« いよいよ来春にむけて | トップページ | カレンジュラまどか »

2007年11月13日 (火)

1級じゃ1級品じゃない

パパの日記(11月12日)

そう、去年の今日は、パパの日記というスタイルで記事を書いた第1回目の日だったのだ。それまではずっと息子との会話形式の記事を続けてきたんだけど、そのスタイルだと僕(パパ)自身の考えを表現し難かったから、初めて別の形にしてみたのだった。

そもそもこのブログは、親子でガーデニングを楽しむ過程を紹介しようということで始めたのだし、最初は息子目線で記事を書いていた。だからタイトルも『ぼくとパパのほんわかガーデニング』としたし、僕のハンドルネールも、『パパです。』にしたのだ。

それはさておき、僕の日記スタイルで記事を書き始めたのには、もうひとつ理由があった。

去年のこの日が、緑花試験の日だったからだ。緑花試験の正式名称は、緑・花文化の知識認定試験。サブタイトルは、『木と花のともだちになろう』。芸術までを含めた広範囲な園芸知識と、植物が関わる自然に関する知識が問われる試験だ。問題は写真満載で4択のマークシート方式。とても楽しい試験なのだ。

(去年の緑化試験の記事はこちら ⇒ 2006年11月12日

今年の受験会場は去年と同じ某女子高。

Photo

去年は校内のイチョウ並木がとても綺麗だったんだけど、今年は雨でその姿もいまいちだった。でも携帯やデジカメで写真を撮ってる受験者も多く、やっぱりみんな植物が好きなんだなぁと妙に親近感を覚えた。そしてもしかしたらみんなブロガーかとも。思わず声をかけたくなってしまったけど、さすがにそこまでの勇気は出なかった。

緑花試験の良いところは、問題がクイズに近い感じで面白いこと。受験者も一部の真剣な人を除いて、みんな試験を楽しんでるって感じだ。試験後に配られる解答がまた良い。答えだけでなく、詳しい解説書になっているのだ。これを読みながら答え合わせをするのも楽しい時間だ。

僕は植物のプロだし、特級を目指しているんだけど、今回も1級どまり。またしてもプロとして1級品にはなれなかった。不得意分野があると特級には惜しいところで手がとどかない。緑花試験で特級をとれる人を僕は尊敬している。だって、もの凄く広い知識を持ってるってことだから。

試験問題の漢字にはすべてフリガナが振ってあるので、来年は息子と一緒に受験してみようかな。家で試験問題を見せたら、息子は、フェイジョアの花の写真を正解できてちょっと自慢げだったしね。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

去年の緑花試験の時の記事はこちら。

2006年11月12日

|

« いよいよ来春にむけて | トップページ | カレンジュラまどか »

パパの日記」カテゴリの記事

コメント

桃里さん、おはようございます。そしてはじめまして。私よりちょっとレベルが上じゃないですか~。尊敬してしまいます。実は園芸の問題が一番点数を上げやすいと思いますし、桃里さんはすぐに特級と取れるんじゃないでしょうか。私は芸術・文学がまったく駄目で、自然系も苦手ですね。それからイジワル問題にすぐ引っかかります。(苦笑) 
息子さん、同い年なんですね。うちの息子もだんだんと植物に対しての関心が薄れていっています。その分、子供の遊びの世界が広がってるってことなのでしょうけどね。
ジュニア試験って別の問題なのですか? 私はすべてにフリガナが振ってあるので、同じ問題だとばかり思っていました。でも息子に先に特級取られたら悔しいです・・・。

投稿: パパです。 | 2007年11月15日 (木) 07:58

yamamoxさん、おはようございます。やっぱり特級欲しいです。だって特級取れる人が大勢いるんですから。プロがプロらしく広い知識を持ってないと、すべてのお客さんの相手ができないってことですから。相手に興味に合わせて色んな話ができるのがプロだと思いますし、私は諦めませんよ。編集長さんも同じ気持ちかもしれません。yamamoxさんも来年受けてみましょうよ!

投稿: パパです。 | 2007年11月15日 (木) 07:50

スタジオAさん、おはようございました。そしてはじめまして。特級2回なんて凄いです! 仕事に直接関係ない知識でも、知っていたほうが良いこともありますからね。私もスタジオAさんに続けるように頑張ります。

投稿: パパです。 | 2007年11月15日 (木) 07:45

はじめまして~。
私も検索からまいりました。植物がシュミの主婦です。
去年初受験して71点で1級、今年もたぶん73点で1級だと思います。
身の程知らずにも、私もいつか1度は特級をとってみたいなと思いますが、
1級から先が難しいとも…。

不得意分野は、私の場合いろいろあるのですが、…園芸です(- -;
パパさんのまさに得意分野かなと思っています。
パパさんの不得意分野はなんなのでしょう?

>特級をとれる人

SNSで去年、緑・花文化士になられた方と知り合ったのですが、
不得意分野はやはり園芸…;(次は文学)
今年は72点で特級は無理そうだとがっかりしていました。
文化士さんになった方さえ、コンスタントに特級を取るのは難しいようです。

>来年は息子と一緒に受験してみようかな

緑花試験には大人用の他に、ジュニア試験があるはずです。
息子さんならジュニアの特級も狙えるかも?

実はうちの子供も小2ですが、
植物は微妙ですね。
ただ、学校でパンジーを植えたら花粉を観察してくると言っていました。
「花ふんにこだわるのはぼくだけだ」とちょっと自慢そうでした(^^;)

投稿: 桃里 | 2007年11月14日 (水) 23:42

1級でもすごいです!
うちの編集長も受けたみたいですよ。

投稿: yamamox | 2007年11月14日 (水) 23:00

はじめまして!
緑花試験で検索して飛んできました。
私も園芸を仕事にしている、1児の父です。よろしくお願いしています。緑花試験の特級、難しいです。私は8回受験して1級6回に特級2回、今年も微妙な結果ですので、2回はまぐれだったのかなと。

投稿: スタジオA | 2007年11月13日 (火) 07:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよいよ来春にむけて | トップページ | カレンジュラまどか »