« シカゴ美術館の植栽 | トップページ | 続・中央分離帯の植栽 »

2008年8月21日 (木)

中央分離帯の植栽

パパのシカゴレポート

僕は、シカゴ美術館を楽しんでから、グラントパークを離れて街中の植栽ウォッチングに出かけることにした。

(2年前の同じ中央分離帯の記事はこちら ⇒ 2006年8月7日

2

ここは、何度も映画の舞台になった超高級ホテル、シカゴ・ヒルトンタワーズの前の中央分離帯だ。

1

2年前より感じが良くなっている気がする。

横断歩道の信号が青のうちに慌ててパチリ。

1_2

植栽を中心に、イエローキャブと青い空に白いビル、左の木々の深い緑の陰と右のヒルトン・シカゴタワーズの茶色の影。何となく芸術的な写真が撮れた気になった。これもシカゴ美術館で目の保養をしたお陰かな。

7

横断歩道を渡り切って、同じ中央分離帯を反対側から撮った写真。ちょっと分かり難いけど、車道に面した側の植栽が同じではないのだ。この道路は南北に走っているので、東側と西側では異なる植物を植えているってこと。なかなか芸が細かいぞ。

こちらは同じ道路の別の中央分離帯。

4

先ほどの写真とは別の植物が植えてあるのが良く分かる。

5

ここでも東側と西側では植えてある植物が違うのだ。

僕は、アメリカは何でも大雑把だという印象を持っていたんだけど、こんなところでアメリカを見直してしまった。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

|

« シカゴ美術館の植栽 | トップページ | 続・中央分離帯の植栽 »

海外レポート2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シカゴ美術館の植栽 | トップページ | 続・中央分離帯の植栽 »