« イチゴ&ラベンダー&イチゴ | トップページ | サルナシの花 »

2008年6月 4日 (水)

ルピナスの花はあれに似ている

ルピナスが咲き始めた。

2_7

ノボリフジ(昇り藤)とは確かに良くつけた和名だと思う。

1_7

でも僕は今日、この花の形があるものに良く似ていることに気づいてしまった。

それは、オマールエビのハサミ。

ちょっと丸っこいけど、バルタン星人のハサミに見えないこともない。

3_5

これは、ちょっとしゃがんで下から見上げる角度で撮ってみた写真。

撮った後であらためて見てみたら、植物達がどれもみ~んな上を目指してるってことが良く分かる写真になっていた。みんな向上心の塊なんだな。

よしっ、僕も彼らを見習ってどこまでも上を目指すぞっ!

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

|

« イチゴ&ラベンダー&イチゴ | トップページ | サルナシの花 »

パパの日記2008」カテゴリの記事

一年草」カテゴリの記事

コメント

TAMAさん、ルピナスが2年草的だと申し上げたのは、日本の高温多湿に耐えられずに花が終わった後で枯れてしまうことが多いからです。でも北海道などでは雑草化しているぐらいですから、TAMAさんのところでは宿根草になるんじゃないでしょうか。来春以降が楽しみですね♪

投稿: パパです。 | 2008年6月10日 (火) 12:41

がーん・・・そうだったんですか。こっちの種って、あまり播き時期とか書いていなかったりするんですが、このルピナスは結構詳しかったんです。まず品種名はなく、ただdwarf variety of Lupineとだけ。そしてannualではなくprennialと表示されている種でした。
遅霜の危険が去った春遅くか秋に、湿った半日陰で水はけの良い土に植えること。早く咲かせるためには直植えの8~10週間前に家の中で種を播くこと。播く前に一晩水に浸けること。…あっ! 春の植え付けのためには、seed flatsを4週間冷蔵庫に入れろと書いてありました!これですね。

今回教えていただかなかったら気付かないところでした。ありがとうございます。
しかし…来年まで花には会えないのですね…
2年草ということは、花の後は枯れてしまうのでしょうか?ガッカリ…

投稿: TAMA | 2008年6月 8日 (日) 14:07

TAMAさん、普通のラッセルルピナスは2年草的なのです。つまり冬寒くなるまでにある程度の大きさの苗にまで育てないと花芽分化をしない性質があるのです。春に種子を播けば翌年咲きますが、秋に播いた場合は咲かないこともあるんですよ。ちょっと播種が遅かったのでは? ですからTAMAさんのルピナスの開花は来年を楽しみに可愛がってあげてください。

投稿: パパです。 | 2008年6月 8日 (日) 06:28

ちょっとショック…ルピナスってもう花が咲いているはずなんですか~。苗が高さ10センチになった!と小躍りしていた私って…orz
我が家にバルタン星人が現れてくれるのはいつになるんでしょうか。
多年草の花壇も、よそではもう花盛りなのに、我が家は例のエリシマムの後、また緑の世界に戻ってしまいました。花が途切れずに咲く多年草の花壇、設計が難しいです~。

#コピペコメント最近多いですね。私はもう黙って削除してしまいますが、いかにも「読みました」みたいな書き方をするコピペって逆効果だと気付かないんだろうかと疑問です。「長居してしまいました」なんて、解析見れば、初訪問からコメントまで1分しかかかっていないのがバレバレなのに…

投稿: TAMA | 2008年6月 8日 (日) 05:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イチゴ&ラベンダー&イチゴ | トップページ | サルナシの花 »