« あかんな~、開かんな~ | トップページ | 八重のフリージア »

2008年10月18日 (土)

だんだんとな

3

カンナの横の青い花はダンギクで、去年植えたものだ。

(手前のブルーは、ブルーファンフラワーとも呼ばれるスケボラ)

丈夫な宿根草だし、秋が深まったのを実感させてくれるし、段々になって咲くと名前の一致が楽しいし、僕は結構ダンギクが気に入っているのだ。

既に花の盛りは過ぎてしまったが、まだまだ僕の目を楽しませてくれている。

1_2

ダンギクがバーベナと同じクマツヅラ科というのは、花だけ見るとちょっと意外な気もするが、草の感じは良く似ているのだ。

Photo

桃色の奴も去年一緒に植えたんだけど、こちらは存在感が薄くって、何だかさえない。やはりダンギクは青に限るな。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

|

« あかんな~、開かんな~ | トップページ | 八重のフリージア »

パパの日記2008」カテゴリの記事

宿根草」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あかんな~、開かんな~ | トップページ | 八重のフリージア »