« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月29日 (土)

ウィンド・ソング

禅ローズを3品種も買ってしまったは良いけれど、どこに植えるかが問題だ。そろそろバラを植える場所が無くなってきている現実を直視しなければならないんだけど・・・。

ウィンド・ソングを植える場所ははっきり決めてあった。それはここ。

Photo_3

シロモッコウのフェンスだ。シロモッコウはキモッコウみたいには花着きが良くないので、どことなく間が抜けた印象になってしまっていたから。

1

だから来春は別のバラを絡ますしかないと、僕は春からずっと何か良い品種がないか物色していたのだ。で、最終的に決めたのがこのウィンド・ソング。丈夫なのと、写真では妙に色っぽい一重の花が選んだ理由。一目惚れだった。

つい自分でバラ好きだと言ってしまったけど、手のかかるバラを育てるほどの愛情と根性を僕は持ち合わせていない。自分で育てるのなら手のかからない品種であることが大前提だ。手のかかるバラなら見せてもらえば十分満足。

2

深さ45cmまで掘って、堆肥を大量投入。肥料食いのアスパラガスの隣というのが心配だけど、バラはもともと肥料食いではないし何とかなるだろう。

4

うん、なかなかバランスが良く植えられたんじゃないかい。

08windsong1あとはこの花がシロモッコウの間に良い感じで咲いてくれるのを待つのみ。

早く実物の花を見た~い。

←ウィンド・ソングのWebカタログ写真。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年11月28日 (金)

禅ローズ!

秋になると決まって僕はバラ苗が欲しくなる。園芸好きとっては日々の楽しみが減ってしまう冬を、来春への妄想を膨らますことで乗り切ろうという気持ちになるからなのもしれない。僕にとってこの妄想を一番かきたててくれる植物がバラなのだ。

バラ好きの僕だけど、園芸品種よりは野生種に惹かれる。そういえば、『野ばら』って言葉が子供の頃から好きだった。これはシューベルトのあのメロディーの影響かな。

それから『バラが咲いた』も・・・。

どうしようもないやりきれなさを庭に例えた歌だと、抑圧されていたあの頃の僕は感じていたのだ。花に救いを求めながら・・・。

うん。やはりバラは魅力的だ・・・。

今年は何を買おう・・・。イングリッシュローズはいまさらだな。

大人気のデイビッド・オースチンの品種の魅力は良く分かる。僕も好きだ。でも自分で育てたいとは思わない。理由は、単純にブームに乗り遅れて口惜しいから。あの頃は社宅(アパート3F)に住んでいて、バラに手を出せなかったのだ。

次の流行はフレンチローズという噂がある。だからデルバールの品種に興味を持ったんだけど、ピンとくる品種を見つけられなかった。そんな中でネットで見つけたのが禅ローズ。

禅ローズ? 

いったいどんなバラだ? 

妙に魅力的な響きだった。そして説明文には、「そろそろ日本独自の価値観を盛り込んだ、新たなバラが登場しても良いのではないでしょうか。そんな思いから誕生したのが禅ローズです。」とあった。

おーっ! これこそ僕の求めているバラじゃないか! 

買うっきゃない!

即、ネットで注文。

で、届いたのがこの3品種。

Photo

このラベルの順番と、次の写真の鉢の順番は同じ。

Photo_2

勢いで3品種も買い込んだのはいいんだけど、さて、どこにどうやって植えようか。でも、楽しみだ~。

いけない、いけない。妄想がどんどん膨らんできた。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (8)

2008年11月26日 (水)

息子の仕上がりチェック!

かみさんに続いて、今度は息子が出来上がりをチェック。

『どれどれ、ポストは使い易いかな。』

1

(そこは完璧さ。)

『ここからこうやって登っても大丈夫♪』

4

(おいおい、何のチェックだ。)

3

『こっち側は変わってないね。』

5

(当たり前だろ。)

『はるくん、どお? カッコ良くなったでしょ。』

『う~ん。まあまあかな。』

6

『あっ! ここ、隙間あいてるよっ!』

『そこのエニシダは動かしようがないから、それでいいの。』

『ちょっと変なんじゃない?』

『平気、平気。ぜんぜん変じゃない。』

2

息子に何を言われようが、僕は満足なのだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年11月25日 (火)

