« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

何かに似ているぞ・・・

パパの日記(2月28日)

庭には南側の道路に面したレイズドベッドがある。春から秋まではとても日当たりが良い場所なのだが、冬だけは例外だ。太陽が低いために、1日中向かいのアパートの陰になってしまうのだ。

北関東のこの辺では、真冬の日陰は1日中凍りっぱなしのこともざらなぐらい、かなり寒い。この家に越してきて3度目の冬になるが、とうとう僕はこの場所を冬に花で飾るのを諦めてしまった。

その代わりにこの冬は秋植え球根をたくさん植えることにしたのだ。最近ようやくその球根達が芽を出してきてくれた。

Photo

真ん中のまあるっこい緑の芽はヒヤシンス。

あれっ、どこかで見た何かに似ているぞ・・・。

そうだっ! 思い出したっ!

息子の歯茎に最初の歯が生えてきた時だっ!

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2008年2月28日 (木)

とってもかわいい形♪

パパの日記(2月27日)

秋田フキのフキノトウが良い感じに膨らんできた。フキノトウの大きさも普通のフキの2倍以上ある。

2_2

そろそろ食べごろかな♪

1_2

上から見ると何とも言えずかわいい形。いかにも大事な花を丁寧に包みましたって感じだ。この形を見てしまうと、採って食べるのに罪悪感を覚えてしまう。

でも、僕は去年もそう思っているうちに採り頃を逃してしまったんだから、今年はこの土日に食べてしまうことに決めた!

僕が秋田フキのフキノトウでフキ味噌を作るんだ♪

かみさんに、『もう飽きた、フキ味噌は。』、なあ~んて突っ込まれそうな嫌な予感がするんだけどね。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

この秋田フキの前の記事はこちら。

1月27日

| | コメント (2)

2008年2月27日 (水)

衝動買いしてしまったもの

パパの日記(2月26日)

先週、またしてもクリスマスローズを買ってしまったのだ。それも衝動買い。去年までは4株しかなかったのに、今年は一気に9株にまで増えてしまった。どうも僕もとうとうクリスマスローズ熱に感染してしまったようだ。

僕が衝動買いしてしまったのは、この銀葉のステルニー。値段は2000円也。オリエンタリス系の品種と比べたら、随分とお買い得な気がする。

Photo_3

オリエンタリスの葉と比較して、ステルニーの銀葉の綺麗なこと。

Photo

ステルニーって言うから、僕はてっきり野生種そのものだとばかり思っていたら、じつは違ったのだ。Helleborus argutifolius と H.lividusの種間雑種なんだと。ついに野生種にまで手を出してしまったぞ、とちょっと自慢げになっていた自分が恥ずかしくなってしまった。

暑さにやや弱いというこのステルニー。何でも地植え派の僕と付き合うのはちょっと大変かもしれない。でもせっかくベッピンさんに巡り会えたんだ。できるだけ元気に夏越ししてくれそうな場所を用意してあげねば。

でもきっと大丈夫。植える場所はちゃんと決めてある。もう少し温かくなったらすぐにそこに植えてあげるつもり。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています

Banner2_3 ←ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年2月26日 (火)

目標、ちょっと達成♪

パパの日記(2月24日)

朝起きたら外がいつもより明るい感じ。ひょっとしらと思って外に出たら、やっぱり。

一面に雪がうっすらと積もっていた。よしっ、これで撮りたかった写真がとれるかも。僕は慌ててカメラを取りに戻った。

1

僕が撮りたかった写真は、雪から頭をもたげたクリスマスローズ。きっと僕と同じことを考える人は多いんじゃないかと思う。

2

この日の雪は多過ぎず少な過ぎずちょうど良い。おまけに光の当たり方も良い感じ。

なのになのに、こんな時に限って日曜だというのに僕は出勤日。最高の光線を待つことができずに、速攻で写真を撮って、いってきま~す。

とても残念だったけど、すこしだけ目標達成。北関東でも今年は雪が多いし、あと1回ぐらいチャンスがありそうな気がする。次こそは・・・。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

このクリスマスローズの前の記事はこちら。

2月10日

| | コメント (0)

2008年2月25日 (月)

何とかなったかな・・・

パパの日記(2月24日)

昨日は時間切れになってしまったが、今日こそあの石のプランターを何とかしなければ。

別の場所に置けば簡単に問題は解決するんだけど、僕はどうしてもここに置きたいのだ。だって最初からこの場所に置くために買ったものだし、庭の他の場所では違和感がありすぎるからだ。

