« フェンスを飾るのは・・・ | トップページ | ワサビはあって嬉しい♪ »

2008年4月 2日 (水)

決め手はバニラの香り

パパの日記(4月1日)

このトウネズミモチは、我が家を買った時に植えられていたもの。乾燥してばかりの砂地に植えられていたために、枝がだいぶ枯れこんでいた。これでも僕がそれなりに土壌改良したお陰で、枝は増えた方なのだ。

あまりにもみすぼらしい姿だったので、目くらましになればと思って植えたのがクレマチスの『踊場』。去年の写真はこちら

2_4

1_4

このトウネズミモチの株元。左が3年目を迎えるテキセンシス系の『踊場』。『踊場』だけではまだ物足りなかったので、右側にはモンタナ系の『スプネリー』を週末に植えてみた。じつはこの『スプネリー』、僕がモンタナ系の品種をどれにしようか迷ってしまったので、息子に決めてもらったものなのだ。息子の決め手は単純。「バニラの香りがする」の宣伝文句にいちころ。

Photo_4

こちらのフェンスでは、ちょっと変わったバラ 『レディー ベンザンス』とインテグリフォリア系のクレマチス『ニューヘンダーソニー』を合わせることにした。

白い鉢に植わっているバラは、去年の春に買った一重の赤『アルテシモ』。鉢の手前の白い花は、サギゴケ。去年の春から探していて、最近ようやく手に入れたものだ。

左側の木は、3年目に突入するカリフォルニアライラック。今年の開花時期は、青い花が相当見ごたえあるんじゃないかな。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

|

« フェンスを飾るのは・・・ | トップページ | ワサビはあって嬉しい♪ »

パパの日記2008」カテゴリの記事

宿根草」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フェンスを飾るのは・・・ | トップページ | ワサビはあって嬉しい♪ »