« 秋のマジカルミラクルローズ | トップページ | また咲いてくれたぁ!? »

2007年10月25日 (木)

丹波の黒枝豆だぁ!

パパの日記(10月21日)

大事なことをひとつ記事にするのを忘れていた。日曜日には、年に一度この時期にしか味わえない、産直の美味しいものが届いていたのだった。このブログに載せるだけ以上、もちろん植物。

それは何かっていったら、これ。

1_2

兵庫県は丹波篠山特産の黒枝豆だ。黒枝豆は、黒豆の豆が熟す前に収穫した枝豆ってこと。『丹波黒若さや』ともいう。『丹波黒若さや』と書いてあった方が、美味しい感じがする。ちなみに『丹波黒』は品種名。

じつは丹波篠山に住む大学時代の友人が、毎年我が家に送ってくれるのだ。ご覧の通り、今年の出来は上々だ。

5

もともと丹波の黒豆は超有名だが、この黒枝豆は、あの超有名なグルメ漫画『美味しんぼ』で日本一の枝豆として紹介されてから、人気に火がついたそうだ。限られた数量しか生産できないため、年々、早く予約しないと手に入れられなくなってきている。

それにぬわ~んと、ボジョレーヌーボーばりに解禁日まで設定されているのだ。他産地の類似商品や、一番美味しくなる時期よりも早く売ってしまうことが無いようにと、昨年度から解禁日を設定したそうだ。今年の解禁日は10月5日。丹波ささやま黒まめ課のホームページにこうしてしっかりと書いてある。課の名前にも好感を持てるじゃないか。

もっと詳しいことを知りたい方にはこちらをどうぞ。

黒豆の井上さんのホームページ

早速、ゆでて頂いた。普通の枝豆よりも大ぶりの莢と、莢の表面ががうっすらの茶色がかるところが特徴だ。

3_2

さやの中身はこんな感じ。豆は普通の枝豆より1まわりから2まわりも大きい。

4_2

肝心の味だけど、普通の枝豆より、旨みが濃く、甘みも多い。それでいて青臭い感じはまったくしない。そして食感が、ちょっともっちりしていることも特徴だ。とにかく美味い。

でも残念なことがひとつある。

それは肌寒くなってきたこの時期にしか、最高の『丹波黒若さや』は味わうことができないってことだ。だって最強最高の組合せであるビールと枝豆を、汗がにじむ時期に楽しむことはできないんだから。

まあ、贅沢を言い出せばキリが無い。それこそ長い年月かけてその土地土地の風土で最高の特性を発揮できるようになった食材を、一番美味しい時期に頂ける幸せを感謝しなければ。あらためて、旬ていう言葉や意味を大事にしたいと思った。

ちなみに僕の旬はまだまだこれからだぞっと。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

|

« 秋のマジカルミラクルローズ | トップページ | また咲いてくれたぁ!? »

パパの日記」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

コメント

トマオさん、おはようございます。羨ましがらせてしまって、すみません。さすがはトマオさんですね~。既に挑戦済みだったとは! やはり『丹波黒』は別の地域での栽培では、特性を発揮しきれないそうです。丹波篠山の環境にあった株を選んで種子を採っているからだと思います。京都とかの他の地域に種子が流出して、その地域に合った種子を採ったりもしているようですから、そういう似て非なる種類を試してみるのも手かもしれません。

投稿: パパです。 | 2007年10月26日 (金) 06:15

ウォォ(@_@) 篠山黒豆たぁぁぁ。
いいなぁ、パパさん毎年味わえるなんて!!

丹波の黒豆にあこがれて以前作った事がありますが、
虫の食害にあい全滅・・・
予約するしかないのかぁ(><”)

投稿: トマオ | 2007年10月25日 (木) 21:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋のマジカルミラクルローズ | トップページ | また咲いてくれたぁ!? »