« ぬぉ~っ! 何てことをっ! | トップページ | Isabel広場 »

2008年2月21日 (木)

触りたくなる肌♪

植物のある光景6(2月10日、成田ビューホテル)

成田ビューホテル内の散策路で木肌の綺麗な木を見つけた。幹の直径は15cm以上の太さ。

3

僕は一瞬何の木か戸惑ったが、上を見上げてお馴染みの黒いとんがった実を見つけ、答えが分かった。

ナツツバキだ。自生しているものか、植栽されたものかは不明。でも千葉県にナツツバキは自生していておかしくないので、ここにホテルが建つ前から植わっている木だと思うことにした。

庭木として人気絶頂を極めたナツツバキ(Stewartia pseudocamellia)。でも最近では妹のヒメシャラ(Stewartia monadelpha)にその座を奪われ、すっかり影が薄くなってしまった。でも僕は今でもナツツバキ派だ。そんなことを考えていたらいつの間にか僕は、彼女の肌を優しく撫でてしまっていた。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

|

« ぬぉ~っ! 何てことをっ! | トップページ | Isabel広場 »

植物のある光景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぬぉ~っ! 何てことをっ! | トップページ | Isabel広場 »