« 1級じゃ1級品じゃない | トップページ | オカノリ »

2007年11月14日 (水)

カレンジュラまどか

パパの日記(11月13日)

1_4

このキンセンカ、今年の猛暑を耐え抜いてまた花を咲かせ始めていた。『まどか』という品種だ。こんな能書きのラベルを見て、ついつい興味を引かれて買ってしまったものだ。たしか今年の2月頃のことだったと思う。

2_4

『暑さ35℃に耐えて、一年中咲く。』だとぉ~。

僕の常識では、そんなキンセンカありっこない。誇大広告じゃないの? このラベルを見て、僕はちょっと腹が立ってしまった。だからその真偽を確かめてやりたくなったのだ。そして、この『まどか』と比較するために別のキンセンカを2品種一緒に植え、夏まで様子をみてみた。

結果は、何とこの『まどか』だけが夏を越した。

じゃあ、夏に花が咲き続けたかっていうとそんなことはない。花は止まってしまったし、株自体が元気であったかというとそんなことはなかった。

Photo

さすがにラベルのキャッチフレーズは大袈裟だと思う。でも、他の品種が暑さで枯れてしまう夏を越すのは事実だし、『宿根キンセンカ』ぐらいのことは言っても構わないと思う。

場所の都合があったので、別のところに移植。同時に、夏に伸びた弱々しい枝もピンチしてあげてサッパリ。これから2年目の春に向けてどんな育ち方をするのかを見守るのが楽しみだ。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

|

« 1級じゃ1級品じゃない | トップページ | オカノリ »

パパの日記」カテゴリの記事

宿根草」カテゴリの記事

コメント

むうむさん、おはようございます。中国はもの凄い格差社会ですから、表と顔と裏の顔のギャップが激しいのです。でもどちらも今の中国です。片側だけでなく両側を見ないと、本当の中国は見えてきません。日本人には分かり難い国ですね。
植物については、むうむさんのおっしゃる通りで、日本が断然進んでいます。でも10年後には抜かれてるかもしれませんよ。そうならないように日本の園芸をもっとみんなで盛り上げたいですね。
カレンジュラは最近どんどん新品種が出てきますが、どれが一番良い品種かまだよく分かりません。数が売れている品種が必ずしも良い品種だとは限らないので、こういう場での情報交換が必要だと思います。

投稿: パパです。 | 2007年11月15日 (木) 08:04

こんばんは。
上海レポート、ご苦労様でした。
私は国際都市のイメージがあった上海ですが、一部分なのでしょうか?
植物に関しては、ここ日本の方が断然進歩しているように思いました。
一般家庭の植物への関心はどんなものか、興味が湧きました。
「まどか」という名前まで覚えていませんが、確かに昨年「ふゆしらず」の改良種(?)で立派なお花が咲くカレンジュラがありました。
あまり増え過ぎず(!)、お花はおおきくて奇麗がキャッチフレーズでご近所の花友さんと苦笑したことを思い出しました。
それも元気で夏を越していました。むうむとの散歩道にあるので、今年はどんな成長を見せてくれるか楽しみだわといつも思っていました。
パパですさんのカレンジュラの成長報告をお待ちしています。

投稿: 夢2 | 2007年11月15日 (木) 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1級じゃ1級品じゃない | トップページ | オカノリ »