« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

わっ、可愛いじゃん♪

道路側のレイズドベッドも賑やかになってきた。

1_3

今日の注目は右端の赤っぽい花。

3_2

一重の西洋シャクヤクだ。品種は、フレーム。僕から尋ねもしなかったのに、かみさんから、『あの花可愛い♪』って言ってもらえた幸せ者だ。

反対側から見るとその可愛さが良く分かる。

2_3

3歳ぐらいの女の子がおすまし顔でちょこんと立っているイメージかな。

この冬に植えたばかりだからだろうか。思ったよりもずいぶん背が低くなったことも愛らしさを増している。

4

花のアップ。ここまで近寄ると何だかポピーっぽくなってしまった。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

この場所の前の記事はこちら。

5月22日

| | コメント (0)

2008年5月30日 (金)

ホットリップス

チェリーセージのホットリップスが一気に咲き始めた。

2_4

ホットリップスの赤と白、スイスチャードの赤と緑、ハクロニシキの白と薄桃、それにベニバナトキワマンサクの銅葉。な~んだか良い感じでないかい?

Photo

僕はこの愛嬌ある花が大好きなのだ。だって、まるで酔っ払いのニワトリみたいだから。

いやいや真面目な話、こんなに丈夫で長く綺麗な花を咲かせる宿根草は他にないしね。逆に大きくはびこらないようにするのに苦労するほど。さらにこのホットリップスは2色咲きで表情豊かなのもポイント。時期によって白だけになったり赤だけになったりするのも、さらにご愛嬌。

そういえば初めて植えた年に息子が面白いことを言っていたのを思い出した。⇒2006年9月18日

1_4

左側の巨大な草はゴボウ。虫食いだらけで汚くなるんじゃないかと心配していた葉も、まだ綺麗なままだ。

よしよし、いいぞ! もうすぐ待望の花が拝めそうだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年5月29日 (木)

超イケメンの花

庭には僕が衝動買いしてしまったクレマチスがある。これがこの品種だ。

2_2

名前は晴山。息子と同じ名前なのだ。(これについての記事はこちら⇒4月11日

こちらは植えつけたばかりの時の写真。

Photo_3

息子と同じく健康ですくすく育ってくれて嬉しい。

1_2

息子は僕に似ているお陰で望み薄だけど、クレマチスの晴山は超イケメンだと思う。

息子にかっこいい花が咲いてよかったねって聞いてみたら、なぜかあまり嬉しそうではなかった。どうも白だったのが気に入らなかったらしい。息子にとっては白い花は色の着いていない面白くない花らしい。

息子よ、じつは父も子供の頃に全く同じことを言っていたのだぞ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2008年5月28日 (水)

お主、やるなぁ!

朝、出勤前にゴミ出しをして家に戻る途中、僕は変なことに気が付いた。この写真の中央だ。

3

仕事がら植物の小さな変化には敏感なのだが、今日は植物の話ではない。

この中央のクレマチスの蔓にとまっているツマグロオオヨコバイがどこか変だったのだ。

2

顔を近づけて良く見てみると・・・。

1

緑色の小さなクモに捕まっていたのだ。このクモはハナグモ。蜘蛛の糸や巣を使って捕食するのではなく、獲物に直接飛びかかるクモだ。大きさからすると♀。自分の身体をこのクレマチスの腋芽に見せかけておいて、油断して茎にとまったツマグロオオヨコバイを仕留めたって訳か。

お主、やるなぁ!

ちなみにこのクレマチスは、ビチセラ系のアルバ・ラグジュリアンス。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年5月27日 (火)

若い共演者

今年は5月が例年よりも涼しかったので、真っ赤なアルテシモと青いカリフォルニアローズの競演(共艶?)をしばらく楽しむことができた。

Photo_2

さすがにカリフォルニアライラックはほとんど終わってしまったけど、今は次の共演者と舞台に立っている。

Photo_2 

次のパートナーは後ろの紫のクレマチスだ。

Photo_3

春に植えたばかりの若い共演者は、インテグリフォリア系のニューヘンダーソン。ラベルの色よりだいぶ濃い色の花が咲いた。かみさんは、『真っ赤なバラの近くに濃い紫はちょっと違うんじゃない。』みたいなことを言ってたっけ。でもまあ、僕はそれなりに満足なんで彼女の言うことは気にしてないんだけどね。

