« なんじゃこりゃ!? | トップページ | ミレニアムパーク2 »

2008年9月23日 (火)

ミレニアムパーク

パパのシカゴレポート

ミレニアムパークは大都市生活者の憩いの場として設計されている。だから僕は、背景の摩天楼があってこそ、より公園自体も引き立つような気がしている。

(2年前のミレニアムパークの記事はこちら ⇒ 2006年8月15日

6

それに、一年草でもなく樹木でもなくって宿根草だからこそ、この雰囲気が作り出せているんじゃないだろうか。

次の写真だってそうだ。

5

手前の青いシャツのおじさんに注目。

彼が何をしているかと言えば・・・。

10

公園の中に作られた小川に足をつけているのだ。

シカゴの夏は、昼間は日本に負けず劣らず蒸し暑い。だからみんな気持ちよさそうに人工小川のせせらぎを楽しんでいる。日本各地の観光地でたくさん作られている足湯みたいなものだ。

こんな風に、カップルで、親子で、大勢で、またまた独りでくつろげる空間があるって素敵なことだと思う。見知らぬ人達が一体感を覚える空間を作ることは、今の時代にはとても重要だからね。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

|

« なんじゃこりゃ!? | トップページ | ミレニアムパーク2 »

海外レポート2008」カテゴリの記事

コメント

トモさん、おはようございます。
そうなんですよ。とっても気持ち良さそうだったんです。私も今度はひとりで足をつけて本でも読もうかなと考えています。

投稿: パパです。 | 2008年9月25日 (木) 08:01

こんにちは、この足湯?ではないけど、足を入れて気持ちよさそうなの良いですね、友達、彼女とゆっくり会話したい場所ですね、彼女いないが・・・。

投稿: トモ | 2008年9月24日 (水) 14:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんじゃこりゃ!? | トップページ | ミレニアムパーク2 »