« オカノリ | トップページ | 嬉しくって楽しくって幸せ! »

2007年11月16日 (金)

嘘? 嘘じゃない?

パパの日記(11月15日)

『うちの庭にはパンジーとビオラは立ち入らせない。』

常々僕はこう宣言している。冬花壇で唯一無二の絶対的な存在であるパンジー&ビオラ無しで冬を乗り切る、それが難しいゲームに挑戦してるみたいで面白いから、とも。

まあ、何歳になろうとアウトローを気取ってみたい男の願望の表れみたいなものかな。つまらないこだわりだって切り捨てられても構わない。僕は僕なんだから。

もちろん本当のところは、やせ我慢に近いのが実情だ。だって僕の気持ちを揺るがす画期的な品種が生まれたら、いつでも真っ先に買うつもりでいるし。例えば、真っ赤なパンジーとか、くすみのない暖かなピンクのビオラとかね。

でも正直に打ち明けると、1年半前から我が家に居座り続けているビオラがあるのだ。居座り続けていると言ったら彼女に失礼になる。なぜなら僕が彼女を招き入れたんだから。

2

彼女の名前は、ビオラ・ヘデラセア。和名では、ツタスミレとかパンダスミレとか言われる彼女のこと。オーストラリア原産の有名な野生種だ。

1

去年僕は、夏から秋にかけて庭を彩ってもらうために彼女を招き入れたのだ。決して冬のためじゃない。そして北関東の我が家では、冬は越せないだろうという計算も働いていた。彼女とは、その秋限りの大人の関係で終わるはずだったのだ。

去年、霜が降りると彼女は枯れ、そのなきがらは白骨死体のようになった。しばらく僕はそのまま放置して、冬のある日、ようやくその骨を拾って捨てた。完全に水気を失った骨はとても軽く、日々彼女の愛でていたの時の面影はどこにもなかった。なぜそこまでなきがらを放置したかというと、僕はどこか骨の一部にみずみずしさが残っているのが怖かったからだ。でも幸い僕の心配をよそに、彼女のなきがらは土から離れるのに全く抵抗がなく、まるで落ち葉を広い上げるかのようだったのだ。

これで証拠は一切残らない。死体の処理を終えた僕はホッとした。

ところが今年の春の終わり頃、忘れもしないあのみずみずしい丸い葉を見つけてしまったのだ。それもあちこちに。去年が暖冬だったせいだろうか。とにかく彼女は復活したのだ。もう完全に普通のビオラではない。

今年の冬は例年並の寒さらしい。彼女がまた冬を越せるか僕にはわからない。もうそんなことはどうでも良いのだ。彼女は僕の人事権が及ばない特別な存在になってしまったのだから。

これって一般的に嘘になるんだろうか? それとも嘘にはならないんだろうか? 僕的には嘘にならないと思っているんだけど、自信はない・・・。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

|

« オカノリ | トップページ | 嬉しくって楽しくって幸せ! »

パパの日記」カテゴリの記事

宿根草」カテゴリの記事

コメント

fire-girlさん、おはようございます。お褒め頂き恥ずかしい限りです。私の文才というより、その時その時の庭の植物の存在感を書き止めようしているですから。みんな植物のお陰です。たまたまその時にキャラが立ってた植物については、面白く書けたりすることもあるんだと思います。園芸書や園芸雑誌には絶対載らないような植物の話を発信したり、読んだりできるブログって面白い媒体ですよね。

投稿: パパです。 | 2007年11月19日 (月) 06:23

おはようございます。パパさんとパンダスミレの関係…まるで新聞に連載されている小説のようで読み入ってしまいました。パパさん、文才あります。見事な書きっぷりでパンダスミレが人に思えて仕方ありません。
相当強健な方のようですね、パンダスミレ。花も葉も小さめ(控えめ)でかわいらしい感じがしたのですが、本性はそうではない様子。本性を知らないって、人間でも植物でもちょっと怖いですね。

投稿: fire-girl119 | 2007年11月18日 (日) 07:55

むうむさん、こんばんは。『バックヤードに種蒔きした黒ビオラがど~んと・・・。』ですか。ちょっと想像したら楽しくなってしまいました。その黒ビオラ達がこれからどこに落ち着くのか興味津々です。これからの『黒庭日記』の記事が楽しみです。
なるほどですね。人様に見える場所とそうじゃない場所を使い分けるという手がありましたか。パンダスミレは、あまり人様の目にはつかない所に植えてありますから、堂々と大人の関係を続けてしまいましょう。パンダスミレには『春組』と『秋組』があるなんて知りませんでした。何だか不思議ですね。

投稿: パパです。 | 2007年11月17日 (土) 20:26

キュリーさん、おはようございます。そうですね。ブログのタイトルと違う記事では、覗きに来てくださる方に失礼ですよね。今日の記事でご勘弁ください。
今日は仕事を忘れて、保育園の花壇の手入れをします。かなり気合を入れないと終わりそうもありません。息子が手伝ってくれるといいんですけど・・・。

投稿: パパです。 | 2007年11月17日 (土) 10:07

こんばんは。
パンダスミレとパパですさんとの素敵な「大人の関係」のキューピットの夢2です。
実は我が家にもパンダスミレのカーペットが2つもあるのです。
一つは今年の猛暑で一応姿を消しました。でも、きっと生きていると信じています。
ここ島根もたまに雪が積もりますから、冬はパパです庭のようになり、早春に同じ処理をしています。
そして薔薇の季節にはまず「春組」が咲き、夏をなんとか越して、「秋組」が咲き誇るというサイクルをここ数年繰り返しています。
おそらく永き将来に渡って深い関係(!)を築かれることになると思われます。
あの凛とした花姿、私は大好きです。
嘘・・・なんて思わないでください。堂々と愛情を注いでくださいね。
参考までに、我が家の玄関庭・玄関・・・つまり人様がまず目につくところにはパンジー・ビオラはありません。
バックヤードに種撒きをした黒ビオラがど~んと・・・。
来春は「黒庭」です。(笑)

投稿: 夢2 | 2007年11月16日 (金) 22:04

こんばんは~パパさん
企業の成長を望むのなら 人事権、就業規則決定 賞罰規定の決定権など 経営理念に基づき  ぶれることなきよう! (自分に厳しくなければ)
な~~~んてね また始まりそう。例の経営ごっこ ぷふ~♪
しかし 今日は 物騒な言葉ばかりで ほんわかパパさん どうしましたか?
お疲れですね。
明日は ハルくんと のんびり時間を忘れて遊んで下さいね♪

収集が付かなくなる前に 根回しして 彼女に気づかれぬよう コントロールしておいた方が得策かと 思われる。(まだやってるし) 

投稿: キュリー | 2007年11月16日 (金) 21:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オカノリ | トップページ | 嬉しくって楽しくって幸せ! »