今年買ったフェンスにクレマチス。まだどこかちょっと違和感あるけど、来年はぐっと良い感じになるはず。ニューヘンダーソンもアルテシモとつり合いが取れるように育つだろう。

Photo

このコーナーは離れて見るとこんな感じ。

中央のネットは大事なブルーベリー4株を鳥から守るためのものだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

このアルテシモの前の記事はこちら。

5月17日

| | コメント (0)

2008年5月26日 (月)

カタログ販売の怖さ

息子が京成バラ園のカタログの中で一番気に入ったバラが、これ。フリュイテだ。なかなか良い色だ。

2_6

ちょうど今、玄関前を彩ってくれている。香りは強過ぎず弱過ぎずちょうど良いと、一重のバラ好きのかみさんの評価も高い。

1_7

それなのに息子は不満顔。どうも思った形ではなかったかららしい。息子はいわゆるバラのマークのバラ、綺麗な形の高芯剣弁咲きが良かったんだと。フリュイテだと花びらが多過ぎるし、花びらの先がちゃんと尖がっていないのが嫌なんだそうだ。さらに花ももう少し小さいほうが良かったんだと。

3_3

うちにやってくるお客さんの評判は上々なのに、選んだ本人は納得いかない。まさかこういう結果が待っているとは、僕も予想できなかった。

息子よ、カタログ販売(通販)だとこういう失敗は良くあるのだ。気をつけろよ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2008年5月25日 (日)

ジャーマンアイリスの秘密

ジャーマンアイリスの『ノーブル』が咲いた。

1_6

庭で3回目の春を迎えて株も立派になり、花数を多い。

山砂で土盛りされていた庭は、もともと水はけが良すぎるぐらい。さらにこの場所はヤマボウシに常に水分を取られてしまうのだ。それでもジャーマンアイリスはそんな過酷な境遇をものともせずに、平気な顔で大きく育ってくれる。まさにお手軽ガーデニングに欠かせない存在だと言える。

ジャーマンアイリスの花で面白いのはこれ。

Photo_4

花の中に可愛い毛虫が隠れているってこと。去年気づいたことだ。

2_5

僕自身は大発見だと思ったし、きっと息子も喜んでくれると思ったんだけど、面白くないとの意外な返事。

どうも僕に先を越されたのが不満みたいだ。どんな発見でも発見した本人が一番嬉しいものだからね。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2008年5月24日 (土)

適材適所の効果♪

1

今朝も息子は進んでイチゴの色付き具合をチェック中。品種はアイベリー。昨日食べた実は、買ったのより美味しかったと嬉しげに話してくれた。息子も満足、僕も満足。

2

それもダイソーで買ったこの鳥よけのお陰。

Photo

超低空で日夜パトロールを続けてもらっているせいか、今のところ鳥の食害は全くない。(鳥は鳥目だし、夜のパトロールは必要ないんだった。)

そんなことよりこの写真で自慢したいのが、クレマチスの苗の支柱を流用しているところ。半分の高さに切った支柱で果実を支えているのだ。こうすることでせっかくなった実をダンゴムシとナメクジに食べられずに済む。地面に着いていると、地面側には必ず穴を開けられちゃうから。

その分上空の鳥から見つかり易くなるんだけど、そこは鳥よけでカバーする作戦なのだ。

Photo_2

アイベリーのすぐ近くにはワイルドストロベリーも植えてある。でも、こちらは鳥よけのパトロール区域外。

ワイルドストロベリーの左にはチャイブも植えてあるのだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

このダイソーで買った鳥よけの前の記事はこちら。

5月20日

| | コメント (0)

2008年5月23日 (金)

簡単♪ホワイトアスパラ作り

まず最初の写真は、僕が作ったホワイトアスパラ作成装置を被せた日に撮ったもの。

4

被せて5日目、いよいよ外す日が来た。

1

ちょっとドキドキ。

せーのっ!

2

ジャーン! 見事なホワイトアスパラの出来あがり♪

3

朝日を浴びてさらに白く輝く姿はここからでも分かる。

で、肝心のお味の方だけど、一緒に採ったグリーンアスパラと同じようにホイル焼きして、塩をふって食べてみた。結果は微妙。息子にははっきりと美味しくないと言われてしまった。

不思議なのは、なぜかホワイトアスパラは苦味が強くなるってこと。

4

早速2本目を作成中。今度はレシピ通り、味付けしながら茹でてみるつもり。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

このホワイトアスパラ作成装置の記事はこちら。

5月16日

| | コメント (6)

2008年5月22日 (木)

夏花壇の兵たち

2_3

先々週、道路側のレイズドベッドを夏向けに植え替えた。

3_2

ほぼこのまんまで秋まで乗り切れるんじゃないかなって僕が期待している植物ばかりだ。

3_3

2

チューリップは抜いちゃったけど、ヒアシンスはもったいないので球根を掘り上げるつもり。ちょっと見苦しいのは、もう少しの辛抱。

新たに植えたのは、ヒアシンスの左に、メカルドニア、リナリア。右にユーフォルビアのダイヤモンドフロスト、ダーンベルグデージー、エリゲロン。暑さをものともしない兵達だ。

そして正面から見たらこんな感じ。

1_3

Photo

う~ん、あんまり変化していないような・・・。

まあ、本領発揮は1ヶ月先からだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2008年5月21日 (水)

新たな作戦

1_3

東側の通路に新しく設置したものがある。伸び過ぎて支柱だけではどうしてもだらしない姿になってしまうあの植物を育てるためだ。

2

それがこのオベリスク。高さ190cm。4980円也。

3

僕が中に植えたのはこれ。

トマトだ。品種はシシリアンルージュの兄弟品種で、生食でも旨みたっぷりの果実が味わえるというピッコラルージュ。

ひょっとしたら生のトマト嫌いの息子も喜んで食べてくれるかも。

4

反対側から見ると、こうして3本のコニファーと良い感じで並んでいるのだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2008年5月20日 (火)

名誉挽回のチャンスだぞ

1_4

奥のゴボウにトウが立ってきた。もうすぐ花を拝めるかもしれない。手前のラベンダーも蕾が色付き始めてきた。

そして中央にはダイソーで買った鳥よけが。ブルーベリーの実を守れなかったために一度はお払い箱になったのだが、僕はもう一度彼に名誉挽回のチャンスを与えることにしたのだ。

2_2

新天地での新たなミッションはこれ。

色付き始めたイチゴのパトロールだ。ブルーベリーの時と違って、超低空で任務に当たらせているから、今度は大丈夫だと思うんだ。

品種は大きな実をならすことで昔から有名なアイベリー。今度こそ僕と息子の期待に応えてくれよ。

でもじつは僕と違って息子は疑っているんだけどね。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

この鳥よけの前の記事はこちら。

5月5日

| | コメント (2)

2008年5月19日 (月)

エニシダの花はワサビの香り

お隣との西側の境界のエニシダが満開になった。

Photo

今日はこの場所の2年半の変化を紹介したい。

次の写真はこの冬に撮ったもの。

Photo_4

そしてこちらが去年の同じ時期。

Photo_5

そしてこれは1年半前の冬。

1_2

そしてこちらはこの家を購入した時の姿だ。

1

2年半経ってだいぶ庭らしくなったのが実感できる。

Photo

枕木のフェンスと比較すると、右のコニファーだっていつの間にか大きく育ってたんだな。

Photo_3

最後はエニシダの花のアップ。エニシダの花の香り、じつはワサビのつんっとする香りにそっくりなのだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

この場所の前の記事はこちら。

5月11日

| | コメント (0)

2008年5月18日 (日)

こんなに強いとは・・・

僕は粗放栽培主義者だから、庭で枯れずに生き残った植物は基本的に誰にでも簡単に栽培できる植物ばかりだってことになる。だから、予想よりも丈夫な植物に出会った時は嬉しいものだ。最近ではこのボロニア・ピナータ。

2_2

去年の春に9cmポットの開花鉢を植えたもの。夏越しも冬越しも心配していたんだけど、意外や意外、全く問題なくここまで大きく育った。

3_2

もっと早く咲くかと思ったら、自然開花が5月っていうのも意外だったけどね。

1_2

それにしてもマイナス10℃近くでも耐えられるなんて凄いじゃないか。もちろん土が乾きやすい鉢植えだったからで、だぶん地植えにしていたら枯れてしまったと思うけど。

1

この石のプランター、何だか無理して置かれているように見えるのには訳がある。それについての記事はこちら。2月25日

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2008年5月17日 (土)

願い事かなう♪

2

カリフォルニアライラックが散ってしまう前に、何とかアルテシモが咲いてくれそうな気配♪

3

パッと見、一重のバラとは思えないところが良いな。

4

一重だってこの迫力なのだ。

そして昨日のこと。

じゃーん。真っ赤な花が咲きました。

Photo

ほら、この通り。

やったぜ。カリフォルニアライラックの青とアルテシモの赤の競演が実現! 

