« 海辺のリゾート地&ディナー | トップページ | 災い転じて・・・ »

2007年12月 6日 (木)

ホテルの植栽

パパのチリレポート(11月30日、7日目)

今回のチリの滞在期間はわずか2泊3日。わざわざヨーロッパ経由で遠回りをしてまで地球の裏側にやってきたのに、もう帰る日になってしまった。

1

朝、迎えを待つ間にホテルの植栽をパチリ。

3 

こちらは初夏とはいえ、まだまだ朝晩は寒いぐらいになるから、パンジーが元気元気。アジサイと並んで咲いている姿は、日本では見かけられない光景。

Photo_3

こんな場所に、葉を落としながらも花を咲かせているド根性インパチェンスを発見。

Photo_4

アリッサムの自生地はヨーロッパの地中海沿岸だから、こんな崖に生えていたって原種ではない。ホテルの花壇からこぼれ落ちた種子の子孫だ。きっと生まれ故郷の地中海のように年中穏やかなこの場所での生活を楽しんでいるのだろう。

白いアリッサムの横の赤紫の花は、オステオスペルマム。こちらも生まれ故郷は南アフリカの海外移住組だ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

|

« 海辺のリゾート地&ディナー | トップページ | 災い転じて・・・ »

海外レポート2007」カテゴリの記事

コメント

むうむさん、こんばんは。アリッサムも色々な色がありますけど、やっぱり白が一番ですよね。お友達のところで宿根するのに、むうむさんのところでは1シーズンで終わりなのは悔しいですね。土のせいでしょうか。今度は宿根アリッサムを試されてはいかがでしょうか? 普通のアリッサムよりかなり丈夫ですよ。

投稿: パパです。 | 2007年12月 9日 (日) 17:33

アリッサムの良い香りが想像出来ました。
花嫁のドレスのようですね。
パパですさんの写真技術にポチッ。
私はこのアリッサム、どうも相性が悪いのです。
お友達は増えて宿根していますが、私はワンシーズンで終わりです。
今年もよせばいいのにまた植えました。
白いドレスのようなアリッサムを生で見てみたいです。

投稿: 夢2 | 2007年12月 7日 (金) 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海辺のリゾート地&ディナー | トップページ | 災い転じて・・・ »