« 伽羅奢(ガラシャ) | トップページ | 変わってなかったか・・・ »

2008年12月12日 (金)

秋バラの誘惑

息子のフリュイテが満開になった。

Photo

(このフリュイテの前の記事はこちら ⇒ 12月7日

息子は1年前にカタログから自分で一番気に入った品種を選んだのにも関わらず、今年の春に花を咲かせてみて、好きじゃなかったとぬかしやがった。どうも花の雰囲気が思ったのと違ったらしい。

僕は大苗を買った時からこのフリュイテを『はるくんのバラ』と呼んできたのだが、しまいには『はるくんのバラなんてもう言わないで。』なんて言われる始末。子供の気に入った花を買ってあげて園芸好きにする作戦は、見事大失敗。つい最近までそんな状況だったのだ。

僕は断然一重のバラが好きなので、我が家にあるバラらしい花型のバラはこのフリュイテ1株のみ。でも今の気温でじっくりじっくり開いていく様子を眺めていると、春とは異なる良さが分かってきた気がする。確かにこれは一重のバラでは得がたい喜びだ。今僕は、バラは春は一重、秋は八重に限るってな心情になってきてしまっている。

おかしなもので、僕がそんな気分になって息子に再度このフリュイテのことを訊いてみると、『やっぱり好きだったかな。』という返事。

意外な返事に理由を尋ねてみると、『今はきれいだから。』だと。

写真で惚れて、実物を見て幻滅し、その後再び会って惚れ直す。

息子よ、それが人生ってもんだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

|

« 伽羅奢(ガラシャ) | トップページ | 変わってなかったか・・・ »

キッズガーデニング」カテゴリの記事

バラ」カテゴリの記事

パパの日記2008」カテゴリの記事

コメント

hanaさん、こんばんは。
秋はOKでも、春は駄目というような期間限定の呼び名になるかもしれません・・・。

投稿: パパです。 | 2008年12月13日 (土) 19:43

『はるくんのバラ』と呼んでもイイのですね。良かったです。
フリュイテも安心している事でしょう。
それにしても、さすがはるくん!
お目が高い!この色合いに惹かれました。

投稿: hana | 2008年12月12日 (金) 11:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伽羅奢(ガラシャ) | トップページ | 変わってなかったか・・・ »