« 2008年1月7日 | トップページ | 2008年1月9日 »

2008年1月 8日 (火)

まだまだ去年の作業が・・・

保育園での園芸ボランティア22(まだまだ去年の作業が残ってる・・・)

年末も慌しかったので、保育園に来るのは3週間ぶりになってしまった。今日こそガーデンマムの場所を何とかしなければ。花が終わって2ヶ月近く経つのに、手が回らなくってずっとそのままにしてしまっていたのだ。保育園に花がらはふさわしくないもんね。

1_2

おっ! よしよし、ちゃんと冬至芽が動いているぞ。

1_4

株はこのまま残して秋にまた花を咲かせよう、と思いながら枯れ枝を切っていったら、嫌なものを見てしまった。

うわ~、アブラムシがびっちりぃ!

慌てて家に殺虫スプレーを取りに帰って、噴霧。

2

アブラムシが苦手な人もいるかもしれないから、写真は小さく。

3

おやおや、上から見ると一目瞭然! 品種によって冬至芽の出方がだいぶ違うぞ。あれっ、外側の品種なんか既に枯れちゃってるじゃないか。

こちらは満開の頃の写真。

4

はは~ん、赤の品種は枯れちゃったわけだ。黄色が1番元気で、たくさん芽を出している。

黄色とオレンジのガーデンマムを残して、残りのスペースにはダイアンサスを植えた。ダイアンサスは、この辺では冬に花が止まってしまうけど、保育園の雰囲気にぴったりだと思う。それに夏に切り戻せば秋にも咲くし、宿根草扱いできるしね。うまく育ってくれれば、手がかからない重宝な花だ。僕はもっとたくさん使われて良い花だと思ってる。

Photo

看板の下はサツキだけだったんだけど、手前10cmは枝を切り、花を植えられるようにした。もちろん土壌改良も。

Photo_2

そうしたら出るわ出るわ、あのしぶとい雑草の白い根が。

Photo_3

ほんのちょっとスペースを掘り返しただけなのに、こんなにドクダミの根がぁ! やれやれ、そうだった。この場所はドクダミと戦わなければならなかったんだ。

もう1ヶ所ガーデンマムを植えた場所はこんな感じに。

1_3

さっきの場所と同じように、手前3株は生きていたけど奥の株は死んでしまっていた。

こちらも花が咲いていた頃の写真をチェックしてみると・・・

3_2

黄色が生き残って、赤紫の品種は死んでしまったことが分かった。花が咲くまでは品種の丈夫さの差は分からなかったのに、ここにきてこんなに差があるなんて意外だった。僕はキクならみんな丈夫で、宿根草になるとばかり思っていたんだけど、認識を改めなければ。

2_2

赤紫の枯れてしまったところには、我が家で増え過ぎて困っていた超丈夫なヒペリカムを。彼なら絶対にドクダミに負けることはないだろうし、サツキよりは保育園らしい雰囲気を持ってるしね。

Photo

この日(1/6) は休園日だったので園庭には入れなかったんだけど、園庭の花壇にも去年の作業が残っているのだ。

正味作業時間: 2時間弱

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

一人ぼっちの園芸ボランティアに、ボランティアの輪が広がるクリックを。いつも応援ありがとうございます。

この園芸ボランティアの前の記事はこちら。

12月17日

| | コメント (0)

« 2008年1月7日 | トップページ | 2008年1月9日 »