な~んて言っておきながら、重くて動かすのが大変だからっていうのも相当大きい理由。

で、結局こうなりました。

1_3

約70度向きを変えたら、ぎりぎり水道を避けられた。

横から見るとこんな感じ。

3_2

もうちょっとで蓋が開かなかったところだったので、まさにギリギリセーフ。

でもそのお陰で、この場所に植えてあったフウチソウ(風知草)は右側に移植されることに。

頼むぞ、うまく根付いてくれよ。

フウチソウの葉が出てくるまではちょっと殺風景なので、しばらく香りツバキとシュンランの鉢を置いて誤魔化した。石のプランターはこの向きではちょっと違和感あるけど、玄関から見ればそれなりに。

2_3

まあ、次に寄せ植えを作る時によく考えて植えさえすれば格好つくようになるんじゃないかな。それより前にこのフェンスに絡ませるクレマチスを選ばなきゃならないし、この場所の土も良くしなきゃ。

どうやらこの石のプランターで無事冬越しできそうなボロニア。その蕾はまだまだ小さいままだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

この場所の前の記事はこちら。

2月24日

| | コメント (2)

2008年2月24日 (日)

フェンスの取り付け

パパの日記(2月23日)

今日はいよいよネット通販で買ったフェンスを取り付ける日。取り付け場所はこの写真のどこか。

1_2

じゃーん。僕はここにこうして取り付けたかったのでした。

2

縦位置の写真で比べてみると、一目瞭然。

3 4

しめしめ、ここに蔓モノを絡ませればだいぶ良い雰囲気になるぞ♪ 

奥行き感も出せるし♪ 玄関からコンクリートのタタキも見えにくくなるし♪ 

なかなか良いんじゃないかな♪

5

ところが・・・。

しっ、しまったぁ~! 家の壁から10cmは土の下に基礎があってフェンスが挿さらないじゃないかっ! ちゃんとタタキの幅と同じになるように計算してたのに。

10cmも離して挿したらここに置いていた石のプランターが置けなくなるぞっ。 無理して置くと水道が使えなくなって困るし・・・。

どっ、どうしよう・・・。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

このフェンスの前の記事はこちら。

2月18日

| | コメント (2)

2008年2月23日 (土)

おーっ、これはこれは♪

植物のある光景7(2月19日、杉並区某所)

この日は東京に出張。午前中は渋谷で打合せ。午後は吉祥寺の会社を訪問。その帰り道、バス停の前の高級しゃぶしゃぶ店の店先を何気なく見たらこんなものが。

2_2

お~っ、水盤にクリスマスローズの花がっ! 

バスが到着し、僕は焦る気持ちを抑えながら恥ずかしげも無く写真を撮った。

1_2

何て粋なんだろう。さすがは超高級店だけのことはある。

ここで食事をしたわけでもないのに、僕は思わずご馳走様ってつぶやいてしまった。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年2月22日 (金)

Isabel広場

パパのスペインレポート(2007年11月25日)

この広場は昔ながらのって感じではなく、近年区画整理されて作られた広場みたいだ。

Isabel2

これまでの広場と違って、どこから見てもずいぶんと現代的な雰囲気。

Isabel1

丸く綺麗に刈り込まれた木は、バレンシアオレンジ。ベンジャミンではありません。暗い赤はシクラメンで、明るい赤はゼラニウム。

Isabel3

丸ばかりかと思ったら、こうして三角錐に刈り込まれたものあった。もちろんこちらもバレンシアオレンジ。

ランタナとバラって意外に相性が良いんだ。知らなかった。

Isabel4

おっ、このベンチはちょうどバレンシアオレンジの木が日傘になるように置いてあるのか♪

Isabel6

でも、この広場で一番僕の印象に残ったのは、このつやつやのカラーの葉だった。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年2月21日 (木)

触りたくなる肌♪

植物のある光景6(2月10日、成田ビューホテル)

成田ビューホテル内の散策路で木肌の綺麗な木を見つけた。幹の直径は15cm以上の太さ。

3

僕は一瞬何の木か戸惑ったが、上を見上げてお馴染みの黒いとんがった実を見つけ、答えが分かった。

ナツツバキだ。自生しているものか、植栽されたものかは不明。でも千葉県にナツツバキは自生していておかしくないので、ここにホテルが建つ前から植わっている木だと思うことにした。

庭木として人気絶頂を極めたナツツバキ(Stewartia pseudocamellia)。でも最近では妹のヒメシャラ(Stewartia monadelpha)にその座を奪われ、すっかり影が薄くなってしまった。でも僕は今でもナツツバキ派だ。そんなことを考えていたらいつの間にか僕は、彼女の肌を優しく撫でてしまっていた。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2008年2月20日 (水)

ぬぉ~っ! 何てことをっ!

パパの日記(2月19日)

僕の出張中に、庭でとんでもない事件が起こっていた。これほどの凶悪犯罪は、我が家の庭の歴史が始まって以来初めての事だ。

僕がかわいがってきたタケノコハクサイがこんな姿にされていたのだ! 

3

2

僕が留守中、それも海外に行っている時を狙うとはかなり計画的、そして犯人はかなりの知能犯とみた。

1

さらに、自らの犯行を見せびらかすかのごとく食い散らかした中心に、犯行声明文であろう糞まで残していきやがった。このぐらいの証拠を残していったって、僕につかまりっこないとあざ笑っているかのようでもある。

く~っやっし~い!

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

このタケノコハクサイの前の記事はこちら。

1月29日

| | コメント (6)

2008年2月19日 (火)

名花が家にやってきた♪

パパの日記(2月18日)

アメリカから戻って最初の出勤日。会社に僕宛の荷物が届いた。それは仕事で知り合ったクリスマスローズに詳しい方から送られてきた荷物だった。中身はクリスマスローズ4鉢。

じつは僕も遅ればせながらクリスマスローズに魅せられてしまい、最新品種が手に入ったら送って欲しいとその方に頼んでいたのだ。

それらは、横山ナーセリーで育種された最新花だとのこと。クリスマスローズとネリネのオリジナル品種を次々に商品化している名人で、親子揃って趣味の園芸の講師もしたりしているんだそうだ。

僕も早速ホームページにアクセスしてみたら、息子さんのブログを発見。後でゆっくりお邪魔しよう。

それでは届いた4株の名花をご紹介♪

ジャーン。最初はこちら。

1_2

バイカラーの品種。これは花弁(本当はガク)の真ん中が緑がかっているけど、もし緑がかった部分が白だったら1万円はするかもしれないそうだ! まだまだ綺麗なバイカラーの品種は少ないらしい。

お次はこちら。

3

クリーム色で中心が赤紫になる大輪の品種。この色のコントラストが何ともいえず良い雰囲気。この株はちょっと花弁(くどいけどガク)に切れ込みが入っているけど、この切れ込みがなかったら、これまた1万円に手が届くかもしれないらしい!! さらにこのクリーム色がもっと濃くなったら、またまた価値が上がるんだそうだ!!!

お次はこちら。

2_2 

この品種は最近良く見かけるようになった白の八重咲き。こちらはお手頃価格で買えるはず。

そして最後の1株がこちら。

4

ピンクの八重。花弁(八重だってすべてガク)のブロッチの入り方が絶妙。一見地味なクリスマスローズも、ピンクで八重咲きともなると万人受けするアイドルとして十分通用すると思う。素人目にはこれが一番高そうに見えたんだけど、一重の2株よりは安いらしい。

ロサ・プリムラの大苗は手に入れられなかったけど、代わりにこんなに素晴らしい花が届くなんて。我が家にはどこにでもある植物しか植わってなかったんだけど、少しぐらい見せびらかしたくなるような花があってもいいよね。

さあ、それぞれどこに植えてあげようかな♪ 

こういうのを嬉しい悩みって言うんだな♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2008年2月18日 (月)

あ~あ、残念!

パパの日記(2月18日)

昨日の夜8時過ぎにアメリカから無事帰宅。

Ts324866_21玄関には出発前にネット通販注文していたコーナーフェンスが届いていた。価格は送料込みで約1万円也。(写真はメーカーのホームページから拝借)

台風で折れてしまった木製フェンスを金属フェンスに取り替えた時の姉妹品だ。

その時の記事はこちら。

2007年9月18日

これをどこにどう使うかは秘密。でも、かみさんが何にも訊いてこないのはちょっと気になる・・・。

そして僕がこのフェンスに絡めようとしているのは、ロサ・プリムラ。バラだけど、またしても一重の原種だ。こちらもフェンスと一緒に出張前にネット注文。

それなのに帰国したら欠品の連絡が。

えーっ、そんなぁ~。今週どこかで半日休暇を取ってフェンスを据付け、ロサ・プリムラも一緒に植えようと思っていたのに~。これじゃあ、楽しみ半減だ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2008年2月17日 (日)

これもまた良し!

