« ダウンタウンガーデン!? | トップページ | サルナシに卵を産みに来た蝶 »

2007年10月10日 (水)

紙吹雪を発掘!

パパの日記(10月9日)

リッピアの花が終わったので、伸び放題になった部分を整理することにした。いくらなんでも覆いかぶさられてしまったサツキがかわいそうになったからだ。

もう作業を始めてしまっていたんだけど、慌てて作業前の写真を撮った。

1_2

次は別のアングルから撮ったもの。

2_2

作業後の写真がこっちだ。

3_2

窒息寸前だったサツキとアベリアとアジュガが、ようやくホッとした表情を見せた。

この狭い部分の茎を取り除いた分だけで、こんな量になってしまった。何という成長力だろう! リッピア恐るべしだ。

リッピアの凶暴性を知っていた僕は、コンクリートで三方を囲まれた幅わずか30cm土のエリアの端っこにわざと彼を植えたのだ。そこまで警戒していたのに、こんなことになるなんて・・・。

っていうより、そんな僕の仕打ちが、かえって彼の闘争心に火を着けてしまったようだ。

きっと来年も今年以上にはびこるんだろうな。だからリッピアと僕との戦いは来年以降も毎年必ず続くことになるだろう。

4_2

リッピアの中から発掘したこの斑入りのアベリアをかみさんに見せたら、こんなに綺麗だったなんて気づかなかった、だと。

でも、リッピアを伸び放題にしたたままにしたいと言ったのは、間違いなく彼女なのだ。

品種はコンフェッティー。Confettiとは、イタリア語で紙吹雪という意味。

アベリアに限らず、別の植物にもコンフェッティーっていう同じ名前の品種があるから、意味を覚えておいて損はない。大抵の場合は、名は体をあらわすって言葉を納得させてくれるから。

花・ガーデニングの人気blogランキングに参加しています。

ここを1日1回クリックしてくださるとランキングに反映されます。

いつも応援ありがとうございます。

このリッピアの前の記事はこちら。

8月29日

|

« ダウンタウンガーデン!? | トップページ | サルナシに卵を産みに来た蝶 »

パパの日記」カテゴリの記事

宿根草」カテゴリの記事

花木」カテゴリの記事

コメント

リンジの母さん、おはようございます。リッピアはまさに雑草です。それも相当なつわものです。他の雑草を生やさないぐらいですから。もし可愛い花が咲かなかったら、迷惑がられる存在だったでしょう。可愛いっていうのは得ですね。もっと可愛いくって、名前も素敵なブライダルベールとは科が違いますから、全然違う植物です。
リッピアはあまり手をかけない庭には最適だと思いますが、狭いに庭には向きません。どこまででもはびこってしまいますから。広い庭の手を抜きたい場所向きですね。家庭園芸用というより、本来は公園や遊歩道用の植物だと思います。

投稿: パパです。 | 2007年10月12日 (金) 06:18

こんにちは☆リッピアって、8月のお花が咲いた状態のを拝見したら、我が家で咲いているブライダルベールみたいな感じなのかなぁ?という感想でした。でも直射日光にも強そうだし、雑草系統なんでしょうか?うちのは日陰でよく育つ花らしく、西日の射すベランダでこんもりと2年目の夏を終えようとしています。全く違う花だったらごめんなさい!

アベリアも初めて名前を知りました。他の園芸サイトでお花を拝見したんですが、綺麗な花を咲かせるんですね。花の咲く期間も長いようだし、病気にも強いとあったので、お庭には最適な植物なんだろうなぁ。

それにしても、リッピアがある時とない時でこんなにも表情が変わるとは。。。アベリア達がほっとしている、という表現がよく伝わりました!

投稿: リンジの母 | 2007年10月10日 (水) 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダウンタウンガーデン!? | トップページ | サルナシに卵を産みに来た蝶 »