« うちの庭の掟 | トップページ | イチゴ&ラベンダー&イチゴ »

2008年6月 2日 (月)

カリフォルニアライラック剪定

今年の5月は異常に雨が多かった。それも土日のどちらかはことごとく雨だったような気がする。でも昨日は晴れてくれたので、カリフォルニアライラックの剪定をすることにした。

カリフォルニアライラックはツツジと同じで、花が終わってすぐに剪定しないと翌年の花数が減ってしまう。そしてこれまたツツジと同じで刈り込みに強く、いくらでも萌芽してくるので、思い切って剪定するに限る。弱気な剪定だと夏~秋の間でもう一度軽く剪定することになってしまうからだ。そうすると花芽の着いた枝を切ってしまうことになるので翌春の花つきが悪くなってしまうのだ。

2_2

この写真は今年撮ったものだが、ところどころ花の密度が少なくなってしまったのは、僕が秋に伸びすぎた枝を剪定してしまった部分なのだ。だから今年は思い切ってここまで剪定してみた。

2_4 1_5

3_2 3_3  

1_4 2_5

イメージ的には厚みが半分になったって感じ。

でも、ちょっと切り過ぎたと思う程度がちょうど良いのだ。強気に切り詰めても全く問題なし!

Photo_4

株もとに見えるのはこの植物達。

Photo_2

ギョリュウバイと黄金葉のメラレウカ。さすがにメラレウカは冬の寒さで枝先が枯れこんだけど、枯死することはなく新芽が吹いてきた。マイナス10度も数回ならば耐えられるようだ。

バラの後ろのフェンスにはクレマチスが絡まっている。

Photo

ニューヘンダーソン。良い花だと思う。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

|

« うちの庭の掟 | トップページ | イチゴ&ラベンダー&イチゴ »

花木」カテゴリの記事

パパの日記2008」カテゴリの記事

コメント

何度も見ていますが、初めて投稿します。
カリフォルニアライラック見事に咲いていて惚れ惚れしてます。

場所はどの地域ですか?
私は関西で堺のちょっと南の地域に住んでいます。
冬は霜が降りる事も無いのですが、夏の暑さと湿度は高いです。

セアノサス何度もトライした事がありますが、蒸れてしまうので夏越しが出来ずに枯れてしまいます。

イングリッシュラベンダーも何度も枯らしてしまいましたが、2年位前にチャレンジした子たちは大株に育ってくれて沢山の花を咲かせてくれて居ます。

セアノサスも同じ庭でも場所が気に入ってくれたら育ってくれるかと?

再チャレンジの勇気が持てました。

アドバイスが有ればよろしくお願い申し上げます。

投稿: 田渕 純子 | 2021年6月21日 (月) 12:23

セアノサス(カリフォルニアライラック)が大好きで何度も鉢を購入して庭に直植えしていますが、枝から枯れてしまいます。剪定しないのがいけないのか、土や場所が悪いのか、何が原因なのか、わりません。剪定される時でいいのですが、枝を頂けませんか?また色々とアドバイス頂いでもいいですか?

投稿: ダウニー有子 | 2021年5月25日 (火) 18:27

菜葉ももさん、はじめまして。
せっかくコメントして頂いたのに、あちらこちらのブログにコピーペーストしていらっしゃるコメントそのままでガッカリでした。

投稿: パパです。 | 2008年6月 6日 (金) 21:47

お世話になります。とても充実したブログで参考にしています。
私も家庭菜園のブログを運営していますので宜しかったら相互リンクお願いしたいです。

当ブログには既に貴ブログリンク設置済みですので
お手数ですがご確認の上、ご連絡いただけると幸いです。

『はじめての家庭菜園~ベランダで無農薬野菜を育てよう!~』
http://verandagarden2008.seesaa.net/

宜しくお願いします☆
菜葉もも

投稿: 菜葉もも | 2008年6月 2日 (月) 19:19

この記事へのコメントは終了しました。

« うちの庭の掟 | トップページ | イチゴ&ラベンダー&イチゴ »