« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

道路側はこんな風

庭を家の正面の道路から見ると、今はこんな風に見えるのだ。

1

僕の理想の庭は、散歩をする人が毎日前を通るのが楽しみになるような庭。そして家族には毎日発見があるような庭だ。外から見たら小奇麗で、中から見たら居心地良くって面白い、そんな庭にしていきたいなぁ。

1_3

この写真は昨日と同じで、ゲッケイジュとピラカンサの間から庭を覗いた景色。昨日は左を写したけど、今日は右側を。

5本植えてあるベニバナトキワマンサクのうち、手前の3本はかなり花が咲いた。それなのに奥の2本はまだ蕾。どうしてかって言うと、キンメツゲの陰になっているから。西日が当たらないだけでもこれだけ開花の差が現れるんだから、トキワマンサクも見かけによらずデリケートな奴らしい。

3

オレンジのエリシマムが綺麗なので1枚アップを。こぼれダネから育ったイングリッシュデージーも可愛い。

おっ! 真ん中にはイキシアが。あれっ、待てよっ。確かここに植えたのはイキシア・ヴィリディフローラのはずなのに・・・。違う花が咲いているじゃないか。

Photo_3 

このイキシアは何なんだ? ヴィリディフローラのラベルは残っているから、商品(球根)の間違いかもしれない。でも園芸品種のイキシアも一緒に買って植えてるし。結果はもう一種類が咲いてから。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2008年4月29日 (火)

道行く人が見た庭

一応うちの庭は道行く人の目を楽しませるようにと考えているつもりだ。でもあまりに見通しが利いてしまうのも庭に居て落ち着かないし、その加減が難しい。

3

この写真は東側の道から見たところ。庭は道路より50cmぐらい高くなっており、ベニバナトキワマンサクが生垣になっている。

2

こちらは南側の道路から前の写真の奥に見えた花壇を見たところ。ピラカンサとゲッケイジュの間から見るとこんな景色になる。

黄金コデマリとヒューケラ『キーライムパイ』の黄緑色が眩しい。

4

何が植えてあるかというと・・・。

レタスにロケットサラダにアスパラガス。収穫の楽しみを味わうためにも、さりげなくどこにでも野菜を植えてしまうのが僕流ガーデニング。どこに植わっているかわかるかな?

5

ヒューケラ『キーライムパイ』は去年植えた株。思ったほど大きく育たなかった。この品種にはちょっとこの場所は日差しが強すぎたようだ。でもオブリエチア、ネメシア、銅葉のセダムとのコントラストは良い感じ♪ オブリエチアも2年目の株だ。

4

3年目のアスパラガス。もうすでに僕ら家族の舌を楽しませてくれている。今年はまだまだたくさん採れそうだ♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年4月28日 (月)

ちょっとした達成感あり♪

保育園での園芸ボランティア25(ちょっとした達成感あり♪)

入園式には間に合わなかったけど、保育園のチューリップがようやく見頃になった。去年の6月から僕が1人でボランティアを買って出ている近所の保育園だ。

1_4

この日は久々に園長先生に会った。お世辞抜きで大喜び。園長先生は僕のお陰で、毎朝花の生長と変化を観察するのが楽しみになったそうな。きっと他の先生達もそうだろうし、園児たちもそうだろう。送り迎えの親御さんたちだってそうに違いない。

僕のお小遣いでこれだけ喜んでもらえるなら、やりがいもあるというものだ。

Photo_2

去年の秋にはこんなに殺風景だった花壇が、ほらっ、この通り。

2_3

やはり子供が集まるところには花がたくさん咲いていて欲しいもの。

2_2

エリシマムとチューリップとビオラ。ありきたりかもしれないけど、保育園らしくと良いと思う。チューリップの後ろに、チューリップより背が低いエリシマムを持ってきたところがポイントかな。

3_2

あれっ!? 変なチューリップが1つ。なんでだ?

