« バラの人事異動構想 | トップページ | 秋バラの誘惑 »

2008年12月11日 (木)

伽羅奢(ガラシャ)

禅ローズの伽羅奢については、植える場所だけは決めてあったのだが、植えられる状態にするまでが大変だった。だって駐車場のコンクリートを剥がして花壇にするという大仕事を終わらせなければならなかったから。

そんなこんなで定植が遅れ、植えた時には葉が黄色くなってしまっていた。

1_4

(この場所を花壇にした時の記事はこちら ⇒ 11月26日

08gracia1禅ローズ3品種の中で僕が最も期待しているのが、この伽羅奢なのだ。だって一重咲きでローズヒップも楽しめるし、四季咲き性だし、病気に強いし、小型のランブラーだし、おまけに花色も日本人好みの優しい色ときている。それにかみさん好みのバラだっていうのも重要なポイント。こう言い切れるのは、バラに関してはかみさんと僕の趣味が一緒だから。でもなぜか息子は高芯剣弁咲きのバラらしいバラが好きなんだけどね。

2_3

僕の計画では、ポストの上を超えて門柱の電灯のところまで蔓を誘引するつもりなのだ。そうすればその後この門柱はバラで覆われるに違いない。なんだかかなり良い感じになっちゃうんじゃないだろうか。

あっ、いかん。つい妄想の世界に入ってしまっていた。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

|

« バラの人事異動構想 | トップページ | 秋バラの誘惑 »

ガーデニング」カテゴリの記事

バラ」カテゴリの記事

パパの日記2008」カテゴリの記事

コメント

hanaさん、おはようございます。
植えてから咲くまでの期間が凄く楽しい、これも園芸の良さの1つだと思います。大事な人に会うその日を待つような。

投稿: パパです。 | 2008年12月12日 (金) 08:00

禅ローズの伽羅奢・・なぜか私の頭の中は?細川ガラシャ・・がグルグル・・でも会った事はありません。。どちらにも。
植えたばかりの花の将来の姿を想像するのは楽しいですね。そして想像以上の姿になったりしたら、もうタマリマセン。
妄想。。好きです。。

投稿: hana | 2008年12月11日 (木) 11:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バラの人事異動構想 | トップページ | 秋バラの誘惑 »