庭の拡張作戦終了♪

庭の拡張作戦は、足掛け2日間に渡る格闘の末に無事終了。砕石を取り除くのと、カチカチの土を改良するのにかなり手間取ってしまった。

堆肥を含めて土代は約6000円。予想よりも高くついたが、自分で改良しただけに品質は折り紙付き。土さえ良ければ何でも良く育つんだし、ここでケチって後で後悔するより絶対良い。でも、腰が痛い・・・。それに、土嚢を運ぶ時に段差に足を取られて、足首を挫いてしまったのは想定外。やれやれ・・・。

土の他に買ったのは、コッツウォルズストーンブロック。これを5個使用。〆て5500円也(1200円×4+700円)。あのコッツウォルズストーンを模したブロックなんだけど、本物よりずーっとお手頃な価格。庶民向けの商品だ。なんちゃって商品と知りながら購入。少なくともこの場所では、費用対効果の点で本物より優れていると思う。僕は植物の方にお金を使いたいから、こういうところは節約するのだ。

車のマフラーをこするとまずいので、1段積みで終了。

3

さっそく、前日ホームセンターに付き合わせたかみさんに終了報告。

かみさん曰く、『うん、明るくて良い感じ♪』

さらにこう一言。『これからは長期の出張の時は、車を会社に置いてこないとね。ここに停めっぱなしじゃ、植物に悪いでしょ。』

そうだった・・・。

そうゆうことになってしまうわけだ・・・。

この場所は、僕が車で会社に行っている時は日当たり抜群だが、車を停めっぱなしにすると1日中日陰になってしまうんだった。トランクの下になる場所なんか最悪だ。

最後に、恒例の使用前使用後の比較写真を。

2

2

今日のところは、カシワバアジサイ、シモツケ、シチョウゲ、コムラサキシキブを移植したところで終了。1株だけ植わっているビオラは、『トミーの大冒険』。

やっと球根を植える場所を作ったのに、午後から雨で休みはお終い。やれやれ。球根の植え付けは来週にお預けだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (5)

2008年11月24日 (月)

庭の拡張作戦始動!

業者に頼んでコンクリートを剥がしてもらった状態がこれ。

1

まだまだ石が出てきそうだ。

2

それにここの土は、ものすご~く硬く締まっているのだ。この辺りの住宅地を開発する際に、きっと重機で踏み固めたに違いない。

3

こりゃ~土を改良するだけでも結構大変そう。気合を入れてとりかからないと。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2008年11月23日 (日)

庭を広げる裏技

我が家はごく普通サイズの建売り住宅。2台分の駐車場を確保すると、どうしても庭の面積は限られてしまう。写真だと広めに見えるかもしれないけど、それは東南の角地だから。

次の写真は契約直後に撮ったもの。(ほぼ丸3年前)

6_23

じつはこの家の購入契約をする際に、僕は駐車場のコンクリートを1枚剥がすことを条件に捺印したのだ。もちろん少しでも土の部分を広げて、そのスペースに植物を植えるためだ。結果は大成功。1年半後には殺風景なコンクリートのタタキを、こんなに落ち着いた雰囲気に大変身させられたんだから。

9_18

(別の角度からこの場所を紹介した記事はこちら ⇒ 2007年8月18日

で、次の僕のターゲットはここ。

3

2

この部分は半分位が車のトランクの下になる。でも、背の低い植物なら結構たくさん植えられるし、僕が車で会社に行っている昼間はとっても日当たりが良い場所。使わない手は無い。

1

このコンクリートを剥がす工事の値段は、3万5千円也。もう申し込んでしまったけど、思ったよりちょっと高かった。でも、これからずうっと植物を植えられるスペースが増えることになるんだから、僕にとってはお金以上の価値がある。1年間で考えると、使用料は1日あたり約100円。10年間では約10円。こう考えれば、安いもの。

ちなみにコンクリートを剥がした後に黒土を入れてもらうと、さらに1万円かかると言われたので、こちらはお断りした。わざわざお金をかけて広げる場所なんだし、手間がかかっても良い土にするぞ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2008年11月21日 (金)