あっ、そうか! きっとSさんのいたずらだな。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

一人ぼっちの園芸ボランティアに、ボランティアの輪が広がるクリックを。いつも応援ありがとうございます。

この園芸ボランティアの前の記事はこちら。

3月31日

| | コメント (2)

2008年4月27日 (日)

アラビアンミステリー

黄金シモツケの新緑が綺麗だ。その奥の切花用チューリップとのコントラストもなかなかだと思う。

1

黄金シモツケに負けず、このチューリップも綺麗だ。さすがは『花時間』お勧め品種だけある。名前はアラビアンミステリー。じつはこれは売れ残りの特売品を買ったもの。値段は4球199円也。お買い得だったな♪

後ろのマジカルミラクルローズを植えたコンテナからセラスチウムが溢れんばかりになっている。ちょっと肥料が多かったような・・・。

2

道路に面した南側の一角は今こんな感じ。中央のミニチューリップ、チオノドクサ、キバナカタクリはもう終わってしまったけど、こぼれダネから育ったデージーがカバーしてくれている。

芝の中に植え込んだクロッカスとミニアイリスの葉が伸びてちょっとうっとうしい。でもしばらく我慢我慢。そうすれば来春はもっと花が増えるんだから。

チューリップの後ろの葉はキバナノコギリソウ。

右の茶色の葉は、ヒューケラ『キャラメル』。日当たりの良過ぎる場所植えてしまったかなって心配だったけど、夏越ししてこんな大きく育った。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年4月26日 (土)

今朝は良い雰囲気♪

カエデの葉が一気に展開し、庭に奥行き感が出てきた。

1_2

お手軽ガーデニングは、球根の他に宿根草や樹木の活躍無しには成立し得ない。

2

ここからみても、やはり中央のゴボウの大きな緑の葉が印象的だ。ゴボウの葉で魅せる庭なんて、きっとうちぐらいじゃないかな。ちょっと自慢♪

手前の淡い桃色はクロフネツツジ。やはり僕は、常緑のツツジよりも落葉のツツジの方が好きだ。でも、ヤシオツツジは高くて手を出せずにいる。

Photo

明け方まで雨に濡れていた花が、今朝は妙に色っぽく見えた。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2008年4月25日 (金)

後悔する?しない?

1_4

庭に植えて3度目の春を迎えたタイツリソウ。この1週間で一気に大きくなり、大量の鯛を釣り上げた。今年も大漁、去年以上だ。

僕は本当はこの場所に白花のタイツリソウを植えたかったのだ。だって白花のタイツリソウは何にだって引き立ててくれる名脇役だし、主役もこなせる芸達者だから。

だけど白花は普通のタイツリソウより弱いし、引っ越してきたばかりでまだ庭の環境も良く分からず、ついつい弱気になってピンクの方を買ってしまった。だから僕はこの生育旺盛さを見るにつけ、白花でも十分育っただろうなとちょっと後悔しているのだ。

2_3

でもまあ、息子はこの花の形と名前がとても気に入っているし、良かったということにしておこう。もし白花だったら鯛っぽく見えなくなっちゃうからね。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年4月24日 (木)

これって良くない?

1_2

東側の花壇も賑やかになってきた。エリシマムの花数も一気に増え、タイツリソウも一気に鯛をたくさん釣り上げた。

でも何と言っても目を引くのは左側の大きな葉の植物。真ん中のスイスチャードですら肩身が狭そうに見えてしまうこの植物。じつはゴボウなのだ。

2_2

この角度から見たって、このゴボウがなかなかの迫力。想像以上に良い雰囲気なので、僕は満足満足。

4

忘れちゃいけない。スイスチャードも瑞々しい葉に変わって良い感じ。その手前の緑の葉は、秋に植えたレタス。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年4月23日 (水)

ド根性タケノコハクサイ

2月下旬に、鳥に(たぶん・・・)ほとんどすべてを食べつくされてしまったタケノコハクサイ。それも芯の芯までだ。せっかく順調に育っていたのに・・・。

3

僕はあまりのショックで、かみさんの冷たい視線を感じつつも、掘って捨てる気になれず、そのまま放って置くことにしてしまったのだ。

そして4月を迎えたら・・・。

Photo

こんな姿になりました。

凄いっ! これぞ復活! 生命の神秘。いや、ド根性だ! 

さらに昨日、何事もなかったかのようにこうして花を咲かせたのだ。あんな惨めな姿にされても、子孫を残すという目的を果たそうしたタケノコハクサイに、僕は大事なことを教わった気がした。

Photo_2

ところが、花を確認したところで僕は急に責任を果たした気になり、このタケノコハクサイの株を引っこ抜いてしまったのだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

このタケノコハクサイの前の記事はこちら。

2月20日

| | コメント (0)

2008年4月22日 (火)

キバナカタクリ

気づかぬうちにキバナカタクリが咲いていた。

Photo

アメリカ出身のキバナカタクリだけど、思ったよりは控えめで、日本のカタクリらしさもちゃんと持ち合わせていてくれたのが、僕には嬉しかった。

どんな場所に植えたかと言えば、ここ。

1

赤のミニチューリップの横に植えてみていたのだ。左手の黄色い葉は、黄金葉のシモツケ。

2

角度を変えてみるとこんな風。この1週間でコンテナに植えてあったセラスチウムが一気に大きくなった。ベロニカも満開間近だ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2008年4月21日 (月)

完璧だ~っ!

やった~ぁ! サクランボ3品種(紅秀峰、さおり、佐藤錦)の開花をぴったし揃えてみせたぜっ!

1

左が佐藤錦、中央が紅秀峰、右がさおり。

これだけ思い通りにうまく行くと気分が良い♪

去年の結果から、紅秀峰は佐藤錦より10日ぐらい開花が早い感じだったので、紅秀峰だけ家の北側の全く直射日光の当たらない場所に置いていたのだ。

さおりは今年が初めて開花だが、佐藤錦とほぼ同じ時期に開花する品種のようだ。アメリカンチェリー並みの大きさになるというから楽しみ。それに、さおりは自分の花粉で実をならせる自家不和合性の品種だってこともポイントが高い。これまでのサクランボの品種はは、美味しくない暖地を除いて、必ず2品種植えて互いの花粉を用いて交配しなければ結実しなかったからだ。

1本で美味しい実がならすさおりは、ベランダ園芸の楽しみを広げる救世主なのかもしれない。ベランダでサクランボを2種類育てるのは、結構辛いと思うし。

ちなみにこの日、僕が早速交配してみたのは言うまでもない。

2

雨の日にはこうして玄関ポーチに避難させる。貴重な花粉が雨で流されないようにするためだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

このサクランボの前の記事はこちら。

4月10日

| | コメント (2)

2008年4月20日 (日)

ライラックワンダー

去年から据え置きのミニチューリップ『ライラックワンダー』が咲いた。 

2

晴れの日よりも、こうして小雨が降るような日に良く似合う品種だ。

1_2

じつはこうして駐車場の片隅に植えられていたのだった。こんな場所に放置されても、ちゃんと翌年に花を咲かせてくれるなんていじらしいじゃないか。僕はこのライラックワンダーをかなり気に入っている。だからまた来年も頼むぞ。

お恥ずかしながら、近くに植えたバラのプレイガールは調子が悪いままだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

このライラックワンダーの去年の記事はこちら。

2007年4月10日

| | コメント (2)

2008年4月19日 (土)

モモもならすぞ!

1_3

我が家の果樹でスモモの次に咲いたのはモモ。品種は白鳳だ。白鳳は自分の花粉で実をならせてくれる(自家和合性な)ので、1本で済むのがありがたい。

スモモの開花にはあまり興味を示さなかった息子も(去年うまくならせられなかったので)、モモの開花には大喜び。やはり過去2年間それなりの味の果実を収穫できたのが大きいようだ。

摘果、袋かけ、収穫。彼の頭の中にはちゃんと楽しい記憶が刻まれている。植物好きの親としては、シメシメだ。

2_3

花は文字通り桃色。スモモよりも2回り以上大きな花だ。

今年は誘惑に負けず、家族に1個ずつ。3個だけしか残さないつもり。大きな美味しい実をならすためだ。去年はついつい家族に2個ずつって欲張っちゃったのが失敗だったみたいだから。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2008年4月18日 (金)

この姿の方が魅力的♪

1

僕は咲いたチューリップより閉じたチューリップの方が断然好きなのだ。株元のチオノドクサ・ルシリアエも満開。この写真では分かり難いけど、じつは3種類植えてある。

1_2

ブルーのチオノドクサは、お馴染みギガンティア。ちょっと花が小さい白い方は、アルバ。

2

そして、こちらの薄ピンクは、ピンクジャイアント。

そうそう、チューリップの花が開いたり閉じたりするのは、明るさによるのではなくって、温度によるのですぞ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

この場所の前の記事はこちら。

4月16日

| | コメント (0)

2008年4月17日 (木)

なんと妖艶な・・・

この冬、僕が庭に植えたハボタンはたった1株だけだった。それがトウ立ちし、今、妖艶な魅力を醸し出しているのだ。

1_4

ここまで葉が白いと、人間から見て植物らしさを失ってしまうらしい。人間が白くて人間らしさを失うと幽霊に見えるしね。これと同じような感覚なのかもしれない。

2_4

でも大丈夫。葉は真っ白でも蕾は緑。僕はこれを見て、なぜかちょっとホッとしてしまったのだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年4月16日 (水)

次々と良い感じ♪

Photo_5

植えて3回目の春を迎えたベロニカ『オックスフォードブルー』が咲き始めた。

その奥の2年目のミニチューリップが満開だ。秋に買った球根ではないため、花の大きさがやや不揃いになったが、それはそれで味があって良い感じ。

Photo_4

脇を固める3種類のチオノドクサとの相性も良かったと思う。

Photo_7

左のデージーは、イングリッシュデージーとチロリアンデージーの雑種。両親がうちの庭で勝手に子供を作ってしまったのだ。こちらも良い感じ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2008年4月15日 (火)

良い感じになってきたぞ♪

1_5

ここの東側の花壇もようやく花の密度が増えてきた。

左の大きな葉は、ゴボウ。存在感たっぷりだが、意外と違和感なく良い感じで庭に馴染んでいる気がする。ゴボウが植わっている花壇なんて、きっと珍しいんじゃないかな。ちょっと自慢・・・。

中央の銅葉のスイスチャードも温かくなってきたせいだろう。最近になって急に葉の色が緑に変わってきた。

2_5

手前の白い花は、こぼれダネから育ったイングリッシュデージーとポンポンデージーの雑種。黄色い花はエリシマム。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

この場所の前の記事はこちら。

3月28日

| | コメント (0)

2008年4月14日 (月)

ちょっと変わったぞ!

パパの日記(4月13日)

この赤いミニチューリップは、一昨年の秋に植えて夏に掘り上げたもの。2年目になってもしっかり花を咲かせてくれた。

1_2

でも、花がちょっと去年と違う雰囲気なのだ。全体的に花弁が細くなったような・・・。さすがに球根の生産適地と比べたら、うちの庭の環境は苛酷だったんだろう。ストレスが花弁に出たって訳だ。

2_2

まあ、去年より球根の数も増えたんだし、花びらが多少細くなろうが僕にはちっとも構わない。

日光で、透けた花弁も~♪ 綺麗だな~♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

去年のこの場所の記事はこちら。

2007年4月13日

| | コメント (0)

2008年4月13日 (日)

僕のお気に入り

パパの日記(4月13日)

2

ようやくムスカリ・ラティフォリウムが咲きそろった。僕が一番好きなムスカリだ。

よく見かけるムスカリ・アルメニアナムも綺麗だけど、最近では当たり前すぎて面白みに欠ける。さすがに公園とかの大面積にアルメニアナムが植えられている姿は見事だと思う。でも一般家庭の庭を飾るには、表情豊かなラティフォリアの勝ち。

Photo

奥に見える我が家で一番早咲きのクリスマスローズは今、こんな風。

1

最後は角度を変えて、再びムスカリ・ラティフォリウム。

かみさんが似合わないんじゃないかって警戒していたピンクのヒアシンスとの相性も、良かったと思う。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2008年4月12日 (土)

他人の空似

パパの日記(4月12日)

息子の奴、またサッカーボールを出しっぱなしにして遊びに行きやがって。

2

おっ!

1

知らなかった~。アサギリソウがサッカーボールに似てたなんて。

これぞ、他人の空似だ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2008年4月11日 (金)

息子を植えてしまうのだ♪

パパの日記(4月10日)

僕には去年からとっても気になっていたクレマチスの品種があったのだ。偶然にもそれをホームセンターで発見。

もちろん迷わず買ってしまった。今年はもうこれ以上クレマチスを増やすつもりはなかったのに・・・。

1_2

僕が欲しかったのは、日本生まれの『晴山』という品種。

2_2

じつは僕の息子と同じ名前だったから。

はるくんと呼んでいる息子は、晴山(はるたか)というのだ。

ちなみにこのクレマチスの方は、せいざんではなくって、はるやまと読ませるそうな。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2008年4月10日 (木)

スモモの失敗は○○○で・・・

パパの日記(4月9日)

スモモは今年4兄弟に増えたけど、サクランボの方は3兄弟のまま。

Photo_3

この写真は長女のさおりと次男の佐藤錦。どちらもいつも日向に置いてある。

長女のさおりは1人で実をならせられるしっかり者。でも佐藤錦は駄目なのだ。ひとつ年上の長男紅秀峰がいないと決して実をならさらさない。それに早起きができないのも困り者。

だから我が家には紅秀峰と佐藤錦の2品種があるわけなんだけど、大きな問題がある。紅秀峰の方がずっと早く咲くので、花が散った頃に佐藤錦が咲くってこと。

さおりの方は今年初めて花を咲かせるはずなので、開花期はまだわからない。

Photo_4

こちらは佐藤錦の花芽。ようやくほころんできたところだ。

1_3

こちらは北側の全く日が当たらない場所に置かれた紅秀峰。かなり過酷な環境だ。でもこの紅秀峰、去年は朝日だけは当たる場所に置いてみて、それでも佐藤錦よりずっと早く咲いてしまった。だからちょっと哀れだけど、開花を合わせるためのやむを得ない措置なのだ。

2_3

でもそのお陰で蕾の肥大はゆっくりになり、今では佐藤錦とほぼ同じぐらいの状態になってきたぞ♪ もうちょっとの辛抱で開花はぴったり。大成功が見えてきた♪ 

スモモの失敗は、サクランボで取り返させてもらうぞっと。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年4月 9日 (水)

スモモの交配・・・

パパの日記(4月8日)

日曜日に、スモモ4兄弟の年に一度の晴れ姿を撮った。

Photo

左から、貴陽、ハリウッド、紫峰、太陽。

小さい鉢のハリウッドは、花粉用としてこの春に買ったばかり。それなのに9個かなかった蕾は、他の品種が咲く前にみんな咲いてしまった。それでもかろうじて、貴陽と紫峰と太陽に少しずつは交配できた。でも、交配数が少ないので何個なるか不安大。

ちなみに太陽、貴陽、紫峰の開花順だった。これら3品種間の交配では実がならないのは去年確認済。だから、いくらこの3品種が花をたくさん咲かせてくれても、もうどうしようもないのだ。

無念・・・。

Photo_2

こちらは青空に映えるスモモの花。

青空だけに、品種はもちろん『太陽』だ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2008年4月 8日 (火)

出たぁ~!

