« 白蝶合華芋って? | トップページ | えっ! これが○○なのっ? »

2007年11月 4日 (日)

いくらなんでもこれは勘弁っ!

パパの上海植物園レポート(10月23日)

熱帯植物館を出て歩いていると大花壇に出合った。この花壇は季節毎にテーマ性を持たせているとのこと。

この時期のテーマは、『実りの秋』。

Photo_5

それにしても、無理やりリンゴやミカンの実つきの鉢を花壇に植える大胆さには、たまげた。アキランサスの間にカボチャを置いたのは許せるが、リンゴとミカンをこんな風に植えるかぁ~。ちなみに右手の赤は、ケイトウ。

もちろん園内には雰囲気の良いエリアもある。

Photo

ここは僕が気に入った場所。どうして中国っぽい雰囲気になるのかわからないけど、日本の植物園や公園では、こういう雰囲気の場所は無いよね。

この辺にも、へぇ~っと思った中国名が。

中国名で『香茶菜』という植物は何でしょう?

Photo_2

美味しそうな野菜の名前っぽいけど、プレクトランサスでした。どうしてこういう名前になったのかはわからない。ハーブとして使われるプレクトランサスは無かったと思うけどな。(ちょっと自信なし。) 品種名は、有名なモナ・ラベンダー。

最後は、またまた中国らしい超強烈な写真を。

1,2,3・・・。

2_3

立体花壇の骨組みにカボチャを置いただけ! いくらハロウィンだからって、これは手抜きでしょっ! 普段は、花の咲いた鉢やプランターで飾り立てられているはずの支柱に、カボチャを置いてしまうセンスが凄い。センスっていうより、実現してしまった植栽デザイン担当者の感覚が凄いと思う。さすが中国だ。

でもね~。奥のカボチャガイコツといい、手前のキリンといい、ちょっと勘弁して欲しい。まあ、ひょっとしたら子供には人気なのかも知れないけどね。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

|

« 白蝶合華芋って? | トップページ | えっ! これが○○なのっ? »

海外レポート2007」カテゴリの記事

コメント

yamamoxさん、おはようございます。さすがに言葉の選び方がお上手ですね。上海は漢字で表現するのではなくって、キッチュみたいに外国語(フランス語?)で表現すると、いい感じになりますね! 中国ネタもこうして楽しみにしてくださる人がいらっしゃると思うと、人気は気にせずにちゃんと情報発信しようと思います。ありがとうございました。

投稿: パパです。 | 2007年11月 6日 (火) 06:21

seyamaさん、おはようございます。励ましのコメントをありがとうございます。とっても嬉しいです。これまでもそうですが、中国ネタは人気がないのです。訪問者も減ってしまいますし。実はあと2回分記事があるのですが、ちょっと弱気になって中断してしました。週末を楽しみにしていてください。seyamaさんがおっしゃる通り、海外のガーデニング事業は雑誌や本で綺麗なところばかりが紹介されて、普通の場所がどうなっているのか分かりません。だからどうしても、ちょっとした時間でも無理して色々見たくなってしまいますよね。

投稿: パパです。 | 2007年11月 6日 (火) 06:18

こんにちは。
リンクありがとうございました。
上海の植物園のキッチュな感じ、嫌いじゃないです。
僕もリンク貼らせてもらいました。
これからもよろしくです。

投稿: yamamox | 2007年11月 5日 (月) 12:31

こんにちは。上海植物園レポート、とってもおもしろいですー。タイトなスケジュールの出張のなか、時間を作って植物園に出かけたり、街の花壇をチェックするところ、実に共感です!
とはいえ、私も数年前に2度ほど観光で上海に出かけたのですが、有名庭園には出かけたものの、地元の植物園などはいけなかったのです。
なんだかなつかしく、よくも悪くも「うーん、上海だなぁ」なんて思いながら、見てます。
海外のガーデニング事情はガーデナーにとっては気になるところですよね!

投稿: seyama | 2007年11月 5日 (月) 09:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白蝶合華芋って? | トップページ | えっ! これが○○なのっ? »