ブルーベリー対クロフネツツジ

我が家の花木達も葉を色付かせ始めた。

2_4

ブルーベリーの4品種のうちで紅葉が綺麗なのは、『パトリオット』と『ブルーレイ』。特に『パトリオット』は、味も最高なのでお勧めの品種だ。

ブルーベリーの奥の紅葉は、クロフネツツジ。

1jpg

僕はこの柔らかな色合いの紅葉も気に入っている。意外や意外、クロフネツツジは秋の紅葉だけでなくって、花が散った後にも茶色いカラーリーフを楽しめる時期があるのだ。

(春のカラーリーフの記事はこちら ⇒ 2007年5月7日

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年11月20日 (木)

果樹達の植え替え

スペシャルブレンドの土をたくさん作ったのには訳がある。八重のフリージアを植えた残りで、果樹の植え替えも済ませてしまうつもりだったのだ。まだ葉が少し残っていたから少々早いんだけど、また土を作るのも面倒なので、この日で一気に片付けてしまうことにした。

1

こんな風に小さい鉢のものは一回り大きい鉢に植え替えて、既に大きい鉢に植えてあるものは土だけを入れ替えた。

2_2

サクランボとモモとスモモ、6鉢植え替えたところで土が無くなってしまい、この日は終了。残り2鉢(サクランボとスモモ)は次の機会にだ。

やれやれ、ほんとは先に球根を植える場所を何とかすべきなのに、ついつい別のことをやりたくなってしまう僕の悪い癖がでてしまった。あの球根達はいつ植えてあげられることやら・・・。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年11月19日 (水)

ホワイトデーにはフリージア

エリシマムとチューリップの次に、僕は八重のフリージアを植えることにした。次の写真は約1ヶ月前に植えたフリージア。

2_3

もうこんなに芽が伸びた。

(このフリージアを植えた時の記事はこちら ⇒ 10月20日

なぜ僕が同じ品種を2回に分けて植えたかといえば、球根を植える時期を変えることで草丈が低くなるかを実験するためなのだ。アヤメ科の花は、早く球根を植えると背が高くなり、遅く植えると低くなるという噂があるもんだから。

Photo_3

今回はお気に入りの鉢が見つかったので余計に気合が入る。黒のプラ鉢なんだけど、なかなか格好よい。お値段は3480円だったかな? 前回のものの4.5倍だ。そして、今回もスペシャルブレンドの土を使用。

そうそう、今日はホワイトデーの花の話を書こうと思っていたんだった。ホワイトデーの花って、特にこれっていうものがない。だから僕は八重のフリージアをホワイトデーの花にしようと企んでいるのだ。八重のフリージアはほとんど見かけないから希少価値も十分だし、それにフリージアの香りは女性に好まれるっていうのも理由だ。

さらにかみさんは黄色いフリージアが好きだときている。

『ホワイトデーには八重のフリージアheart01』 

これで決まりでしょう。

じつは球根を2回に分けて植えた理由は、ホワイトデーにベストのタイミングで咲かせるための保険でもあったのだ。

ちなみに茶色のプランターの方は、かみさんの実家にお年始として持っていく予定。

3

今日植えた黒い鉢の方には、フリージアだけだと冬の間寂しいので、ビオラを植えてみた。品種は、『野うさぎミーモ』。名前と花の感じがぴったりで、僕は何だかとっても気に入ってしまった。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (10)

2008年11月18日 (火)

エリシマム シトローナ

まずは1週間前の様子から。

3

(この時の記事はこちら ⇒ 11月9日

Photo_2

この休みに植えたのは、去年植えて気に入ったエリシマムのシトローナオレンジだ。

それからこのシトローナの周りにチューリップも植えた。品種は、紫のネグリタ。20球で399円の安さに驚き、衝動買いしてしまったもの。エリシマムのオレンジときっと合うはずだ。

2

左のチマサンチュの周りに何の球根を植えるかはまだ決めていない。球根は既にたくさん買い込んであるから、成り行きで決めよう。それよりも早く、何かの苗を手に入れなければ。ビオラじゃ当たり前すぎるし。何にするかな~。

球根を先に植えてしまうわけにはいかないしね。う~、焦る~。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (3)

2008年11月17日 (月)

触って、しまった!

