« カラーリーフの季節 | トップページ | 立派な彼女達 »

2007年11月22日 (木)

ここも土が問題なのだ~

パパの日記(11月21日)

1_148

これは、ちょうど丸2年前に我が家を購入した時の写真だ。建売住宅だったので、最初からこんな風に庭も作られていた。右側の道路より庭が高くなっているのが良く分かる。でもこの部分はすべて山砂で盛り土されているのだ。あっ、土じゃなくって砂だから、盛り砂だ。

この右側のところをレンガでレイズベッドにしたのが、次の写真。道路沿いにレンガを積んだ後、僕は芝の上に土を入れたのだ。30cmぐらいの深さがあったから、そのままで大丈夫だと思ったのが敗因。水はけの良いこと、良いこと。晴れた日には、2回の灌水でも植物をが萎れてしまうような場所になってしまったのだ。

Photo_4

じつは、最初の夏に懲りた僕は去年の今頃、真面目に堆肥、腐葉土、バーミキュライトを投入し、さらに周りの土(山砂)とも馴染ませたりはしたのだ。しか~し、状況は変化せず。今年も常にカラカラの場所になってしまった。依然として砂の比率が多過ぎたのだ。(たぶん砂は2割は楽に越えていた。)

手前4分の1は、最近やっとまともな状態に改良したところ。残り4分の3はこれからだ。とことん懲りた僕は、今回は徹底的に土壌改良に取り組んでいる。もともと芝が張ってあった下の砂を掘り出し、キンメツゲの根の下の山砂も掘り出して、客土した。さらにキンメツゲの根が手前に伸びてこないように、根切り用のプラスチック板もかませた。これで大丈夫だろう。

掘り出した山砂は、一番大きいサイズの肥料袋で3袋! でもこれでもまだ4分の1なのだ。やれやれ先は長い。

で、この砂をどうしたかって言うと・・・。

会社内の砂利道にばら撒いて、うまく証拠隠滅に成功。

Photo_2

これが今の状況。あれ~、この角度からの写真で見ると、最初の写真とあんまり変わり映えがしないなぁ。肉眼でみるとかなり変わっているんだけど。写真って難しいことを実感。

注: 左の方のトウネズミモチの背が低くなっているのは、去年50cmぐらい切り詰めたから。中央奥のコニファーはかなり大きくなった。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

別の場所の土壌改良の記事はこちら。

11月7日

|

« カラーリーフの季節 | トップページ | 立派な彼女達 »

ガーデニング」カテゴリの記事

パパの日記」カテゴリの記事

コメント

Alexさん、こんばんは。思わず、Alexさんが恨めしそうに土嚢を眺めている姿を想像してしまいました。(笑) 男庭にそんなご苦労があったなんて思いもしませんでした。私は土や砂を捨てる場所に困らないので恵まれていますが、都心にお住まいの方には切実な問題だと思います。庭の土のことまで考えてくれる住宅会社なんてほとんど存在しないのでしょうし・・・。
でも、そうはおっしゃいましたが、男庭の巨大植物達は地植えでスクスクと成長しているように見えますけれども、彼らが例外だったということなのですね。

投稿: パパです。 | 2007年11月23日 (金) 21:34

我が家も少し掘るとカチカチの水はけの悪い粘土質です。薔薇等は植える時に廻りだけは入れ替えたのに、2〜3年で枯れてしまうんです。それで仕方なく鉢植えが多くなりました。今更、大規模な土の入れ替えは出来ないし、土の捨て場が無い。既に捨て場のない土嚢が十数個山積みです。

投稿: Alex | 2007年11月23日 (金) 08:19

fire-girlさん、おはようございます。写真では分かり難い変化にまで気を留めて頂き、ありがとうございます。今度はもっと分かり易い角度から、庭の変化をご紹介しますね。旦那様は公園の落ち葉まだ拾っていらっしゃるのですか? 日曜大工だけでなく、ガーデニングも好きな方なんですね。お2人で得意分野を生かしての庭づくり、素敵です。我が家は、私植える人、かみさん水をあげる人っていう役割分担ですから。(笑)

投稿: パパです。 | 2007年11月23日 (金) 08:17

メタモルさん、おはようございます。そしてはじめまして。参考になります、なんて、嬉しいコメントをありがとうございます。私はあんまり栽培については記事にしませんからね。こんなコメントを頂くと、舞い上がってしまいます。基本的には大雑把な性格ですので、じつは栽培はいつもいいかげんなんですよ。
メタモルさんも、一度思い切って土だけは良くしておいたほうが良いと思います。だって良い土でなら、誰が何を植えてもだいたい成功するんですから。私は育てる人の腕より、土の質の方がずっと影響力があると思います。

投稿: パパです。 | 2007年11月23日 (金) 08:08

変化わかりますよ~(自分も庭をいじりはじめて間もないので、細部までよーく見ているからかな?)
引渡し当初のお庭はなんとなく平坦なイメージで起伏もなく、ただ植わっている(植えられている)という感じがしますが、今は同じ緑でもグラデーションもあり、赤い実があったり、植栽の動きがあったりとそれぞれの部分に変化が見て取れるもの(目を楽しませてくれる部分)があるような感じがします。写真は遠目で写すとなかなか難しい部分もありますよね。
土作りってやっぱり大切なんですね。晴れた日に2回お水をあげてもカラカラになってしまうなんて…(人間のお肌みたいです)。うちの夫はコンポストを買ってみたり、落ち葉を公園で拾って庭に混ぜたりとあれこれしてます。土がよくできた部分に芝の種を蒔いているのですが、発芽生育具合に明らかな違いが出るそうです。土作りは地道な作業ですが、効果歴然ですよね。

投稿: fire-girl119 | 2007年11月23日 (金) 02:01

いつも楽しく拝見しています。
かなり参考になります*^^*
やはり土壌は一番大切なんでしょうか。
ガーデニングが大好きで、でも素人で
土はもう5年もそのまま、やるとしたら
少し掘り起こして上から土を入れるだけ(汗)
こんなんじゃだめですよね。
もっと勉強しなくては!と思います。

投稿: メタモル | 2007年11月22日 (木) 16:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カラーリーフの季節 | トップページ | 立派な彼女達 »