思ったより丈夫だ。

華やかなオリエンタリス系の品種も良いけど、こういう野草っぽさを残した品種も庭にあると落ち着く感じがする。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2009年4月11日 (土)

アスパラガスにびっくり!

昨日の朝のこと。

にょきっと出ていたのだ。アスパラガスの芽が。一昨日には気配すら感じさせなかったのに。唐突に出てきやがった。

2_2

僕は慌ててアスパラ好きの息子を呼びに行った。

『はるく~ん、アスパラが出てたよっ。』

『えっ、ほんとっ! 見る見るっ!』

『早くおいでっ。学校行く時間になっちゃうから。』

『ほんとだぁ。出てる出てる。

 アスパラ、出た出~た♪

 に~わに出てき~た♪

 そ~れがど~した♪

 ・・・・・。

『おおっ、ドラえもんかぁ! うまいじゃん。続きは?』

『・・・・・。行ってきま~す。』

替え歌で息子の成長を実感するなんて・・・。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (10)

2009年4月10日 (金)

黒子のブラックパンジー

この冬に駐車場のコンクリートを剥がして作った花壇は、今こんな風。

3_2

ミニアイリスが終わってしまって少々寂しいが、ちゃんと次の主役達が出番を待っている。まだまだお楽しみはこれからだ。

(ミニアイリスが咲いていた時のこの場所の記事はこちら ⇒ 3月28日

2_2

今、一番目立っているのはこのチオノドクサ『ピンクジャイアント』。ブラックパンジーに囲まれているから余計だ。チオノドクサも据え置きできる丈夫な秋植え球根で重宝する。このピンクの他に白や水色もある。

最後になってしまったが、しっかり黒子役を務めているブラックパンジーのことを、僕はちゃんと認めてあげているぞ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2009年4月 9日 (木)

ルメックス、良いな~♪

道路側から見た今の様子。

1_3

倒れた水色の花はヒアシンス。去年から植えっぱなしだ。

大輪のヒアシンスは豪華で良いんだけど、花の重みに耐えかねてすぐに倒れるのが困りもの。昔ながらの一回り花が小さい品種の方が使い易いと思う。

Photo

でも、大輪だって花の香りが良いのは変わりない。1ヶ月近くも良い香りを辺り一面に漂わせてくれるんだから素晴らしい。

春に良い香りを楽しませてくれる花といえば、ジンチョウゲ、ウメ、スイセンが筆頭だろう。じつはヒアシンスはこれらの花よりも花期が長い。つまりもっと長い間香りを楽しめるってこと。もっと使われて欲しい花だ。

2_3

真ん中の一際存在感を示しているカラーリーフはルメックス。雑草のスイバの仲間だ。スイバと同じように食べられるそうだが、この模様ではちょっと食べる気ににはなれない。

3_3

見る分には、かなり素敵な模様だ。

このルメックス、暑さ寒さに強い超丈夫な植物。こちらもスイセン同様もっと使われて欲しいものだ。でも僕がこんなこと言わなくても、間違いなくこれからもっとあちこちで見られるようになると思う。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (8)

2009年4月 8日 (水)

疑惑のシロモッコウバラ

写真は、植えてから3回目の春を迎えた八重咲きのシロモッコウバラだ。

1_3

モッコウバラの優れたところは、トゲがないのと病気に強いこと。そして八重のキモッコウの満開時の見事な花着き。ほぼ放任栽培で誰もが満足感を味わえるところが素晴らしい。

だから最初は僕もキモッコウを植えてみようと考えたのだ。でも、八重のキモッコウには香りがないが、シロモッコウには香りがあると本や雑誌に書いてある。そりゃ~、シロモッコウの方が良いと思うのが人情。で、結局僕はシロモッコウを植えることにしたのだ。

ところが翌年、僕はあることに気がついてしまった。

どうもキモッコウみたいな満開の姿にはなりそうもないってことを。そしてあらゆる図鑑や本、雑誌を見て、満開のシロモッコウの写真を探してみた。

結果は、花の拡大写真はあっても、全体を写した満開の姿はただの1枚も見つけられなかった。その理由は書くまでもないだろう。そう、おそらくキモッコウのような姿の満開の写真を誰も撮れていないからなのだ。原因は節間の長さ。シロモッコウはキモッコウより節間が長いためにどうしても花が疎に見えてしまう。さらになんとなく花数も少ない気がする。

シロモッコウの真実は伝えられていない。けっしてキモッコウの白花だと思ってはいけない。

これが僕の現時点での結論だ。

ちなみに2回目の春だった去年も良い感じにはならなかった。いよいよ3度目の正直。十分に株も大きくなった。剪定も完璧だった。もし今年満足できなかったら、人事異動を考えちゃうぞ。

今の蕾の様子。

2_3

そして枝ぶり。

3

シロモッコウよ。今年こそキモッコウにライバルだと認めてもらえるようになってみせろよ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (10)

2009年4月 7日 (火)

ジャガイモの袋栽培

今頃になって気がついたんだが、どうも息子の小学校ではジャガイモ栽培をやらないらしい。

それはまずいでしょう! だってジャガイモほど簡単に育てられて、短期間で収穫の喜びを実感できる植物は他にないんだから。

ってなわけで、今年は我が家でジャガイモを育てることにしたのだ。でも、ただ植えるだけじゃ面白みに欠ける。そこで僕自身も試したことがない袋栽培をやってみることにした。

Photo

せっかく袋の片面には印刷がないんだし、息子に絵を描いてもらうことにた。何を書くかと思ったらポケモン。息子はポケモンに夢中なのだ。

2

話の流れで、何でだか僕までポケモンを描くことになってしまった。ポッチャマとフカマルは僕が描いたもの。残りの3匹が息子作。

袋の準備ができたところで、お次は種イモの準備。品種は、左がサッシーで右の紫皮のがジャガキッズパープル。

3

もちろん息子お気に入りの包丁も登場。

4

種イモはよく縦半分に切るって言われてるけど、今回は芽がたくさんある部分をあらかじめ切り取って、芽数を減らしておくことにした。今回は1袋に1品種ずつ植えるだけだから。どうせ芽は2本だけ残して、あとは抜き取ってしまうんだしね。

土作りは僕の仕事で、息子は土入れ。

5

種イモはこの日は植えずに切り口を乾燥させてっと。

6

2日後に種イモを植え付けて定植終了♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (9)

2009年4月 6日 (月)

とっても楽しそうな植物

この2株は、赤ソラマメの比べるための普通のソラマメ。

Photo

残念ながら同じ大きさではなく、まだかなり小さい。花が咲くまでにはまだまだ時間がかかりそうだ。

その奥にツンツンでてきた芽は斑入りのギボウシの芽生え。

Photo_2

僕の目には何だかとっても楽しそうに見える。

春だもんな~。植物もうかれて当たり前。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2009年4月 5日 (日)

赤ソラマメ開花♪

桃と同じ時期に初花を咲かせた植物は他にもあった。

2

それは赤ソラマメ。

花のアップはこちら。

1

花はほとんど普通のソラマメと変わらない。ちょっと色が薄いような。肝心のマメの方は、一体どんな感じなんだろう? そして味の違いは?

う~ん、楽しみだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (3)

2009年4月 4日 (土)

驚き桃の木桜の木

僕はほぼ毎年、3月下旬から4月上旬にかけてアメリカに出張する。ということはすなわち、サクラを見逃すことが多いということになってしまうのだ。

日本人のDNAがそうさせるのかどうかは知らないが、僕は年々確実にサクラ好きになってきている。でもサクラはあっという間に散ってしまうし、この時期のアメリカ出張は結構辛い。もし時間を止められたら。本気でそう思うのが常だ。

今年のサクラの開花は例年より早かったので、僕は出発前から満開の姿は拝めっこないと諦めていた。もちろんこれは、帰国した時の心のダメージを最小限に抑えるための自己防衛術。

さて、成田空港には夕方到着。薄暗がりの車窓に映るサクラは、もうとっくに満開を過ぎ、梢の白い花の彩りはわずか。じきに葉桜になりそうな雰囲気だった。

やっぱり間に合わなかったか。僕はひとり窓に向かって呟くしかなかった。

ところがだ。翌日僕を驚かすことが待っていた。なんとサクラはまだ咲き始めだったのだ。僕の出張中にずっと寒い日が続いていたために、サクラの開花はほとんど進まなかったらしい。予想外の幸運な出来事に驚いた。

とうとう時間を止められたのだ♪

妄想の世界で僕はこう結論づけることにした。

2_2

サクラ同様、庭の植物も思ったよりも変化が少なかった。その中でも一番変化していたのが鉢植えのモモ。まだほとんど膨らんでいなかった蕾が、もうこんなに色づいていた。

そして咲いたばかりの第1花。

1_2

品種は1本で実がなる白鳳。今年は、去年より大きくって美味い実をならせてみせるぞ。数の目標は5個だ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2009年4月 3日 (金)

最後の晩餐+α

パパのアメリカレポート5

海外出張で一番気をつけなければならないことといったら、もちろん体調管理。だから食事にも気を使う。でもこの日はアメリカでの最後の夜。ついつい僕は強気になってこんなものを注文してしまった。

Photo

うわ~っ! 想像以上の大きさだぁ♪

翌日は飛行機に乗って帰るだけだし、もちろんペロリと完食。

そして翌朝は元気にサンフランシスコ空港に向かう帰路についた。

Photo_2

さすがに朝食は軽めにしたので、空港での最後のランチはお気に入りのこれ。

Photo_3

2年前にも食べたパンに入ったクラムチャウダーだ。ここでお腹を膨らませておけば、飛行機の中でぐっすり眠れる計算。そして時差ボケ解消の切り札、ビールも。僕にとっては美味しいビールが睡眠導入剤なのだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (10)

2009年4月 2日 (木)

これはお買い得?

パパのアメリカレポート4

園芸売り場に近い入口には吊り鉢と寄せ植えが目立つように置かれていた。

7

日本と違ってアメリカでは、こういう商品が人気なのだ。

8

寄せ植えは1300円で吊り鉢は1500円。この程度でこのお値段はちょっと納得いかないなぁ。

(2年前のロウズのレポートはこちら ⇒ 2007年4月22日

駐車場に面した目立つ場所にはこんなものも置かれていた。

9

子供向けの遊具だ。

10

色々な遊びができそうな優れもの。

20

これだけの遊具でこのお値段。なかなかお買い得だと思う。

もっとも日本では、たとえ買うことができたとしても置くスペースはありっこないんだけどね。幼稚園とか保育園用と聞けば納得できるけど、これが自家用だとはねぇ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (3)

2009年4月 1日 (水)

アメリカのホームセンター園芸売り場

パパのアメリカレポート3

この日はホテルにチェックインする前にホームセンターに寄ってみた。ロウズというホームデポ、ウォルマートと並ぶアメリカ3大チェーン店のひとつだ。ロウズはこの中で園芸売り場に一番力を入れているのが特徴。

植物を置いているエリアはこんな感じ。

1

残念ながらここでは取り立てて変わった植物にはお目にかかれなかった。

でも店内の売り場ではちょっと面白いものをいくつか見つけることができた。まずはこれ。

2

こども用に巨大スイカと巨大カボチャの苗を育てさせる栽培キットだ。中にはこうしてジフィーポットとタネが入っている。

3

お値段は90円。良いところを突いた価格設定だと思う。実際、僕が興味深げに見ている最中にも、親子連れが買っていったから。

僕も息子のお土産として買いたくなったが、巨大スイカと巨大カボチャを植える場所が我が家にはないので、諦めた。

もうひとつはこれ。

5

土壌分析キットだ。

4

pHだけでなく、窒素、リン酸、カリの3大要素を簡単に測定できる優れものだ。日本より土壌条件が悪いアメリカで、地植え植物を上手に育てるには必須アイテムなんだろう。

お値段1500円。少々お高い。もっとも植えた植物がまともに育ってくれなかった時のことを考えると、安いとも言える。

最後に、僕が買いたくなってしまったものをご紹介。

6

このカエルの置物。

色使いと表情が良い感じ♪ 2000円払ってでも自分のお土産として欲しくなってしまったのだ。隣のポットは要らないけどね。

この置物が馴染むコーナーを作ることを考えるだけでも楽しくなる。まさに難しいゲームに挑戦する時の気分。

でも、トランクには入らないし、割れたら何にもならないしで、泣く泣く今回は諦めることにした。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (1)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »