« ジャーマンアイリスの秘密 | トップページ | 若い共演者 »

2008年5月26日 (月)

カタログ販売の怖さ

息子が京成バラ園のカタログの中で一番気に入ったバラが、これ。フリュイテだ。なかなか良い色だ。

2_6

ちょうど今、玄関前を彩ってくれている。香りは強過ぎず弱過ぎずちょうど良いと、一重のバラ好きのかみさんの評価も高い。

1_7

それなのに息子は不満顔。どうも思った形ではなかったかららしい。息子はいわゆるバラのマークのバラ、綺麗な形の高芯剣弁咲きが良かったんだと。フリュイテだと花びらが多過ぎるし、花びらの先がちゃんと尖がっていないのが嫌なんだそうだ。さらに花ももう少し小さいほうが良かったんだと。

3_3

うちにやってくるお客さんの評判は上々なのに、選んだ本人は納得いかない。まさかこういう結果が待っているとは、僕も予想できなかった。

息子よ、カタログ販売(通販)だとこういう失敗は良くあるのだ。気をつけろよ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

|

« ジャーマンアイリスの秘密 | トップページ | 若い共演者 »

キッズガーデニング」カテゴリの記事

バラ」カテゴリの記事

パパの日記2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャーマンアイリスの秘密 | トップページ | 若い共演者 »