« 唯一の寄せ植え | トップページ | タケノコハクサイ♪ »

2007年12月14日 (金)

見逃したぁ~

パパの日記(12月13日)

僕が海外出張から帰ってきたら、玄関のカエデはこうして既に赤く色づいていた。家を空けたのはたった10日だったのに、冬の入口にあたるこの時期の植物の変化は、春以上に大きい気がする。

Photo_2

残念だったのは、もう枝先が茶色く変色していて紅葉のピークを過ぎてしまっていたことだ。カエデは花が咲くわけではないし、紅葉の時期が一番の見所なのに・・・。僕の帰国を待っていて欲しかった・・・。もちろん新芽が展開してくる時もとても美しいんだけど、カエデといったらやっぱ紅葉でしょう。

去年はこのカエデを植えて初めての秋だったので、僕は余計にその紅葉の美しさに惹かれてしまったのかもしれないけどね。

でもこのカエデは、ちゃんと去年以上に僕ら家族を喜ばせてくれてもいたのだ。さもなければこのカエデは、とっくに我が家から強制退去を命じられてたところだったんだから。

なぜかというと、去年あの刺されるととっても痛いイラガの幼虫にたくさんたかられたから。こうして玄関脇に植えているのは、通る人に季節感を感じてもらえるようにしているため。通る人には当然子供たちも僕ら家族も含まれる。カエデの葉先が顔や肩に触れるのは日常の当たり前の1コマだ。

そんな場所に植えてある植物にイラガがたかるようでは困りもの。息子の友達が刺されたりでもしたら大変だ。だからこのカエデのことはとても気に入っていたけど、かみさんと僕は、もし今年もイラガにたかられるようだったら、庭から追い出して会社にでも移植するしかないと心に決めていたのだ。

結果は、セーフ。今年はイラガの幼虫は一匹たりとも我が家で見ることはなかった。僕は、このカエデが僕ら夫婦の会話を聞いて、卵を産みに来る親イラガを必死でを追っ払ったんだと信じている。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

このカエデの去年の記事はこちら。

2006年12月1日

|

« 唯一の寄せ植え | トップページ | タケノコハクサイ♪ »

パパの日記」カテゴリの記事

花木」カテゴリの記事

コメント

キュリーさん、こんばんは。さすがはキュリーさんですね。すぐに何かと因果関係を探そうとなさるんですから。典型的な理科系頭だと思います。猛暑との関係なんて、私は考えもしませんでした。ひょっとしたらそうかもしれませんね。

投稿: パパです。 | 2007年12月15日 (土) 21:23

名無しさん、こんばんは。雪が降って気分が上がるのは、若さの証拠だと思います。最近私は雪が降っても気分が盛り上がることはありませんから・・・。寒さにも年々弱くなってきています。でもまだ暑さはへっちゃらですから。早く春が来てくれないかなぁ。

投稿: パパです。 | 2007年12月15日 (土) 21:13

こんばんは~パパさん
うちでも 今年イラガが発生しませんでした。私も秋になると 玄関の目の前にある木に必ず発生して怖いので 反対側に寄って通っていました。あまりの暑さに発生しなかったのでしょうか?

投稿: キュリー | 2007年12月14日 (金) 21:24

カエデはよく考えてくれていますね!!

私の住んでいるところでは、雪が降ることは結構珍しいです。雪が降ったら気分が上がります。(笑)

投稿: 名無し | 2007年12月14日 (金) 20:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 唯一の寄せ植え | トップページ | タケノコハクサイ♪ »