パパの海外レポート(2月14日)

バレンタインデーの日、僕らは朝の5時半にホテルを出て、タンパからフロリダに飛んだ。airplane

Photo

フロリダと違ってシカゴは一面の冬景色。snow

10時に空港に着いて、今日訪問する会社へ移動。こちらでの移動はリムジンで。

Photo_2

この長~いリムジンに乗る度に、未だに僕は何だか嬉しくなってしまうのだ。

4

お昼頃に訪問先の会社に到着。あたりはこんな銀世界。

気温は昼間が2℃ぐらいで、夜がマイナス10℃ぐらい。それでもこんな温かい日に来れてラッキーだと言われた。

1

打合せを無事終えて、レストランに移動。restaurantwine

Photo_2

これはレストランの受付にあったアレンジメント。やはりバレンタインデーの夜だけあって、赤いバラは欠かせないんだろう。

この日のディナーは、日本人3人、アメリカ人4人。なんと男だけ。さすがにこのレストランに男だけで食事をしに来たのは僕らだけだった。きっと異様な集団に見えちゃったんじゃないかな。周りはぜ~んぶカップルだったからね。

アメリカでは、バレンタインデーは日本以上に特別な日。特に男性は女性に対して色々としてあげなければならないことが多いそうだ。仕事だとはいえ、ちょっとこちらの人に申し訳ない気分になった。

だってひとりの人がこんなことを言っていたから。

『大丈夫、大丈夫。俺はかみさんのためにプレゼントの他に、ブーケを2つ買って置いてきたから。ひとつはベッドに、もうひとつはソファーに。present  今晩俺がいなくったって、ちゃんとブーケが彼女の目に入るようにね。lovely

いやいや、ご馳走様でした。

その後僕らの6人のおじさんの興味は、婚約したばかりの25才の若いアメリカ人に集中。そうしたら彼はフィアンセに、ブーケの代わりに何と盆栽をあげてきたんだとsign03

いくら植物関係の仕事をしているからって、バレンタインデーに盆栽でほんとに彼女に喜んでもらえたのかは、ちょっと心配になってしまった。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年2月16日 (土)

天気を味方に・・・

パパの海外レポート4日目(2月13日)

今日は1日中外仕事の日だ。前日の天気予報は雨。rain 僕はずぶぬれの覚悟をして寝たんだけど、朝起きたらまぶしいぐらいの日差しが。sun

昔の晴れ男の面目躍如かsign03って気分も盛り上がり、さあ出発。

Photo_5

今回は朝から晩まで働きづめで、なかなか写真を撮る時間が無い。冬だと朝はいつまでも暗いし、夕方はすぐに暗くなってしまうしで、仕事前や仕事後に散歩する楽しみなくって残念。

だからホテルの植栽でご勘弁を。

3_2

2_2

8時前に仕事場に到着。仕事を開始。ここでの仕事は今日1日だけの予定。さっさと終わらせなければ。雨も心配だし。

午前中は一瞬真夏のような日差しに照らされたかと思ったら、見る見る厚い雲が立ち込めてきた。cloud

Photo_3

日がかげると一気に涼しくなる。でもこのぐらいの方が、外で働くにはちょうど良い。

楽勝、楽勝なんて思っていたら、今度は集中豪雨だ。rainthunderrain

やっぱり今は雨男だったか・・・。weep

Photo_4

さすがにこれには参って一時避難。その後小降りになったので仕事を再開。前日買った傘に長靴に合羽が大活躍。何とか暗くなる前までにフロリダでの仕事を終わらすことができた。good

僕らの仕事場の周りにはこんな木がたくさん。

2

木にはプラプラと名にやらたくさんぶら下がっている。

3

蘭展とかの会場装飾で良く使われる、チランジア・ウスネオイデスだ。これはもちろん天然物。日本名はご存知サルオガセモドキ。英語名は、スパニッシュモスだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年2月15日 (金)

バレンタイン商戦

パパのアメリカレポート3日目(2月12日)

結局この日は青空を拝めず仕舞い。夕方には集中豪雨まであった。rain

明日の予報も雨。降水確率は70%。明日は1日中外仕事だっていうのに・・・。

わざわざフロリダまで来て何もしないで帰るわけにはいかないから、雨だって僕らは外仕事をしなければならない。weep

ということで、この日の仕事が終わってから僕らは『エブリデーロープライス』で有名で有名なウォルマート(世界一のスーパーマーケット)に買出しにいったのだ。もちろんお目当ては、長靴に傘に、それから合羽も!

店内に入ると、バレンタインデー商戦の真っ只中。heart04

2

もちろんバレンタイン用の花もあった。これは4ドルの花束。

3

そしてこちらは1ドルか2ドル。まだほとんど売れていなかったけど、14日の当日には一気に売れるんだと思う。何てったってここアメリカでは、バレンタインデーが1年で最も花が売れる日なんだから。

1

なんとチューリップの鉢植えまで。

でも、いくらなんでも赤のチューリップに5ドルはお高いよね。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2008年2月14日 (木)

衝撃的な光景!

パのアメリカレポート3日目(2月12日)

前日の晴天とはうって変わり、今日はどんよりとした空模様。時折雨も降った。rain せっかく常夏のフロリダに来たのに、これじゃあちょっと損した気分になる。

この日はタンパ付近からオーランド付近まで片道2時間、往復4時間のドライブ。訪問先の会社のそばで僕は面白い光景に出くわした。

1_2

家と続きになっている巨大な鳥小屋みたいな部分のことだ。

2_2

こちらは4件続いて同じようなものがある。右端の家なんかは2階建てになっている。

3_2

これは、雨よけ+日よけ+虫除けの優れものなのだ。こんな風にして庭をすっぽり覆ってしまったってわけ。確かに、雨が多く、年中日差しも強く、蚊もたくさんいるフロリダでは必須アイテムなのかもしれない。きっと、この中で好きな植物を育てている人もいるんだろうな。

さすがはアメリカ。スケールが違う。こういう建物を僕は初めて見て結構びっくりしたんだけど、じつはハイウェー途中でもっと凄いものを見てしまったのだ。sweat01

Photo

バスのような巨大なキャンピングカーが地面からはえているsign02

それも8台もsign03

What is thatsign02 (いったい何なんだ?)

どうも近くのキャンピングカーやさんの目印だったらしい。それにしてもね、ここまでやるかね。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年2月13日 (水)

アンラッキー? ラッキー?

パパのアメリカレポート初日&2日目(2月10日、11日)

今回の僕の出張先はアメリカ。まずはシカゴ経由でマイアミに向かった。ユナイテッド航空を使ったんだけど、運悪く席は5人掛けの真ん中。エコノミークラスの一番安い切符は辛い、辛い。crying

ホテルに辿り着いたのは、現地時間の午前0時過ぎ。シカゴでの乗り継ぎに6時間もかかってしまったのが痛かった。

でも良いこともあったのだ。それは僕らが借りたレンタカー。rvcar

2

予約していた小型車が出払っていたってことで、日本では見かけることがない大型車を小型車の値段で借りられたのだ。happy01 なんとトラック並みの大きさ。あのハマーより一回り大きい車だ。

アメリカもガソリン高で大変なことになっているから、レンタカーは燃費の悪い大型車が不人気になっているんじゃないかな。

2日は、朝から良い天気。sun 最高気温は25℃。ご覧の通り、冬であることを忘れてしまうような日差しだ。

1

この日は3ヶ所を訪問。レンタカーの乗り心地は予想よりも良かった。気になる燃費については、まだ給油していないので良くわからない。

3

マイアミからタンパの方に向かう途中ハイウェー(通称アリゲーターロード)から見た景色は、前も後ろも、前後左右も360度地平線。その名の通り、あたり一面アリゲーターが棲んでいる海抜数メートル湿地帯。本当にまっ平らなところで、僕は何だか妙な気分になってしまった。

ひょっとしてハイウェーにアリゲーターの死体でも転がってないかと期待したんだけど、お目にかかれず、残念。

2日目のこの日は、朝7時半にホテルを出て、次のホテルに着いたのは夜の10時過ぎだった。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2008年2月12日 (火)

再び海外へ

パパの日記(2月10日)

昨晩、僕は成田空港そばのホテルに泊まった。なぜかというと今日から海外出張だから。airplane 昨日は東京で終日研修。今回はその足で出張することになったってわけ。

2

ここはホテルの敷地内の遊歩道。なかなか自然を大事にしているようだ。人口の沢があって、その両側にはツワブキがたくさん植えられていた。

1

この沢を辿っていくと池にでる。

そしてとんがり屋根の白い建物は、このホテルのチャペル。今日もまた幸せなカップルを迎え入れるんだろう。

でもそのチャペルより僕が気になってしまったのが、左のカーポート。もちろんここに車を止めるわけはない。おそらく愛を誓い合った2人の記念撮影をする場所なのだ。確かにね~、結婚式の日が大雨ってこともあるだろから、そのための雨よけだってわけだ。でもそれだったら、もうちょっと気の利いた雨よけにしてあげても良いんじゃないかな。

僕のスケジュールだけど、今月はなかなか大変なのだ。なんと2月4日(月)から2月29日(金)までの26日間、1日も休日が無くなってしまったのだ。weep 

昨日9日(土)は、東京で英語と経営の研修。10日(日)から17日(日)までは海外出張。そして23日(土)は、またまた東京で英語と経営の研修。そんでもって24日(日)は日直で出勤なのだ。25日の週には休暇を取れると思うんだけど・・・。

まあ、仕方無いか。今回も出張中、新しい何かに出会えることを期待して、行ってきま~す。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (0)

2008年2月11日 (月)

窓辺、窓辺、窓辺、窓辺

パパのスペインレポート(2007年11月25日)

スペインの人達は本当に植物が大好きなんだと思う。だって窓辺の飾り方の自由奔放さが、明らかに僕の想像を超えていたから。それに決して恵まれた条件でもないんだからね。

B

どういう環境かを写真で分かり易く表現するのはなかなか難しい。だから同じ場所を縦位置と横位置で撮ってみた。

A

このベランダは、とっても親しみを覚えるよね。垂れる植物が全く無くってみんな上に伸びていく植物だけっていうのも、住人のポリシーが感じられて良い。

19

20

下の回の左から2つ目の窓に注目。僕は椰子の葉の飾り方が格好良いと思った。

こんな古くてちょっと汚い建物だって、ちゃんと植物で飾られていた。

21

スペインの窓辺特集の最後の1枚はこれ。

23

ブーゲンビレアの赤に気を取られてカメラを向けたんだけど、僕は別の植物に目が釘付けになってしまった。

それは小さな鉢に植えられているポトス。白い壁に張り付いて枝を伸ばす姿がいじらしかったから。

スペインの窓辺特集はこれでオシマイ。思いがけず楽しんでいただけた方が多かったようで、嬉しかったです。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

2008年2月10日 (日)

たまには栽培もお勉強

パパの日記(2月10日)

僕は栽培の勉強もほとんどしない。何でもまずは自分で考えて栽培してみる。うまくいってもいかなくても楽しいもんだ。

じつは新居に越した時、僕は社宅のベランダからクリスマスローズの鉢植えを4鉢連れてきた。でも日当たりの良い南向きのベランダでは暑過ぎて、お世辞でもうまく育ったとはいえなかった。さらに僕自身がベランダ園芸の落ちこぼれだっていうのも大きな原因だ。

で、4株とも新居の庭に地植えしたんだけど、翌春は1品種も咲かず仕舞い。翌々春の去年は1品種が咲いただけだった。どうも花木のように快適な場所に移植されて、根を張ることに集中してしまったらしい。だから僕は今年こそ4株とも花を咲かせたいのだ。それでちょっとクリスマスローズの勉強をしてみた。

そしたら、『冬に下葉を切り取るように』、だと。えーっ、知らなかったぁ。

はいはい。仰せの通りに致します。

まずはこちらの2株を、チョキン、チョキンと。

5_2

6

やったぁ。この品種は3年ぶりに花を見れるぞ。

1_3

こちらの2品種はこんな風に思い切って下葉を切ってみた。

2_2

3_2

こちらは去年咲いてくれた1品種。今年はたくさん花を咲かせてくれそうだ。

Photo_2

この間の雪で埋もれてしまったけど、もちろん大丈夫。

本当は雪の中から頭をもたげている姿を撮りたかったんだけど、翌日には雪が解けてしまっていてうまくいかなかった。あ~、残念。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

このクリスマスローズの前の記事はこちら。

2007年5月18日

| | コメント (2)

2008年2月 9日 (土)

窓辺、窓辺、窓辺

パパのスペインレポート(2007年11月25日)

僕自身はベランダ園芸に挫折した落ちこぼれだけど、このスペインの地方都市を散歩してみて、機会があったら再挑戦してみたいと思った。何て言うのかな。このくらい誰にでも簡単にできそうな感じに見えたから。だって想像をはるかに超える量の窓辺が、植物で飾られていたのを目の当たりにしちゃったんだからね。

こぢんまりしたこのベランダだって、この通り良い雰囲気。

16

ここのお宅はプランターを外に掛けて、ベランダのスペースを稼いでいるのかな。

15

このお宅だって、置けるところにはすべて植物を置いてやるって感じ。

18

近寄って見てみると、手すりだけじゃない。奥にも鉢が見える。

17_2

こんな狭い路地なのに、奥のほうには緑の塊が見えたりするのだ。

2_2

このお宅もなかなか凄い。

13

14

5階中央の部屋はリビングに違いない。きっと家族みんなが窓越しに緑が見える幸せ感に浸っているんだろう。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (2)

2008年2月 8日 (金)

雪でもピンピンっ!