今の庭で、息子と僕の期待を一身に背負っているのがフェイジョアの実だ。だって僕ら親子はまだフェイジョアを食べたことがないから。それに過去2年、自分でしっかり受粉したのに実をならせられなかったからだ。

2_2

それが今年はたった3つだけど、とにかく実がなったのだ。写真はトライアンフの大きな果実2つ。マンモスでも1個なったんだけど、こちらはかなり小さい。それでも僕は嬉しくって。何日かおきにこの実の重量を手で確かめるのが最近の習慣になっていた。

(このフェイジョアの前の記事はこちら ⇒ 10月29日

1週間前のことだ。いつものように重さを確かめようしたら、ぽろっと大事な実が取れてしまったのだ。が~ん。大ショック! 不用意に触ってしまったのがいけなかったみたい。

落ちた実を拾ってみたけど、軽いし匂いは全くしないし、完熟まではまだまだという感じ。残り1個の大きな実に賭けるしかない、こう僕は心に誓った。

それなのにその翌日、通路を通り抜ける時に不用意に枝をこすったら、その残りの1個も落ちてしまったのだ。

が~ん。ボーゼン・・・。追い討ちをかけるとはこのことだ。

触ってしまったのが運の尽きなのか?

僕は、『触って、しまった。』という気分なのだ。

少々若い実だけど、しばらく追熟させておけば食べられるようになるかもしれない。一縷の望みを託して僕は待つことにした。

Photo

小さい実は自然落果したマンモスの果実。あまりに小さ過ぎる。大きそうな名前のくせに・・・。

このお皿は、約1年前に益子焼の陶芸教室で息子が作ったもの。大きな葉っぱの上に小さな葉っぱが重なっている形なのだそうだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2008年11月15日 (土)

コムラサキシキブ

駐車場の一角。10cmにも満たない土のスペースにも僕は植物を植えている。

3_2

手前からコムラサキシキブ、フッキソウ、シチョウゲ、セダムにユーリオプスデージ。

1_2

小さな紫の実が綺麗なコムラサキシキブはクマツヅラ科。クマツヅラ科の花の代表はバーベナだけど、バーベナとはあまり似ていない。

クマツヅラ科で他に良く見かける花はダンギクだ。

1_2

こちらはコムラサキシキブととてもよく似ていると思う。

Photo

ほらね。

そっくりだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (7)

2008年11月14日 (金)

嫌われ者のナス

どこにでも嫌われ者はいるものだ。今年のうちの庭では、この緑ナス『長緑』だ。

Photo

僕は息子もかみさんもきっと面白がってくれると思って育てたのに、ふたりから不評をかってしまい、ちょっとショック。

(この緑ナスの前の記事はこちら ⇒ 7月28日

いったいどうして・・・?

味だって普通のナスとそんなに変わらないし、別段マズイわけでもないのに・・・。

緑の皮の色が生理的に嫌いだってことなんだろうか。それにしても僕は納得いかないなあ。

手前の黄色はサンビタリア。

Photo_2

品種名は『スタービーニ』。

一昨年育てた『サンビーニ』よりも株がこんもり育つ感じで、僕はこのスタービーニの方が気に入った。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (3)

2008年11月13日 (木)

まあいっか

東側の通路は今こんな感じ。

1

栄養系のトレニアはもうすっかりへたってしまった。最近めきめき元気になってきたのがユーリオプスデージー。暑い間はてんで存在感が無かったのに、今は庭の主役を張らんばかりの元気の良さだ。

ラベンダーがまた青い穂を立て始めてくれているのが嬉しい。

奥の菜園コーナーは荒れ放題。リビングから見えない場所なだけに、最初に手を抜かれてしまった場所だ。

2

2年目のユーリオプスデージーのアップ。この辺では最終的には冬の寒さに負けて花を咲かせられなくなってしまう。

あれっ、いつまで花を咲かせてくれるんだったっけ?

まったく記憶にない・・・。

まあ、今年また確認すればいっか。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (5)

2008年11月11日 (火)

親子で受験♪ 緑花試験♪

1_2

11月9日(日)は、緑花試験の試験日。今年は小3の息子と2人で受験した。親子で同じ教室で同じ試験を受けるだなんて、僕にとっては結構感動ものの出来事。

2_2

受験会場となった某女子高のイチョウ並木。黄葉の程度は去年と同じくらい。

(去年の受験日の記事はこちら ⇒ 2007年11月13日

3_2

息子にとってはマークシートの試験自体が初体験。ちゃんと解答できるか僕は不安だったんだけど、80問すべてに印をつけたみたいなので一安心。高校生用の椅子に座り、両足をぷらぷらさせている姿が妙にいとおしかった。

息子が喜び、自信をもって解答した問題がこちら。

【問13】 映画『となりのトトロ』で、おばけのトトロが住んでいたのは何の木だったでしょうか?

1.イチョウ 2.クスノキ 3.ケヤキ 4.マツ 5.スギ

なかなかニクイ出題だったと思う。

えっ、僕の方の出来はどうだったですって?

自己採点では、今年もまたまた1級止まりの模様。やれやれ・・・。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2008年11月10日 (月)

こっちもなんとかせにゃ~

保育園での園芸ボランティア

うちの庭は決して広くはない。園芸好きには少々物足りない面積なのだ。もちろん僕にとってもそう。だから秋植え球根を植える準備ぐらい、本来2日もあれば十分終わらせられるはずなのだ。

なのに今年はそうはいかない。仕事に勉強に忙しすぎて、この庭ですら広く思えてしまう。まずいことに、保育園の園庭も僕の世話を待っているのだ。こちらは僕ひとりのボランティア活動なので、他にお願いできる人がいないところがつらいところ。

ってなことで、庭いじりを続けたい誘惑を断ち切って、ひさびさ保育園に出向いたのだ。

(この保育園の前の記事はこちら ⇒ 10月11日

1

案の定、園庭の花壇はかなりひどい状態になってしまっていた。運動会の頃には綺麗だった、トレニアもポーチュラカもキバナコスモスもペチュニアも、みんなボロボロ。あ~あ。

時期的に仕方のないことなんだけど、どうも肥料が不足してしまったようだ。もともとが砂地のために水不足のダメージもある。保育園側でもうちょっと上手に灌水してくれていれば・・・。

気を取り直して、息子と手分けして作業開始。

3

息子の担当は、花の終わった株の抜き取り。まずはコスモスから。

4

『どりゃ~!』

6

その間に僕は堆肥と肥料を入れて土壌改良。今後のこともあるし、土だけは地道に良くしていくしかない。やれやれ、来週には球根と新しい苗を植えられるようになった。

玄関前の花壇の方はこんな感じ。

2

少々荒れてしまっているけど、時間切れだ。もうしばらくこのままにさせてもらおう。

5

こぼれダネからそだったサルビア・コクシネアがまだまだ綺麗だから。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (8)

2008年11月 9日 (日)

急がないと・・・

昨日、僕は買い貯めた球根達を植える場所作りに追われた。でも、焦ってもなかなか進まないものだ。何とか植えられる状態にまでできたのはこの場所のみ。

1

まだちょっと惜しいけど、トレニア、ベゴニア、コリウス、カンナを処分。そして堆肥と腐葉土と肥料を投入。ふかふかの土の出来上がり。年々土が良くなってきているのが実感できるのが嬉しい。

2

普通のシルバーリーフではなくって、黄色がかったアサギリソウは掘り上げて別の場所に移動。

ついでにヤマボウシの下の黄色くなったスカシユリも球根は残して地上部を抜いた。そろそろかみさんに指摘されそうな予感がしたしね。

3

新しく植えたのは、アクイレギア・カナデンシス『ピンクランタン』とベロニカ・ロンギフォリア・アルバにルピナス。手前の葉菜4株は、焼肉に良く合うモリサンチュー。いや、失礼、チマサンチュ。

レタスは庭で育てると苦味が強くなってしまうのが困り者。レタス好きの息子も敬遠するぐらいの大人の味になってしまう。だから今年はもともと苦味の少ないチマサンシュを植えてみたってわけ。

球根は、他の苗を植えた後に植えるつもりなので、結局今日も植えず終いになってしまった。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2008年11月 7日 (金)

不義理をしてしまった

一度しっかりした霜が降りると、庭の景色も一変する。寒さに弱い植物達が示し合わせたかのように一晩で枯れ始めるからだ。

1_3

嫌われ者の緑ナスもこんなになってしまった。

(この緑ナスの前の記事はこちら ⇒ 11月14日

2_3

僕はここまで大きくなった実を採って食べようかとも思ったんだけど、かみさんと息子の顔が浮かんで採らずに株ごと抜いてしまった。霜にあたって不味くなっていたりでもしたら、2人に何を言われるか予想がついたから。