パパの日記(4月7日)

出たのだぁ~。それも突然に。

確かに前日には、その存在は確認できなかったから、一夜にしてだ。

2

出たのは庭のアスパラガス。

1

土を持ち上げて、ぐいっと出てきた。

これは最近流行りの紫アスパラではない。れっきとしたグリーンアスパラなのだ。なのになぜか紫色。まだ朝晩は冷えるからだろうか。

今年はいったい何本収穫できるだろう。

採りたてのアスパラの甘さって最高なんだから。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年4月 7日 (月)

う~ん、いい匂い♪

パパの日記(4月6日)

1

ただのヒアシンスと馬鹿にするなかれ。

僕もヒアシンスを自分で植えるのは、それこそ30年振りぐらいなんだけど、良いものだと再認識したんだから。何となく小学生の水栽培用の植物っていうイメージが強いけれど、香りの植物として考えると相当に優秀なのだ。

2

家の前を散歩コースにしている人も、きっとこのヒアシンスの香りを喜んでくれてるんじゃないかな。『う~ん、懐かしい匂い♪』って。

この空色の品種の名前は、うっかり控え損ねてしまった。代わりにと言っちゃあ何だけど、ヒアシンスは漢字で書くと、風信子。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年4月 6日 (日)

秋植え球根たち

パパの日記(4月5日)

秋植え球根たちが一気に芽を出してきた。この10年前ぐらいから球根の値段が一気に安くなったので、昔と比べると気楽にたくさん使えるようになったのは嬉しい限り。

Photo

球根はまず失敗がないし、お手軽ガーデニングでは頼れる存在だ。芽を出してから花が咲くまでの生長の早さを毎日実感できるのも、球根ならではの楽しみ方。僕も初めて育ててみる球根をいくつか植えてみた。

ただ花が思ったより早く終わってしまうものもあって、写真を撮り損ねてしまったりするのが困りもの。出張があったり、雨が降ったりするともう駄目だ。

最近の失敗例は、クロッカス・トリカラー。かみさんが、『このクロッカス、可愛いっ♪』って気に入ってくれたので、僕の株も上がったわけなんだけど、写真は撮り損ねてしまった。その日はまだ早いと思って写真を撮らなかったのが敗因。

Photo_2

もう最後のクロッカスが、朝日を浴びてとてもきれいだったので写真を撮った。昨日は東京で1日中研修。今日もこれから出勤だ。

あぁ、良い天気が恨めしい。でも、なんとか昼には戻って庭いじりするぞっ!

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2008年4月 5日 (土)

この作戦で行こう♪

パパの日記(4月4日)

2_2

このナツツバキも、家を買った時に既に植えられていたもの。最初からクレマチスを何か絡ませようと考えていた場所だ。そこで息子に品種を選んでもらったら、ラヌギノーサ系の『ケン・トンシン』になってしまった。息子は大きい花が好きだから。

花は綺麗だし、僕もまあ良いかなと思ったんだけど、問題は草姿だった。この『ケン・トンシン』は、ナツツバキにうまくバランスよく絡まってくれないのだ。てっぺんまで蔓を伸ばしても花は咲かないし、やっと咲いたと思ったら、てっぺんからぷらぷらぶら下がって咲く始末で、どうもいけない。かと言って、せっかく息子が気に入って選んでくれた品種を邪険にはできないし・・・。

1

それでこの週末に植え足したのが、インテグリフォリア系の『白麗』。もちろん『白麗』は、僕が選んだ品種。

玄関だけに、目の高さで咲いてくれることを期待。色々な人の目に留まりやすいようにだ。果たして僕の希望通りの姿になってくれるだろうか。でも今年は植えたばかりだから、何となく足元で咲いてしまいそうな気がする。

『ケン・トンシン』の方は蔓が伸び過ぎる前提で、今年は丁寧にナツツバキに巻きつけてみよう。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2008年4月 4日 (金)

去年と同じ過ちに・・・

パパの日記(4月3日)

これは我が家のスモモ4兄弟の今の姿。

Photo_3

手前の3人は一昨年の秋に買ったもので、奥の1人は最近買ったもの。

Photo_4

奥の花の咲いた品種はハリウッド。受粉用(交配に使う花粉を取る)として優秀な品種だ。でも味は美味しくないということなので、去年僕はあえてこのハリウッド無しでスモモをならそうと試みたのだ。

しか~し、結果は散々。手前の3品種間(太陽、貴陽、紫峰)では、太陽しか実を鳴らすことができなかった。僕はこれに懲りて、最近ハリウッドを買ったってわけ。

しか~し、ハリウッドの花は少なく、さらにハリウッドだけ先に咲いてしまったのだ。他の品種は今こんな感じ。

Photo_5 Photo_6

       太陽             貴陽

Photo_8 

       紫峰

特に貴陽はめちゃめちゃ旨いらしいので、今年はこれだけは何としてもならせてみたいところ。お願いだから早く咲いて~。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

去年のスモモの交配の記事はこちら。

2007年4月1日

| | コメント (0)

2008年4月 3日 (木)

ワサビはあって嬉しい♪

パパの日記(4月3日)

菜園コーナーは、いまこんな風。何かの鳥に食い散らかされてしまったタケノコハクサイを、僕は未練たらしくまだ残してしまっているのだ。

1_2

手前左のオカノリは、何の問題もなく冬を越してくれた。さすがはフユアオイの変種だけある。

オカノリの隣は、ワサビ。

2_2

気温の上昇とともに一気に大きく育って、あっという間に花を咲かせてしまった。

3_2

この白い花びらも、ちゃんとワサビの味がするのは、去年実験済み。

よしっ、週末にはワサビの葉を使ったサンドイッチを作ろう♪

それから、葉柄(葉の茎)の醤油漬けで一杯やろう♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

ワサビの花を食べた時の記事はこちら。

2007年4月6日

| | コメント (2)

2008年4月 2日 (水)

決め手はバニラの香り

パパの日記(4月1日)

このトウネズミモチは、我が家を買った時に植えられていたもの。乾燥してばかりの砂地に植えられていたために、枝がだいぶ枯れこんでいた。これでも僕がそれなりに土壌改良したお陰で、枝は増えた方なのだ。

あまりにもみすぼらしい姿だったので、目くらましになればと思って植えたのがクレマチスの『踊場』。去年の写真はこちら

2_4

1_4

このトウネズミモチの株元。左が3年目を迎えるテキセンシス系の『踊場』。『踊場』だけではまだ物足りなかったので、右側にはモンタナ系の『スプネリー』を週末に植えてみた。じつはこの『スプネリー』、僕がモンタナ系の品種をどれにしようか迷ってしまったので、息子に決めてもらったものなのだ。息子の決め手は単純。「バニラの香りがする」の宣伝文句にいちころ。

Photo_4

こちらのフェンスでは、ちょっと変わったバラ 『レディー ベンザンス』とインテグリフォリア系のクレマチス『ニューヘンダーソニー』を合わせることにした。

白い鉢に植わっているバラは、去年の春に買った一重の赤『アルテシモ』。鉢の手前の白い花は、サギゴケ。去年の春から探していて、最近ようやく手に入れたものだ。

左側の木は、3年目に突入するカリフォルニアライラック。今年の開花時期は、青い花が相当見ごたえあるんじゃないかな。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2008年4月 1日 (火)

フェンスを飾るのは・・・

パパの日記(3月30日)

2月にネット通販で購入したアイアンフェンス。植物が絡まっていないと、結構違和感がある。

2_3

僕はここにロサ・プリムラとクレマチスを絡ませたかったんだけど、ロサ・プリムラのほうは売り切れで、もう1年我慢ということになってしまった。

だから今年はクレマチス2種類で乗り切ることにしたのだ。

1_2

息子が選んだマクロペタラのマーカムズピンクは、石のプランターのそばに植えた。アトラゲネ系は暑さに弱いから、株元に直射日光が当たらないようにするためだ。でも、こんなことで暑さ対策になるのかは不明。 まあ、何でもやってみなくちゃわからない。

そして右側には、今や大人気のあの品種を植えてしまった。人気者には逆に手を出さないひねくれ者の僕の心を射止めたのは、テクセンシス系のプリンセス・ダイアナだ。このお姫様は暑さに強いから、何の心配もいらないはず。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »