« チリの願掛け地蔵!? | トップページ | ホテルの植栽 »

2007年12月 5日 (水)

海辺のリゾート地&ディナー

パパのチリレポート(11月29日、6日目)

この時期に僕が訪れた場所の気温は、昼間が30℃を超えるが夜は10℃を下回るぐらい。日本では考えられないぐらいの気温差だ。そして朝晩には霧が良く出る。こういう気象条件が美味しいワイン用のブドウの栽培に適しているのだ。

この日は願懸けマリア様を見た後で、寸暇を惜しんで海沿いのリゾート街まで散歩をしに行った。ホテルから2~3Kmぐらいのところだろうか。訪問先の会社への送り迎えをしてもらう際に、気になっていたところだ。サマータイムということもあって午後7時でもこの明るさ。仕事が済んでからでもお日様の下で散歩ができるのが嬉しい。

Photo_5

海に面した道路沿いには、こんな感じの段々マンションが続く。そしてそれぞれのベランダに思い思いの花が植えられている。部屋から眺めたら、これらの花越しに太平洋が広がっているってわけだ。うらやまし~い。

3_2

一番多く植えられてる花は、アイビーゼラニウムだった。

1_2

もう植えて何年になるの?って感じの大株が、あちらこちらにある。冬にあまり寒くならない地域は羨ましいな。

4

あるマンションの1階でこんなに大株になったアイビーゼラを発見。

5

ホテルに戻るために後ろを振り返ると、こんな巨大な白いカモメが1羽空を待っていた。なにやら白い植物で形作られているようだ。シロタエギクっぽい感じはするんだけど、自信はない。僕は何の植物かとっても気になったのだが、時間切れで断念。だってこの日は、訪問先の会社がディナーをご馳走してくれることになっていただ。

チリはシーフードがとびっきり美味しい。前回ありついた巨大ウニは禁猟期だったので、この日の前菜はこれ。

1_5

ちょっと小ぶりなチリホタテ、赤い色が強烈なチリエビ、切ってあるのはチリアワビ、小さなイカ、それから一番手前の何かの貝。どれも日本では見かけないものばかりだ。僕は最後の貝が一番気に入った。これにレモンをたっぷり絞って、思い思いにマヨネーズやドレッシングをかけて食べるのだ。いやぁ、白ワインとの相性は絶品!

2_2

メインはこちら。サルスエラという魚貝類たっぷりの煮込み。僕が一番好きなチリ料理だ。前菜の素材に加えて、白身の魚とちょっとした野菜が煮込まれている。味は濃くないんだけど濃厚なスープが、それこそ舌から脳ミソをとろけさせてくれるって感じ。出張の疲れが吹き飛ぶ至福の瞬間だった。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

この前訪問した際の、巨大ウニの記事はこちら。

8月9日

|

« チリの願掛け地蔵!? | トップページ | ホテルの植栽 »

海外レポート2007」カテゴリの記事

コメント

名無しさん、こんばんは。もちろん仕事中ではありません。階段になっている建物とそこからちょこちょこ見える植物達、私が一番紹介したいなと思った部分に関心を持っていただきありがとうございます。コメント嬉しかったです。

投稿: パパです。 | 2007年12月 6日 (木) 22:14

sissiさん、こんばんは。ベランダ園芸は色々な制約がありますから、本当に知恵と技術が必要だと思いますし、上手に楽しんでいらっしゃる方を尊敬しています。私は社宅生活の時に2年間で挫折した軟弱者ですので。

投稿: パパです。 | 2007年12月 6日 (木) 22:12

Alexさん、こんばんは。バスタブの渦巻きが逆なことは、高校生の時にオーストラリアに行った時に実際に試してみました。でも全然感激がなかった記憶だけが残っています。もちろんその時にはまだワインの楽しみは知りませんでしたよ。

投稿: パパです。 | 2007年12月 6日 (木) 22:07

yamamoxさん、こんばんは。チリ土産はワインが一番なのですが、今回はヨーロッパ経由で帰国しましたので、免税店で買い手荷物で日本に持ち帰ることはできませんでした。9.11以降のテロ対策の一環のせいです。アメリカ経由ですと、アメリカでの入国審査後にトランクに詰め込めばOKなんですけどね。

投稿: パパです。 | 2007年12月 6日 (木) 22:03

空の色が綺麗ですね。
ベランダの手すりから、懸崖咲きのように溢れるお花。
こういう咲かせ方、大好きなのですが、今の住まいのマンションは、禁止されているのが残念です。
アイビーゼラニウムは、暑さに弱いイメージがあるのですけれど、夜温が下がるのがいいのですね、きっと。

ディナーのお写真、歓声です。
ああ、ワインが飲みたい。
豊富な魚介類。
サルスエラがでるあたりが、やはりスペインの影響が、大きいのですね。
サルスエラ、大好きなので、微にいり細にわたって見てしまいました~(笑)
チリのワイン、躍進著しいですね。

投稿: sissi | 2007年12月 5日 (水) 22:42

>それこそ舌から脳ミソをとろけさせてくれるって感じ。
素敵な表現ですね!食べたい!飲みたい!

そうですね、今は夏の南半球でしたね。オーストラリアのシーフードと白ワインが懐かしいです。南半球は、バスタブの排水の渦が逆でしたね。

投稿: Alex | 2007年12月 5日 (水) 21:09

お仕事の合間(?)お疲れ様です。建物が階段のように段々となっているのが凄いですね!!!
そしてちょこちょこと見える植物もかわいいです!

投稿: 名無し | 2007年12月 5日 (水) 19:24

スペインからチリへ
ワインのおいしいところばかりで妬みます。
多肉、チランジア好きとしても妬みます。
でもお仕事おつかれさまです。

投稿: yamamox | 2007年12月 5日 (水) 12:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チリの願掛け地蔵!? | トップページ | ホテルの植栽 »