2

う~ん、満足、満足。

Photo_2

カリフォルニアライラック花はもう、パラパラ散っていくばかり。アルテシモの開花を見届けて安心して一気に散っていっているかのようだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年5月16日 (金)

ホワイトアスパラ作成装置♪

2_2

これが何かと言えば・・・。

チャラララッララ~♪

ホワイトアスパラさくせいそうちぃ~!(ドラえもん風に)

僕の新発明だ。偉そうに言っても、アルミホイルの芯にアルミホイルほ巻き付け、ゴムで留めただけだけなんだけどね。これでホワイトアスパラを簡単に作れるんじゃないかって思いついてしまったのだ。

1

まだ土の上に頭を出していないアスパラの芽を探して・・・

3

このホワイトアスパラ作成装置を立てるだけ。中でアスパラが伸びて、ホワイトアスパラ作成装置が宙に浮いたら収穫適期だって算段だ。

さあ、果たしてうまくいくかどうか。お楽しみはこれからだ♪

4

それに庭にあっても案外違和感ないような・・・。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2008年5月15日 (木)

バラの敵ども

Photo_2

これはあの憎たらしいチュウレンジバチの幼虫が食べた跡。息子のフリュイテにたくさんたかりやがった。

Photo_4

大晦日に京成バラ園の売店で買った大苗を鉢に植えただけなんだから、株自体に既に卵が産みつけられていたってこと。これって品質的に問題ないんだろうか・・・。せっかく息子がカタログの中から一番のお気に入りを選んだっていうのに。(その時の記事はこちら。1月2日

Photo

遠目には良い感じに見えるシロモッコウ。植えて丸2年経って、ようやく落ち着いた雰囲気になってきた。そしてさすがは病気と虫に強いモッコウバラだ。チュウレンジバチの幼虫の気配もない。

な~んて僕が安心しきっていたら、いつの間にか別の敵に狙われていたのだ。

Photo

まずはハキリバチ。このように綺麗に口で切り取った跡があちこちに。で、ついにこの前犯行現場を目撃。その手口の鮮やかさに僕はおもわず感動してしまった。

これを切り取るのに要する時間はわずか3秒。あっという間の出来事だ。体長1cm程度の小さなハチの仕業にしては凄すぎる。偶然一緒に目撃した息子もかみさんもビックリ。重たそうに葉を抱えてフラフラ飛び去るハキリバチの姿を、親子3人でポカンと口を開けて見送ってしまった。

さらにこのシロモッコウ、別の敵にも狙われていたのだ。そいつに比べればハキリバチなんかは可愛い犯罪だと思う。

その敵の名はバラゾウムシ。せっかく膨らみかけた蕾に卵を産みつけ、花が咲かないように花首に傷までつけていく凶悪犯だ。こうして咲かずに萎れた蕾は数知れず。

Photo_3

この中には間違いなくバラゾウムシの幼虫が入っているわけだ。放っておくと来年はもっと増えて悲惨なことに違いない。さらに憎たらしいのは、僕の手が届かない高い場所に多く卵を産みつけているってこと。

週末はちゃんと脚立を立てて幼虫入りの蕾を全部採ってやるっ! だからそれまで羽化すんなよなっ!

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年5月14日 (水)

急げ、アルテシモ!

通路の砂利や芝の上に小さな水色の花がらが目立つようになってきた。

2_2

まずいぞ、まずいぞ。もうカリフォルニアライラックが散り始めてきちゃった。

1

アルテシモの蕾もだいぶ膨らんできたけど、まだ固い感じ。

あと何日で咲いてくれるだろう。頼むから、僕にカリフォルニアライラックとのツーショット写真を撮らせておくれ。

3

それにしてもこの3日間の寒さはどうだ。この寒さがカリフォルニアライラックの花をもたせる方に強く働くのか、それともアルテシモの花を遅らす方に強く働くのか、どっちか知りた~い。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年5月13日 (火)

とっても気分がいいな♪

1_2

これはシロツメクサではない。普通の葱坊主よりずっと小さいけど、京野菜でもある九条ネギの葱坊主なのだ。

2_3

僕はこうして庭に植えた野菜はみんな、花まで咲かせてみることにしているのだ。

1

こちらはネギではない。九条ネギの奥にあるのは、まだまだ小さい赤タマネギ。品種名は湘南レッド。なんと神奈川県農業総合研究所が育成した品種なのだ。

しょうなんだ。(ひとりボケ♪) 

昭和36年生まれだってことだから、僕より年上。

あっ、しょうなんだ。(ひとりボケ♪)

2_2

ちょっと肥大し始めたかな。この調子だと収穫は6月末頃だろう。

忘れちゃいけない。庭にアリウムはもう1種類あった。

Photo_2

薄紫色の花が可愛いチャイブ。日本では野菜というよりハーブとして有名だけどね。

Photo_2

このチャイブ、手前はイングリッシュデージーとワイルドストロベリー、奥は斑入りのタニウツギとバラに囲まれたところに肩身が狭そうに植えられている。

バラとチャイブはコンパニオンプランツで、チャイブがバラのアブラムシや黒星病を防いでくれるんだそうだ。

僕は偶然、バラのそばにチャイブを植えてたってこと♪ 何だかとっても気分がいいな♪ 

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2008年5月12日 (月)

こんなに大きくなりました♪

1_2

2年とちょっと前に植えた時はこんな感じだった。

Photo_11

フェイジョア2株の奥の小さな苗がカリフォルニアライラックだったのだ。

2_2

それがこんなに立派に育って。ちょっと感動ものだ。

隣の鉢植えのバラは、真っ赤で一重のアルテシモ。

3_2

カリフォルニアライラックの青とアルテシモの赤の競演が見られるかどうかは微妙なところ。

カリフォルニアライラックが散る前に咲いてくれよ、アルテシモ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年5月11日 (日)

とっても得した気分♪

西側の境界は今こんな感じ。

1

駐車場のコンクリートと境界の間は、わずか30cm。土の量も限られている。それでもこうして立派に育ってくれる植物達に感謝。

と思ったけど、ライラックだけは今年も花を咲かせてくれなかった。何でだ?

2

タニウツギだって良い感じ。

3

エニシダの成長の速さには驚かされる。たった2年でこんなに大きく育ってしまった。一方で左のキンマサキはほとんど変化がないような・・・。

4

じつはこの枕木のフェンス、隣のお宅のもの。でもまるで我が家の一区画のよう。雰囲気の良い借景になってくれているのだ。何だかとっても得した気分♪ 

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2008年5月10日 (土)

カマッシア&エリシマム

3_5

エリシマムのシトローナがますます綺麗♪

2_4

黄色とオレンジの品種があるんだけど、こんなに良い花だとは知らなかった。寒さに強いし、結構大きな株になるし、香りも良いし、冬花壇にもっとお勧めしたい植物だ。

1_4

最初の写真を反対側から見たら、こんな風。

エリシマムとハクロニシキの間に咲いている花が分かるかな。

それはこれ。

1_5

カマッシア・クシキー。北アメリカ原産の秋植え球根だ。

ハクロ二シキの白の前なら薄いブルーが映えるだろうと計算して植えたのに、じつはあんまり目立たなかった。

3_6

カマッシア・クシキー。僕は初めて育ててみたんだけど、何とも言えない魅力的な色の花だなぁ。ケチって2球じゃなく、もっとたくさん植えとけば良かった。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年5月 9日 (金)

驚きのカリフォルニアライラック

今、うちの庭で日に日に存在感を増している植物がある。

2

それが中央のカリフォルニアライラック。

1

今は七分咲きってところだ。

驚きなのは、年に数回マイナス10℃近くまで下がる北関東のこの辺でも、問題なく冬を越してくれるってこと。カリフォルニアライラックは、想像よりずっと寒さに強いらしい。

まあもちろん、少しでも寒さが和らぐように、僕が南向きの家の壁でエスパリエ風に仕立てているってこともあるんだろうけどね。

3

昔からそうだけど、やっぱり僕は青い花に一番惹かれるなぁ。

Photo

これは10日ぐらい前の写真。この2年間の息子の成長も驚きだが、このカリフォルニアライラックが、ポット苗から2年間でこんなに育ったのも驚きだ。

それから忘れちゃいけない。害虫や病気の心配を全くしなくて良いのも凄いところ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (3)

2008年5月 8日 (木)

長緑&ピッコラルージュ

花を咲かせたカツオナを撤去した後はこんな風になった。

Photo_3

昨日紹介したインゲンの手前に植えたのは、変わり者のナス。両脇のイングリッジュデージーはそのまま残して、もう少し活躍してもらうつもり。だからせっかく膨らんだ果実も全部取ってしまった。

Photo_2

左がカツオナの後に植えた緑ナスの長緑。皮がナス紺色にならずに緑色になってしまう変わりものだ。きっと息子が驚くぞ♪

そして右側がミニトマトのピッコラルージュ。ピッコラルージュは、去年から加熱すると超美味しいと大々的に宣伝されているシシリアンルージュの兄弟で、生食にも向く品種らしい。

ちなみにこの支柱はどこかで見たことがないかな?

じつはクレマチスの苗の支柱なのだ。僕はちゃんとこんな風に再利用もしておりますぞ。

Photo

でもピッコラルージュの方はまだ植える場所が空かないので、もうちょっと鉢植えで辛抱してもらおう。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年5月 7日 (水)

ツルあり? それともツルなし?

ゴールデンウィークも日直やら研修やら勉強やらでろくろく休めやしない。でも、ここで庭に手を入れておかないとこの先哀しいことになってしまう。

今の庭は去年の秋に手をかけたおかげでもっているんだから、過去の遺産を食いつぶしているようなものだ。その遺産ももうすぐスッカラカン。

まずいぞ、まずいぞ。1日ぐらいは真剣に庭いじりに打ち込まないと。

1_3

気が付けば、いつの間にかアオダモが葉を広げていた。

この写真は中央のカツオナを撮ったもの。

2_4

まずは僕より背が高くなってしまったカツオナを撤去。

その後ろには、去年の春にはスナップエンドウを、そして夏にはプリンスメロンを絡ませた支柱があるのだ。ちなみに一昨年はアピオスだった。

3_2

僕がカツオナの後に植えたのは、このフェンスに絡ませるインゲン5株。もちろんツルあり。インゲンはかみさんのリクエストだ。

やっぱインゲンはツル無しより、硬くなり難くって美味しいツルありでしょ。家庭菜園には手のかからないツル無しを薦める本も多いけど、せっかく作るなら美味しいツルありを選んだ方が得なんじゃないかな。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2008年5月 6日 (火)

ブルーベリーはこう守るのだ

ダイソーで買った鳥よけの効果が無かったことについて、僕は息子とかみさんの2人から責められたのだ。ふたりとも口を揃えて、『だから早くネットを張ったらって言ったじゃない。』 

特に最近叱られてばかりの息子は、この時とばかりに僕を責め立てた。

はいはい、私が悪うございました。張らせて頂きますとも。

せっかく綺麗になってきた庭に無粋なネットを張るのが、僕は惜しかっただけなんだから。

1_2

で、こうなりました。じつはこのネットは役立たずだった鳥よけの鳥と一緒に買ってきていたもの。僕だって結構用意周到な方なのだ。

我が家では去年から果樹はこうして守ることにしたのだ。手前のスペースには、サクランボやスモモも避難させる。でも去年ネットを張ったのは6月3日。きっとあの頃はまだ鳥も家にブルーベリーがあるって気づいてなかったんだろう。

ちょっと待てよ。ってことは、鳥は去年色付いた果実を食べて、それを覚えていたってことか。

2_2

反対から見るとこんな感じ。

う~ん、やっぱり雰囲気はちょっと壊れちゃうなぁ。でも美味しい果実を食べるためなんだから、2ヶ月ぐらいは辛抱しなくっちゃ。

家庭の平和のためにもね。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

去年のネット張りの記事はこちら。

2007年6月4日

| | コメント (0)

2008年5月 5日 (月)

受粉したブルーベリーがぁ・・・

朝出勤前に庭を眺めること。1日で幸せな時間かもしれない。実際には、最近では殺生(アブラムシ潰し)が日課になっているんだけど・・・。

今朝もブルーベリーをチェック。ダイソーで買ったあの新兵器のお陰で、この2日間は鳥に花を食べられなかった。

ところがだ。今朝見ると、様子が変だったのだ。

1

無いっ! 花が無いっ!

3_2

ここも、あそこも! 

2

うわっ、あっちまで! 

3 4 

芝の上には、僕を馬鹿にし、犯行を誇示するかのような跡が。

Jpg

どうも右端のネオスパルタンと中央のサンシャインブルーの右側ばかりを狙ったらしい。

くそっ! 敵は相当の知能犯だぞっ!

でも、あいにく今日は出勤日。もう時間がない。

待ってろよ。・・・・・。いや、今日は来るなよ。明日一番で目にモノを見せてやるからな。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

この鳥よけの最初の記事はこちら。

5月3日

| | コメント (6)

2008年5月 4日 (日)

去年植えたオダマキ

庭づくりを始めて3年目の春もまっさかりとなった。まだまだ若い庭だっていう感じがあちこちに残っているけど、見られて恥ずかしい部分はかなり減ってきたのが嬉しい。

Photo_4

北関東の今年の春はとっても暖かい。これだけ暖かいのはこの20年間で記憶に無い。普通はゴールデンウィークは朝晩は肌寒いぐらいなんだからね。庭の植物の開花も、記録的な暖冬だった去年よりも2週間近く早い感じだ。

Photo_3

去年の春に苗を買って植えたオダマキが、一気に花を開かせていた。一年草的に種子から生産・販売される安い宿根草は、買って満足、植えて満足のお買い得商品だと思うんだな。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2008年5月 3日 (土)

ブルーベリーに非常事態発生!

息子と2人でせっせと交配してきたブルーベリーに非常事態発生!

2_4

何者かに受粉したばかりの花が摘まれたのだ!

3_2

ほとんどすべて。それも果実になる部分までだ!! 

5_2

大ショック!!!

そして犯人のものと思われる証拠物件を発見!

Photo_3 

鳥のフン。

ひょっとしたらタケノコハクサイ食い逃げした奴と同一犯かもしれない。早く手を打たなければ。もし同一犯だとしたら、とことん食べてきってしまうに違いないからだ。

一刻の猶予もならんと、僕はダイソーに走った。

そして105円で手に入れたのがこれ。

1_3

2_3

これで、どうだっ!

新兵器が常時パトロール中だぜいっ♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

このブルーベリーの前の記事はこちら。

5月1日

| | コメント (4)

2008年5月 2日 (金)

カツオナ開花♪

東側の通路から見た庭は、今こんな風。

1

中央の背の高い草は、カツオナ。九州の一部で作られている地方野菜なのだ。

真冬にはその菜の通り、カツオ出汁なしで美味しい味噌汁ができて感激したものだ。でも温かくなってからはなぜかエグミが出てきてしまい、僕のカツオナ熱は一気に冷めてしまった。どうも冬に美味しい野菜のようだ。

ここまで背が高くなっても、何とか庭の雰囲気を壊さないでいてくれたと思う。

2

実際にカツオナの高さがどの位あるかは、小3になった息子に物差しになってもらおう。約160cmってところかな。

僕は庭に植えた野菜はすべて花を見てから処分することにしているので、じつはこのカツオナもあと数日で抜かれる運命なのだ。

その後はかみさんのリクエストのインゲンを植えるつもり。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

このカツオナの前の記事はこちら。

1月30日

| | コメント (2)

2008年5月 1日 (木)

簡単♪ブルーベリーの受粉

ブルーベリー4品種が次々咲き始めた。

良く見るとスズランのような花がみんなちょっとずつ違う。可愛らしさも4者4様ってわけか。そしてお味の方も・・・。

Photo Photo_2

   ネオスパルタン           サンシャインブルー

Photo  Photo_2

     ブルーレイ               パトリオット    

1_2

息子が何をしているかと言えば、交配。採りたてのブルーベリーの旨さを知ってしまった彼が、こうして自発的に交配してくれるのだ。

2_2

交配は簡単。壷型の花の下に人差し指の爪を出して、右手で花を軽くはじくと花粉が爪の上に落ちてくるのだ。そしてその爪を別の品種の花から少し飛び出ている雌しべにつけるだけ。

1回花粉を爪に乗せたら10花以上楽に受粉できる。

息子よ、頼むぞ。僕が編み出したこの方法で、咲いた花全部に実をならすのだ♪

おまけに、ちょっと前にサクランボの交配をしてくれた時の写真も。

Photo

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

このブルーベリーの前の記事はこちら。

3月29日

| | コメント (6)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »