« キバナカタクリ | トップページ | これって良くない? »

2008年4月23日 (水)

ド根性タケノコハクサイ

2月下旬に、鳥に(たぶん・・・)ほとんどすべてを食べつくされてしまったタケノコハクサイ。それも芯の芯までだ。せっかく順調に育っていたのに・・・。

3

僕はあまりのショックで、かみさんの冷たい視線を感じつつも、掘って捨てる気になれず、そのまま放って置くことにしてしまったのだ。

そして4月を迎えたら・・・。

Photo

こんな姿になりました。

凄いっ! これぞ復活! 生命の神秘。いや、ド根性だ! 

さらに昨日、何事もなかったかのようにこうして花を咲かせたのだ。あんな惨めな姿にされても、子孫を残すという目的を果たそうしたタケノコハクサイに、僕は大事なことを教わった気がした。

Photo_2

ところが、花を確認したところで僕は急に責任を果たした気になり、このタケノコハクサイの株を引っこ抜いてしまったのだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

このタケノコハクサイの前の記事はこちら。

2月20日

|

« キバナカタクリ | トップページ | これって良くない? »

パパの日記2008」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キバナカタクリ | トップページ | これって良くない? »