『長緑』よ、不義理を許しておくれ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

まずはここから

お手軽ガーデニングの心強い味方である球根を植えるために、僕はまずはこの場所に手をつけることにした。

Photo

これまで手間要らずで咲き誇ってくれたトレニアが花を減らしてきたからだ。さすがはベゴニア・センパフローレンス。未だに全く疲れを見せない。僕は決して自分で買おうとは思わないけど、良い花だと思う。それじゃあなぜ植えてあるのかというと、町内会で6株も配られてしまったから。で、残りの5株は駐車場に植えてあるのだ。

ベゴニアの奥のコリウスは、『ブラックマジック』。じつはこのコリウスも僕は結構気に入っている。

Photo_3

この配色が何ともいえず魅力的だ。

Photo_4

手前の水色は、スケボラ。思ったよりも株が大きくならなかった。もうちょっと肥料をやるべきだったな。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2008年11月 6日 (木)

秋だなあ・・・

次の写真は、秘密の山菜コーナーから東側を見たところ。

Photo_2

手前の方は2台分の駐車場になっているために、あまり植物を植えるスペースはない。でもそれなりに奥行きを感じられるようにしたつもり。

この1週間で、手前のナツツバキも、その奥のカエデも、そのまた奥のクロフネツツジも、すっかり秋らしい装いになった。でも、この位置からだと今の庭の様子はほとんどわからない。

だから今日は2階からの写真をご紹介。

Photo

もう芝も茶色くなり始めてきた。でも今もまだ忙しくって、2年続けてきた隣の芝は青い作戦(冬芝のオーバーシーディング)は諦めることにした。かみさんは残念がってくれてるんだけどね。

(去年のオーバーシーディングの記事はこちら ⇒ 2007年10月5日

それよりも先に、早く秋植え球根を植える場所を作らなくっちゃ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2008年11月 4日 (火)

秘密の山菜コーナー♪

ここは玄関脇。西側のお隣さんとの境界に面したところだ。あまり陽の当たらないこの場所を、僕は密かに『秘密の山菜コーナー』と呼んでいる。

2_3

だってここに植えてあるのは、コシアブラにコゴミ。ギボウシにナルコユリ。美味しい山菜ばかりを集めてあるからだ。

小さな庭でも採れる春の味覚。もちろん家族の口にはほんのわずかしか入らないけど、それはそれでとても幸せな味なのだ。

もちろんご近所さんには絶対に内緒。(笑)

ピンクの花は、この秋に植えたばかりのダイモンジソウ。『孔雀』という品種。ダイモンジソウ離れした鮮やかなピンク色に惹かれて買ってしまった。

1_3

じつはダイモンジソウも隠れた山菜だ。この山菜コーナーの新人君は葉を天婦羅にして食べるそうだが、僕は試したことがない。来春のお楽しみということにしておこう。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2008年11月 3日 (月)

カラーリーフ対決

コリウスのイエロージグザグ。

こういう角度で見てもなかなか綺麗だ。

3

葉のコントラストと暴れすぎない草姿。もう今年の僕のお気に入りランキングで上位に来るのは間違いないな。

1

このイエロージグザグの前のカラーリーフは、ヒポエステスだ。じつは、僕がわざと、コリウスとヒポエステスの葉の派手さを対決をさせるために並べて植えてみたのだ。

2

ヒポエステスは、熱帯の毒ガエルとか毒トカゲを連想させる配色の葉の持ち主。単独で見れば相当に目立つのだが、さすがにイエロージグザグの前では旗色が悪い。この対決、コリウスの圧勝に終わった。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年11月 2日 (日)

何の観察?

庭で自分の上履きを洗い終わった後で、息子が何やら観察しているようだった。どうもコリウス『イエロージグザク』の葉の模様が気になったらしい。

(このコリウス『イエロージグザグ』の前の記事はこちら ⇒ 10月21日

Photo_2

『はるくん、何観察してんの?』

『でっかいカマキリ見つけたんだ。でも、逃げるの早くって。』

『怖がってるから捕まえられないんだよ。パッてやっちゃいな。』

『やだよっ。前にそうしたら、かまれて痛かったんだから。ちゃんと持って大丈夫なところをつかむようにしないと・・・。』

Photo_3

『お前、何もん? やる気か?』

僕には、カマキリの方が息子を観察してるように見えた。いや、息子をからかっているようにかな。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »