« こんなところに・・・ | トップページ | シカゴ美術館の植栽 »

2008年8月17日 (日)

恥ずかしい思い出

花壇の奥ではさっきすれ違ったセグウェイの一団とは別のグループが、乗り方の説明を受けていた。

1_4

この花壇は確か・・・。

中央の背の高い植物はヒマ。

(この場所の2年前の記事はこちら ⇒ 2006年8月4日

ヒマの前には白いクレオメが。

思い出したぞ。

わ~っ、恥ずかしいっ!

超くだらない駄洒落を思い出してしまった。

3_3

水色はアゲラタム。

2_4

白いニコチアナも多く使われている。

1_3

今年はダチュラが使われていなかったのが救いだっちゅうら。

いけない、いけない。

気を取り直して先を急ごう。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

|

« こんなところに・・・ | トップページ | シカゴ美術館の植栽 »

海外レポート2008」カテゴリの記事

コメント

えるさん、こんばんは。お姑さんのおっしゃったことに同感です。植物をあまり頑張らせ過ぎずに、素直に伸び伸び育っている。そして、その家族と一緒に生活を楽しんでいるって感じでしょうか。理想ですね。子供に対してと一緒で、ついつい頑張らせてしまいたくなりますけどね。
ところで、えるさんのえるは、かえるのえるなのでしょうか?

投稿: パパです。 | 2008年8月27日 (水) 21:34

なるほど〜
雰囲気にあった*変わった*ってのがポイントですね。人と同じじゃないこだわりがあるパパさんならではですね。
お姑さんは、どんな花でも「可愛がられて、大切にされている」お庭が好きなんですって。それもなるほどな〜って思いました。

投稿: える | 2008年8月25日 (月) 22:20

えるさん、おはようございます。
私も山野草は大好きですよ。若かりし頃は、高山植物を含めて山野草の写真を撮るために、春から秋は毎週のように野山を歩き回っていましたから。
なんて言うんでしょうかね、私にとっては、身近なところには好きな植物が、他所の土地ではその土地の雰囲気にあった変わった植物が植えてあるのが嬉しいです。

投稿: パパです。 | 2008年8月21日 (木) 06:45

おぉ〜〜〜!
どかんどかんと、ど迫力ある花壇ですねえ。
繊細さにはかけるけど、この花はこんなに育ちますって感じです。。
日本のよくある、黄色マリーゴールド、赤いサルビア繰り返し花壇も、考えれば変わっていますが、お国変われば・・おもしろいですねえ。
美しさの基準って、人それぞれですもんね。

こう色々思うと
私的には、一番美しいのは山奥の林に自然に生えている山野草とかが好きです。しみじみ

投稿: える | 2008年8月18日 (月) 20:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんなところに・・・ | トップページ | シカゴ美術館の植栽 »