パパの日記(2月7日)

大雪が降った日曜日の翌日、月曜日の朝の庭の様子だ。息子の巣?(家?、基地?)はまだこんなに残っていた。

Photo

僕はハナカンザシの様子が気がかりだった。そしてその日の朝のハナカンザシはこんな感じ。前日はしっかり雪に埋もれてしまっていたが、1日後にはこうして何とか顔を出すことができた。

1

次の写真は4日後の昨日の状態。枯れ枝があることはあるが、これは寒さでやられたのではなくって、雪の重みで折れた枝だ。

1

角度を変えてみると、ほらっ。

2

何事もなかったようにピンピンしている。ハナカンザシは相当に寒さに強いですぞ。

天気予報では、今晩この辺りはマイナス10℃近くまで下がると言っている。雪の下は意外と暖かいのかもしれないし、本当の正念場は今晩だ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

このハナカンザシの前の記事はこちら。

2月2日

| | コメント (2)

2008年2月 7日 (木)

だーりと同棲?

パパの日記(2月6日)

これまでの過酷な仕打ちに樹形を乱してしまったモミノキは今、玄関の一等地で静養中だ。来年のクリスマスまでに樹形を整えられないかの実験中でもある。枝が少ない場所から新芽が出てくれば大成功。だから枝の少ない方を南に向けて置いてみている。

でもそうすると、玄関脇に置くにはかなりみすぼらしい姿なのも事実。だから僕はほんのちょっとだけこの鉢をお化粧させてみた。

Photo_3

株元に植えたピンクの花がそうだ。我が家に来る人の目を、モミノキではなくって足元の花に向けさせる作戦だ。

Photo_4

植えたのはエリカ・ダーリエンシス。

このモミノキ君とエリカ様との同棲生活、はたして長続きするかどうか・・・。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

このモミノキの前の記事はこちら。

1月7日

| | コメント (2)

2008年2月 6日 (水)

窓辺、窓辺

パパのスペインレポート(2007年11月25日)

ほんとにスペインの人達は植物が好きなんだと思う。窓辺の飾り方の自由奔放さは、明らかに僕の想像を超えていた。

緑の多い建物発見! 何だか色々垂れてるぞ。

8

近寄るとこんな感じ。赤いツル性の植物は、ブーゲンビレア。

7

こちらの建物に住む人も垂らすのが好きなようだ。

9

下の階の人に文句を言われないんだろうか。

10

この建物だって、1つ長いのを垂らしている。

こんな狭い所だって、ここまで飾るのだ。

11

窓辺だけじゃない。屋上も飾る、飾る。

6

僕がこの街を訪れたのは11月下旬。冬だったから花はほとんど無くって緑ばかり。

ちなみに中央の木は、バレンシアオレンジだ。実もちゃんとなっている。

でもこの建物では花の色を発見!

12

近づいてみると、やはり造花だった。

きっと緑だけじゃ寂しいって感じる人が住んでいるんだろう。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (8)

2008年2月 5日 (火)

息子が選んだバラ

パパの日記(2月4日)

1週間前の日曜日、息子が自分で選んだバラ『フリュイテ』を植える鉢を家族3人で買いに行った。もちろん鉢も息子に選ばせるつもりでだ。

で、息子が選んだ鉢はこれ。

1_2

でも、本当は息子の第3希望の鉢なのだ。なぜかって言うと、第1希望と第2希望の鉢は、かみさんと僕に却下されてしまったから。息子は、『今日は、はるくんの好きなのを買いに来たんでしょっ!』、と不満げだったが何とか納得してくれた。

なんて大人はズルイんだろう・・・。

2

横から見たらこんな感じ。

バラだけだと寂しいので、一緒に植えたのはヒナソウ。

3

でも、霜で一気にこんな姿になってしまった。生きているのか死んでいるのかもわからない。

去年は地植えでもピンピンしていたのに。去年の記録的な暖冬のお陰だったってことのようだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

このフリュイテの前の記事はこちら。

1月2日

ヒナソウの前の冬の記事はこちら。

2006年12月29日

| | コメント (0)

2008年2月 4日 (月)

○○は喜び・・・

パパの日記(2月3日、節分)

朝起きて外を見たら、一面の銀世界になっていた。

2_2

夜の間にこんなに雪が積もるなんて、天気予報ではちっとも言ってなかったぞ。

1

でも庭の雪景色もなかなかいいもんだ。せっかくだから綺麗なうちに2階からも写真を撮っておこう。

Photo_2

急がないとすぐに奴に荒らされちゃうからな。

Photo

雪を待ち望んでいた息子は、『おーっ! 凄い凄いっ! ぼく、心臓がドキドキしてきちゃった。』とか言って、朝ごはんも食べずに雪遊びに夢中。

まさに、『は~るは喜び庭駆け回り♪』だな。

僕はしっかり朝ごはんを食べてから、雪かきに出動。家の周りの道路を綺麗にするのに1時間半もかかってしまった。だって息子のために、わざわざその雪を庭に運んであげたから。

それにしてもこの雪に埋もれてしまったハナカンザシのことが気がかりだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2008年2月 3日 (日)

スペインの窓辺

パパのスペインレポート(2007年11月25日)

スペインの都市の中心部は、古い時代の名残があちこちに残っている。細く見通しの利かない路地はその典型。よそ者にとっては、まるで迷宮に迷い込んだかのようだ。

1_2

こんな日当たりの悪そうな路地でも、みんなが思い思いに植物で窓辺を飾っているのを見て、僕は嬉しくなってしまった。

ということで、今日は窓辺特集。

4

誰が見ても狭いベランダをここまで植物に提供する気持ちが嬉しいじゃないか。

5

3

おっ、この建物のベランダは奥行きがあるぞ。

出入り口のすぐ上、2階のあの部屋なんかいい感じじゃないか。

1

2

ほらっ。

いくら狭くったって、籐細工の家具に座り、赤ワイン飲みながら語らえば、瞬時に最高の空間に大変身。つまみはイベリコ豚の生ハムで決まりだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (6)

2008年2月 2日 (土)

ハナカンザシは寒さに強い!?

パパの日記(2月1日)

僕は何でも地植えにしてしまう。一番の理由は水やりが楽だから。

去年までは寄せ植えに使っていたハナカンザシを、この冬は初めて地植えにしてみた。

3

こうして、ただいま僕の得意(?)な虐待試験を実施中。

4

この辺は一番寒い日はマイナス10度まで下がる。そしてパンジー&ビオラを植えないことにしている我が家では、冬に咲く植物を発掘するのは大事な仕事だ。多少の犠牲者はやむを得ない。

1

このアップの写真だけは新年早々に撮ったもの。

でも最近ではあまりの寒さのせいか、花が開かなくなっている。これも新しい発見。

2

花がちゃんと咲かなくったって、この時期花の少ない我が家では貴重な存在だ。このまま春まで寒さに負けなかったら、新たな冬の戦力を発掘できたってことになるぞ♪

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (8)

2008年2月 1日 (金)

セラスチウム対ダイコンドラ

パパの日記(1月30日)

近頃の最低気温はマイナス6~7℃。さすがに寒い。

1_2

何とか花を咲かそうとしていたキンギョソウも、ついに咲かせるのを諦めた。そうと分かったら楽にしてあげるのが武士の情け。

2_2

マジカルミラクルローズを植えてある鉢から垂らしているのはセラスチウム。銀葉で下垂性の植物といったら、セラスチウムとダイコンドラだけど、僕は断然ダイコンドラ派なのだ。あの葉の形と、何とも表現し難いメタリックっぽい銀葉が大好きだから。それに引き換え、セラスチウムの銀葉はありきたりで面白みに欠ける。花の時期はさすがだって思うけどね。

でも彼らを競わせて2度目のこの冬、僕はセラスチウムに気持ちが移ってきている。だって残念ながら我が家では、ダイコンドラは冬にこんな姿になってしまうからだ。

Photo

こちらは一昨年植えたダイコンドラ。寒さで死んでしまうことはないが、垂れた葉は最近の寒さですべて枯れてしまった。壁際の陽だまりに植えてあげても効果なし。

隣のメラレウカもさすがに堪えるらしい。綺麗な黄金葉がしらっ茶けてきてしまった。あと1ヶ月で春だ。それまで頑張れ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

| | コメント (4)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »