« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

フキ味噌大作戦♪

毎年恒例のフキ味噌を作るため、大きく膨らんだ秋田フキのフキノトウを息子に採ってもらった。

1_3

『根元から上手に採ってよ。はるくんの好きなフキ味噌にするんだから。』

『わかってるよー。パパこそちゃんとおいしく作ってよ。』

『当ったり前じゃん。だから、ぜったいに飽きたなんて言うなよ。』

『言うわけないよー。大好きなんだから。』

『それなら、よしっ! ところで、このフキの名前は何だっけ?』

『秋田フキでしょ。』

『あっ、今、飽きたって言ったぁ!』

『・・・・・。パパ、ズルイ。ひどいよ。そんなのインチキ。』

『どうだ、参ったか。』

『参るわけないっ! そんなら、こうしてやるっ!

か~め~は~め~波っ!』

2_3

『うわ~。吹き飛ばされた~。』

*********************

フキ味噌好きの息子にフキ味噌の下ごしらえを頼んだら、まんまと乗ってきた。

(しめしめ。)

3

お気に入りの子供用包丁では良く切れなかったので、この際だから大人用包丁に挑戦させたら、あっさり納得。僕に似て臆病者の息子にしては、凄い積極性だ。食べ物で釣るのは効果的。

(再び、しめしめ。)

4

もちろんフキ味噌は僕が作った。でも、来年は全部息子にやらせてみるつもり。

(ふっ、ふっ、ふっ)

こうして今年も、庭で採れた春の味覚を家族で楽しむことができたのだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (5)

2009年2月27日 (金)

ブルーベリー栽培のコツ

次の写真は、な~んだ?

2_2

赤トンボのわけはなくって、ブルーベリー。

ブルーベリー栽培で、僕は大きな疑問をひとつ持っていた。それは期待したほどに花数が増えないってこと。庭に地植えして3年目の去年も、花はそれほど多くならなかったからだ。

土も肥料も日あたりもちょうど良いはずなのに・・・。

となると、思い当たる節はただひとつ。

水やりだ。

1シーズン前までの僕は、確かに現金な男だった。収穫までは可愛がるけど、収穫後には君子豹変。それまであんなに気をつかって水をやっていたくせに、ある日を境に一滴も水をあげなくなっていたんだから。花数が少ないのはきっと乾燥ストレスのせいだろう。

悔い改めた僕は、昨年の収穫以降はそれこそ人が変わったように真面目に水やりをした。その結果がこれ。

1_2

昨年までとは比べ物にならないぐらいの花芽の数。まめな水やりのお陰だ。

ブルーベリーは水を切らしてはいけない。

これは本当。

こんな簡単な栽培のコツをつかむのに3年もかかってしまった。お恥ずかしい限り。でも僕は懲りずに、楽しい自己流園芸を続けるつもりだ。

園芸は、仕事や勉強じゃなくって遊びなんだから。楽で楽しいのが一番。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映される仕組みです。今日もポチッとお願いします。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2009年2月26日 (木)

えっ、これが2年目!?

これは、去年、横山ナーセリーからやってきた八重のピンクスポットだ。

1

開花2年目だというのに、この花数。数えてみたら、花茎は12本!

2

クリスマスローズが2年目でこんなにも花を咲かせてくれるとは知らなかった!!

ちょっと感動もの!!!

だって我が家の残り7株のオリエンタリスでは、こんなことはなかったから。

西日が当たらない日向に植えたのが良かったんだろうか?

いやいや、この株が特別優秀なのだ。きっとそうに違いない。超得した気分♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2009年2月25日 (水)

許せ、こんな場所で

ルーセブラックも咲き出した。

この渋い色合いを写真で表現するのはなかなか難しい。

2

案の定、ちょっと赤っぽく写ってしまった。でも今日のところはこれで良いのだ。バックの様子も撮りたかったんだし、次の写真の方が重要だから。

1

僕は何と排気ガスの直撃を受ける場所にクリスマスローズを2株植えてしまっているのだ。せっかくのルーセブラックをこんな場所に植えてしまい、ちょっと申し訳ない気もする。

許~せ、ブラック!

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2009年2月24日 (火)

胸を張って、顔を上げて

下の写真には、3株のクリスマスローズが写っている。

3

真ん中は、我が家で一番早く咲き、そして一番の大株。

右端には、今年久々に咲いてくれたルーセブラック。

左端は、去年横山ナーセリーからやってきたクリーム色。ところがこの品種だけ、少々様子が異なるのだ。

2

ほらっ、うつむかずにまっすぐ胸を張って前を見ている。仲間と違った行動をとるこのクリスマスローズは、少々変わり者なのかもしれない。でも、僕も見習おう、この姿を。

うつむくのは何か失敗した時だけで十分だ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2009年2月23日 (月)

ミッキーカクタス!

親子3人でディズニーランド。我が家では毎年1~2月の一番すいている時期を狙って、ディズニーリゾートに出かけることにしている。去年はシーだったので、今年はランドの番だったのだ。

1

当然すいているかと思いきや、なぜだかこんなに込んでいた。

順番待ちの楽しみは、隠れミッキー探し。もちろん息子と競争。

3

ビッグサンダーマウンテンの近くのサボテンを見上げていた息子が、突然大声で叫んだ。

『あった! あそこに! 隠れミッキー、見っけ!』

『どこ? どこ?』

『あそこの先っぽだよ。ちゃんと耳がついてるじゃん。』

2

『ああ、あれかぁ! 確かに、ミッキーっぽい!』

『そうでしょ!』

ぼくらの声を聞きつけて、周りの子供達がみんな、隠れミッキーだと叫び始めてしまった。

これが本物の隠れミッキーか真偽の程は分からないけど、周りの子供達みんなが認めてくれたんだから、本物だということにしておこう。

これぞ、ミッキーカクタス!

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2009年2月22日 (日)

春のしるし

雪が解け、風も止み、穏やかな日曜日。久々に2階から写真を撮ってみた。

Photo

シンボルツリーのアオダモの芽もまだ固いまま。ヤマボウシもそうだ。ヒメコウライシバも茶色のまま。

でも、今年の暖冬下で立春から2週間以上も過ぎれば、春のしるしが我が家でもあちこちに見られるようになった。上の写真の中央上部の花壇に近づいてみれば・・・、

Photo_2

チューリップの芽がいつの間にか顔を覗かせていた。この芽を見ると春が来たって気になる人は、結構多いんじゃないかな。

チューリップとアサガオ。幼い頃に自分で育てた植物の記憶って、とっても素敵だと僕は思う。この歳になっても、チューリップの芽が地面から顔を出した時、そして葉の中に蕾を見つけた時、緑だったはずの蕾が綺麗に色づいて花を咲かせた時、不思議とその頃の感動が蘇ってくるから。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (10)

2009年2月21日 (土)

雪が降ったらこの写真♪

昨日、やっと雪が降った。庭がここまで白くなったのは、この冬初。

Photo

でも朝は雨になってしまったし、午後にはほとんど解けてしまった。結局、庭や家の前で一度も雪遊びできずに終わりそうな息子は、かなりのおかんむり。

僕が栃木県に来てからもう20年が経つけど、こんな暖冬は初めてだ。

息子と違って、僕はこのぐらい雪が積もってくれれば大満足。だって冬に一度は撮っておきたい写真が撮れるから。

Photo_2

うつむいたクリスマスローズと白い雪。

出勤前の達成感♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (8)

2009年2月20日 (金)

マジカルミラクル剪定

スペイン出張前に慌てて片付けたことがある。

1_2

それは『マジカルミラクルローズ』の剪定。

僕は赤いローズヒップが鳥に全部食べられてしまうまで、剪定しないことにしているのだ。

2_2

2月初旬、赤い実はすべて食べられてしまったし、今年は暖冬でバラの芽も動き出す気配があったので、慌てて剪定とあいなった。

Photo

あっという間に剪定終了。

簡単なことなのに、ついつい先延ばしにしてしまう自分の性格を少しだけ反省。

と、思いながらも、土の入れ替えは時間が無いのでパス。肥料を入れるだけの手抜きで終わらせてしまった。土は来年ということで。あ~あ、進歩ない。

まあ、園芸は楽しんでやることだし、義務感が大きくなってしまうのに僕は反対だから、これで良いのだ。♪。

ちなみに左のフェンスには、『淡雪』が絡ませてある。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2009年2月19日 (木)

秋田フキのフキノトウ

今年は春が早い。それもかなりだ。2週間以上早いんじゃないだろうか。庭の植物の生長具合を去年と比べてみると、そうとしか言えないのだ。

写真は、スペイン出張前に撮ったもの。

2

秋田フキのフキノトウだ。秋田フキは葉っぱだけじゃなく、フキノトウも巨大サイズ。普通のフキノトウの2倍以上ある。

(去年のこのフキノトウの記事はこちら ⇒ 2008年2月28日

去年僕が作ったフキ味噌を気に入ってくれた息子にこう教えて上げたのだ。

『はるくんの好きなフキ味噌になるフキノトウが出てたたよ。探してごらん。』

『ほんとっ? どこ、どこ?』

『去年出てた場所だよ。』

『あぁ、あそこね。』

『そうそう。』

『・・・・・。パパぁ、見つかんないよー。ちゃんと出てんの?』

『しっかり出てるって。』

『・・・・・。良く探してもないよー。』

『あるって。』

『どこか教えて。』

『ほら、ここに。』

『えっ! 去年と同じ場所じゃないじゃん。これじゃあ、見っけらんなくたってしょうがない。』

『・・・・・。』

1

息子の言い訳はわからんでもない。確かに去年はキンメツゲの向こうに可愛い頭を突き出していたのに、今年はこっち側に出てきたんだから。何と1年で北に40cmも移動したのだ。

そこで僕は気が付いてしまった。凄いことに。

きっとそうだ。

秋田フキは故郷に帰ろうとしているに違いない。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2009年2月18日 (水)

銀葉ステルニー

僕が去年一目惚れして買ったクリスマスローズがある。数ある株のなかでも、一際綺麗なのを強奪するような形で手に入れたものだ。それも蕾は見えていたが、花はまだ1輪も咲いてもいなかったにもかかわらずだ。

2_4

なぜかと言えば、僕の乏しい語彙ではどうにも表現できない美しさの葉色に、心奪われてしまったから。

それは銀葉ステルニー。オリエンタリスの親となった野生種とは異なる野生種同士の種間雑種だ。

(去年買った時の記事はこちら ⇒ 2008年2月27日

1_4

それほどの株だから、本当は一番目に着く場所に植えてあげたかったんだけど、暑さに弱いと知り、弱気になって家の東側に植えることにした。

3_2

高貴なというか、艶かしいというか、はたまた・・・。

まあとにかく、僕はこいつにくびったけなのだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (5)

2009年2月17日 (火)

らんらんランチ♪

スペインは食事の時間が日本とかなり違う。昼食は2時頃で、夕食は9時以降が一般的だ。そして昼食が一番豪華なのだ。だから出張中の昼食は楽しみ。ついつい張り切って食べ過ぎると、あとで後悔することになるんだけどね。

この日の昼食はこのレストラン。

8

店に入るといきなり肉やソーセージがドーンと。

6

これを釜で焼いて出すのがこのお店の売り。

7

スペイン南部のレストランはだいたいこういう農作業の風景画を飾っているんだそうな。でも僕は絵よりも、横のワインの方が気になってしまった。

1

さて、最初はオリーブたっぷりのサラダ。さすがにこれだけは2人分。

2

お次は魚介のスープ。

3

メインはこれ。入口で見た肉達。

4

最後のデザートもこのボリューム。

5

生クリームの入った小さなシュークリームにカスタードソースをかけ、その上からビターチョコレートをたっぷりと。

Profiterolesという名前のデザート。こちらでは一般的らしい。

さで、になるお値段だが、このフルコースで、なんと10ユーロ也。

お見事!

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2009年2月16日 (月)

菜の花かと思ったら・・・

まずは昼食をとったレストランにあった多肉植物の寄せ植え。

Photo

う~ん、何ともアバウトな。ラテン系のノリだということにしておこう。

このレストランへの道すがら、僕は一面に広がる黄色い花に気を取られていたのだ。

1

菜の花?

いや、絶対に違うぞ。

でも残念ながら、車からでは何の花か良く分からなかった。そこでレストランからの帰り道に車を止めてもらって確認することにしたのだ。

2

答えはオキザリス。

謎は解けてすっきりしたんだけど、みんなこのオキザリスに全く興味を示さないんだ。こちらでは日本でのムラサキカタバミみたいな存在だからだろう。ひょっとしたら、カタバミぐらいにやっかいな存在なのかもしれない。

結局、車から降りたのは僕ひとりだけ。見知らぬ土地でのこういう状況では、こんな不安な気持ちが高まってしまう。道端でひとりオキザリスを眺めながら・・・、

絶対に置き去りすんなよ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2009年2月14日 (土)

ウチワサボテン

アーモンドの木のそばに何株かウチワサボテンがあった。

1

ちょうど赤い実がたくさんなっている時期だった。

屋敷のある敷地の片隅に何株か植わっている様子は、日本での柿の木を思わせる。

2_3

おいしそうに熟した実・・・。

3

この穴は鳥が突っついた痕。一番美味しい実は鳥に食べられてしまうところもますます柿に良く似ているな、などと考えていたら、どこかからこんな声が・・・。

『こらっ! 何サボってんだっ!?』

『うちは、サボってへん。』

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2009年2月13日 (金)

アーモンドが満開♪

ただいま僕はスペイン出張中。

スペイン南部は今、アーモンドの花が満開だ。

Photo

ウチワサボテンが隣に生えていると、何だか違和感を覚えるの僕だけだろうか。

花の雰囲気は、桜や梅というより桃に似ている。

3

近くで見ると、結構可愛げのある花。

ふと耳を澄ませば、蜂の羽音が盛大に聞こえてきた。

2

おーっ、働いている。働いている。

花粉をズボンのポケットにパンパンに溜め込んだ蜂が、まだ足りないとばかりに欲張っていた。

お次はややピンクの花のアーモンド。

5

雲ひとつない青空を背景にして眺めると、これもまた何とも言えず良いものだ。

4

アップで見ると意外に花色は薄く、日本人好みのほんのり桜色だった。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (5)

2009年2月12日 (木)

ミニアイリス達

秋植え球根達の動きが活発になってきた。

2_3

手前は、秋にコンクリートを剥がして花壇にしたばかりの場所。

1_3

駐車場としてのスペースは変わらないから、この黒パンジーまでは車のトランクの下だ。当然すぐ横の球根の芽がたくさん出ている場所も、条件は同じだってことになる。

3

車の底をこすらない程度の草丈で、安くて存在感のある花として僕が選んだのは、ミニアイリス。2品種をミックスで植えてみた。

ふっふっふっ。

満開を想像すると思わずにやけてしまう。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2009年2月11日 (水)

フリュイテ

『フリュイテ』の新しい職場はこちら。

2_5

去年の鉢よりは2回りは大きいし、土も良いはずだし、きっとのびのびとたくさんの花を咲かせてくれることだろう。

1_7

手前のクリスマスローズは、横山ナーセリーの八重咲き品種。開花株を去年地植えしたばかりなのに、こんなに花茎が立ってきた。嬉しい誤算だ。

『フリュイテ』の異動先は、なかなか良い場所。

だって去年はこんな感じだったんだから。

Photo

(この写真の記事はこちら ⇒ 2008年5月17日

でも、残念ながら今年はだいぶ様子が異なってしまうはずだ。

Photo_3

真ん中のカリフォルニアライラックがスカスカになってしまったのだ。夏に一度剪定したんだけど、切り詰め方が甘くってすぐに歩く時に邪魔になり、再度剪定したのだ。そうしたらもう芽が吹いてこなかった・・・。

今年は満開の姿を拝めなそうにないし、『フリュイテ』との共演もさえない感じになりそうだ。

最初に強気に剪定できなかった自分を反省・・・。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2009年2月10日 (火)

禅ローズ・志野

日曜日、僕は放ったらかしにしてしまっていた禅ローズ『志野』をようやく植え替えることにした。

和の色彩、強香、高芯剣弁咲、花着き良、と来れば、僕の要望をほぼ満たしてくれている。しか~し、残念ながら黒点病にはやや弱いらしく、雨の当たらないところで育てた方が良いとのこと。

そんな場所は我が家には玄関ポーチしかない。ただそこは、息子が自分で選んだ『フリュイテ』の指定席。でも、庭の人事権はすべて僕が持っていることを良い事に、『フリュイテ』を庭に異動させ、新人の『志野』を玄関ポーチに配属することにした。

Photo_2

真ん中の『フリュイテ』を左の白い鉢に植え替えて、『志野』を真ん中の鉢に植え替える玉突き人事だ。白い鉢にはもともと『アルテシモ』が植わっていたんだが、分枝性が良くなく背が高くなるので鉢植えは諦め、既に壁際に異動してもらって地植えにしてある。

『アルテシモ』は壁際族ってわけだ。

1_6

着任前に剪定を済ませた『志野』。人目につく玄関で、ちょっと緊張している様子だ。

真ん中の鉢は、毎晩玄関に取り込んでいる八重咲きのフリージア。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (8)

2009年2月 9日 (月)

お久しぶりのルーセブラック

お久しぶりのこのアングル。駐車場のコンクリートを剥いで作った花壇第1号だ。

3_3

下2段は車のトランクの下になってしまうため、一番下はチャボリュウノヒゲ、真ん中は這い性のコニファーを植えてある。そして車の下にならない一番上の段に、5株のクリスマスローズが植えてあるのだ。

4

ここには2品種を並べて。手前は去年2年振りに咲いた白の品種。奥はたぶんあの品種だと思うんだけど、なぜか2年続けて花を拝むことができなかったのだ。

鉢植えで根詰まりを起していた株を地植えにすると、翌年咲かなくなることがあるとは聞いていたが、さすがに2年続けて咲かないとヘコむ。

それが3年ぶりに蕾をつけてくれたのだ。

2_6

このアングルでは手前の株。

Photo_4

この蕾の色。やはりあいつに違いない。

黒花品種として一世を風靡したルーセブラックだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (7)

2009年2月 7日 (土)

春二番花

2月7日土曜日、晴れて穏やかな日。息子がまだ本調子でないことを良いことに、僕は庭いじりにいそしんだ。

まずはホースでたっぷりと水やり。それから先週の突風で我が家にふき溜まった落ち葉拾い。

ふと前を見ると、この1週間で一気に頭をもたげ始めたクリスマスローズが。

2

品種名が分からなくなってしまったアズキ色の品種。我が家で一番の大株だ。(このクリスマスローズの前の記事はこちら ⇒ 1月31日

1

どうやら春二番花はこの品種になりそうだ。去年手に入れた4品種よりも先に咲いて、先輩の意地を見せつけたってところかな。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2009年2月 6日 (金)

春一番か?

春一番か?

春の突風のことではない。花のことだ。

僕は我が家で春最初に咲く花を、春一番花と呼んでいる。パンジーやビオラのように秋から咲き続けている花は該当しない。また、生産者の温室で促成栽培されて花を咲かせたようなものも駄目だ。

だからこれまではクロッカスが、春一番花だった。

ところが今年は、クロッカスより早く咲くものが現れたのだ。

1

そいつの名は、スノードロップ。

2

控えめにうつむく姿がなかなかよろしい。晴れると少々気が大きくなるのか、リラックスして花を膨らましたりするところもあったりして可愛い奴。

さて、1輪の花は何日ぐらいもつんだろうか・・・。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2009年2月 5日 (木)

キング オブ キング

2月1日、庭いじりをしていた僕の足元で何か生き物の気配がした。

2

えっ、まさか。ほんとに!?

1

呆然とした僕を尻目に、トノサマバッタが元気良く跳ねて逃げていったのだ。

3

おいおい、今日は2月1日だぞ。トノサマバッタって冬にみんな死んじゃうんじゃなかったのか? 

それにしても、一体どういうことだ。キリギリスじゃないけど、お前が生きていたらイソップの童話が成立しなくなっちゃうじゃないか。

(前にこのトノサマバッタに出会った時の記事はこちら ⇒ 2007年12月20日

息子に見せたかったのだが、彼はあいにく布団の中で臥せっていたので諦めた。

4

アップだと時期が分からないので、引いた写真も。左のオリエンタリス系のクリスマスローズに茶色い蕾が上がってきているので、正真正銘、今の時期だと分かってもらえると思う。

そして僕は敬意を表してこのトノサマバッタを、キング オブ キングと名付けたのだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2009年2月 4日 (水)

いつもの計画倒れ

2月1日、日曜日。とっても風の強い日だった。

家の北側のコニファーが倒れてしまった。

2_2

植えて3年、初めてのことだ。品種は、『ブルーアイス』(アメリカイトスギ)。リビングの北側窓から一年中何とも表現し難い素敵な葉色を楽しませてくれている。それに我が家のクリスマスリース作りでも活躍してくれる重宝な奴だ。

(クリスマスリース作りの記事はこちら ⇒ 2007年12月7日

さらに車のタイヤカバーまで裂けてパックリ口を開けてしまった。

Photo_2

その上、息子がインフルエンザでダウン。ちゃんと2回予防接種してたのに・・・。

僕はといえば、午前様の影響でお疲れモード。

でもせっかくの晴れた日曜日。やらねばならぬ庭仕事。まだ植えられていない苗が結構残っているんだから。当初の計画より、もうなんと2ヶ月遅れ。1年の1/6も遅れてしまったってことだ。買っただけでついつい安心してしまう自分の性格が恨めしい。

息子が寝込んでいる今日がチャンス。

久々、3時間みっちり集中して庭いじりができた。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (5)

2009年2月 3日 (火)

心の花園

1月31日はほんとに慌しかったけど、その分充実した日になった。

色々な場所に行ったし、色々な人に会った。もちろん色々刺激を受けたし、色々勉強になった。園芸や植物の魅力、そして僕の立ち位置も再確認できた。良い一日だった。

仕事の内容を書くわけにはいかないので、ひとつだけ。

偶然にも最初の訪問先が母校(大学)の近くだったので、3年ぶりにキャンパスに足を踏み入れてみたのだ。良い思い出ばかりが詰まった緑多いキャンパス。天気が悪くって、雨も風もひどかったんだけど、僕には春爛漫の空間に感じられた。きっと僕を立ち直らせてくれた場所だからだろう。

ひとりそんな感傷にふけりながら中庭を歩いていたら、目の前の当時と変わらない図書館がにじんでしまった。

この日のお目当ては僕が入り浸ったサークルの部室。そこで僕の半分以下の年齢の後輩達と待ち合わせをしたからだ。

部室に入って最初に目に留まったのが本棚。20数年前、さんざんお世話になった植物の図鑑達が同じ場所に並んで僕を待っていてくれた。今度は日に焼けた背表紙がにじんでしまった。

やはり僕の第2の故郷はこの部屋、このキャンパスだ。

Photo

誰がいつ描いたんだろう。部屋を出た僕は、ドアに張られた見慣れぬクリスマスローズに向かって心の中で頭を下げた。

『ありがとう。これからも後輩たちを頼むよ。』

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2009年2月 1日 (日)

嬉しや、パソナO2

パソナO2は地下2階にある。エレベーターを降りると、まずアサガオがお出迎え。

4

そして花壇。

5

花壇の奥の部屋は・・・

なんと田んぼ。

2

田んぼを抜けると・・・

7

トマトの木を見上げる部屋が待っていた。

3

さらにガラス戸の向こうはバラ園ときたもんだ。

手前の部屋はティーラウンジ兼イベントルーム。もちろんこの部屋だって植物で飾られている。写真を撮り忘れたが、植物工場もあった。

説明したくなるようなことは色々あるんだけど、嬉しい空間だったと言うだけにしておこう。先入観を持たずに行った方が絶対に楽しめると思うから。

ガイドの方の説明に耳を傾け、太陽を知らずに育った植物達の様子を見ながら物思いにふける。幸せな時間を過ごせること請け合いだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

人気ブログランキングへ ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (8)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »