« ヤマボウシ紅富士1 | トップページ | ヤマボウシ紅富士3 »

2009年1月 9日 (金)

ヤマボウシ紅富士2

紅富士の話の続きだ。その前にまず、この紅富士についての最初の記事を ⇒ 2006年6月28日

まあ確かに、紅富士を買って庭に植えたまでは良かったのだ。かみさんはやっぱり枝振りがちょっととか、葉が枯れたような感じに見えるのが嫌だとか、最初から庭に植えてあった白のヤマボウシの方がずっと良いわとか言ってたけど、僕が気に入ったんだから問題ナシ♪ そうなるはずだった・・・。

しか~しだ。2006年の夏まで付き合ってみて、僕にもちょっと気になることがあったのだ。

それはアブラムシの多さ。葉の裏に緑色の奴らがビッチリと。僕だって植物のプロだから、他の庭の木も観察して比べてみた。その時分かったことは、同じ頃に植えた香りバイカウツギの方がもっとアブラムシにたかられていたということ。さらに香りバイカウツギにはツメダニにまでたかられていたということだ。それこそツメダニの奴は香りバイカウツギだけにたかっていた。だから僕は香りバイカウツギに腹を立てていたのだ。だって僕は殺虫剤を頻繁に撒いてまで植物を育てる根性は持ち合わせていないから。

(この香りバイカウツギの記事はこちら ⇒ 2006年6月24日

そんなこんなで、2006年には僕はまだ紅富士には愛情たっぷり。何てったって3万7000円もつぎ込んで買ったのだ。アブラムシが多いのは、たまたまだと思っていた。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

|

« ヤマボウシ紅富士1 | トップページ | ヤマボウシ紅富士3 »

パパの日記2009」カテゴリの記事

花木」カテゴリの記事

コメント

う~ん、大いに待った!!の状況らしい・・・?私も消毒は苦手です。それと37000円は私には痛すぎます。よ~く検討させていただきますね。続き待ってます。

投稿: hana | 2009年1月 9日 (金) 10:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤマボウシ紅富士1 | トップページ | ヤマボウシ紅富士3 »