« まだまだ去年の作業が・・・ | トップページ | 生と死の境界線 »

2008年1月 9日 (水)

植物のある光景2

植物のある光景(1月5日、近所の河川敷の公園)

Photo

日曜日、青空の下、息子と凧揚げとサッカーの練習に興じた。

蹴り損ねたボールを追いかけていったら、刈り残されたススキが何とも良い雰囲気。

1

2

俺達を見ろ、まだまだ若いもんには負けられん、って言われた気がした。

こういう光景にも惹かれるようになった自分にちょっと驚いた。

はたして僕は、上手に歳を重ねていけているんだろうか・・・。

そうそう、僕がかやぶき屋根のカヤがススキであることが多いことを知ったのは、お恥ずかしながら大人になって結構経ってから。カヤという別の植物だとばかり思っていたのだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

|

« まだまだ去年の作業が・・・ | トップページ | 生と死の境界線 »

植物のある光景」カテゴリの記事

コメント

えるさん、おはようございます。群馬には昔仕事で良く出かけましたので、赤城おろしの強烈さは良く知っています。(かかあ天下の方は経験ありませんが・・・。) 凧糸が切れそうな風がいつも吹いていますもんね。息子さんたちが大喜びしている姿が目に浮かびました。
ススキはうちの息子もそうでした。小1、小2の秋と、ススキを見つけるとすぐ折って振り回していました。集団下校の際にこういうことを覚えてくるのかもしれません。

投稿: パパです。 | 2008年1月10日 (木) 06:16

こんばんは!
家もよく凧上げしていまーす。
小2と年長の息子です。

群馬はかっら風がすごくて、走らなくてもすごいいきおいであがるんですよ。失敗するときもすごい勢いで落ちます。ぐるぐるぐるぐ〜〜〜ばたっと。
んで、タコが折れます|_T)

すすき、折って振り回して遊ぶのも好きな我が家の息子です。

投稿: える | 2008年1月 9日 (水) 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだまだ去年の作業が・・・ | トップページ | 生と死の境界線 »